ANAダイナースカードを徹底解説!審査・年会費・メリットまとめ

ANAダイナースカード
基本還元率1%
貯まるポイントダイナースクラブ リワードポイント
ポイント交換先1ポイント=0.5円
Tポイント、楽天スーパーポイント
還元率UP条件 なし
ポイント有効期限無期限
年会費29,700円
ポイント算出方法100円につき1ポイント
申込資格・条件満27歳以上
国際ブランドDiners
特典・サービス
  • 入会・継続時にボーナスマイル付与
  • 搭乗時にボーナスマイル付与
  • Edyの支払いでマイル付与
  • ダイナースクラブ ポイントモール利用でボーナスポイント付与
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:年間500万円
ETCカード年会費無料
電子マネーモバイルSuica、楽天Edy
追加カード家族カード(年会費6,600円)
カードランクゴールド
利用限度額制限なし

ANA ダイナースカードは三井住友トラスト株式会社が発行しているクレジットカードです。

最大の特徴はANAマイルの貯まりやすさで入会時やカード更新時にボーナスマイルとしてANAのマイルがもらえます。

さらに「ダイナースクラブ」自体ステータスが高いクレジットカードですから旅行保険など付帯されているサービスも豊富です。

その代わり、年会費が高く審査基準も「満27歳以上」とハードルが高めなのでカードを持てる人が限定されているというデメリットはあります。

ANA ダイナースカードを使い続けているとブラックランクの「ダイナーズクラブ プレミアムカード」のインビテーションがもらえるようになります。

出張や旅行でANAの飛行機を利用しているのならオススメのカードなのでぜひチェックしてみてくださいね。


ANAダイナースカードの公式HPを見る

Contents

ANAダイナースカードの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、ANAダイナースカードの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、ANAダイナースカードの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずはANAダイナースカードがどんなカードかを理解しておきましょう!

入会時とカード更新時にボーナスマイルがもらえる

ANAダイナースカードでもらえるボーナスマイル
  • 入会時:2,000マイル
  • 更新時:2,000マイル
  • ANA航空機代の支払い:航空機代の25%

ANAダイナースカードを持っているとダイナースからもらえるポイントとは別にANAからボーナスマイルがもらえます。

ANAからのボーナスマイルは「入会時(カード作成)」「カードの更新時」「ANAの飛行機代をカードで支払った時」のタイミングでもらえます。

そのため、ANAのマイルが貯まりやすくなっているのです。

atsushi
atsushi
ANAダイナースカードはランクが高いぶんボーナスマイルが他のANA系のカードに比べて多くもらえるようになっています。

世界1,000以上の空港ラウンジが無料利用

利用できる主な空港ラウンジ
  • 国内の主要空港
  • ヨーロッパ39ヶ国の空港
  • アジア34ヶ国の空港
  • アフリカ24ヶ国の空港
  • 北米20ヶ国の空港
  • 南米11ヶ国の空港
  • オセアニア4ヶ国の空港

ANAダイナースカードをもっていると世界中の空港ラウンジが無料で利用できるようになります。

日本の主要空港はもちろん、ヨーロッパやアメリカなど利用できる空港は1,000以上あります。

どの空港でも飛行機に乗る待ち時間をゆっくり過ごせるので海外旅行や海外出張の際には必ず持っていきましょうね。

ポイントをANAマイルに交換する際の手数料が無料

カード名ANAマイルの手数料
ANAダイナースカード無料
ダイナースクラブカード6,000円

ANAダイナースカードはカード利用で貯まったポイントをANAのマイルに交換する際、手数料が一切かかりません。

同じダイナースのクレジットカード「ダイナースクラブカード」の場合は移行手数料として6,000円取られるため、ANAのマイルを貯めたいのならANAダイナースカードの方がお得です。

さらにダイナースクラブカードはANAマイルへの移行が年間4万マイルと上限があるがANA ダイナースカードは上限がありません。

atsushi
atsushi
積極的にANAマイルを貯めたいのならANAダイナースカードの方がおすすめです。

海外旅行保険を含めた付帯保険が手厚い

ANAダイナースカードの付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:年間500万円

ANAダイナースカードに付帯される旅行保険はかなり手厚くなっています。

国内でも海外でも旅行先で病気やケガをしたら最高1億円の補償がもらえるため、万が一旅行先でトラブルが起こっても大丈夫です。

またお買い物保険も年間500万円まで補償されますから、カードで買ったものが壊れていたり盗難に遭っても被害を最小限に抑えてくれます。

atsushi
atsushi
特に海外で治療を受けると高い治療費を請求されたりするので、旅行保険が手厚いと安心ですよね。

限度額の制限がないため高額な買い物もしやすい

ANAダイナースカードの利用限度額
  • 制限なし
  • 上限額については個別に設定
  • リボ払いの場合は上限100万円

ANAダイナースカードは利用限度額が決まっていません。

上限額については所有者のクレヒスや年収に応じて決められるため、支払い能力があると判断されればいくらでもカードで支払いができるようになります。

利用限度額が小さいとちょっと高額な買い物をしただけでカードが使えなくなるため、限度額を大きくできるのは嬉しいですよね。

ダイナースクラブのグルメ優待が利用できる

グルメ優待の内容
  • レストランおすすめコース料理が1名無料
  • 予約が難しい飲食店の空席情報をお知らせ
  • WEB上で予約した飲食店でカードの提示やサイン不要で支払い可能

ANAダイナースカードにはダイナースクラブカードと同じグルメに関する特別優待が受けられます。

例えば高級料亭の予約を代行して取ってくれるサービスや、コース料理を2名以上で予約すると1名分無料になるサービスなどがあります。

会食や接待はもちろん家族との記念日やデートにも使えるので、グルメ優待を活用して美味しい食事を楽しんでくださいね。

ブラックカードランクの「ダイナースクラブ プレミアムカード」の招待がもらえる

ダイナースクラブ プレミアムカードの招待が送られる条件
  • 毎月一定以上カード利用をする
  • 毎月支払い日にカード利用分を支払う
  • 年収が一定以上ある

ANAダイナースカードを使い続けるとカード会社からの信用が上がり、ANAダイナースカードよりもランクの高い「ダイナースクラブ プレミアムカード」の招待が送られてきます。

「ダイナースクラブ プレミアムカード」はカード会社から将来をもらった人しか作れないクレジットカードでANAダイナースカードよりも充実したサービスが利用できます。

関連記事
ダイナースクラブ プレミアムカードを解説!年会費・特典・メリットまとめ ダイナースクラブ プレミアムカード 基本還元率 1.5% 貯まるポイント ダイナーズクラブ・リワード...

もちろんステータス面でもANAダイナースカードよりも高いため、ハイステータスなカードを持ちたいのであればぜひ狙ってみてはいかがでしょう。

atsushi
atsushi
ANAダイナースカードなどダイナース系のクレジットカードを使い続けないと「ダイナースクラブ プレミアムカード」の招待はもらえません。


ANAダイナースカードの公式HPを見る

ANAダイナースカードの3つのデメリットも確認しておこう

どれだけANAダイナースカードにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえでANAダイナースカードを正しく理解したいですね。

ですので、ここでANAダイナースカードを利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

ダイナースクラブカードよりも年会費が高い

カード名年会費
ANAダイナースカード29,700円
ダイナースクラブカード24,200円

ANAダイナースカード同じダイナース系の「ダイナースクラブカード」とランク的には同じですが年会費だけを見るとANAダイナースカードの方が高いです。

そのため、特にANAマイルを意識して貯めていないのであれば同じダイナースでもダイナースクラブカードの方がお得です。

ただしANAマイルを貯めたいのなら、年会費の差額以上の価値があるのでANAダイナースカードをおすすめします。

atsushi
atsushi
ダイナースクラブカードはANAマイルに移行するだけで6,000円かかりますからね。

ポイント還元率が上がる条件やキャンペーンがない

ANAダイナースカードを使うとダイナースのポイントが貯まりますが、還元率がアップする条件がありません。

つまりダイナースのポイントを貯めようと思っても効率よく貯められる方法がないのです。

ANAのマイルは貯めやすいものの、カードに付帯されているポイントは貯めにくいので「マイルとポイントの二重取り」をするにはANAダイナースカードは不向きなカードといえるでしょう。

年会費無料で家族カードが発行できない

ANAダイナースカードの家族カードの年会費
  • 1枚につき6,600円
  • 家族カードは家族1につき1枚発行可能

ANAダイナースカードでは支払いを同じにできる家族カードが作れますが、家族カード1枚につき6,600円の年会費がかかります。

ステータスが高いクレジットカードでも年会費無料で家族カードを発行できるカードもありますから、年会費が発生するのはデメリットですよね。

年会費はカードを全く使わなくても発生しますから、どうしても家族カードを作っておかないといけない場合になるまで作らない方がいいかもしれません。


ANAダイナースカードの公式HPを見る

ANAダイナースカードで貯まるポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

ANAダイナースカードを利用すると、「ダイナースクラブ・リワード」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたポイントトは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここではANAダイナースカードで貯めたダイナースクラブ・リワードのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

ANAのマイレージに交換する

交換レート1,000ポイント=1,000マイル
使いやすさ

ANAダイナースカードで貯まったポイントのもっともおすすめの使い道は「ANAマイルへの移行」です。

ANAダイナースカードを持っているとボーナスマイルがもらえるため、貯まったポイントもANAのマイルに交換すればより貯まりやすくなります。

またANAダイナースカードはマイルへの移行が無料でできるので、気兼ねなく移行できるのもおすすめポイントの1つです。

他社が発行しているポイントに交換する

交換レートTポイント2,500ポイント=1,000ポイント
ANA SKYコイン1,000ポイント=400コイン
スターバックスカードチャージ5,000ポイント=2,000円分
楽天ポイント4,000ポイント=1,000ポイント
使いやすさ

ダイナースのポイントの使い道としてもう1つのおすすめが他のポイントへの交換です。

普段貯めたり使ったりしているポイントがあるのなら、ダイナースのポイントを交換して使えばより使いやすくなりますよね。

ただし交換するポイントによって交換レートが変わってきますので、ポイントに交換するなら必要なポイントがどのくらいか?はきちんと確認しましょう。

トラベルデスクの旅行代金の一部として使う

交換レート1,000ポイント=400円
使いやすさ

ダイナースのポイントはトラベルデスクで手配した旅行代金の一部に充てることができます。

トラベルデスクとはダイナースが提供している旅行艇はサービスで、ホテルの予約やツアーパッケージの販売ができます。

特にANAダイナースカードを持っているならカードを使ってANAのマイルを貯めて、ポイントを使って旅行費を抑えられればかなりお得な旅行が楽しめるのでおすすめです。


ANAダイナースカードの公式HPを見る

ANAダイナースカードの評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

ANAダイナースカードがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、ANAダイナースカードを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

ANAダイナースカードの悪い評判・口コミ一覧

  • ANAマイルへの移行に制限がないのは良いが反映するまで1週間かかるのでそこがネックかな。そ例外は特に大きな不満はありません。
  • マイルが貯まりやすいのは良いけど良いところはそこだけ。それ以外の特典が少ないのでマイルに興味がないなら無理に作る必要はないです。
  • 以前はサービスも豊富で使いやすかったけど徐々に改悪していったので解約しました。個人的にはアメックスの方が使いやすいかな。

ANAダイナースカードの良い評判・口コミ一覧

  • 「使えないお店が多い」と聞いていましたが国内外問わず意外と使えるお店が多いです。JCBが使えるところなら問題なく使える印象です。
  • 無制限にANAマイルに移行できるのでマイルがどんどん貯まっていきます!旅行保険も厚いのでマイルを使って海外に行くのが楽しみです。
  • 空港ラウンジが使えるので出張の時に持ち歩いています。国際線でも国内線でも使うとマイルが貯まるのもいいですね!

ANAダイナースカードの評判・口コミまとめ!

ANAダイナースカードの悪い評判・口コミ
  • マイル反映に時間がかかる
  • 年会費のわりにサービスが少ない
  • 以前よりもサービスが改悪になった
ANAダイナースカードの良い評判・口コミ
  • 国内外問わず使えるお店が意外と多い
  • ANAマイルが貯まりやすい
  • 空港ラウンジが使える

ANAダイナースカードの悪い口コミは決して多くはなかったもののいくつかありました。

中でも目立ったのが「年会費の高さ」に関する内容が多い印象でした。

単純に年会費が高いのではなく「受けられるサービスが少ない」「対応があまりよくない」といった費用対効果の面で不満を感じている人がいるようでした。

反対に良い意見は多く、中でも「ANAマイルの貯まりやすさ」に満足している人が多い印象でした。

ボーナスマイルがもらえるのはもちろん上限なくマイルが貯められるため、カードを使えば使うほどANAのマイルが貯められる点を評価している人が多いです。

また空港ラウンジが使えたり手荷物無料宅配サービスが利用できたりなど、空港で利用できるサービスに満足している声も多かったです。

よくANAを利用するのであればANAダイナースカードはおすすめです。

特にANAのマイルが貯まりやすくなおかつある程度ステータスが高いカードを探している人にはもってこいのクレジットカードといえるでしょう。


ANAダイナースカードの公式HPを見る

ANAダイナースカードと他のANAマイルが貯まるクレジットカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
ANAダイナースカードANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードANA VISA 一般カードANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)ANAアメリカン・エキスプレス・カード
基本還元率1%1%0.5%0.5%1%
入会・継続マイル2,000マイル2,000マイル1,000マイル1,000マイル1,000マイル
ボーナスマイル25%25%10%10%10%
年会費29,700円34,100円2,200円2,200円7,700円
申込資格満27歳以上20歳以上で安定継続収入がある満18歳以上で安定継続収入がある18歳以上(高校生のぞく)20歳以上で安定継続収入がある
特典・サービス
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港ショップでの割引
  • Edyの支払いでマイル付与
  • 海外旅行先での24時間電話サポート
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 空港ショップでの割引
  • 手荷物無料宅配サービス
  • SKIPサービス
  • ANAカード専用航空機料金適用
  • 空港ショップでの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用価格
  • PASMOオートチャージ設定可能
  • ANAマイルに自動移行
  • ANAカード専用航空機料金適用
  • 空港ショップでの割引
  • 空港ラウンジが無料利用
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港ショップでの割引
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:年間500万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間500万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • お買い物安心保険:年間100万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:年間100万円(海外のみ)
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高2,000万円
  • お買い物安心保険:年間200万円
ETCカード年会費無料年会費無料(発行手数料935円)年会費500円年会費無料年会費無料(発行手数料935円)
家族カード年会費6,600円年会費17,050円年会費1,100円年会費1,100円年会費2,750円
利用限度額利用制限なし個別に設定80万円個別に設定個別に設定


ANAダイナースカードの公式HPを見る

ANAダイナースカードの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

ANAダイナースカードはランクが高いクレジットカードのため、他のクレジットカードよりも審査が厳しくなっています。

そこでANAダイナースカードの審査基準について詳しく解説します。

もしANAダイナースカードを作ろうと考えているのなら、次の3つのポイントを押さえておきましょう。

満27歳以上でないと申込できない

ANAダイナースカードでは年齢制限のハードルが少し高く「満27歳以上」となっています。

そのため26歳以下の人がどれだけ申し込みをしてもANAダイナースカードの審査すら受けられません。

ANAダイナースカードを作りたいのであれば27歳を過ぎてから申し込みしてくださいね。

年収は400万円以上あると審査に通りやすい

ANAダイナースカードの審査基準に年収はハッキリ表記されていませんが、一定以上の年収がないと通らない可能性が高くなります。

満27歳の年収の平均が362万円と言われているため、最低でも350万円以上の年収がないと審査を通るのは難しいでしょう。

年収400万円以上あると審査に通る可能性は高くなると思いますよ。

atsushi
atsushi
もちろん安定した継続収入があるのが前提となります。

クレヒスがないと審査に通りにくくなる

カード会社がクレジットカードの審査をする時に「クレヒス(クレジットヒストリー)」の有無を確認します。

金融ブラックになっていると審査に通りませんが、クレヒスがまったくない「スーパーホワイト」の人もANAダイナースカードの審査が通りにくいと言われています。

もちろんすでに別のクレジットカードを持っていて一度も支払いを遅れたことがないなら、特に気にすることではないので安心してくださいね。

スーパーホワイトとは?

過去に一度もクレジットカードの使用・ローンの借り入れをした事がない人を指します。クレヒスが全く白紙で信用できる材料がないためスーパーホワイトの人をあえて審査に通さないカード会社もあります。


ANAダイナースカードの公式HPを見る

【ANAダイナースカードのQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

ANAダイナースカードについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、ANAダイナースカードの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、ANAダイナースカードのよくある気になる疑問に答えていきます。

ANAダイナースカードを検討する際の参考にしてみてくださいね!

ANA ダイナースクラブカードの審査期間はどのくらいですか?

その人の審査状況によっても異なりますが、審査条件を全て満たしているのなら最短で3日で結果ができます。

審査が出てからカードが発行されるため、カードが手元に届くのは2~3週間は見ておくといいでしょう。

万が一ANA ダイナースクラブカードを紛失したどこに問い合わせをしたらいいですか?

ANA ダイナースクラブカードを紛失した場合、下の電話番号に連絡しましょう。

  • 0120-074-024(国内)
  • 81-3-6770-2796(海外)
24時間年中無休で電話できるので、カードを無くしたらすぐに連絡してくださいね。

ANA ダイナースクラブカードを解約したい場合はどうやって手続きをすればいいですか?

ANA ダイナースクラブカードの解約は下の電話番号に連絡しましょう。

  • 0120-074-024(国内)
  • 月~金8:00~20:00(土8:00~18:00)
  • 日・祝・年末年始は休み
ちなみに、解約しても年会費は返金されませんので気を付けてくださいね。


ANAダイナースカードの公式HPを見る

ANAマイルが貯まりやすいステータスカードならコレ!ANAダイナースカードを活用しよう

この記事のまとめ
  1. 入会・更新時にボーナスマイルがもらえる
  2. 世界1,000以上の空港ラウンジが利用できる
  3. ポイントをANAマイルに移行する際の手数料が無料
  4. 付帯されている旅行保険が手厚い
  5. さらに高いステータスカードの招待がもらえる

ここまでANAダイナースカードについてお話ししてきました。

ANAダイナースカードがどんなクレジットカードなのか理解できたのではないでしょうか?

ANAダイナースカードはANAと提携しているカードの中でもステータスが高く、付帯されているサービスがかなり充実しているクレジットカードです。

ボーナスマイルも他のANA系のカードに比べてたくさんもらえますし、空港で利用できるサービスも多いです。

またダイナース系列のクレジットカードですからステータスも高く、旅行保険など補償も手厚くなっています。

ANAダイナースカードの特徴については上の5つにまとめました。

ANAダイナースカードのメリット・デメリットを正しく理解して賢く活用してくださいね。


ANAダイナースカードの公式HPを見る

ANAダイナースカードの基本情報まとめ

ANAダイナースカード
ANAダイナースカード
基本還元率1%
貯まるポイントダイナースクラブ リワードポイント
ポイント交換先1ポイント=0.5円
Tポイント、楽天スーパーポイント
還元率UP条件 なし
ポイント有効期限無期限
年会費29,700円
ポイント算出方法100円につき1ポイント
申込資格・条件満27歳以上
国際ブランドDiners
特典・サービス
  • 入会・継続時にボーナスマイル付与
  • 搭乗時にボーナスマイル付与
  • Edyの支払いでマイル付与
  • ダイナースクラブ ポイントモール利用でボーナスポイント付与
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:年間500万円
ETCカード年会費無料
電子マネーモバイルSuica、楽天Edy
追加カード家族カード(年会費6,600円)
カードランクゴールド
利用限度額制限なし

ANAダイナースカードの公式HPを見る

カード概要

発行会社三井住友トラストクラブ株式会社
年会費29,700円
審査・発行最短3営業日
入会条件満27歳以上
国際ブランドDiners
支払い方法1回払い、ボーナス払い、リボ払い
支払い
  • 締め日:毎月15日
  • 引き落とし日:翌月10日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネーモバイルSuica、楽天Edy
家族カード発行可能枚数家族1人につき1枚
年会費6,600円
ETCカード発行可否可能
発行手数料無料
年会費無料

ポイント還元率

ポイントプログラムダイナースクラブ リワードポイント
通常還元率1%
還元率アップ条件なし
ポイント有効期限無期限
ポイント付与100円につき1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=0.5円
交換可能ポイントTポイント、楽天スーパーポイント
交換可能マイルANA

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険補償対象者カード会員
傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
入院保険金日額5,000円
手術保険金最高5万円
通院保険金日額3,000円
海外旅行保険補償対象者カード会員
傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
傷害・疾病治療費用300万円
賠償責任1億円
携行品損害50万円
救援者費用300万円
ショッピング保険国内年間500万円
海外年間500万円

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ国内・海外の1,000以上の空港ラウンジを利用可能
海外緊急サービス盗難・紛失の連絡をいれた日から60日前までさかのぼって補償
年間利用特典なし
お問い合わせ0120-041-962
平日10:00~20:00
土・日・祝10:00~18:00


ANAダイナースカードの公式HPを見る