アメリカン・エクスプレス・ビジネスカードを解説!審査・特典まとめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード
基本還元率 1.0%
貯まるポイント メンバーシップ・リワード
ポイント交換先 1ポイント=0.5円
楽天ポイント、dポイントなど
還元率UP条件 メンバーシップ・リワード・プラスに登録
ポイント有効期限 36ヶ月
年会費 13,200円
ポイント算出方法 100円で1ポイント
申込資格・条件 20歳以上の個人事業主もしくは会社経営者
国際ブランド AmericanExpress
特典・サービス
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 利用情報を会計ソフトへ自動取り込み
  • コンシェルジュサービスの利用
  • 帰国後の手荷物無料配送サービス
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード 年会費無料(発行手数料935円)
電子マネー なし
追加カード 家族カード(年会費6,600円)
カードランク ビジネスカード
利用限度額 利用限度額無し

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードはアメリカン・エキスプレス・が発行しているビジネスカードです。

基本的に「ビジネス」で利用するクレジットカードのため、利用限度額が設定されておらず、その気になればいくらでも使えます。

また空港ラウンジが使えたり空港から自宅まで手荷物を無料で配送してくれたりなど、出張のサポートをしてくれるサービスも豊富です。

ただし、アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードは審査の基準が他のクレジットカーとは違うため、サラリーマンや専業主婦は申し込ません。

カードの利用情報を会計ソフトにすぐに取り込めるため事業収支の入力の手間も省けたりと、ビジネスに役立つサービスもあるのでぜひチェックしてみてくださいね。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの公式HPを見る

Contents

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがどんなカードかを理解しておきましょう!

ポイントが「100円で1ポイント」と貯まりやすい

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのポイント
  • 還元率:1.0%
  • ポイント付与:100円につき1ポイント

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは通常還元率が1.0%と他のビジネスカードに比べると高めに設定されています。

さらにポイントが付与される最低金額も100円とかなりハードルが低いです。

そのため、ポイントが貯まりやすいのが最大の特徴です。

atsushi
atsushi
貯まったポイントはマイルに移行したり他のポイントに交換したりなど使い勝手が良いので、100円で1ポイントもらえるのは大きいですよね。

「個人」では使えなかった空港ラウンジが使える

利用できる空港ラウンジ
  • 国内:28ヶ所
  • 海外:1ヶ所(ハワイ)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを持っていると国内28ヶ所の空港にある空港ラウンジを利用できます。

しかも本人だけでなく同伴者1名も利用できるため、出張だけでなく旅行などでも利用できるのが良いですよね。

飛行機に搭乗するまでの時間を空港ラウンジでゆっくり過ごせるのもアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを持つメリットの1つです。

利用情報が会計ソフトに自動で取り込める

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで利用した分は会計ソフト「会計freee」に自動で取り込めるようになります。

会計freeeに利用情報が自動で取り込めるようになれば、わざわざ利用明細を見ながら会計ソフトに利用情報を打ち込む手間がいらなくなります。

特に仕事に必要なものの仕入れをカードで支払っているのであれば、会計ソフトへの自動取り込みは経理業務の時間短縮になって便利ですよね。

会計freeeに自動で取り込ませるためには、あらかじめ会計freeeにオンライン登録する必要があります。登録は会計freeeの公式サイトからできます。

会計freeeの公式サイトはこちら

海外出張先でコンシェルジュサービスが受けられる

オーバーシーズ・アシストの特徴
  • 24時間年中無休で対応
  • 海外にいても日本語で対応してくれる
  • レストランやゴルフ場の予約代行
  • トラブルが遭った際のサポート業務

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには海外出張などで利用できるコンシェルジュサービス「オーバーシーズ・アシスト」サービスがあります。

オーバーシーズ・アシストでは、海外でトラブルに遭ったり急な旅程変更があった時に日本語でサポートやアドバイスをしてくれます

言葉が通じない海外で万が一の出来事があってもオーバーシーズ・アシストがあれば安心ですよね。

帰国後に手荷物を自宅に無料で配送してくれる

手荷物無料配送サービスの特徴
  • カード会員1人につきスーツケース1個を配送
  • 出発・帰国どちらでも利用可能

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを持っていると自宅-空港間の距離を無料で手荷物を配送してくれます。

そのため重たい荷物を持って空港に行ったり、帰国後に自宅まで荷物を持って帰る必要がありません。

配送してくれる手荷物はカード会員1人につきスーツケース1つまでとなっています。

atsushi
atsushi
海外に行くとなるとどうしても荷物が多くなってしまいますが、無料で空港まで配送してくれるのであれば移動が楽になって便利ですよね。

「社員用」のカードが作れる

追加カードを作る条件
  • 最大4枚まで作成可能
  • 年会費は1枚当たり6,600円

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを持っていると最大4枚まで追加カードが作成できます。

追加カードを作ることで社員に出張させる際に持たせたり、経費項目によって使い分けて経費管理をしやすくしたりなど様々な使い方ができます。

追加カードを作ると1枚当たり6,600円の年会費が発生しますので、意味もなくたくさん作らないよう追加カードは計画的に作りましょう。

設立1年目でも作れる

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの入会条件
  • 20歳以上の個人事業主か会社経営者

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの審査は「法人」ではなく「代表者(個人)」の信用情報によります。

そのため、創立1年目であっても代表者の信用情報に問題がなければアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを作れるのです。

ビジネス・カードの中には「法人」の信用情報で審査するため、創立して一定年数経たないと審査が通らないところもあります。

創立して間もない人でビジネスカードが欲しいのであればアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでビジネスカードはおすすめです。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの公式HPを見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの3つのデメリットも確認しておこう

どれだけアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえでアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを正しく理解したいですね。

ですので、ここでアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

「サラリーマン」は作れない

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは「ビジネス・カード」のため、自営業者や会社経営者向けのクレジットカードとなっています。

そのため、サラリーマンなど会社勤めをしている人はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを作ることができません。

またフリーターや主婦の人も入会条件を満たしていないため、どれだけ申し込んでも審査が通りません。

どうしてもアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを作りたいのであれば税務署に行って「開業届」を提出すれば「個人事業主」とみなされて審査が通るかもしれません。

他のビジネスカードと比べて年会費が高い

カード名 年会費
アメックス・ビジネスカード 13,200円
三井住友ビジネスカード ゴールド 11,000円
EX GOLD for Biz M 2,200円(初年度無料)
JCB一般法人カード 1,375円(初年度無料)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは年会費が13,200円かかるのですが、実は他のビジネスカードに比べると割高になっています。

もちろん各カード会社によってサービス内容やサポート体制に違いがあります。

しかし「年会費が高い=カードの維持費がかかる」なのでなるべく経費を抑えたいひとからすると年会費の高さはネックになるでしょう。

分割払い、ボーナス払いができない

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの支払い方法
  • 1回払い、リボ払い

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの支払い方法は1回払いとリボ払いのみで、分割払いやボーナス払いといった支払い方法が選べません。

そのため、高い買い物をして支払いが難しい場合はリボ払いしか選択肢がないのです。

とはいえ、他のカード会社のビジネスカードではリボ払いすら選べないものもあります。

そう考えるとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはまだ選択肢がある分使い勝手が良いビジネスカードではないでしょうか。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの公式HPを見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで貯まるメンバーシップ・リワードの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを利用すると、「メンバーシップ・リワード」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたメンバーシップ・リワードトは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここではアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで貯めたメンバーシップ・リワードのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

マイルに交換する

交換できるマイル
  • ANA
  • シンガポール航空
  • スカンジナビア航空
  • キャセイパシフィック航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • デルタ航空
  • チャイナエアライン
  • エミレーツ航空

貯まったメンバーシップ・リワードは各航空会社のマイルに交換できます。交換できるマイルの一例は上にまとめました。

どの航空会社のマイルでも最低2,000ポイントから交換可能で、2,000ポイントごとに1,000マイルに変更できます。

メンバーシップ・リワードで交換できるマイルについてはアメリカン・エキスプレスの公式サイトで紹介されていますのでそちらをご覧ください。

出張や旅行などで頻繁に飛行機を利用するのであればマイルへの交換はポイントの使い道としておすすめです。

ホテルやレストランで利用する

必要最低ポイント 30,000ポイント~
使いやすさ

貯まったメンバーシップ・リワードを使ってレストランで食事をしたりホテルや温泉に宿泊できたりします。

レストランは最低30,000ポイントから、ホテルは70,000ポイントもしくは150,000ポイントを使って利用できます。

特にレストランでは「シェ松尾」「ジョエル・ロブション」といった有名レストランで食事ができるプランもあります。

ポイントが貯まったらぜひ最高級のサービスを受けてみてくださいね。

利用できるレストランやホテルについてはアメリカン・エキスプレスの公式サイトで紹介されています。

利用代金をポイントで支払う

ポイントの価値 航空会社への支払い 1ポイント=1.0円
ホテル・旅行代理店への支払い 1ポイント=0.8円
それ以外の支払い 1ポイント=0.5円
使いやすさ

メンバーシップ・リワードはカード利用分の支払いに充当することができます。

ポイントの価値は1ポイント=0.5円ですが、ホテルや旅行代理店、さらには航空会社への支払いに関してはポイントの価値が最大1.0円まで上がります。

カードで色々買いすぎて支払いが膨らんだ時にポイントが余っているのなら、ポイントで補填して支払いの負担を少しでも軽くする…といった対策ができるのはいいですよね。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの公式HPを見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの評判まとめ!口コミを参考にしよう

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの悪い評判・口コミ一覧

  • ステータスとして持つにはデザインがダサい。頑張ってゴールドを持った方が良い
  • 他のビジネスカードに比べると年会費が高いのがネック
  • アメックスが使えるところが限定的で使いにくい

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの良い評判・口コミ一覧

  • 起業して間もない会社でも審査が通るので作りやすい
  • オーバーシーズ・アシストが付帯されていて海外に持っていっても安心
  • 会計ソフトに自動に取り込めるので経費の打ち込みがラクになりました

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの評判・口コミまとめ!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードにたいする評判や口コミを調べてみると、使い勝手の点で賛否両論の声が上がっていました。

改めてアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの評判についてまとめてみました。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの悪い評判・口コミ
  • ゴールドに比べるとデザインが微妙
  • 年会費が割高な印象
  • カードが使えないお店がしばしばある
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの良い評判・口コミ
  • 実績がなくてもビジネスカードが作りやすい
  • サポートが手厚い
  • 経費管理が簡単になった

悪い口コミで目立ったのは意外にも「デザインがダサい」でした。

アメックスはステータスとして持っている人も多いため、デザインももっとかっこいい感じのものを期待していたのかもしれません。

また「アメックスが使える店舗が少ない」という声も少なくありませんでした。

反対に好評だった意見として多かったのが「設立してすぐにビジネスカードが作れる」という点です。

起業して間もない人がビジネスカードを作ろうとしても設立して日が浅いため、どこのカード会社も審査で落とされてしまいます。

しかしアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは「代表者」で審査するため、設立すぐに申し込んでも審査が通るところにメリットを感じている人が多いです。

またオーバーシーズ・アシストや会計freeeへの自動取り込みも利用者からはかなり好評です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは起業して間もない人でも「作りやすいビジネスカード」として人気です。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの公式HPを見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードと他のアメリカン・エキスプレス・ビジネスカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
基本還元率 1.0% 1.0%
年会費 13,200円 34,100円
申込資格 20歳以上の個人事業主もしくは会社経営者 20歳以上の個人事業主もしくは会社経営者
特典・サービス
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 利用情報を会計ソフトへ自動取り込み
  • コンシェルジュサービスの利用
  • 帰国後の手荷物無料配送サービス
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 利用情報を会計ソフトへ自動取り込み
  • コンシェルジュサービスの利用
  • 帰国後の手荷物無料配送サービス
  • 航空便遅延保険の付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:最高500万円
ETCカード 年会費無料(発行手数料935円) 年会費無料(発行手数料550円)
社員カード 年会費6,600円 年会費13,200円
利用限度額 上限なし 上限なし


アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの公式HPを見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードはランク的には一般カードですが「ビジネスカード」でもあります。

そのため他のクレジットカードに比べて審査の基準や申し込み条件が少し違います。

ここでアメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの審査基準を解説しますので、アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードを作ろうと考えているならぜひ確認してくださいね。

20歳以上である

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードを作るには20歳を越えていないと申し込むことができません。

一般のクレジットカードであれば18歳以上(高校生除く)であれば申し込むことができますが「ビジネスカード」のため未成年では審査が通らないのです。

とはいえ、ビジネスカードを作ろうとしている人はたいてい成人している人がほとんどのためそこまで大きなハードルではないでしょう。

個人事業主もしくは会社経営者である

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードは「ビジネスカード」のため、一般の人が申し込んでも審査が通りません。

審査に通るは自営業者や会社経営者などご自身で商売を営んでいる人のみです。

専業主婦はもちろんサラリーマンでもアメリカン・エキスプレス・ビジネスカードに申し込んでも審査が通らないので注意してくださいね。

atsushi
atsushi
アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードは設立して1年目でも審査が通りやすいので、商売を始めてすぐの人でもつくりやすいビジネスカードです。

過去にカードの支払いを延滞・滞納したことがない

今使っているクレジットカードや以前持っていたクレジットカードで、カードの支払いを延滞・滞納したことが1回でもあると審査に落ちやすくなります。

カードの支払い履歴については信用情報機関に全て記録されており、カードを申し込む時はカード会社が信用情報機関に問い合わせて信用情報を確認します。

特にアメリカン・エキスプレス・ビジネスカードはカードの利用上限が設定されていないため、他のクレジットカードより比べて信用情報が厳しく審査されます。

とはいえ、カードの支払いを一度も遅れたことがないのであれば、おそらく審査に落ちることはないでしょう。


アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの公式HPを見る

【アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのよくある気になる疑問に答えていきます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを検討する際の参考にしてみてくださいね!

一般のアメックスのカードとビジネスカードとの違いは?

大きな違いとしては「自営業者か会社経営者しか作れない」「支払い方法が1回払いかリボ払いの二択」という点です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは一般のアメックスよりも「クレジットカードの使いやすさ」や「作りやすさ」の面では劣っていますが一般カードにはない色々なサポートやサービスがついています。

「ビジネスカード」にこだわりがないならアメリカン・エキスプレス・グリーン・カードでも問題ありません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードでも家族カードつは作れるの?

残念ながらビジネスカードでは「追加カード」は作れても「家族カード」は作れません。

また追加でカードを発行する時も「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」のみで、それ以外のカードを選ぶことができません。

家族カードが欲しいならアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを作るのは控えた方が良いでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードを解約するには?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを解約するにはカード裏面に記載してある電話番号に電話して解約の旨を伝えましょう。

ただし、受付は平日のみで9時~17時までとなっているので連絡する時間は気をつけましょう。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの公式HPを見る

起業したなら必ず申し込もう!アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを活用しよう

この記事のまとめ
  1. 100円で1ポイントもらえる
  2. 海外でも日本語対応のコンシェルジュサービスが利用できる
  3. 設立から日が浅くても審査が通る
  4. 全国28ヶ所の空港ラウンジが利用可能
  5. 空港から自宅まで荷物を無料配送してくれる

ここまでアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴についてお話ししてきました。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがどんなカードでどんなメリット・デメリットがあるか理解できたのではないでしょうか?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは数あるビジネスカードの中でも審査が通りやすいクレジットカードです。

そのため、独立したての人や起業して間もない人でビジネスカードを作りたいのであればおすすめです。

またポイントも貯まりやすく、貯まったポイントを有効活用すればお得に飛行機に乗れたりホテルに宿泊できたりもします。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの主な特徴については上にまとめました。

メリット・デメリットをきちんと理解して含めて賢く活用しましょう。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの公式HPを見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの基本情報まとめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
基本還元率 1.0%
貯まるポイント メンバーシップ・リワード
ポイント交換先 1ポイント=0.5円
楽天ポイント、dポイントなど
還元率UP条件 メンバーシップ・リワード・プラスに登録
ポイント有効期限 36ヶ月
年会費 13,200円
ポイント算出方法 100円で1ポイント
申込資格・条件 20歳以上の個人事業主もしくは会社経営者
国際ブランド AmericanExpress
特典・サービス
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 利用情報を会計ソフトへ自動取り込み
  • コンシェルジュサービスの利用
  • 帰国後の手荷物無料配送サービス
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード 年会費無料(発行手数料935円)
電子マネー なし
追加カード 家族カード(年会費6,600円)
カードランク 一般
利用限度額 利用限度額無し

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの公式HPを見る

カード概要

発行会社 アメリカン・エキスプレス・・インターナショナル・インコーポレイテッド
年会費 13,200円(税込)
審査・発行 約3週間
入会条件 20歳以上で個人事業主もしくは会社経営者
国際ブランド AmericanExpress/td>
支払い方法 1回払い、リボ払い
支払い
  • 締め日:毎月19日
  • 引き落とし日:翌月10日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー なし
家族カード 発行可能枚数 6枚
年会費 6,600円
ETCカード 発行可否 可能
発行手数料 935円(税込)
年会費 年会費

ポイント還元率

ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
通常還元率 1.0%
還元率アップ条件 メンバーシップ・リワード・プラスに登録
ポイント有効期限 3年間
ポイント付与 100円で1ポイント
ポイントの価値(目安) 1ポイント0.5円
交換可能ポイント 楽天ポイント、Tポイントなど
交換可能マイル ANAマイレージクラブ

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険 補償対象者 カード会員とその家族
傷害死亡 最高5,000万円
傷害後遺障がい 最高5,000万円
入院保険金 なし
手術保険金 なし
通院保険金 なし
海外旅行保険 補償対象者 カード会員とその家族
傷害死亡 最高5,000万円
傷害後遺障がい 最高5,000万円
傷害・疾病治療費用 最高300万円
賠償責任 最高4,000万円
携行品損害 最高50万円(1旅行中)
救援者費用 最高400万円
ショッピング保険 国内 なし
海外 なし

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ 全国28ヶ所、海外一ヶ所
海外緊急サービス 旅行に出発してから帰宅するまでの最長90日間の間にケガ・病気・事件に巻き込まれた際のサポート対応
年間利用特典 なし
お問い合わせ 0120-020222(個人向け)
0120-145108(経営者向け)
24時間・年中無休


アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードの公式HPを見る