10万円を借りたい時に使える5つの方法を比較し最も確実な方法を解説!

10万借りるのアイキャッチ 画像

「10万円借りたいけどどこで借りるのがいいの…?」など、お金を借りる方法で悩んでいる人は多いですよね。

お金の悩みって家族や友人には相談しにくいですし、「信用情報に傷がつくかも?」「自分の信用じゃ借りられないんじゃ無いの?」など自分だけではわからない事が多いです。

そこで今回の記事では、10万円を借りたいあなたの悩みを解決するために「10万円を借りる方法」や「10万円を借りた後の返済イメージ」「10万円を借りられる人・借りられない人」についてまとめていきます。

結論から言うと、ほとんどの人には消費者金融アイフルで10万円を即日融資してもらうのがおすすめです。

今回の記事が、10万円を借りたいあなたの助けになれば幸いです。それでは、早速解説していこうと思います。

今すぐ安全に10万円を借りるなら消費者金融「アイフル」がおすすめ!

10万円を借りる方法を探しているなら、消費者金融の「アイフル」を利用することをおすすめします。アイフルは、大手消費者金融の一角で法律遵守の安全な融資をしてくれるサービスです。

審査についても、独自の基準を設けており満20歳以上69歳以下の定期的な収入と返済能力のある人なら融資を受けられる可能性が高いです。(※1)

また、職場への電話連絡なしでの在籍確認や書類やカードの郵送のないWeb完結手続きも行っており、家族や会社・友人にバレる事なく10万円を借りられます。

アイフルは大手消費者金融の中でも丁寧で親身に寄り添った対応をしてくれる事で知られています。今すぐ10万円を借りたいなら、ぜひアイフルを利用してみてください。アイフルの公式HPを見る

10万円を借りたい人必見!10万円を借りられる5つの方法を比較!

← 横にスクロールできます →
借入先借入可能額金利審査難易度おすすめ度
消費者金融1~200万18% 3.0 5.0
銀行カードローン10~300万13~18% 4.0 4.5
学生ローン1~50万17% 3.0 4.5
ソフト闇金1~10万20~30% 1.0NG
闇金上限なし10日で1割など 1.0NG

10万円を借りるなら、一般的な借入先は上記5つになります。この中で、「ソフト闇金」「闇金」は違法ですし、トラブルになる可能性が高いので絶対に利用しないようにしましょう。

そのため、比較対象になるのは「消費者金融」「銀行カードローン」「学生ローン」です。金利の観点から言うと、銀行カードローンが通るなら銀行カードローンが最もおすすめです。

しかし、銀行カードローンは信用のある企業に3年以上勤めているなどある程度の信用が無いと審査に通りません。そのため、フリーターや学生の方が利用するのは難しいです。

上記のように、銀行カードローンに通らなかったという口コミは多くあります。また、銀行カードローンは、職場への在籍確認が必須ですし書類も必要なので会社や家族にバレる可能性が高いです。

そのため、「属性が低くて審査に通るか不安」「なるべく人にバレずに10万円借りたい」といった人にはおすすめできません。

そういった場合、消費者金融がおすすめになります。誰でも気軽に申し込みできますし、銀行カードローンよりも審査に通りやすいです。

また、会社への電話や書類の郵送なしで契約できるサービスもあるので人にバレずに契約することもできます。

ただし、未成年は消費者金融でも借入をすることができません。学生ローンであれば18歳や19歳でも借入ができるサービスがあります。

そのため、未成年でキャッシングがしたい場合は学生ローンを活用する事になります。

10万円を借る方法には、5つの方法がありますが「会社員」「学生」「専業主婦」など自身の属性によって最適な方法を選ぶようにしましょう!

10万円をすぐに借りたいなら「消費者金融」を活用するのがおすすめ!

← 横にスクロールできます →

 

サービス名審査融資融資可能額利息借入条件
アイフル最短30分審査最短1時間融資最大800万3.0%~18.0%満20歳以上69歳までで定期的な収入と返済能力を有すること(※1)
プロミス最短30分審査最短1時間融資最大500万4.5%~17.8%満20歳以上69歳以下で本人に安定した収入があること
SMBCモビット最短30分審査最短即日融資最大800万3.0%~18.0%満20歳以上69歳以下で本人に安定した収入があること
アコム最短30分審査最短1時間融資最大800万3.0%~18.0%20歳以上で安定した収入と返済能力を有すること
レイクALSA最短15秒審査最短1時間融資最大500万4.5%~18.0%満20歳以上70歳以下であること

10万円を借りたいなら、消費者金融の利用をおすすめします。消費者金融は、銀行カードローンに比べて柔軟な審査を行ってくれますし借入までのスピードが早いからです。

銀行カードローンと比べると利息が若干高くなりますが、10万円の借入であれば「柔軟な審査」「スピーディーな借入」のメリットが勝ります。

また、消費者金融であれば会社へ電話での在籍確認不要・自宅への郵送物なしで利用できるサービスもあるので家族や同僚・友人にバレずに借入できる点もポイントです。

もし、10万円を消費者金融で借りるのであれば「アイフル」がおすすめです。「アイフル」は大手消費者金融の一角で法律を遵守した安全な融資をしてくれます。

また、電話での在籍確認なしのカードローンなので家族や友人に利用がバレませんし即日審査・即日融資も可能です。10万円の借入なら、ぜひアイフルを利用してみてください。

アイフルの公式HPを見る

10万円を借りたい時に必要な物や聞かれる事のまとめ!

ここでは、10万円を借りる時に必要な物や借りる時に聞かれる事についてまとめておきます。

10万円を借りるために「何が必要なの?」と準備する事について悩んでいるようでしたら、ぜひ参考にしてください。

10万円を借りたい時に必要な物

必要物具体例
本人確認書類運転免許証
住民基本台帳カード
特別永住者証明書
在留カード
個人番号カード
収入証明書所得証明書
源泉徴収票
住民税決定通知書
給料明細書
※直近2ヶ月分
確定申告書

10万円を借りる時に必要なものは「本人確認書類」「収入証明書」の2つです。それぞれ5つずつ具体的な書類もまとめていますが、5つの内どれか1つがあれば大丈夫です。

また、多くの場合50万円以下の借入なら収入証明書は不要です。ただし、審査への回答内容によって10万円の借入でも収入証明書が必要になることがあるので用意しておく事をおすすめします。

本人確認書類は運転免許証がベターですが、持っていない場合「個人番号カード」か「住民基本台帳カード」を用意しましょう。どちらも、市役所で発行することができます。

収入証明書は給料明細書が一般的です。自営業の場合は、確定申告書ですね。所得証明書や源泉徴収票は別途発行する必要があるので手間がかかります。

10万円を借りたい時に聞かれること


次に10万円を借りる時に聞かれる事ですが、基本的に借入目的を聞かれます。

フリーローンであれば目的は自由なのですが、「犯罪に使われる事」「規約違反の使い方」などを防ぐため借入目的は必ず聞かれます。

こちらは正直に答えれば、審査に落ちることはありません。上記口コミのように「銃の購入費用」などと回答すると、審査に落ちる可能性もあるので「違法性がない目的」を伝えましょう。

借入目的で悩んでしまったら「旅行費用」「生活費の補填」などと伝えれば、審査に落ちることはほとんどないでしょう。

10万円を借りたい時の返済イメージを紹介!

返済期間月々の返済金額利息総額
12ヶ月10,000円9,143円
24ヶ月5,000円19,753円
32ヶ月4,000円26,245円

ここでは、消費者金融「アイフル」で10万円を借入場合を例に「12ヶ月」「24ヶ月」「32ヶ月」と返済期間別に返済イメージを紹介していきます。

返済イメージが把握できれば「返せるか?」判断ができますし借入がしやすくなりますよね。こちらの返済イメージを、借入前の参考にしてみてください。

10万円を12ヶ月で返済する場合の返済イメージ

← 横にスクロールできます →
返済回数返済予定日返済金額元金充当利息充当残高
借入日2020/10/23100,000円
12020/11/2310,000円8,467円1,524円91,524円
22020/12/2310,000円8,650円1,250円82,874円
32021/01/2310,000円8,735円1,265円74,139円
42021/02/2310,000円8,867円1,133円65,272円
52021/03/2310,000円9,099円901円56,173円
62021/04/2310,000円9,142円858円47,031円
72021/05/2310,000円9,305円695円37,726円
82021/06/2310,000円9,424円576円28,302円
92021/07/2310,000円9,582円418円18,720円
102021/08/2310,000円9,714円286円9,006円
112021/09/239,143円9,006円137円0円
累計109,143円9,143円

10万円を2020年10月23日に借り入れて12ヶ月かけて返済する場合の具体的な支払い金額をまとめてみました。

10万円を1年間かけて返済する場合、月々の支払い金額は10,000円です。10ヶ月1万円支払って、最後の1ヶ月に9,143円支払い計10,9143円の支払いで完済となります。

今回は、返済期間を12ヶ月と短めに設定しているため利息は1万円以内に収まっていますね。返済期間をもっと長くしていくと、どんどん利息の総額が高くなっていきます。

そのため、借入をする場合は可能な限り短い期間で返済を済ませることが賢い選択です。

10万円を24ヶ月で返済する場合の返済イメージ

← 横にスクロールできます →
返済回数返済予定日返済金額元金充当利息充当残高
借入日2020/10/23100,000円
12020/11/235,000円3,476円1,524円96,524円
22020/12/235,000円3,576円1,424円92,948円
32021/01/235,000円3,581円1,419円89,367円
42021/02/235,000円3,634円1,366円85,733円
52021/03/235,000円3,817円1,183円81,916円
62021/04/235,000円3,748円1,252円78,168円
72021/05/235,000円3,844円1,156円74,324円
82021/06/235,000円3,864円1,136円70,460円
92021/07/235,000円3,958円1,042円66,502円
102021/08/235,000円3,984円1,016円62,518円
112021/09/235,000円4,045円955円58,473円
122021/10/235,000円4,135円865円54,338円
132021/11/235,000円4,170円830円50,168円
142021/12/235,000円4,258円742円45,910円
152022/01/235,000円4,299円701円41,611円
162022/02/235,000円4,364円636円37,247円
172022/03/235,000円4,486円514円32,761円
182022/04/235,000円4,500円500円28,261円
192022/05/235,000円4,582円418円23,679円
202022/06/235,000円4,639円361円19,040円
212022/07/235,000円4,719円281円14,321円
222022/08/235,000円4,782円218円9,539円
232022/09/235,000円4,855円145円4,684円
242022/10/234,753円4,684円69円0円
累計119,753円19,753円

10万円を2020年10月23日に借り入れて24ヶ月かけて返済する場合の具体的な支払い金額をまとめてみました。

10万円を2年間かけて返済する場合、月々の支払い金額は5,000円です。23ヶ月間毎月5,000円を支払って、最後の1ヶ月は4,753円を支払います。返済総額は119,753円です。

さすがに2年間かけて返済すると利息が高額になってきますね。10万円の元金に対して、最終的に19,753円の利息がかかっています。

分割回数を増やすと毎月の返済額は減って楽になるのですが、最終的な支払い総額では損をすることになるので10万円の借入の場合最悪でも2年以内には返済するのがおすすめです。

10万円を32ヶ月で返済する場合の返済イメージ

← 横にスクロールできます →

 

返済回数返済予定日返済金額元金充当利息充当残高
借入日2020/10/23100,000円
12020/11/234,000円2,476円1,524円97,524円
22020/12/234,000円2,562円1,438円94,962円
32021/01/234,000円2,550円1,450円92,412円
42021/02/234,000円2,588円1,412円89,824円
52021/03/234,000円2,760円1,240円87,064円
62021/04/234,000円2,669円1,331円84,395円
72021/05/234,000円2,752円1,248円81,643円
82021/06/234,000円2,752円1,248円78,891円
92021/07/234,000円2,833円1,167円76,058円
102021/08/234,000円2,838円1,162円73,220円
112021/09/234,000円2,881円1,119円70,339円
122021/10/234,000円2,960円1,040円67,379円
132021/11/234,000円2,970円1,030円64,409円
142021/12/234,000円3,048円952円61,361円
152022/01/234,000円3,062円938円58,299円
162022/02/234,000円3,109円891円55,190円
172022/03/234,000円3,238円762円51,952円
182022/04/234,000円3,206円794円48,746円
192022/05/234,000円3,279円721円45,467円
202022/06/234,000円3,305円695円42,162円
212022/07/234,000円3,377円623円38,785円
222022/08/234,000円3,408円592円35,377円
232022/09/234,000円3,460円540円31,917円
242022/10/234,000円3,528円472円28,389円
252022/11/234,000円3,566円434円24,823円
262022/12/234,000円3,633円367円21,190円
272023/01/234,000円3,677円323円17,513円
282023/02/234,000円3,733円267円13,780円
292023/03/234,000円3,810円190円9,970円
302023/04/234,000円3,848円152円6,122円
312023/05/234,000円3,910円90円2,212円
322023/06/232,245円2,212円33円0円
累計126,245円26,245円

10万円を2020年10月23日に借り入れて32ヶ月かけて返済する場合の具体的な支払い金額をまとめてみました。32ヶ月なのは、アイフルの最大返済期間が32ヶ月だからです。

10万円を32ヶ月かけて返済する場合、月々の支払い金額は4,000円です。31ヶ月間毎月4,000円を支払って、最後の1ヶ月は2,245円を支払います。返済総額は126,245円です。

24ヶ月返済の場合と比べて月々の返済額は1,000円しか違わないのに、最終的な利息は6,492円も高くなっています。利息だけで20,000円を超えてくるとさすがに高く感じます。

10万円の融資に対して32ヶ月での返済は少し長すぎると言えます。10万円を借りた時の返済期間は、なるべく1年~2年程度になるようにしましょう!

10万円を借りられる人と借りられない人を解説!

ここでは、10万円を借りられる人と借りられない人について解説していきます。結論から言うと、継続した収入があればほぼ全ての人が10万の借入ができます。

ですが、一部借入をできない人もいます。「自分は10万円を借りることができるの?」と気になっているようでしたら、是非参考にしてください。

10万円を借りられる人

10万円を借りられる人
  • 会社員
  • フリーター
  • 主婦(専業主婦含む)
  • 学生(18歳・19歳もOK)
  • 年金を受給しているシニアの方
  • 自営業を営んでいる人

まずは、10万円を借りられる人について紹介していきます。上記リストのように20歳以上で継続した収入があればほぼ全ての人が10万円の借入ができます。

また、未成年の学生であっても「学生ローンのカレッジ」など一部の学生ローンにて借入をすることができます!

その他、収入のない専業主婦であっても世帯主に安定した収入があれば「ベルーナノーティス」などの消費者金融や一部の銀行カードローンを利用することができます。

ちなみに、仕事を定年退職したシニア世代の方でも年金をもらっていれば「継続した収入」があることになるので10万円の借入はできます。

10万円を借りられない人

10万円を借りられない人
  • 無職の人
  • 未成年で学生ではない人
  • 年収の1/3以上の借り入れをしている人

次に10万年の借入ができない人について解説していきます。10万円の借入ができない人は、上記3パターンの人です。

基本的には、継続した収入のない無職の人は借入をすることができません。その他、継続した収入があっても未成年の場合10万円を借りる事はできません。

学生であれば未成年でも学生ローンを利用できるのですが、サラリーマンやフリーター・自営業を営む未成年の人は消費者金融や銀行カードローンが利用できません。

また、既にどこかの金融会社から年収の1/3以上の融資を受けている人も10万円を借りる事はできません。

総量規制という法律があって、金融会社は年収の1/3以上の融資をすることができないことが法律で決まっているからです。

10万円を借りたい時に気になる5つの疑問を解決!

最後に、10万円を借りたい時にきになる5つの疑問について解説していきます。記事本文中では解説できなかった細かい疑問を解決していきます。

ここまで記事を読んでいただいて、解決しない疑問がある方は是非参考にしてください!

会社や家族にばれずに10万円を借りる方法はあるの?

アイフルやモビットは会社への電話連絡なし・自宅への郵送物なしでキャッシングをすることができます。

そのため、アイフルやモビットを利用すれば会社や家族に借入がバレるリスクを最低限に留められます。

消費者金融やカードローンで10万を借りると金融ブラックになるの?

なりません。10万円を借りて3ヶ月以上返済を延滞すると金融ブラックとなります。

約定返済日にきちんと返済を繰り返していけば、むしろ信用情報にプラスに働きます。

無職や収入証明書が無くても10万円を借りる方法はある?

無職の場合、10万円を借り入れる事はできません。

50万円までの融資であれば収入証明書がなくても融資を受けられますが、後々提出を求められることもあるので準備できるようにしておきましょう。

18歳や19歳の未成年でも10万円を借りる方法はある?

学生であれば、学生ローンを利用して10万円を借りることができます。

サラリーマンやフリーターなど学生でない場合、未成年は借入をすることができません。

ネット上で見かけるソフト闇金って何?

個人や企業が営む違法な金融サービスです。

激しい取り立てや違法な高利でお金を貸し付けられるので絶対に利用しないようにしましょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • 10万円を借りたいなら「消費者金融」「学生ローン」「銀行カードローン」のどれかを選ぼう
  • 10万円を借りる方法でもっともおすすめなのは「消費者金融」
  • 消費者金融を利用するなら「親身な対応」で「即日融資」が可能な「アイフル」
  • 10万円を借たい時は「本人確認書類」と「収入証明書」の2つを用意しよう!
  • 10万円を借たい時は「利用目的」を聞かれるので事前に考えておこう!

今回の記事では、10万円を借りたい時に借りる5つの方法や、おすすめの借入方法・返済イメージなどについて解説してきました。

10万円を借りたいなら「消費者金融」「学生ローン」「銀行カードローン」のどれかを利用するのがおすすめです。「ソフト闇金」や「闇金」は絶対に利用しないようにしましょう。

10万円を借りる方法の中でも最もおすすめなのは、柔軟な審査で融資までのスピードが早い「消費者金融」です。

本記事の内容を参考に、消費者金融で10万円を借りようと考えているようでしたら、ぜひ「アイフル」を利用してみてください。

アイフルは、「親身な対応」「最短即日融資対応」「電話での在籍確認なし」など優れた点の多いおすすめの消費者金融です。公式HPから審査に通るかどうかを1秒で診断できるので、ぜひ試してみてくださいね!

アイフルの公式HPを見る

※1:なお、取引期間中に満70歳になられた時点で新たな融資が停止します。