今すぐ必要でも大丈夫!1・3・5万円を借りたい時の5つの方法を解説!

1・3・5万借りたいのアイキャッチ画像

「突然の出費で1万円借りたい…!」「車が壊れて今すぐ5万円必要…!」などなど、1・3・5万円くらいの金額が突然必要になると困ってしまいますよね。

1・3・5万円借りたいくらいの少額の借入だと、借り入れ先が無数にありますし「どこから借りよう?」と悩んでしまうと思います。

結論から言うと、1・3・5万円前後の少額な借入は消費者金融の「アイフル」を利用するのがおすすめです。

最短即日融資も可能で即日で借入できますし、初めての利用であれば申し込みから30日間無利息で借入ができることが理由です。

今回は、1・3・5万借りたい時の5つの借入先や消費者金融「アイフル」をおすすめする理由について解説していきます。この記事が1・3・5万借りる参考になれば幸いです。


今すぐ1・3・5万円を即日で借りる方法が知りたい人はこちら

1・3・5万円を借りたい時の5つの方法を解説!

まずは、1・3・5万を借りる事ができる5つの方法を解説していきます。1・3・5万円を借りる代表的な方法は上記5つがあげられます。

この中で最もおすすめなのが「消費者金融でキヤッシング」です。その他の方法についても詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

①:消費者金融でキャッシング

消費者金融の特徴
  • 最短即日融資が可能
  • 1~800万までの融資に対応>
  • 20歳~69歳で継続した収入があれば申し込み可能
  • 無担保のフリーローンなので気軽に申し込める
  • 3%~18%と上限金利が高い

1・3・5万円を借りたい時におすすめの1つ目の方法は、消費者金融のカードローンでキャッシングをすることです。

消費者金融の特徴は、最短即日融資が可能な上に担保が不要で20歳~69歳の継続的な収入がある人なら気軽に申し込みができることです。

ただし、他の方法に比べると金利が高いことが難点ですね。ですが、多くの消費者金融は30日~180日程度の無利息期間を設けているので短期間の借り入れなら金利は気になりません。

そのため消費者金融でお金を借りる方法は、今すぐ1・3・5万円借りたくて数ヶ月以内に返済の予定がある人におすすめです。

②:銀行カードローンで借入をする

銀行カードローンの特徴
  • 2%~15%と金利が安い
  • 総量規制対象外で年収の1/3以上の借入ができる
  • 大手企業に勤めているなど信用がないと審査に通らない
  • 無担保のフリーローンなので気軽に申し込める
  • 融資までは3日~2週間程度の時間がかかる

1・3・5万円を借りたい時におすすめの2つ目の方法は、銀行カードローンでキャッシングをすることです。

銀行カードローンの特徴は、消費者金融と比べて金利が安いことです。また、総量規制の対象外なので年収の1/3以上の借入もできます。

ただし、大手企業に勤めているなどある程度の信用がないと借入できない点や融資まで時間がかかるなどの難点があります。

そのため銀行カードローンでお金を借りる方法は、多額の借入をする場合や融資まで時間がかかっても良い場合におすすめです。

③:質屋から借入をする

質屋の特徴
  • 即日融資に対応している
  • 価値あるブランド品を持っていれば誰でも借入ができる
  • 収入証明証など面倒な書類の準備不要で借入できる
  • 有担保ローンなので2~10%と金利が安い
  • 返済できない場合質入れした商品を失うことになる

1・3・5万円を借りたい時におすすめの3つ目の方法は、質屋から借入をすることです。

質屋の特徴は、ブランド品などを担保にした有担保ローンなので信用情報など関係なく借入ができることです。また、消費者金融や銀行に比べて金利が安いです。

ただし有担保ローンなので、期日までに返済ができなかった場合担保にした商品を失う点に注意が必要です。

また、主に中古のブランド品や金のアクセサリーなどを担保にする事になるので5万円の融資を受けるには相当高額な商品が必要になります。

そのため質屋でお金を借りる方法は、使わないブランド品を持っている人や金のアクセサリーを持っている人におすすめです。

④:行政から借入をする

行政融資の特徴
  • 国籍が日本で条件を満たせば誰でも申し込み可能
  • 消費者金融や銀行で借入できない人でも借入できる場合がある
  • 無利息もしくは1~2%の低金利で借入をすることができる
  • 借入まで1週間~1ヶ月程度の時間がかかる
  • 今後の収入が見込める人でないと借入はできない

1・3・5万借りる時に使える4つ目の方法は、行政から借入をすることです。日本には、生活福祉資金貸付制度や求職者支援資金融資制度など貧困層を支えるセーフティーネットが張り巡らされています。

行政から借入をする方法の特徴は、貧困で消費者金融や銀行で借入できない人も、これから働いて返済する見込みがあれば低金利でお金を借入することができる点です。

ただし、行政の制度なので貸付まで非常に時間がかかります。また、今後働き先を獲得して収入が見込める人でないと借入をすることができません。

そのため行政からの借入は、本当に生活に困っていて来月の生活も危ういという人におすすめの方法です。まずは最寄りの市役所に相談してみてください。

⑤:友人や家族からお金を借りる

友人や家族からの借入の特徴
  • 信頼できる友人や家族がいれば借入できる
  • 場合によっては利息なしで借入できる
  • 友人関係や家族関係が壊れるリスクがある
  • 場合によっては裁判沙汰になるリスクがある
  • 友人や家族だからと言って甘えて返済が滞るリスクがある

1・3・5万円借りる時に使える5つ目の方法は、友人や家族からお金を借りる方法です。ただし、この方法はあまりおすすめしません。

友人や家族からの借入であれば、信頼関係に基づく貸し借りなので信用情報など関係なくお金を借りられます。また、利息0で貸してもらえることもあるでしょう。

ですが、友人や・家族だからといって甘えて返済が滞るリスクがありますし、それによって友人関係・家族関係にヒビが入るリスクもあります。

一見気軽に見える友人や家族からお金を借りる方法ですが、「もうどこに言ってもお金を借りられない!」となった場合の最終手段にとっておくことをおすすめします。

1・3・5万円程度の小額を借りたいなら「消費者金融」を活用しよう!

消費者金融の特徴
  • 最短即日融資が可能
  • 1~800万までの融資に対応>
  • 20歳~69歳で継続した収入があれば申し込み可能
  • 無担保のフリーローンなので気軽に申し込める
  • 3%~18%と上限金利が高い

ここまで1・3・5万円程度の小額を借りる5つの方法について解説してきましたが、1・3・5万円程度の少額の借入であれば消費者金融を使うことをおすすめします。

消費者金融は、最短即日で1・3・5万円を借りることができます。また、会社員やフリーターなど継続的な収入があって多額の借入や信用情報の傷がなければ誰でも借入ができます。

金利はほとんどの場合18%前後と高めに設定されていますが、消費者金融の利用が初めてであれば無利息期間を設けており金利0で借入できる場合もあります。

他の方法と比べてリスクが低いですし、小額の借入であれば「借金で家計が火の車」といったことになる可能性も低いです。

そのため、1・3・5万円程度の小額の借り入れであれば「消費者金融」を利用することを強くおすすめします。

1・3・5万借りるための消費者金融で最もおすすめは「アイフル」

アイフルがおすすめな5つの理由
  1. 親身で丁寧な対応に定評がある消費者金融!
  2. 最短即日審査・最短即日融資に対応で借入までのスピードが速い!
  3. 満20歳以上69歳以下で継続的な収入があれば誰でも申し込みできる(※1)
  4. 職場へ電話での在籍確認不要なので会社に借入がバレない
  5. 自宅に郵送物が届かないカードレス契約可能で家族に借入がバレない

1・3・5万円を消費者金融で借りる場合に最もおすすめなのが「アイフル」です。当サイトで20社の人気消費者金融を比較した結果、最もおすすめなのが「アイフル」です。

「アイフル」は、大手消費者金融の一角で親身で丁寧な対応に定評があります。また、他の消費者金融と同様に「最短即日審査・最短即日融資」に対応しているサービスです。

満20歳以上69歳以下で継続した収入があれば「フリーター」や「年金受給者」でも審査に申し込むことができます。(※1)申し込み方法も「電話」「ネット」「来店」など多種多様です。

さらに、職場への電話による在籍確認が不要・自宅に郵送物のないカードレス契約に対応しているため他の人に借入がバレるリスクも低いです。

もちろん、初回の契約から30日間の無利息期間もあります。1・3・5万程度の少額の借り入れなら、消費者金融の「アイフル」をぜひ利用してみてください!

\最短即日審査・最短即日融資対応/アイフルで今すぐ1・3・5万円を借りる!

1・3・5万借りるときに絶対に注意すべき3つのポイント

注意すべき3つのポイント
  1. 友人や家族に借りる方法は手軽だがおすすめしない
  2. ソフト闇金や闇金の甘い誘惑に注意
  3. 借りる前に「返済できるか?」きちんと考える

1・3・5万借りるときには上記3つのポイントに注意するようにしましょう。

「借りる方法」でも説明しましたが、友人や家族にお金を借りるのは面倒な書類の提出もありませんし利子0で借りられる可能性もあり手軽です。

ですが、友人関係・家族関係にヒビが入るリスクがありますし、「家族だから」「友人だから」と甘えて返済が滞るリスクもあるのでなるべく避けましょう。

次に、ソフト闇金や闇金の甘い誘惑には注意しましょう。TwitterなどのSNSで「お金を借りたい」と検索すると下記のようなツイートを見かけることがあります。

ソフト闇金のイメージ画像こういった「手軽にお金を貸します」といった業者は「闇金」や「ソフト闇金」といった違法な業者です。

初めは甘い言葉で誘惑してお金を貸しますが、借りたら最後、10日で1割など違法な利子を請求されます。返済しなければ会社や家族に電話するなど嫌がらせを受けることになります。

こういった業者からお金を借りても何も良いことがないので、絶対に関わらないようにしましょう。

最後に、1・3・5万といった小額であってもお金を借りる前に「返済できるのか?」しっかり考えてから借りるようにしましょう。

借金の返済は想像以上に大変です。お金が返せずさらに借金を重ねる負の循環に陥ると人生が終わってしまいます。返済計画は必ずたてるようにしましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 1・3・5万程度の小額な借り入れは「消費者金融」がおすすめ
  • 最もおすすめの消費者金融は親身な対応に定評のある「アコム」
  • 家族や友人からの借金は手軽だが絶対に避けるようにしよう!

今回の記事では、1・3・5万を借りることができる5つの方法をまとめました。紹介した5つの方法の中で最もおすすめの方法は「消費者金融」です。

消費者金融は利子が高いのですが、最短即日融資・即日審査で満20歳~69歳以下で継続的な収入があり多額の借入がなければほとんどの人がお金を借りることができます。

また、1ヶ月程度の短期間で返済できれば利息0のサービスを提供している消費者金融もあります。月々の返済金額も決まっており、必ず返済することができる点もおすすめする理由です。

1・3・5万円を消費者金融で借りるなら、親身な対応に定評のある「アイフル」を利用するのがおすすめです。「アイフル」は20社の消費者金融を比較した結果最もおすすめのサービスです。

最後に、家族や友人からの借金はとても手軽です。ですが後々のことを考えると、甘えてしまって返済が滞り関係にヒビが入るリスクがあります。

そのため、絶対に避けましょう。1・3・5万円程度の少額の借り入れなら、まずは「消費者金融のアイフル」を頼ってみるのがおすすめです。\最短即日審査・最短即日融資対応/アイフルで今すぐ1・3・5万円を借りる!

※1:なお、取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資が停止します。