ANA VISA一般カードの特徴は?メリット・デメリットも徹底解説!

ANA VISAカード 一般
基本還元率0.5%~2.0%
貯まるポイントVポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
dポイント、nanacoポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントなど
還元率UP条件
  • 「ポイントUPモール」を活用
  • ポイント5倍の対象店舗でカード払い
  • 登録した店舗でカード払い
ポイント有効期限2年間
年会費2,000円(税抜:初年度無料)
ポイント算出方法200円につき1ポイント
申込資格・条件満18歳以上(ただし、高校生・大学生を除く)
国際ブランドVISA
特典・サービス
  • 初年度年会費無料
  • SKIPサービス
  • 搭乗ボーナスマイル10%プレゼント
  • 入会・継続で1,000マイルプレゼント
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • ポイントUPモールの利用でポイント最大20倍
  • ココイコ!の利用でポイント3倍ココイコ!
  • ココイコ!の利用でキャッシュバック1%
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険1,000万円が自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
付帯保険
  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺症:1,000万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円
ETCカード
  • 入会手数料:無料
  • 年会費:500円(前年に利用実績があれば無料)
電子マネーid 
追加カード家族カード ETCカード
カードランク一般
利用限度額20〜80万円

ANA VISAカードは、スターアライアンスグループのANAと、VISAカードの提携カードでANAマイルが貯められるカードです。

ANAマイルは、ANAグループの飛行機に乗って貯めるだけでなく、VISAのお買い物ポイントからもマイル移行ができるんです。

ですが、ANA VISAの他のグレードよりもマイルの積算条件が劣るため、「年会費」との兼ね合いからよく検討してくださいね。

「出張の時にマイルが少しでも貯められたら」「年に1回家族で行く旅行でマイルを貯められたら」など、気軽にマイルを貯めることができますよ。

持っているだけで旅行傷害保険も自動付帯されるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

Contents

ANA VISA一般カードの7つの特徴・メリットはこちら!

それでは、最初にANA VISA一般カードのメリットからご紹介します。

ANA VISA一般カードのメリットはたくさんあるんですね!メリットをもう少し詳しく上の表の順番に紹介していきますね。

ANA VISA一般カードはANAマイルが貯まる

項目付与マイル
搭乗ボーナスマイル10%
ANA航空券の購入100円=最大2.5マイル
日々のお買い物で100円=0.5マイル

ANA VISA一般カードはANAマイルが貯まります。

ANA VISA一般カードでは、搭乗した距離のマイルにプラスして「搭乗した飛行機の距離×10%」が搭乗ボーナスマイルとして加算されるんです。

なお、ANAの航空券の購入でもマイルが貯まります。ANA VISA一般カードでANAの航空券を購入すると、割引と100円分の利用で最大2.5マイルがもらえます。

また、日々のお買い物でVISAを使うと100円利用で0.5マイルが貯まります。飛行機に乗らなくてもマイルを獲得することができるんです。

ANA VISA一般カードは入会と更新時に1,000マイルがもらえる

タイミングプレゼントマイル
入会時1,000マイル
更新時1,000マイル

ANA VISA一般カードは、入会の時と更新の時にボーナスマイルとして1,000マイルが毎回もらえます。

飛行機に乗ったり、お買い物をしなくてもマイルが貯まるなんて嬉しいですよね。

ANAマイルのレートは使い方によって変わりますが「1マイル=3円程度」です。つまり、入会や更新のたびに3,000円相当のプレゼントがもらえるんですね。

ANA VISA一般カードはVISAカードのVポイントが貯まる

内容
貯まるポイントVポイント
付与200円=1ポイント

ANA VISAカードでお買い物をすると、200円ごとに1ポイントのVポイントが加算されるんです。

VポイントはVISAのオリジナルポイントで、商品や電子マネーのほかに他社のポイントにも交換ができます。

もちろん、VポイントはANAマイルにも交換できるので、飛行機に乗らずにANAマイルを獲得することができるんですよ。

ANA VISA一般カードは国内・海外旅行保険が自動付帯している

区分内容
国内旅行
  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺障害:30万円~1,000万円
海外旅行
  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺障害:1,000万円
  • 救援者費用(年間の限度額):100万円

ANA VISA一般カードは国内・海外旅行保険が自動付帯しています。

付帯保険には、旅行代金の支払いをカードで行った際に保険が発生する「利用付帯」と、カードを持っているだけで保険が発生する「自動付帯」があります。

ANA VISA一般カードは、「自動付帯」のため年会費を支払うだけで、特に手続きもなく毎回1,000万円の旅行傷害保険に加入した状態になります。

ANA VISA一般カードは空港で「SKIPサービス」が使える

ANA VISA一般カードで、「SKIPサービス」が使えます。

「SKIPサービス」は、QRコードやFeliCaチップを利用した電子航空券を使ったチケットレス搭乗サービスです。

チケットの予約・購入・座席指定が事前に終わっていれば、空港のチェックインカウンターに寄る必要なく搭乗口まで進めます。

misae
misae
混み合う時には、チェックインカウンターに寄らなくてもいいのはありがたいですね。

ANA VISA一般カードは空港や機内販売、ホテル等で割引が受けられる

項目内容
航空券ANAカード専用航空料金
ANA機内販売10 %OFF
ANA DUTY FREE SHOP(免税店)5 %OFF
ANA FESTA5 %OFF

ANA VISA一般カードはANAの航空券や空港ショップや機内販売、ホテル等で割引を受けることができるんです。

お得に旅行ができるのはもちろん、免税店まで割引になるのでお土産も安く買うことができますよ。

ANA VISA一般カードは年会費がお得になる

項目内容
通常年会費2,000円(税抜)
WEB明細利用時の年会費1,500円(税抜)

ANA VISA一般カードの年会費は2,000円(税抜)ですが、WEB明細を選択すると1,500円(税抜)に割引になります。

WEB明細だと、いつ引き落とされるのか忘れそうですが、毎月の請求金額が確定した時点でメールで知らせてくれるので安心です。

もちろん、WEB明細なら過去の請求実績だけでなく、当月のその時点までの利用実績がいつでも確認できますよ。


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

ANA VISA一般カードの3つのデメリットとは!

ANA VISA一般カードには、ほどんどデメリットはありません。

その中で、なんとか3つをデメリットとして抽出しましたので見てみましょう。

ANA VISA一般カード2年目から年会費がかかる

項目内容
初年度会費無料
2年目以降年会費2,000円(税抜)
2年目以降年会費(WEB明細)1,500円(税抜)

ANA VISA一般カードは、初年度は年会費が無料です。でも、2年目からは年会費がかかります

最近は、年会費無料のクレジットカードもありますが、ANA VISA一般カードは2,000円(税抜)の年会費が必要です。

ただ、毎月の請求明細をWEB明細にすることで、年会費は1,500円(税抜)に割引されますので、是非利用したいですね。

ANA VISA一般カードはポイントのマイル移行2倍コースにすると手数料がかかる

コース年間手数料レート
通常コース無料200円=1ポイント=1マイル
2倍コース6,000円(税抜)200円=1ポイント=2マイル

ANA VISA一般カードでVポイントからのマイルに移行する通常のレートは「200円=1ポイント=1マイル」です。

このマイル移行レートを「200円=1ポイント=2マイル」の「2倍コース」にする場合には、年間の手数料として6,000円(税抜)が別途必要になります。

misae
misae
たくさんのマイルを貯めるのが目的ならば、ANA VISAワイドゴールドカードの方がおすすめです。

搭乗ボーナスマイルが25%も貯まり、手数料無料でポイントのマイル移行「2倍コース」が適用されます。
関連記事
ANA VISAワイドゴールドなら賢くマイルが貯まる!特典や審査・口コミまとめ ANA VISAワイドゴールドカード 基本還元率 1.0%~2.0% 貯まるポイント Vポイント ...

ANA VISA一般カードに自動付帯する保険はいまひとつ

区分内容
国内旅行
  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺障害:1,000万円
海外旅行
  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺障害:1,000万円
  • 救援者費用(年間の限度額):100万円

ANA VISA一般カードに自動付帯する保険は傷害保険がメインになり、疾病や携行品などは補償されません。

ただ、一番重要性のある保険は自動付帯になっていますので、その他必要と思われる部分のみ補強するように保険に加入するのがおすすめです。


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

ANA VISA一般カードでおすすめのANAマイルの貯め方3つを解説!

ANAカードといえば、ANAマイルが貯められるというのが最大のメリットですよね。

貯めたANAマイルを使うと次の航空券を購入したり、座席をアップグレードすることができます。

こちらでは、ANA VISA一般カードで賢くANAマイルを貯められる方法をご紹介しますね。

ANAグループの飛行機に乗ってANAマイルを貯める

項目名獲得できるマイル数
フライトマイル搭乗距離数と利用運賃より算出
搭乗ボーナスマイルフライトマイル×10%

飛行機によく乗る場合には、ANAグループの飛行機に乗ってANAマイルを獲得するのが、マイルが一番貯まる方法です。

フライトマイルは「搭乗距離数」と「利用運賃」より算出されます。チケットの種類によりフライトマイルが変わるんですね。

搭乗ボーナスマイルは「フライトマイル×10%」となり、最終的にフライトマイルの110%がマイルとして獲得できます。

利用運賃の種類
運賃積算率該当運賃例
運賃1150%プレミアム運賃、プレミアム小児運賃、プレミアム障がい者割引運賃、ANA VALUE PREMIUM(Child)/ANA SUPER VALUE PREMIUM(Child)、プレミアム@Biz、プレミアムビジネスきっぷ
運賃2125%ANA VALUE PREMIUM 3、ANA SUPER VALUE PREMIUM 28、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃
運賃3100%ANA FLEX、ビジネスきっぷ、小児運賃、障がい者割引運賃、介護割引、ANA VALUE(Child)/ANA SUPER VALUE(Child)、ANA SUPER VALUE EARLY(Child)、@Biz
運賃4100%各種アイきっぷ、プレミアム包括旅行割引運賃、海外乗継割引スペシャル、
国際航空券(国内区間)2018年9月30日ご搭乗分まで*
*2018年10月1日ご搭乗分以降は、「運賃9」以降でご確認ください。
運賃575%ANA VALUE 1、ANA VALUE 3、株主優待割引運賃、小児株主優待割引運賃
運賃675%ANA VALUE TRANSIT、ANA VALUE TRANSIT 7、ANA VALUE TRANSIT 28
運賃775%ANA SUPER VALUE 21、ANA SUPER VALUE 28、ANA SUPER VALUE 45、ANA SUPER VALUE 55、ANA SUPER VALUE 75、ANA SUPERVALUE EARLY、いっしょにマイル割(同行者)、ANA SUPER VALUE 75 & JR きっぷなど
運賃850%個人包括旅行割引運賃、包括旅行DP割引運賃、訪日包括旅行DP割引運賃、DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)、スマートU25、スマートシニア空割、ANA SUPER VALUE SALE
運賃9150%国際航空券(国内区間 プレミアムクラス)ブッキングクラス F/A
*ブッキングクラスAは2018年10月1日搭乗分以降
運賃10100%国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス Y/B/M
*2018年10月1日搭乗分以降
運賃1170%国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス U/H/Q
*2018年10月1日搭乗分以降
運賃1250%国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス V/W/S
*2018年10月1日搭乗分以降
運賃1330%国際航空券(国内区間 普通席)ブッキングクラス L/K
*2018年10月1日搭乗分以降

VISAカードのポイントからANAマイルに移行する

コース年間手数料レート
通常コース無料200円=1ポイント=1マイル
2倍コース6,000円(税抜)200円=1ポイント=2マイル

VISAカードのお買い物で貯めた「Vポイント」からANAマイルに移行することができます。

ANA VISA一般カードのマイル移行は「通常コース」で200円=1ポイント=1マイルとなります。

ただし、年間6,000円の手数料を支払うことで「2倍コース:200円=1ポイント=2マイル」でマイル移行することができるんです。

年間で200,000円以上使用して、1,000ポイント以上のマイル移行をするのであれば、「2倍コース」がお得になりますよ。

ANA VISA一般カードの加盟店でお買い物をしてANAマイルを獲得する

項目名獲得できるマイル数
ANAカードマイルプラス100円または200円(税込)に付き1マイル

ANAカードマイルプラスは、加盟店でのお買い物で貯まるVポイントとは別に、100円または200円につき1マイルが自動的に積算されるんです。

つまり、ANAカード利用で、Vポイントに加えて、さらにマイルが「プラス」されるサービスで、最大で1.5倍のマイルが獲得できます。

ANAカードマイルプラスの加盟店
項目名加盟店
ANAカードマイルプラスの加盟店セブンイレブン・ココストアイースト・中央無線タクシー(大和自動車交通グループ) ・東京無線タクシー・JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)・紳士服のフタタ・千歳アウトレットモール・レラ
Apple PayならびにGoogle Pay(iD)が利用できる店舗 ENEOS・セブン-イレブン・紳士服コナカ・紳士服のフタタ・SUIT SELECT・DIFFERENCE・FUTATA THE FLAG・西鉄ホテルズ(一部店舗を除く)・大和自動車交通・東京無線タクシー
Apple PayならびにGoogle Pay(QUICPay クイックペイ)が利用できる店舗ENEOS・セブン-イレブン・紳士服コナカ・SUIT SELECT(九州・沖縄・山口を除く)・DIFFERENCE(九州・沖縄・山口を除く)・東京無線タクシー


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

ANA VISA一般カードの口コミをチェック!

ANA VISA一般カードのメリットやデメリットをご紹介しましたが、実際にANA VISA一般カードを利用している人の評判や口コミを見てみましょう。

こちらでは良い評判・口コミだけでなく、悪い評判・口コミもしっかりお伝えします。あなたに合うカードかどうか確認してくださいね。

ANA VISA一般カードの悪い評判・口コミ

ANA VISA一般カードの良い評判・口コミ

初年度年会費無料キャンペーンの実施がある
ANA一般カードで、初年度年会費無料キャンペーンを実施していたのでお得に入会できました。

お買い物でマイルを貯めるのにおすすめ
搭乗ボーナスマイルが10%なので、あまりたまらないけれど、年会費も安いのでお買い物でマイルを貯める陸マイラーにはとてもおすすめです。

海外旅行保険は自動付帯で90日保証してもらえる
海外旅行保険は日本出発にから90日以内に関して自動付帯しているのでとても便利です。
携行品保険も損害賠償保険も付いていますよ。

ANA VISA一般カードの評判・口コミまとめ

悪い評判・口コミ
  • ポイントからマイル移行のレートがあまりよくない
  • ポイントからマイル移行のレートを良くするならゴールドの方がお得
  • 旅行保険は傷害保険しか付帯しない
良い評判・口コミ
  • いつでも初年度の年会費が無料
  • 一般カードでも割とマイルが貯まった
  • 複数のカード全てで継続マイルがもらえた
  • 飛行機に乗らずに買い物でマイルを貯めたい人にもおすすめ
  • 海外旅行保険が自動付帯で90日保証してもらえる

ANA VISA一般カードはANA VISAのエントリーカードですので、サービス面では上位グレードほどは充実していません

しかし、マイルやポイントも貯まり、保険も自動付帯されます。つまり、ほどよいサービスなのに年会費が安いので、年会費の元はしっかり取れるカードです。

出張などで飛行機に乗る機会も多く、「年会費をあまりかけずにマイルが貯まったら嬉しいな」という場合には特におすすめです!

ただし、飛行機に乗ってマイルをたくさん貯めたいという場合には「ANA VISAワイドゴールドカード」の方がおすすめです。

関連記事
ANA VISAワイドゴールドなら賢くマイルが貯まる!特典や審査・口コミまとめ ANA VISAワイドゴールドカード 基本還元率 1.0%~2.0% 貯まるポイント Vポイント ...


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

ANA VISA一般カードとその他のANA VISAカードの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
カード名ANA VISA一般カードANA VISAワイドカードANA VISAワイドゴールドカードANA VISAプラチナプレミアムカード
カードイメージ
基本還元率0.5%~2.0%0.5%~2.0%1.0%~2.0%3.0%
年会費2,000円(税抜)7,250円(税抜)14,000円(税抜)80,000円(税抜)
申込資格満18歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
(高校生・大学生を除く)
満18歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
(高校生・大学生を除く)
満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
特典・サービス

  • 初年度年会費無料
  • SKIPサービス
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯

  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク

  • ドクターコール24
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカム

  • プライオリティ・パス
  • ドクターコール24
  • 空港ラウンジの利用
  • SKIPサービス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター
  • 家族のマイルを合算して利用可能
  • 入会・継続でマイルプレゼント
  • 搭乗ボーナスマイルプレゼント
  • Vポイントからのマイル移行
  • ANAカード専用航空料金適用
  • 空港ショップの割引
  • 提携ホテル・レンタカーの会員専用サービス
  • ANAの関連ショップが割引
  • 旅行保険の自動付帯
  • 提携ホテル朝食・ウェルカムドリンク
自動付帯保険(国内)

  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺症:1,000万円

  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害入院日額(最高180日):1万円
  • 手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 手術/1回:入院中以外の手術:5万円
  • 傷害通院日額(最高90日):2,000円

  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害入院日額(最高180日):1万円
  • 手術/1回:入院中の手術:10万円
  • 手術/1回:入院中以外の手術:5万円
  • 傷害通院日額(最高90日):2,000円

  • 傷害による死亡:10,000万円
  • 傷害による後遺症:10,000万円
  • 傷害入院日額:5,000円
  • 手術/1回:入院中の手術:20万円
  • 傷害通院日額:2,000円
自動付帯保険(海外)

  • 傷害による死亡:1,000万円
  • 傷害による後遺症:1,000万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万

  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害・疾病治療費用:150万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:50万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円

  • 傷害による死亡:5,000万円
  • 傷害による後遺症:5,000万円
  • 傷害・疾病治療費用:150万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:50万円
  • 救護者費用(年間限度額):100万円

  • 傷害による死亡:10,000万円
  • 傷害による後遺症:10,000万円
  • 傷害・疾病治療費用:500万円
  • 賠償責任:10,000万円
  • 携行品損害:100万円
  • 救護者費用(年間限度額):1,000万円
ETCカード

  • 入会金:無料
  • 年会費:500円(前年に利用実績があれば無料)

  • 入会金:無料
  • 年会費:500円(前年に利用実績があれば無料)

  • 入会金:無料
  • 年会費:500円(前年に利用実績があれば無料)

  • 入会金:無料
  • 年会費:500円(前年に利用実績があれば無料)
家族カード発行可能(年会費1,000円:税抜)発行可能(年会費1,500円:税抜)発行可能(年会費4,000円:税抜)無料(4枚まで)
利用限度額20〜80万円30〜100万円50〜200万円300万円〜


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

ANA VISA一般カードの審査に落ちる人とは?審査基準を解説

ANA VISA一般カードは、審査が厳しいともいわれています。

ですが、ANA VISAカードのエントリーカードのため、審査基準はそれほど厳しくありません。まずは、こちらの3つに注意して申し込みを行いましょう。

高校生・大学生を除く18歳以上の安定収入のある方

ANA VISA一般カードは18歳以上の未成年でも申し込めるカードですが、「高校生」「大学生」は対象外です。

安定継続した収入も条件になっているため入社したばかりではなく、1年ほど勤務してからの方が審査に通りやすいと言われています。

misae
misae
大学生の場合には「ANA VISA学生カード」という年会費無料のカードがありますので、そちらを検討しましょう。

信用情報に事故の履歴がない方

他のカードやキャッシングローンで、5年以内に3ヶ月以上の滞納履歴があると信用情報に事故の履歴が残ります。

新しいクレジットカードを作りたくても、信用情報に事故の履歴が残っている間は審査には通りづらいのです。

また、クレジットカードの任意整理という債務整理をしている場合には、債務完済から5年は信用情報に事故の履歴が残ります。

個人再生や自己破産などの債務整理をしている場合には、債務完済から10年は信用情報に事故の履歴が残ります。

いずれの場合も一定期間を経過すれば、信用情報の事故履歴も消えますので、しばらく待ってから申し込みましょう。

6ヶ月以内に3枚以上のクレジットカードに申し込んでいない方

6ヶ月以内に3枚以上のクレジットカードに申し込みをしていると、審査に落ちやすいです。

6ヶ月間のクレジットカードの発行の情報も信用情報に記録されていて、カード会社ではこの情報も踏まえて審査しています。

短期間にたくさんのカードに申し込んでいる場合には、悪用の可能性を疑われることもあるので注意しましょう。

misae
misae
クレジットカードは、使いやすいものを厳選して申し込むのがおすすめですよ。


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

【ANA VISA一般カードのQ&Aまとめ】気になる疑問を解決しよう

これまでのANA VISA一般カードの説明で、特徴やメリットやデメリットがお分かり頂けたのではないでしょうか。

次に、ANA VISA一般カードについてのよくある質問についてお答えしたいと思います。

ANA VISA一般カードとANA VISAワイドゴールドカードの違いは?

ANA VISAワイドゴールドカードの大きな特徴はマイルがとても貯まりやすいということです。

搭乗ボーナスマイルの積算率が一般が10%なのに対し、ワイドゴールドは25%と2.5倍になっています。

また、ポイントからのマイル移行は、一般が「200円=1ポイント=1マイル」なのに対し、ワイドゴールドは「200円=1ポイント=2マイル」と倍のレートで移行できるんです。

「マイルをたくさん貯めたい」という方には、ANA VISAワイドゴールドカードがおすすめです。

ANA JCB一般カードからANA VISA一般カードに切り替えはできますか?

ANA JCB一般カードからANA VISA一般カードに切り替えはできません。

同じ、ANAのカードではありますがカードの発行元は「JCB」と「VISA」で異なるため新規の申し込みになります。

ANA VISA一般カードの家族カードの「家族」はどこまでをさしますか?

本会員と生計を同一にする戸籍上の配偶者・ご両親・お子様(高校生を除く18歳以上)の方が対象になります。

ANA VISA一般カードの年会費を安くしたいのですが、どうしたらWEB明細にできますか?

VISAカードの会員サービス「Vpass」から申し込むことができます。

ANA VISA一般カードの利用限度額はどのくらいですか?

ANA VISA一般カードの利用限度額は、信用度に合わせて20〜80万円になっています。

クレジットカードの利用で信用度が上がれば利用限度額があがります。

大きな買い物がある場合には、VISAに申請して、一時的に利用限度額を引き上げてもらうことも可能です。


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

ANA VISA一般カードはお手軽にANAのマイルを貯められるカード!

ANA VISA一般カードのまとめ
  • 入会・更新時に1,000マイルがプレゼントされる
  • ANAの搭乗マイルに加え10%の搭乗ボーナスマイルがもらえる
  • 日常のお買い物ポイントがANAマイルに移行できる
  • 空港やANAグループの施設が快適に利用できる
  • 国内・海外旅行保険(補償額最高1,000万円)が自動付帯する

こちらの記事ではANA VISA一般カードのメリット・デメリットなどの特徴を説明しました。

ANA VISA一般カードはANA VISAワイドゴールドカードほどマイル獲得に特化したカードではありませんが、年会費もリーズナブルで、しっかりマイルを貯めることができます。

そのため、それほど一生懸命マイルを貯めたいわけじゃないけれど、「出張や旅行のついでにマイルも貯まったら嬉しい」という方におすすめのカードです。

もちろん、旅行保険が自動付帯し、空港やANAグループの施設で特別のサービスや割引などもあり、出張や旅行の多い方には心強いカードとなります。


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

ANA VISA一般カードの基本情報まとめ

ANA VISA一般カード
基本還元率0.5%~2.0%
貯まるポイントVポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
dポイント、nanacoポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントなど
還元率UP条件
  • 「ポイントUPモール」を活用
  • ポイント5倍の対象店舗でカード払い
  • 登録した店舗でカード払い
ポイント有効期限2年間
年会費2,000円(税抜:初年度無料)
ポイント算出方法200円につき1ポイント
申込資格・条件満18歳以上(ただし、高校生・大学生を除く)
国際ブランドVISA
特典・サービス
  • 入会すると1,000マイルもらえる
  • カードを継続するたびに1,000マイルもらえる
  • 基本マイレージが10%アップ
  • 加盟店でカード利用するとボーナスマイル
  • ANA系列のホテルや旅行プランが割引
  • 空港でSKIPサービスが使える
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • お買い物安心保険:最高100万円
ETCカード
  • 入会手数料:無料
  • 年会費:500円(前年に利用実績があれば無料)
電子マネーid 
追加カード家族カード ETCカード
カードランク一般
利用限度額20万円〜80万円
  • 搭乗マイルにプラスして10%の搭乗ボーナスマイルが貯まる
  • カードのポイントがマイル移行できる
  • 国内・海外旅行保険(補償額最高1,000万円)が自動付帯する


ANA VISA一般カードの公式HPを見る

カード概要

カード概要
発行会社三井住友カード株式会社
年会費初年度無料
2年目-2,000円(税抜)
審査・発行1週間程度
入会条件満18歳以上(ただし、高校生・大学生を除く)
国際ブランドVISA
支払い方法国内1回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払い
海外1回払い、リボ払い
支払い締め日毎月15日
引落日翌月10日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー・家族カード・ETCカード等
電子マネーid 
家族カード発行可能枚数10枚
年会費1,000円(税抜)
ETCカード発行可否発行可能
発行手数料無料
年会費年会費:500円(前年に利用実績があれば無料)
対応スマホ決済apple-pay apple-pay 楽天pay

ポイント還元率

ポイント還元率
ポイントプログラムVポイント
通常還元率0.5%~2.0%
還元率アップ条件
  • 「ポイントUPモール」を活用
  • ポイント5倍の対象店舗でカード払い
  • 登録した店舗でカード払い
ポイント有効期限2年間
ポイント付与200円ごとに1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=1円
交換可能マイルANAマイル

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

付帯保険
国内旅行
(自動付帯)
補償対象者本会員・家族カード会員
傷害死亡保険金1,000万円
傷害後遺障がい保険金1,000万円
入院保険金なし
通院保険金なし
手術給付金なし
海外旅行
(自動付帯)
補償対象者本会員・家族カード会員
傷害死亡1,000万円
傷害後遺障がい1,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
1,000万円
賠償責任
(一事故の限度額)
なし
携行品損害
(年間限度額)
なし
救援者費用
(年間限度額)
100万円
ショッピング・プロテクション
(年間限度額)
なし

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

付帯サービス
空港ラウンジなし
海外緊急サービスなし
年間利用特典なし
お問い合わせ三井住友カードFOR YOUデスク 0570-004-980
東京 03-6627-4137
大阪 06-6445-3501
受付:10:00~17:00(12/30~1/3休)


ANA VISA一般カードの公式HPを見る