ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットを徹底紹介!

ANA JCBワイドゴールドカード
基本還元率1.0%
貯まるポイントOkiDokiポイント
ポイント交換先ポイント=1.0〜0.8円
nanacoポイント・ベルメゾンポイント・dポイント・楽天ポイント・Pontaポイント・WAONポイント・スターバックスカード
還元率UP条件
  • 海外利用でポイント2倍
  • ポイント優待店の利用
  • JCBスターメンバーズ特典(OkiDokiボーナスアップ、50万円以上利用 10%UP、100万円以上利用 20%UP、300万円以上利用 25%UP)
ポイント有効期限3年間
年会費14,000円(税抜)
ポイント算出方法1,000円=1ポイント
申込資格・条件満20歳以上で、安定継続収入のある方
国際ブランドJCB
特典・サービス
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • OkiDokiポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行障害保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
  • 海外利用でポイント2倍
  • JCB特典として海外でのJCBプラザ利用等
付帯保険
  • 国内:傷害による死亡:5,000万円
  • 国内:傷害による後遺症:5,000万円
  • 国内:傷害入院日額(最高180日):1万円
  • 国内:手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 国内:手術/1回:入院中以外の手術:5万円
  • 国内:傷害通院日額(最高90日):2,000円
  • 海外:傷害による死亡:5,000万円
  • 海外:傷害による後遺症:5,000万円
  • 海外:傷害・疾病治療費用:150万円
  • 海外:賠償責任:2,000万円
  • 海外:携行品損害:50万円
  • 海外:救護者費用(年間限度額):100万円
ETCカード
  • 入会金:無料
  • 年会費:無料
電子マネー
追加カードapple-pay apple-pay
カードランクゴールド
利用限度額50〜200万円

ANA JCBワイドゴールドカードは、ANA JCBカードの中で一番コスパが良いカードです。

特に、マイルを貯めるのに適したカードで、飛行機に乗るだけで搭乗ボーナスマイルが25%も貯まり、ポイントからマイルへの移行も2倍となっています。

年会費は、14,000円と少し高額に見えますが、一般のワイドカードよりもコスパが良いんです。

上限5,000万円の旅行傷害保険が自動付帯し、空港でビジネス専用チェックインカウンターが使えたり、ラウンジが使えるなど空港が快適に利用できます。


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

ANA JCBワイドゴールドカードの7つのメリット

それでは、ANA JCBワイドゴールドカードのメリットを、順番にご紹介して行きます。

こちらで紹介するメリットをしっかりおさえて、ANA JCBワイドゴールドカードを有効に使いましょう。

搭乗ボーナスマイルが25%も貯まる

グレード搭乗ボーナスマイル年会費
ワイドゴールド25%14,000円(税抜)
一般10%2,000円(税抜)
ワイド25%7,250円(税抜)
プラチナプレミアム50%70,000円(税抜)

ANA JCBワイドゴールドカードは搭乗ボーナスマイルが25%も貯まります。

ANA JCBの一般カードは、搭乗ボーナスマイルの積算率が10%のため、ワイドゴールドカードは2.5倍もマイルを貯めることができるんです。

misae
misae
搭乗ボーナス25%はワイドカードも同じです。ただ、このあと解説するポイント移行手数料のことを考えると、ワイドゴールドのほうがコスパ的におすすめになります!

OkiDokiポイントからANAマイルに2倍のレートで移行できる

グレード5マイルコース10マイルコース
ワイドゴールド1,000円=1ポイント=10マイル
手数料:無料
一般1,000円=1ポイント=5マイル
手数料:無料
1,000円=1ポイント=10マイル
手数料:5,000円(税抜)
ワイドカード1,000円=1ポイント=5マイル
手数料:無料
1,000円=1ポイント=10マイル
手数料:5,000円(税抜)

ANA JCBワイドゴールドカードは、OkiDokiポイントからマイルに移行する場合無料で10マイルコースです。

搭乗ボーナスマイルはANA JCBワイドカードも25%の高レートですが、ポイントからのマイル移行は10マイルコースにすると手数料が必要になります。

10マイルコースの手数料年会費合計
ワイドゴールドカード0円14,000円14,000円
ワイドカード5,000円7,250円12,250円

ワイドカードのマイル移行を「10マイルコース」にして、ワイドゴールドカードと同じ移行レートにする場合、手数料が必要になるんです。

そのため、年間で支払う費用を比べてみると、ワイドカードもワイドゴールドカードも費用は同程度となるのがわかります。

misae
misae
マイルの貯めやすさや、空港でのサービスを考えると、ANA JCBワイドゴールドカードが一番コスパが良くておすすめです。

入会・継続時に2,000マイルがプレゼントされる

タイミングプレゼントマイル
入会時2,000マイル
継続時2,000マイル

ANA JCBワイドゴールドカードは、入会と継続のタイミングで2,000マイルがもらえます。

ANAマイルの更新は1年ごとになりますので、毎年2,000マイルがもらえるんです。

海外でJCBを利用するとOkiDokiポイントが2倍貯まる

貯まるポイント
国内1,000円=1ポイント
海外1,000円=2ポイント

ANA JCBカードは、海外でお買い物をするとOkiDokiポイントが2倍の積算率になります。

これで、ポイントをマイルに移行すると、さらにマイルが効率的に貯められますね。

空港ラウンジやビジネスクラス専用カウンターでチェックインが利用できる

項目名ワイド一般プラチナ
プライオリティパス
空港ラウンジ
ビジネス専用チェックインカウンター
SKIPサービス

ANA JCBワイドゴールドカードは、一般カードでは利用できない「空港ラウンジ」「ビジネス専用チェックインカウンター」が利用できます。

チェックインカウンターが混み合ってしまう繁忙期にも、「ビジネス専用チェックインカウンター」ならチェックインがすぐにできます。

また、チェックインしてから搭乗までの時間もWi-Fiの使える「空港ラウンジ」が利用できるので、落ち着いて時間を過ごすことができます。

misae
misae
ストレスが溜まりがちな、空港の待ち時間が快適に過ごせるんですね。

5,000万円の旅行傷害保険が自動付帯する

地域自動付帯する保険
国内
  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害入院日額(最高180日):1万円
  • 手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 手術/1回:入院中以外の手術:5万円
  • 傷害通院日額(最高90日):2,000円
海外
  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害・疾病治療費用:150万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:50万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円

ANA JCBワイドゴールドカードは、最高限度額5,000万円の旅行障害保険が、自動付帯します。

自動付帯なので、チケットをANA JCBワイドゴールドカードで買わなくても、持っているだけで自動で旅行障害保険に入っている状態になるんです。

死亡や後遺障害保険だけでなく、入院日額や手術・通院補償まで付いていますよ。

海外でJCBラウンジなどの旅行サポートが受けられる

海外サポート地域
JCBラウンジホノルル、グアム、ソウル、台北、香港、シンガポール、バンコク、パリ
JCBプラザロサンゼルス、ホノルル、ラスベガス、サンフランシスコ、サイパン、ニューヨーク、オーランド、バンクーバー、トロント、上海、北京、大連、ソウル、台北、バリ、ホーチミンシティ、セブ、クアラルンプール、シェムリアップ、シドニー、ケアンズ、ゴールドコースト、オークランド、クイーンズタウン、ロンドン、ローマ、マドリード、バルセロナ、フランクフルト、ウィーン、コペンハーゲン

ANA JCBカードを持っていると、海外主要都市で「JCBラウンジ」や「JCBプラザ」を利用することができます。

「JCBラウンジ」や「JCBプラザ」は日本人の多い、世界の主要都市に設定されていて、観光案内や、レストランやホテルの予約などのサポートをしてもらえます。

さらに、旅行中にトラブルが起こった際にも、サポートしてもらえるので安心して旅行を楽しむことができますよ。

misae
misae
言葉の通じない国でのトラブルでも、助けてくれる人がいると心強いですね


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

ANA JCBワイドゴールドカードの3つのデメリット

ここまで、ANA JCBワイドゴールドカードのメリットを見てきましたが、ほんの少しデメリットもあります。

それほど、カードを選ぶ時にはデメリットも確認しておいてくださいね。

一般カードにある年会費初年度無料のサービスがない

初年度年会費2年目以降年会費
ワイドゴールド14,000円(税抜)14,000円(税抜)
一般無料2,000円(税抜)
ワイド7,250円(税抜)7,250円(税抜)
プラチナ70,000円(税抜)70,000円(税抜)

ANA JCB一般カードには初年度無料のサービスがありますが、ANA JCBワイドゴールドカードは初年度無料のサービスはありません。

初年度無料のサービスは、ANA JCB一般カードのみのサービスとなります。

misae
misae
ANA JCBワイドゴールドカードには、ANA JCB一般カードには利用できないサービスがたくさんついています。ぜひ初年度から、サービスを使い倒してくださいね。

空港で利用できるラウンジはANAラウンジではない

ANAラウンジカードラウンジ
雰囲気豪華シンプル
Wi-Fi無料無料
ソフトドリンク無料無料
アルコール・食事無料有料(一部:無料)
シャワー無料有料(一部:無料)

ANA JCBワイドゴールドカードで使える空港のラウンジは、「ANAラウンジ」ではなく「カードラウンジ」になります。

「カードラウンジ」は「有料待合室」ともいわれるラウンジで、カードを持っていなければ1,000円程度の利用料が取られます。

Wi-Fiや飲み物のサービスもあるので、十分にリラックスすることができますよ。

JCBカードが海外で使いづらい

JCBのカードは、日本発の国際ブランドで、一番利用できるのが日本です。発行数はVISAの5%程度なので「JCBカードは海外で使いづらい」と言われています。

ですが、日本人が多いハワイやアジア圏では利用できる店舗も多いので、それ以外の地域に行かれる場合には他の国際ブランドも持っていくと安心です。

misae
misae
心配な方は、他の国際ブランドの付いたクレジットカードをサブカードに持っていくのがおすすめです。


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

ANA JCBワイドゴールドカードのANAマイルの貯め方3つを解説!

ANA JCBワイドゴールドカードは、ANAマイルがとても貯まりやすいカードになります。

そのため、「ANAマイルを貯めたい」と考えている方にとてもおすすめのカードです。

こちらでは、ANA JCBワイドゴールドカードでマイルを貯める3つの方法をご紹介します。

飛行機に乗って搭乗マイルを貯める

貯まるマイル積算レート
① フライトマイル搭乗距離×利用運賃の積算率
② 搭乗ボーナスマイルフライトマイル×25%

ANA JCBワイドゴールドカードで一番効率良くマイルが貯まるのが飛行機に乗ってマイルを貯める方法です。

飛行機に乗ると「フライトマイル」と「搭乗ボーナスマイル」の2つのマイルが貯まります。

「フライトマイル」は、クレジットカードを持たない、ANAマイレージ会員でも貯まるマイルで、「搭乗距離×利用運賃の積算率」でマイルが決まるんです。

「搭乗ボーナスマイル」は「ANA JCBワイドゴールドカード」を持っている方に貯まるマイルで「フライトマイル」の25%のマイルが貯まります。

「利用運賃の積算率」は下のピンク色の部分にまとめてあります。「+」マークを押すと中をご確認いただくことができるのでご確認ください。

利用運賃の種類
運賃積算率該当運賃例
運賃1150%プレミアム運賃、プレミアム小児運賃、プレミアム障がい者割引運賃、ANA VALUE PREMIUM(Child)/ANA SUPER VALUE PREMIUM(Child)、プレミアム@Biz、プレミアムビジネスきっぷ
運賃2125%ANA VALUE PREMIUM 3、ANA SUPER VALUE PREMIUM 28、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃
運賃3100%ANA FLEX、ビジネスきっぷ、小児運賃、障がい者割引運賃、介護割引、ANA VALUE(Child)/ANA SUPER VALUE(Child)、ANA SUPER VALUE EARLY(Child)、@Biz
運賃4100%各種アイきっぷ、プレミアム包括旅行割引運賃、海外乗継割引スペシャル、
国際航空券(国内区間)2018年9月30日ご搭乗分まで*
*2018年10月1日ご搭乗分以降は、「運賃9」以降でご確認ください。
運賃575%ANA VALUE 1、ANA VALUE 3、株主優待割引運賃、小児株主優待割引運賃
運賃675%ANA VALUE TRANSIT、ANA VALUE TRANSIT 7、ANA VALUE TRANSIT 28
運賃775%ANA SUPER VALUE 21、ANA SUPER VALUE 28、ANA SUPER VALUE 45、ANA SUPER VALUE 55、ANA SUPER VALUE 75、ANA SUPERVALUE EARLY、いっしょにマイル割(同行者)、ANA SUPER VALUE 75 & JR きっぷなど
運賃850%個人包括旅行割引運賃、包括旅行DP割引運賃、訪日包括旅行DP割引運賃、DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)、スマートU25、スマートシニア空割、ANA SUPER VALUE SALE
運賃9150%国際航空券(国内区間 プレミアムクラス)ブッキングクラス F/A
*ブッキングクラスAは2018年10月1日搭乗分以降
運賃10100%国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス Y/B/M
*2018年10月1日搭乗分以降
運賃1170%国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス U/H/Q
*2018年10月1日搭乗分以降
運賃1250%国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス V/W/S
*2018年10月1日搭乗分以降
運賃1330%国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス L/K
*2018年10月1日搭乗分以降

OkiDokiポイントからANAマイルに移行できる

レート手数料
ワイドゴールドカード1,000円=1ポイント=10マイル
(10マイルコース)
無料

JCBカードで、買い物をすると、1,000円で1ポイントのOkiDokiポイントが貯まります。

ANA JCBワイドゴールドカードの場合、OkiDokiポイント1ポイントが10マイルに無料で移行することができます。

OkiDokiポイントは、商品や他のポイントに移行することもできますが、ANAマイルに移行するのが一番還元率が良いんです。

ANA関連ショップのお買い物でポイントの他にマイルも貯まる

獲得できるマイル数
ANAカードマイルプラス100円または200円(税込)に付き1マイル

ANA JCBワイドゴールドカードで、ANAカードマイルプラス対象の「ANA関連ショップ」でお買い物をするとOkiDokiポイントの他にANAマイルも貯まります。

そのため、対象店以外でお買い物をするよりも「1.5〜2倍」マイルが貯まることになります。

misae
misae
マイルを貯める方法がたくさんあるのが嬉しいですね。


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

ANA JCBワイドゴールドカードの口コミをチェック!

ここまで、ANA JCBワイドゴールドカードのメリットやデメリットを見てきました。

でも、それを使って実際どうなのかな?とも思いますよね。そこで、こちらでは実際に使っている方の実際の口コミを見てみましょう。

ANA JCBワイドゴールドカードの悪い評判・口コミ

ANA JCBワイドゴールドカードの良い評判・口コミ

ポイントからのマイル移行が使いやすい
娘が東京の大学に行ったので、ワイドゴールドにアップグレードし、娘にも家族カードを持たせました。

ポイントからのマイル移行で、娘の帰省の飛行機代は無料になるほどお得です。

海外でも安心して使える
JCBは海外で使いづらいと言われましたが、日本人の多くいる地域では加盟店が多いのか、全く困ったことがありません。

なお、海外で不正利用されたことがありましたが、対応が早くてとても安心です。

マイルが良く貯まる。
入会時だけでなく、マイル獲得キャンペーンがよく実施されるので、本当にマイルが良く貯まる。

ANA JCBワイドゴールドカードの評判・口コミまとめ

悪い評判・口コミ
  • 使い方によってメリットがない
  • 実績がないと限度額が少なめ
  • 年会費が少し高い
良い評判・口コミ
  • 審査が早い
  • Edyへのチャージでポイントが貯まる
  • ポイントからのマイル移行が使いやすい
  • 海外でも安心して使える
  • マイルが貯めやすい

ANA JCBワイドゴールドカードの悪い口コミには「使い方によってメリットがない」というものがありました。

マイルを貯める目的でないと「年会費が高い」と感じることがあるようです。

また、今までにJCBを利用したことがない方には、最初の限度額が低く設定されてきますので、クレヒスを積んで限度額を上げていきましょう。

良い口コミには、審査が早いというものがありました。すでに、JCBカードをお持ちなら審査がとても早いんです。

また、「Edyのチャージでポイントが貯まる」「ポイントからマイルに移行しやすい」などもあります。

お買い物で貯めたポイントもマイルに移行しやすくマイルが貯まりやすいのがよくわかります。

また、海外でのサポートもしっかりしていて安心して使えるというのもいいですね。


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

ANA JCBワイドゴールドカードと類似カードの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
カード名ANA JCBワイドゴールドカードANA JCBカードANA JCBワイドカードANA JCBプラチナプレミアムカード
カードイメージ
基本還元率1.0%1.0%1.0%1.5%~3.0%
年会費14,000円(税抜)2,000円(税抜)7,250円(税抜)70,000円(税抜)
申込資格満30歳以上で、安定継続収入のある方満18歳以上で、安定継続収入のある方
(高校生・大学生を除く)
満18歳以上で、安定継続収入のある方
(高校生・大学生を除く)
満30歳以上で、安定継続収入のある方
特典・サービス

  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • OkiDokiポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引

  • 初年度年会費無料
  • SKIPサービス
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • OkiDokiポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 海外利用でポイント2倍
  • JCB特典として海外でのJCBプラザ利用等

  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • OkiDokiポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
  • 海外利用でポイント2倍
  • JCB特典として海外でのJCBプラザ利用等

  • プライオリティパス
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • OkiDokiポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
  • 海外利用でポイント2倍
  • JCB特典として海外でのJCBプラザ利用等
付帯保険(国内)

  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害入院日額(最高180日):1万円
  • 手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 手術/1回:入院中以外の手術:5万円
  • 傷害通院日額(最高90日):2,000円

  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺症:1,000万円

  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害入院日額(最高180日):1万円
  • 手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 手術/1回:入院中以外の手術:5万円
  • 傷害通院日額(最高90日):2,000円

  • 傷害による死亡:10,000万円
  • 傷害による後遺症:10,000万円
  • 傷害入院日額:5,000円
  • 手術/1回:入院中の手術:20万円
  • 傷害通院日額:2,000円
付帯保険(海外)

  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害・疾病治療費用:150万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:50万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円

  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺症:1,000万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円

  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害・疾病治療費用:150万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:50万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円

  • 傷害による死亡:10,000万円
  • 傷害による後遺症:10,000万円
  • 傷害・疾病治療費用:500万円
  • 賠償責任:10,000万円
  • 携行品損害:100万円
  • 救護者費用(年間限度額):1,000万円
ETCカード

  • 入会金:無料
  • 年会費:無料

  • 入会金:無料
  • 年会費:無料

  • 入会金:無料
  • 年会費:無料

  • 入会金:無料
  • 年会費:無料
家族カード発行可能発行可能発行可能発行可能
利用限度額50〜200万円20〜100万円20〜100万円300万円〜


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

ANA JCBワイドゴールドカードに落ちる人とは?審査基準を解説

ANA JCBワイドゴールドカードは、すでにJCBカードの利用実績があると審査が早いと言われています。

普通のJCBゴールドカードよりは審査基準が低いといわれていますが、それでもゴールドカードですので、審査に通るようにしっかり確認しておきましょう。

年収や勤続年数が少ない

ANA JCBワイドゴールドカードの申し込み対象は「満20歳以上で、安定継続収入のある方」となっています。

年齢は「満20歳以上」とわかりやすいのですが「安定した収入」という部分では、勤務実績も関係してきますので、入社したてだと難しいようです。

また、収入は「300万円」程度が目安と言われていますので、思ったほど高額ではないという印象ですね。

カードの利用実績が良くない

すでに、クレジットカードを持っていて、5年以内に3ヶ月間の滞納実績があると信用調査会社に事故として登録されてしまい、審査に通りづらくなります。

また、スマホの本体代金などのローンの滞納があっても同様です。支払いの滞りがないよう注意しましょう。

6ヶ月以内に3枚以上のクレジットカードに申し込んでいる

6ヶ月以内に3枚以上のクレジットカードに申し込んでいる場合も、クレジットカードの審査に通りづらくなります。

クレジットカードの申し込み情報は6ヶ月間、信用調査会社の記録に残ります。

その中に「3枚以上の申し込み記録がある」というのは異常なものとして認識され審査に通りづらくなります。


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

【ANA JCBワイドゴールドカードのQ&Aまとめ】気になる疑問を解決しよう

ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットや、実際に使ってらっしゃる方の口コミを見てきました。

これらで、かなりANA JCBワイドゴールドカードの大まかな情報がわかったと思いますが、よくある疑問について答えていきます

ANA JCBワイドゴールドカードのキャンペーンはいつやっていますか?

ANA JCBワイドゴールドカードの入会や継続のマイルプレゼントはキャンペーンでなくても実施しています。

また、入会後にもマイル獲得キャンペーンは、不定期で随時行っています。

ANA JCBワイドゴールドカードとJCBゴールドカードはどう違うのですか?

ANA JCBワイドゴールドカードとANA VISAワイドゴールドカードは、搭乗ボーナスマイルが25%貯まるというのは同じです。

ポイントのマイル移行レートがゴールドは倍になるのでとてもお得です。

また、付帯しているサービスはANA VISAワイドゴールドカードの方が多く、ANA VISAワイドゴールドカードの方がコスパが良いです。

ANA JCBワイドゴールドカードでANAラウンジは利用できますか?

ANA JCBワイドゴールドカード利用できるラウンジは「カードラウンジ」です。

「ANAラウンジ」はANA JCBプラチナプレミアムカードで利用できます。

「ANAラウンジ」を利用したい場合には、「ANA JCBプラチナプレミアムカード」に切り替えましょう。

他のカードで航空券を購入してもANA JCBワイドゴールドカードでマイルは貯められますか?

他のカードで航空券を購入してもANA JCBワイドゴールドカードでマイルは貯められます。

なお、同様に他のカードで航空券を購入しても、旅行傷害保険も付帯します。


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

ANA JCBワイドゴールドカードはマイルが貯まりやすい

この記事のまとめ
  • 飛行機に乗るとANAマイルが貯まる
  • 飛行機に乗ると搭乗ボーナスマイル25%が貯まる
  • 入会・継続時に2,000マイルをプレゼントされる
  • OkiDokiポイントからのマイル移行率が良い
  • ANA関連ショップでの買い物でポイントの他にマイルも貯まる
  • 入会するとマイル獲得キャンペーンがよく実施される

ANA JCBワイドゴールドカードは、ANA JCBカードの中で効率的にANAマイルを貯めることができ一番おすすめのカードです。

マイルは「搭乗マイル」「搭乗ボーナスマイル」「入会・継続マイル」「ポイントからのマイル移行」「ANA関連ショップお買い物」などで貯まります。

入会後に、頻繁に「マイル獲得キャンペーン」が実施されている上に、家族カードのマイルも合算して利用できるので、とてもマイルが貯まりやすいんです。


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

ANA JCBワイドゴールドカードの基本情報まとめ

ANA JCBワイドゴールドカード
基本還元率1.0%
貯まるポイントOkiDokiポイント
ポイント交換先ポイント=1.0〜0.8円
nanacoポイント・ベルメゾンポイント・dポイント・楽天ポイント・Pontaポイント・WAONポイント・スターバックスカード
還元率UP条件
  • 海外利用でポイント2倍
  • ポイント優待店の利用
  • JCBスターメンバーズ特典(OkiDokiボーナスアップ、50万円以上利用 10%UP、100万円以上利用 20%UP、300万円以上利用 25%UP)
ポイント有効期限3年間
年会費14,000円(税抜)
ポイント算出方法1,000円=1ポイント
申込資格・条件満20歳以上で、安定継続収入のある方
国際ブランドJCB
特典・サービス
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • OkiDokiポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行障害保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
  • 海外利用でポイント2倍
  • JCB特典として海外でのJCBプラザ利用等
付帯保険
  • 国内:傷害による死亡:5,000万円
  • 国内:傷害による後遺症:5,000万円
  • 国内:傷害入院日額(最高180日):1万円
  • 国内:手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 国内:手術/1回:入院中以外の手術:5万円
  • 国内:傷害通院日額(最高90日):2,000円
  • 海外:傷害による死亡:5,000万円
  • 海外:傷害による後遺症:5,000万円
  • 海外:傷害・疾病治療費用:150万円
  • 海外:賠償責任:2,000万円
  • 海外:携行品損害:50万円
  • 海外:救護者費用(年間限度額):100万円
ETCカード
  • 入会金:無料
  • 年会費:無料
電子マネー
追加カードapple-pay apple-pay
カードランクゴールド
利用限度額50〜200万円
  • ANAマイルを効率よく貯めることができる
  • 空港が快適に利用できる
  • 旅行傷害保険が自動付帯する


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る

カード概要

カード概要
発行会社株式会社ジェーシービー
年会費初年度14,000円(税抜)
2年目-14,000円(税抜)
審査・発行1週間程度
入会条件満20歳以上で、安定継続収入のある方
国際ブランドJCB
支払い方法国内1回払い・2回払い・ボーナス一括払い・リボ払い・分割払い
海外1回払い、リボ払い
支払い締め日毎月15日
引落日毎月10日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー・家族カード・ETCカード等
電子マネー
家族カード発行可能枚数10枚
年会費4,000円(税抜)
ETCカード発行可否可能
発行手数料発行可
年会費無料
対応スマホ決済apple-pay apple-pay

ポイント還元率

ポイント還元率
ポイントプログラムOkiDokiポイント
通常還元率1.0%
還元率アップ条件
  • 海外利用でポイント2倍
  • ポイント優待店の利用
  • JCBスターメンバーズ特典
ポイント有効期限3年間
ポイント付与1,000円ごとに1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=1円
交換可能マイルANAマイル

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

付帯保険
国内旅行
(自動付帯)
補償対象者本会員・家族カード会員
傷害死亡保険金5,000万円
傷害後遺障がい保険金5,000万円
入院保険金傷害入院日額(最高180日):1万円
通院保険金傷害通院日額(最高90日):2,000円こ
手術給付金
  • 手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 手術/1回:入院中以外の手術:5万円
海外旅行
(自動付帯)
補償対象者本会員・家族カード会員
傷害死亡5,000万円
傷害後遺障がい5,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
150万円
賠償責任
(一事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円
救援者費用
(年間限度額)
100万円
ショッピング・プロテクションなし

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

付帯サービス
空港ラウンジ利用可能
海外緊急サービスなし
年間利用特典なし
お問い合わせ株式会社ジェーシービー
0120-015-870
受付時間:9:00~17:00


ANA JCBワイドゴールドカードの公式HPを見る