ANA VISA Suicaカードを徹底解説!還元率・年会費・メリットまとめ

ANA VISA Suicaカード
基本還元率 0.5%
貯まるポイント Vポイント
ポイント交換先 1ポイント=1円
dポイント、nanacoポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントなど
還元率UP条件
  • 「ポイントUPモール」を活用
  • ポイント5倍の対象店舗でカード払い
  • 登録した店舗でカード払い
ポイント有効期限 24ヶ月
年会費 2,200円(初年度無料)
ポイント算出方法 200円につき1ポイント
申込資格・条件 満18歳以上
国際ブランド VISA
特典・サービス
  • 入会すると1,000マイルもらえる
  • カードを継続するたびに1,000マイルもらえる
  • 基本マイレージが10%アップ
  • Suicaとしても使える(オートチャージ可能)
  • 加盟店でカード利用するとボーナスマイル
  • ANA系列のホテルや旅行プランが割引
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • お買い物安心保険:最高100万円
ETCカード 無料
電子マネー iD
追加カード 発行不可
カードランク 一般
利用限度額 80万円

ANA VISA Suicaカードは、三井住友カードが販売しているクレジットカードです。

クレジットカードにSuicaの機能がついているため、クレジットカードとしてもSuicaとしても使えます。

またANAのマイレージが貯まりやすいため「陸マイラー」にも人気のクレジットカードでもあります。

ただし初年度は無料ですが年会費が発生したり、家族カードが作れなかったりなど他のクレジットカードと比べると見劣りする部分も少なからずあります。

ボーナスマイルがもらえたり区間マイレージがプラスアルファでもらえたりなどマイルがどんどん貯まっていきますので、ぜひチェックをしてみてくださいね。


ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る

Contents

ANA VISA Suicaカードの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、ANA VISA Suicaカードの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、ANA VISA Suicaカードの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずはANA VISA Suicaカードがどんなカードかを理解しておきましょう!

「ボーナスマイル」がもらえる

ボーナスマイルの特徴
  • 入会すると1,000マイル
  • 毎年カード継続時に1,000マイル
  • 区間基本マイレージが10%アップ

ANA VISA Suicaカードは他のクレジットカードに比べてANAのマイレージが貯まりやすくなっています。

具体的には上で紹介しているように、カード入会時に1,000マイルもらったりカードを継続するたびに毎年ボーナスとして1,000マイルもらえたりします。

またANAの飛行機を利用した際にもらえるマイルも、基本マイル分に10%上乗せしてもらえます。

atsushi
atsushi
出張や旅行でANAの飛行機をよく使うのであれば、ANA VISA Suicaカードを使うとよりマイルが貯まってお得ですよ。

Suicaへのチャージでもポイントが貯まる

Suicaへのチャージでポイントが付与される条件
  • ANA VISA SuicaカードからSuicaにチャージする
  • ANA VISA SuicaカードからモバイルSuicaにチャージする

Suicaにチャージする場合、基本的には現金でクレジットカードでのチャージはできません。

しかしANA VISA SuicaカードはSuicaにチャージできる数少ないクレジットカードであり、チャージ分もポイントとして付与されます。

もちろんモバイルSuicaにもチャージできますし、モバイルSuicaにチャージした分のポイントももらえるため、Suicaを使えば使うだけポイントが貯まっていきます。

Suicaにチャージできてもポイントがもらえないクレジットカードがほとんどですが、ANA VISA Suicaカードはちゃんとポイントが作るのでお得ですよね。

Suicaのオートチャージに設定できる

Suicaにチャージできるクレジットカードは何枚かありますが、残念ながらオートチャージまで対応しているクレジットカードはほとんどありません。

しかしANA VISA Suicaカードは唯一Suicaのオートチャージにも対応しているクレジットカードなのです。

オートチャージは首都圏・仙台・新潟エリアでのみと地域が限定されているものの、チャージせずにSuicaで電車に乗れるのは便利ですよね。

オートチャージの設定は駅のATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」から設定できます。設定の仕方についてはビューカードの公式サイトを参考にしてください。

加盟店で利用するとボーナスマイルがもらえる

ボーナスるマイルがもらえる加盟店
  • セブン・イレブン(200円で1マイル)
  • 高島屋(200円で1マイル)
  • ヤマダ電機(200円で1マイル)
  • マツモトキヨシ(100円で1マイル)
  • コナカ(100円で1マイル)
  • SUIT SELECT(100円で1マイル)

上で紹介している加盟店でANA VISA Suicaカードを使った買い物をすると買い物金額に応じてマイルが追加でもらえます。

もちろんANA VISA Suicaカードの利用金額に応じてもらえるポイント(Vポイント)ももらえるので実質「ポイントの二重取り」ができます。

ボーナスマイルがもらえる店舗についてはANAの公式サイトで紹介しています。

もしよく使うお店が加盟店になっているのなら、ぜひANA VISA Suicaカードを積極的に使ってマイルをためてみてはいかがでしょう。

空港内にあるお店でお得に買い物ができる

5%オフになる店舗
  • ANA FESTA
  • ANA DUTY FREE SHOP
  • ANAショッピング A-style

空港内にある店舗や免税店でANA VISA Suicaカードを使って買い物をすると、代金が5%オフになります。

割引になる店舗は上の3つで、全国の主要空港にあります。

そのため、空港でお土産を買ったり忘れ物を買い足す時にANA VISA Suicaカードを使って買い物をするとお得になるので、旅行や出張の際には財布に入れておきましょう。

ホテル宿泊料金や旅行ツアーが割引される

割引される旅行代金
  • ANA系列のホテル宿泊費
  • ANA系列が販売している国内・海外ツアー料金

ANAは飛行機以外にもホテルを持っていたり旅行ツアーを販売していたりします。

ANA VISA Suicaカードを使ってANA系列のホテルの宿泊費を支払ったりツアー代金を支払うと代金が割引されます。

旅費が少しでも安くなればちょっとした贅沢もしやすくなりますので、こうした旅行代金の割引は大きなメリットですよね。

Web明細を利用すると年会費が割引される

ANA VISA Suicaカードの年会費
  • 2,200円(税込)
  • Web明細を利用すると1,650円(税込)
  • 初年度無料

ANA VISA Suicaカードは年会費が発生するクレジットカードです。

しかし、Web明細を利用すると年会費が2,200円から1,650円まで安くなります。

さらに入会初年度は年会費が無料になるため、カードを持つうえでかかる維持費は、他のクレジットカードに比べると安く抑えられます。

atsushi
atsushi
ANA VISA Suicaカードはマイルが貯まりやすいカードなので「年会費分をマイルで補填している」と考えると年会費はあまり気にならないと思いますよ。


ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る

ANA VISA Suicaカードの3つのデメリットも確認しておこう

どれだけANA VISA Suicaカードにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえでANA VISA Suicaカードを正しく理解したいですね。

ですので、ここでANA VISA Suicaカードを利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

家族カードが作れない

ANA VISA Suicaカードでは「家族カード」が発行できません。

そのため、家族に1枚ずつANA VISA Suicaカードを持たせる…といったことができないのです。

家族カードの代わりに13歳以上のお子さんを対象にした「ANA VISAプリペイド(チャージ限定型)」というプリペイドカードが発行できます。

しかしクレジットカードではありませんから、家族カードが作れるカードを探しているのであればANA VISA Suicaカードは候補から外さざるを得ません。

海外旅行保険が薄い

補償対象者 カード会員のみ
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障がい 1,000万円
傷害・疾病治療費用 なし
賠償責任 なし
携行品損害 なし
救援者費用 100万円

ANA VISA Suicaカードには海外旅行保険が付帯でついています…が、保障内容は他のクレジットカードに付帯している海外旅行保険に比べると少し物足りない印象を受けます。

特に「傷害・疾病治療費用」がついていないため、海外で病院にかかったさいの治療費は全額負担しないといけません。

持病をお持ちだったり健康に不安を抱えているのであれば、海外旅行保険は手厚い方が安心ですよね?

そう考えると、ANA VISA Suicaカードは海外ではちょっと使いづらさを感じるでしょう。

利用額の上限が80万円までしかない

ANA VISA Suicaカードの利用金額
  • 総利用額;10~80万円
  • リボ払い・分割払い利用額:0~80万円
  • キャッシング利用額:0~80万円

あまりクレジットカードで買い物をしないのであれば気にならないかもしれませんが、利用金額の枠が小さいのもデメリットの1つです。

特に家電や海外旅行など支払金額が大きい場合、利用枠が小さいと他のものが買えなかったりカードで支払えなくなってしまいます。

普段から頻繁にクレジットカードを使っていたり、生活費をカード払いしていると利用枠の上限が80万円は使いづらさを感じるかもしれません。


ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る

ANA VISA Suicaカードで貯まるVポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

ANA VISA Suicaカードを利用すると、「Vポイント」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたVポイントトは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここではANA VISA Suicaカードで貯めたVポイントのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

航空会社のマイルに交換する

ポイントの価値 1ポイント→3マイル
使いやすさ

ANA VISA Suicaカードを持つのであれば、Vポイントのもっともおすすめの使い道は「マイルへの交換」です。

貯まったVポイントをマイルに交換すれば、ボーナスマイルも含めて1年でかなりのマイルが貯まるはずです。

Vポイントで交換できるマイルはANA以外の空港会社もあります。しかし、ボーナスマイルはすべてANAなのでANAのマイルに交換するのがおすすめです。

交換できるマイル
  • ANA
  • ミッレミリア
  • クリスフライヤー
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • フライングブルー

他社のポイントに交換する

ポイントの価値 1ポイント→4~5ポイント
使いやすさ

ANAのマイルを貯めるのにそこまで執着がないのなら、Vポイントを他のポイントに移行させて使うのもアリです。

例えば楽天市場をよく使っているのであれば、Vポイントを楽天ポイントに交換すれば、楽天でお得に買い物ができますよね?

Vポイントが移行できるポイントは下にまとめています。普段よく使っていたり積極的に貯めているポイントがあればVポイントを移行させてポイントを貯めていきましょう。

移行できるポイント
  • 楽天ポイント(1ポイント→5ポイント)
  • Tポイント(1ポイント→4ポイント)
  • nanacoポイント(1ポイント→4ポイント)
  • Pontaポイント(1ポイント→4ポイント)

オンラインギフト券に交換する

ポイントの価値 1ポイント→5円
使いやすさ

AmazonやiTunesで何か買いたいものがあればVポイントをオンラインギフト券に交換して買う…という使い道もアリです。

また貯まったVポイントの使い道がないのであれば、オンラインギフト券に交換して家族や友人にプレゼントするのもいいでしょう。

オンラインギフト券は実質お金に換えるのと同じです。

ANAマイルを目標まで貯め終わり、他のポイントもあまり使っていない…といった人はオンラインギフト券に交換してお得に買い物をしてみてはいかがでしょう。

交換できるオンラインギフト券
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトカード
  • GooglePlayギフトコード


ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る

ANA VISA Suicaカードの評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまで、メリットやデメリットを解説してきました。

ANA VISA Suicaカードがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、ANA VISA Suicaカードを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

ANA VISA Suicaカードの悪い評判・口コミ一覧

  • マイルが貯まるのはいいが年会費が地味に重たい…
  • 確かにマイルは貯まりやすいがもっと貯まりやすいカードもあるのでこれが最強!ってわけではないですね。
  • サブカードとしては優秀だけどメインで使うカードとしては物足りない印象

ANA VISA Suicaカードの良い評判・口コミ一覧

  • Suicaがついているので旅行の時は必ず持っていくほど重宝しています
  • マイルがガンガン貯まるので積極的に使ってマイルを貯めています
  • 申込の手続きも簡単ですぐに作ることができました。

ANA VISA Suicaカードの評判・口コミまとめ!

ANA VISA Suicaカードに関する評判や口コミを調べてみると、総合的に良い口コミが多い印象を感じました。

とはいえ、不満や悪い口コミがゼロだったわけではありません。

改めてANA VISA Suicaカードに関する評判や口コミをまとめると次のようになります。

ANA VISA Suicaカードの悪い評判・口コミ
  • 年会費が無料じゃない
  • 思ったほどマイルが貯まるわけではない
  • メインで使うクレジットカードとしては物足りない
ANA VISA Suicaカードの良い評判・口コミ
  • Suicaがついているので電車移動もラクラク
  • マイルがどんどん貯まっていく
  • 審査も通りやすく申込も簡単

ANA VISA Suicaカードに関する悪い口コミで目立ったのは「年会費」についてでした。

Web明細利用で割引されたり初年度は無料になるとはいえ、やはり年会費を払うのに抵抗を感じる人は少なからずいるようです。

またANA VISA SuicaカードはANAマイルが貯まりやすいカードではあるものの、使い方次第ではANA VISA Suicaカード以上にマイルが貯まるカードもあります。

もっとマイルが貯まりやすいようにしてもらいたい…という声も少なくありませんでした。

反対に好評だった意見で最も多かったのが「Suicaと一体になっている」点でした。

特に空港まで電車で移動する際に、クレジットカードとは別にSuicaを持っていかなくてもいいところにメリットを実感しています。

もちろん「マイルの貯まりやすさ」に関しても多くの人が満足していました。

評判や口コミを見る限り、ANA VISA Suicaカードは「マイルが貯まりやすいクレジットカード」ではなくSuicaとしても使える点に利便性を実感している人が多いです。


ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る

ANA VISA Suicaカードと他のANA VISAカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
ANA VISA Suicaカード ANAカード ANAカード(ワイドゴールドカード) ANA VISA プラチナ プレミアムカード
基本還元率 0.5% 0.5% 0.5% 0.5%
年会費 2,200円(初年度無料) 2,200円(初年度無料) 15,400円 88,000円
申込資格 満18歳以上(高校生除く) 満18歳以上(高校生・大学生除く) 満20歳以上で安定継続収入がある 満30歳以上で安定継続収入がある
特典・サービス
  • 入会時やカード更新時にボーナスマイルがもらえる
  • 区間マイレージが10%アップ
  • Suicaにチャージできる(オートチャージ可能)
  • 加盟店で利用するとマイルがもらえる
  • 空港にあるお店での買い物が5%オフ
  • 入会時やカード更新時にボーナスマイルがもらえる(1,000マイル)
  • 区間マイレージが10%アップ
  • 加盟店で利用するとマイルがもらえる
  • 空港にあるお店での買い物が5%オフ
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター利用可能(ワイドカードのみ)
  • 入会時やカード更新時にボーナスマイルがもらえる(2,000マイル)
  • 区間マイレージが25%アップ
  • 空港にあるお店での買い物が5%オフ
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンター利用可能
  • 国内主要空港のラウンジ無料利用
  • 入会時やカード更新時にボーナスマイルがもらえる(10,000マイル)
  • 区間マイレージが50%アップ
  • 空港にあるお店での買い物が5%オフ
  • 国内主要空港のラウンジ無料利用
  • コンシェルジュサービスが利用可能
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:年間100万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:年間100万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間300万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:500万円
ETCカード 無料 無料 無料 無料
家族カード 発行不可 年会費1,100円(初年度無料) 年会費4,400円 年会費4,400円
利用限度額 80万円 80万円 200万円 300万円以上

ANA VISA Suicaカードの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

ANA VISA Suicaカードは一般カードのため、申し込めば3~4週間すればカードが送られてきます。

しかしだからと言って「誰でも簡単に作れるカード」というわけではありません。

ここではANA VISA Suicaカードの審査基準について詳しく解説していきます。

特に次の3つのいずれかに心当たりがあるのなら、もしかするとANA VISA Suicaカードを申し込んでも審査が通らない可能性があります。

申し込む前にチェックしておいてくださいね。

満18歳以上である

ANA VISA Suicaカードを持つには満18歳以上である事が大前提です。

そのため18歳未満であればカードを審査が通らないのはもちろん、申込すらできません。

また18歳以上であっても高校生は申し込めないので、ANA VISA Suicaカードを申し込む時は高校を卒業してから申し込むようにしてくださいね。

atsushi
atsushi
未成年の場合は親権者の同意が必要なので親御さんの許可をもらってから申し込みましょう。

過去にカード払いの延滞・滞納などをしたことがない

以前持っていたクレジットカードで、カード利用金額の滞納や延滞をしたことがあると、審査に引っかかって発行してもらえない可能性があります。

カード払いの延滞・滞納を行うと信用情報機関に事故情報として記録されます。

とはいえ、きちんとカードの支払いを忘れずに支払っていたのであれば特に気にする必要はありません。

一度に複数のクレジットカードを申し込んでいない

ANA VISA Suicaカード以外にも複数のカードを申し込んでいる場合、まとめて審査に落ちてしまい1枚も作れない…なんてこともあります。

クレジットカードを申し込むとカード会社が申込者の信用情報を信用情報機関から確認します。

この時にどのカードに申し込んでいるか?も確認できてしまうのです。

一度に何枚ものカードに申し込んでいるとカード会社が「もしかして貸し倒れするかも」と考え、審査を通してくれないケースも珍しくありません。

クレジットカードを何枚か作りたい場合は、一度に申し込まず時間をおいて申し込むようにするとちゃんと発行してくれやすいですよ。

【ANA VISA SuicaカードのQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

ANA VISA Suicaカードについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、ANA VISA Suicaカードの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、ANA VISA Suicaカードのよくある気になる疑問に答えていきます。

ANA VISA Suicaカードを検討する際の参考にしてみてくださいね!

ANA VISA Suicaカードの発行にどのくらい時間がかかりますか?

ANA VISA Suicaカードは申し込んでから発効までにだいたい3~4週間くらいかかります。

審査がすんなりいけばもっと早く手元に届くかもしれませんが、目安として3~4週間は見ておいた方が良いでしょう。

ANA VISA Suicaカードを定期券にすることはできますか?

残念ながらANA VISA Suicaカードを定期券にはできません。Suica定期券を作りたいなら、ANA VISA Suicaカードとは別にSuicaを持つ必要があります。

ただし、Suica定期券にANA VISA Suicaカードをリンクさせればオートチャージはできます。

ANA VISA Suicaカードを解約する時はどうしたらいいですか?

ANA VISA Suicaカードの解約は三井住友カードの専用サイトから解約の申請を行います。

解約の申請は下のサイトから行いましょう。

解約の手続きはこちら

もしANA VISA Suicaカードにオートチャージ機能をつけているのなら、解約するにオートチャージ機能の停止手続きをしてからカードの解約を行ってくださいね。


ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る

手軽にマイルを貯めるならコレ!ANA VISA Suicaカードを活用しよう

この記事のまとめ
  1. 「ボーナスマイル」がもらえる
  2. Suicaへのチャージでもポイントが貯まる
  3. 加盟店で利用するとボーナスマイルがもらえる
  4. ANA系列の店舗や商品を買う時に割引される
  5. Web明細を使うと年会費がお得になる

ここまでANA VISA Suicaカードについて解説してきました。

ANA VISA Suicaカードのメリットもデメリットも両方お話ししてきたので、ANA VISA Suicaカードがどんなカードか理解していただけたでしょうか?

普段からコツコツとANAのマイルを貯めていきたいのであれば、ANA VISA Suicaカードはとてもおすすめです。

ANA VISA Suicaカードは普段の買い物はもちろん、Suicaのチャージでもポイントが貯まり、そのポイントをマイルに換えればマイルが貯まりやすくなります。

また、カードを継続するたびにもらえるボーナスマイルや区間基本マイレージにプラスアルファでマイルがもらえる点も大きなメリットですよね。

ANA VISA Suicaカードの特徴として上の5つが挙げられます。

ANA VISA Suicaカードの特徴を正しく理解して、賢く使ってくださいね。


ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る

ANA VISA Suicaカードの基本情報まとめ

ANA VISA Suicaカード
基本還元率 0.5%
貯まるポイント Vポイント
ポイント交換先 1ポイント=1円
dポイント、nanacoポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントなど
還元率UP条件
  • 「ポイントUPモール」を活用
  • ポイント5倍の対象店舗でカード払い
  • 登録した店舗でカード払い
ポイント有効期限 24ヶ月
年会費 2,200円(初年度無料)
ポイント算出方法 200円につき1ポイント
申込資格・条件 満18歳以上
国際ブランド VISA
特典・サービス
  • 入会すると1,000マイルもらえる
  • カードを継続するたびに1,000マイルもらえる
  • 基本マイレージが10%アップ
  • Suicaとしても使える(オートチャージ可能)
  • 加盟店でカード利用するとボーナスマイル
  • ANA系列のホテルや旅行プランが割引
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • お買い物安心保険:最高100万円
ETCカード 無料
電子マネー iD
追加カード 発行不可
カードランク 一般
利用限度額 80万円

ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る

カード概要

発行会社 三井住友カード株式会社
年会費 2,200円(初年度無料)
審査・発行 3~4週間
入会条件 満18歳以上
国際ブランド VISA
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
支払い
  • 締め日:毎月15日
  • 引き落とし日:翌月10日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー iD
家族カード 発行不可
ETCカード 発行可否 可能
発行手数料 無料
年会費 無料(一年間利用しないと翌年に年会費550円が発生する)

ポイント還元率

ポイントプログラム Vポイント
通常還元率 0.5%
還元率アップ条件 なし
ポイント有効期限 最後にポイントを獲得した月から2年
ポイント付与 200円につき1ポイント付与
ポイントの価値(目安) 1ポイント=1円
交換可能ポイント Amazonギフト券、dポイント、nanacoポイント、楽天スーパーポイント、Tポイント
交換可能マイル ANAマイル

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険 なし
海外旅行保険 補償対象者 カード会員のみ
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障がい 1,000万円
傷害・疾病治療費用 なし
賠償責任 なし
携行品損害 なし
救援者費用 100万円
ショッピング保険 国内 年間100万円(リボ払い、3回以上の分割払いの場合のみ)
海外 年間100万円

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ 利用不可
盗難・紛失に対する保証 届け出の60日前まで遡って損失を保証とカードの再発行
年間利用特典 ボーナスマイルが1,000ポイントもらえる
お問い合わせ 0570-004-980
10:00~17:00(年中無休)


ANA VISA Suicaカードの公式HPを見る