自己破産後にクレジットカードは作れる?審査が通りやすいカード3選!

起こってほしくないことですが、カードの支払いができず自己破産するケースがあります。

自己破産すると返済義務が免除される代わりに、お金に関して何かしらの制限が掛かるのは想像できますよね。

カードの支払いができなくなって自己破産してしまった場合、クレジットカードを新たに作ることはできるのでしょうか?

今回は自己破産した後にクレジットカード事情がどうなるのか、またおすすめカードなどをご紹介していきます!


自己破産後に作りやすいクレジットカードを今すぐ見る

自己破産後にクレジットカードを作ることはできる?何年経てば作れる?

まず結論から言ってしまうと、自己破産後にクレジットカードが作れるかどうかは自己破産してからの期間によります。

少なくとも、自己破産直後にクレジットカードを作ることは基本的に絶対できません!

どうしてかというと、クレジットカードの使用経歴や自己破産した情報というものは、「信用情報機関」というところに全て記録されるから。

カード会社というのはカード申し込みの際にちゃんと利用分を支払えるか審査しますが、自己破産を始めとした悪いカードの使い方をしていた場合すぐにバレて審査落ちします。

自己破産というのは、要は「お金がちゃんと返せない人」という証明になってしまうため、カード会社の印象は最悪ですからね…。

kitamura
kitamura
ただし一生印象が悪いというわけではなく、一定期間を経過すれば自己破産したという情報は記録されなくなります。

このあとその辺りを解説しますね!

自己破産した情報は信用情報機関に5年~10年記録される…この期間はカードが作れない

信用情報機関名加盟する金融機関・業界など自己破産の記録期間(目安)
CIC
(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • クレジットカード発行会社
  • 信販会社
  • リース会社
5年
JICC
  • 信販会社
  • 消費者金融系
5年
JBA
(全国銀行協会)
  • 銀行・信用金庫
  • 銀行系発行のクレジットカード
10年

日本の信用情報機関は上の3つが代表的です。

これら信用情報機関は加盟する会社・団体同士の情報は詳細情報まで確認することが可能ですが、加盟信用情報機関以外の詳細情報は見ることができません。

例えばCICに加盟しているカード会社を例にすると、

上はCICの信用情報開示報告書の見本で、その人が今いくら残債があるのか直近2年間の返済状況はどうか、など詳細情報を全部見ることができますが、JICC・JBAの詳細情報は閲覧不可能です。

しかし自己破産を始めとした「金融事故」に当たる重大な情報は加盟する信用情報機関に関わらず全ての信用情報機関に共有されます。

CICの報告書の例だと上に「異動」という言葉がありますが、これは金融事故を表す言葉です。

自己破産(支払い延滞・債務整理)などの重大な金融事故が公開されるのはCIC・JICCで5年、JBAで10年と言われています。

その期間は社会的信用が大幅に下がってしまうため、新たにクレジットカードを作ることが非常に難しくなってしまうのは当然ですよね。

なので自己破産後に新たにクレジットカードを作るなら、基本的に自己破産から5年~10年経過した後になります。

kitamura
kitamura
よく「ブラックリストに載る」という言葉が言われますが、一般的にこの信用情報機関全体に自己破産などの金融事故の情報が共有された状態のことを指します。

自己破産前に契約済のクレジットカードは強制解約され残すことはできない…

自己破産すると新たにクレジットカードを作るのが非常に困難になるのは説明しましたが、自己破産前に使っていたカードは基本的に全て強制解約となります!

自己破産手続きに入ると支払い・借り入れが残っているカード会社は債権者にあたるので、手続き開始の連絡が入り次第強制解約です。

また自己破産の場合、複数のカード会社から借り入れがあるけど、カード1枚だけ支払いして残すことも絶対にできません。

自己破産はそれだけ重大な金融事故ということですね。

自己破産後にクレジットカードを作るための3つのステップ!

それでは自己破産後にクレジットカードを作る方法について解説します。

上にあげた3つのステップがあるので、順番に見ていきましょう!

信用情報から自己破産の記録が残る期間(5年~10年)が経過するまで待つ

まずはとにかく自己破産の記録が残る期間が過ぎ去るまで待ちましょう。

記録が消えるまでは一般的にCIC・JICCで5年、JBAで10年程度と言われています。

この記録が残る「ブラックリスト入り」の期間を短縮することは絶対にできないので、大人しく待つが正攻法です!

よほど年会費が高いステータスがあるカード以外のカード会社はだいたいCIC・JICCに加盟しているので、5年待つのが1つの基準ですね。

kitamura
kitamura
時々「ブラックリスト入りを消します!」といった広告もありますが、100%詐欺なので利用してはいけません。

信用情報機関に情報開示請求をする

開示方法手数料解説・申し込みページ
CICネット開示1,000円>ここをタッチ<
郵送開示1,000円
窓口で開示500円
JICCネット開示1,000円>ここをタッチ<
郵送開示1,000円
窓口で開示500円
JBA郵送開示1,000円>ここをタッチ<

自己破産から5年経過したら、ちゃんと自己破産の情報が消えているかどうかを確認しましょう

もう5年経っているから…と確認せずにクレジットカードに申し込むと、実は自己破産情報が消えておらず審査落ちするなんて可能性もあります。

上に開示方法や手数料など記載しましたが、クレジットカードによる自己破産の場合はCICとJICCの信用情報開示をすればOKです。

先程もあげたCICの報告書の例だと「異動」の記載がちゃんと消えていれば自己破産の情報は消えています。

審査が甘めなクレジットカードに1枚だけ申し込む

自己破産の情報が消えていれば、クレジットカードに申し込んでも審査が通りやすくなります。

ただ自己破産後は5年程度クレジットカードが使えないわけですから、カード使用歴(クレジットヒストリー=クレヒス)も真っ白な状態がほとんど。

30代以上でカード使用歴がない真っ白状態の場合は「自己破産でもしてカードが使えなかったのかな?」という疑いをカード会社に疑われるとも言われています。

なので自己破産後に最初に申し込む1枚は審査が甘めのカードがいいでしょう。

また自己破産後に限らず、数ヶ月以内の短期間に複数のクレジットカードに申し込むのは「多重申し込み」としてカード会社からの印象がよくありません。

なので自己破産後は特に最初は1枚だけクレジットカードに申し込むのがおすすめです。

kitamura
kitamura
ちなみにカード会社にもよりますが、自己破産で強制解約された場合はそのカード会社内で「社内ブラックリスト」として一生作れない場合もあります。

無難に別会社のカードに申し込んだほうがいいでしょう。

自己破産後に作りやすい審査が甘めなクレジットカード3選!

← 横にスクロールできます →
カード名国際ブランド年会費基本還元率還元ポイント
ACマスターカード
  • MasterCard
無料
ライフカードCh(有料版)
  • MasterCard
5,000円0.5%LIFEサンクスポイント
アメリカン・エキスプレス・カード
  • American Express
13,200円1%メンバーシップ・リワード

それでは自己破産後に作るのにおすすめなクレジットカードを3枚ご紹介します。

自己破産後はカード利用実績が積めていないため審査が厳しいクレジットカードには通りづらいです。

なのでクレジットカードはとにかく審査が甘く作りやすいカードを優先するといいでしょう。

おすすめの3枚はどれも過去の利用実績よりも現在の支払い能力を重視する傾向が強いカードです!

kitamura
kitamura
これら作りやすいクレジットカードを半年~1年しっかり使えば、楽天カードなどの一般的なカードやもっとグレードが高いカードも十分に作ることができます。

【ACマスターカード】

ACマスターカード
国際ブランドMasterCard
年会費無料
基本還元率0.25%
(利用額から割引するキャッシュバック方式
還元ポイント
申込資格20歳以上69歳以下で安定した収入のある人
特徴
  • リボ払い専用のクレジットカード
  • ETCカード発行不可

消費者金融系の会社が発行するクレジットカードは審査が甘めと有名ですが、ACマスターカードはアコムが発行する特に作りやすいカードです!

審査基準がアコムでお金を借りられるかどうかという非常に甘いものなので、自己破産後に初めてカードを作る場合でも作りやすいクレジットカードといえます。

ポイント還元はありませんが、利用額の0.25%の金額を引き落としから差し引く形で還元されるため、還元率は低いですがちゃんと使った分の得をすることは可能です。

難点はリボ払い専用カードのため使い方によっては利息が掛かる・ETCカードがないという部分。

ですが月々の支払い上限額を利用限度額と同じ金額にする(例:利用限度額10万円なら支払い上限も10万円にする)と利息が掛かりません。

審査に通りやすいという点でおすすめできるので、自己破産後にとりあえず申し込んでみるといいでしょう!




詳細を見る


公式HPを見る



【ライフカードCh(有料版)】

ライフカードch(有料版)
国際ブランドMasterCard
年会費5,000円
基本還元率0.5%
還元ポイントLIFEサンクスポイント
申込資格日本国内に住む18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な人
特徴
  • ETCカードも発行可能
  • キャッシュバック機能はなし(ショッピング利用のみ)

ライフカードCh(有料版)も自己破産後に作るのにおすすめなクレジットカードです。

ライフカードには年会費無料の通常版もありますが、このカードはその通常版カードよりもさらに審査が甘いと公式で明言されています。

  • 初めてカードを作る人
  • 過去に支払遅れ(延滞)がある人
  • 審査が通るかどうか不安な人

といったように、独自基準で明らかに審査のハードルが低いことをアピールしているのでとにかく作りやすいといえるでしょう。

難点はゴールドカードでもないのに年会費5,000円と割と高額、キャッシング機能はないなど一般的なクレジットカードに比べると制限があるところ。

ですが審査が通りやすいカードの中では高めの0.5%ポイント還元があり、ETCカードも発行可と使い勝手は十分です!


ライフカードch(有料版)の公式HPを見る

【アメリカン・エキスプレス・カード】

アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランドAmerican Express
年会費13,200円
基本還元率1%
還元ポイントメンバーシップ・リワード
申込資格日本国内に住む20歳以上で安定収入があり他社借り入れで遅延がない人
特徴
  • 家族カードは6,600円の年会費
  • ETCカード発行可

これまでの2枚よりは審査基準は上がりますが、アメリカン・エキスプレス・カードも自己破産後に作りやすいカードの1つです。

現在の支払い能力を重視する独自の審査基準のおかげで、今経済的に安定しているなら比較的簡単に作ることができます。

ポイント還元率は1%なので、他社カードと比べても高めでメリットも十分です。

難点は13,200円と高額な年会費が掛かることで、年会費分のメリットが得られない場合はちょっと損になってしまいます。

ただアメリカン・エキスプレス・カードはステータス性もあるカードなので、申し込んでみるのもアリですね。




詳細を見る


公式HPを見る



自己破産直後~5年以内にどうしてもカードを持ちたい場合はこの3つのカードが使える!

自己破産後から5年以上経過すれば審査が甘いカードなら十分に作れますが、さすがに自己破産直後から5年以内にカードを作るというのは超高難度です!

まれに自己破産後5年以内にカードが作れたという声もありますが、基本的には無理だと考えておいたほうがいいでしょう。

それでも生活していく中でどうしてもクレジットカードが必要になる場合もあるかもしれません。

ここでは自己破産後5年以内に持つことが可能なクレジットカードの代用について3つご紹介していきます!

【家族カード】メインカードの持ち主の信用で作ることができる

自分でクレジットカードの審査に通らない場合でも、家族カードなら発行してもらうことは可能です。

家族カードはメインカードを持っている人の信用で作ることができるので、家族カードを持つ人が自己破産した場合でも関係ありません。

ただメインカードを持つ人が支払いをするわけですから、カードの使いすぎで迷惑を掛けないように注意しましょう。

【ライフカードDP(デボジット型)】保証金を預けるため審査が激甘

ライフカードDP
国際ブランドMasterCard
年会費5,000円
保証金100,000円
限度額100,000円
(保証金と同じ額が限度額になる)
基本還元率0.5%
還元ポイントLIFEサンクスポイント
申込資格日本国内に住む20歳以上で電話連絡が可能な人

自己破産後5年以内に自分でクレジットカードを持つなら、デポジット型のクレジットカードが選択肢に入ります。

ライフカードDPは審査はありますが、審査が甘いクレジットカードで紹介したカードよりも更に作りやすいカードです。

デポジット型というのは、入会と同時に保証金を預けて、その保証金を限度額にすると言う方式。

ライフカードDPの場合は10万円の保証金を預けて10万円が限度額になるので、カード会社からすれば支払いが遅れても保証金から利用額を回収できるために審査が甘いです。

年会費5,000円掛かる点は一般カードとしては高いですが、自己破産直後からでも作れる可能性があるクレジットカードとして検討の余地はアリ!


ライフカードDPの公式HPを見る

【デビットカード】利用額を即引き落としで無審査で作れる

カード名年会費ポイント還元率申し込みページ
楽天銀行デビットカード無料1%>ここをタッチ<
リクルートポイント付きVisaデビットカード無料0.6~1.5%>ここをタッチ<
三菱UFJデビットカード
  • 1年目:無料
  • 2年目以降:1,000円(条件付きで無料)
0.2%
(自動的にキャッシュバック)
>ここをタッチ<

クレジットカードが作れない場合でも、似たような使い方ができるデビットカードなら作ることができます!

デビットカードは支払いに使うと紐付けされた引き落とし口座から即時利用額が引き落としされる方式。

もし口座の残高が足りなかった場合は決済に利用できないだけで、支払い遅延などが発生することはありません。

つまり利用額を回収できないということが絶対にないため、カード発行元は自己破産直後であろうと無審査で作らせてくれます。

上におすすめのデビットカードをあげましたが、“>クレジットカードと同じようにポイント還元もあるカードが多いので、どうしても必要な場合は作ってみるといいでしょう。

自己破産後にクレジットカードを作るまとめ

この記事のまとめ
  • 自己破産すると返済が残っているクレジットカードは全て強制解約される
  • 自己破産すると情報が5~10年記録される(ブラックリスト状態になる)
  • 自己破産後にクレジットカードを作ることは基本的に5年経過しないとできない
  • 自己破産後に最初にカードを作るなら審査甘めのクレジットカードがおすすめ
  • 審査が甘めなライフカードDPなどは自己破産直後にも作れる可能性がある
  • クレジットカードの審査に通らない場合はデビットカードという選択肢もある

ここまで自己破産後にクレジットカードが作れるのかどうか、どんなカードがおすすめかなどをご紹介してきました。

最初から自己破産したい人はいませんが、クレジットカードの使い方によっては自己破産の危険性は誰にでもあります。

自己破産すると手持ちのクレジットカードは全て失い、新たに作ることも基本的にはできないので5年は待ちましょう。

5年経って最初に作るクレジットカードはとにかく1枚持つことが重要なので、審査甘めのカードがおすすめ!

もし自己破産から5年以内にどうしてもカードが必要なら家族カード・デポジット型カードなどの選択肢は残されているので、それらを利用する手もあります。


自己破産後に作りやすいクレジットカードをもう一度見る