クレジットカードの国際ブランド7つの違い・シェア比較!おすすめはどれ?

クレジットカードには、国際ブランドというものがあります。

VISA・MasterCard・JCBなど名前を聞いたことはあると思いますが、これらは全て国際ブランドの名前。

国際ブランドとはざっくり言ってしまうと決済システムのことなのですが、お店によって使える国際ブランドが違います。

国際ブランドにはそれぞれシェア・特徴などが全然違うので、カード選びの際に迷ってしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、国際ブランドそれぞれの違いどのブランドがおすすめ?といった内容をご紹介します!

クレジットカードの国際ブランド一覧!違いやシェアなど特徴まとめ

← 横にスクロールできます →
国際ブランド 世界シェア 発行の形態 日本で使えるか 世界で使えるか 特徴
VISA
約56% 自社ではカード発行しない
  • 世界シェア第1位の国際ブランド
  • 自社発行カードはなく、提携カードのみ発行
  • 世界中で使いやすい
MasterCard
約26% 自社ではカード発行しない
  • 世界2位のシェア
  • 加盟店数はVISAと同程度に多い
  • 自社発行カードはなく、提携カードのみ発行
JCB
約1% 自社・提携カードどちらも発行
  • 日本発の国際ブランド
  • 日本国内では使いやすい
American Express
約3% 自社・提携カードどちらも発行
  • アメリカ発の国際ブランド
  • 富裕層向けのイメージが強い
  • 審査基準が独特
Diners Club
1%未満 基本的に自社発行のみ
  • 世界で最初の国際ブランド
  • 富裕層向けのイメージが強い
銀聯(ぎんれん)
約13% 自社・提携カードどちらも発行
(中国国内ではほぼ必須)
  • 中国中央銀行系のブランド
  • 中国でのシェアが圧倒的
  • 日本で発行可能なカードはごくわずか
DISCOVER
1%未満 自社・提携カードどちらも発行
  • アメリカ発の比較的新しいブランド
  • 現在日本で発行はしていない

2020年現在存在する国際ブランドは、上にあげた7ブランドです。

これらはそれぞれ決済システムを導入している「加盟店」なら、国・地域を問わずどこでも利用可能なことから国際ブランドと表現されます。

加盟店のレジなどにはそれぞれ対応ブランドのロゴマークが見えるところに表示されており、

  • VISAのロゴ⇒VISAブランドのカードが支払いに使える
  • JCBのロゴ⇒JCBブランドのカードが支払いに使える

という感じなので、支払いに使えるかどうかはロゴを確認しましょう。

国際ブランドさえ対応していれば発行会社に関係なくクレジットカードが使える

クレジットカードは加盟店が国際ブランドにさえ対応していれば、基本的には発行会社がどこかに関係なく使うことができます。

例えば楽天カードを使ってイオンで買い物する場合、

上の楽天カードにはVISAのロゴが入っているので、決済システムはVISAです。

イオンではVISA・MasterCard・JCB・American Express・Diners Clubの5種類のブランドが使えるため、上の楽天カードでも問題なくイオンで買い物ができます。

kitamura
kitamura
ただし発行会社によっては一部店舗と相性が悪い場合もあるので、そうした場合はクレジットカードの公式HPを見て確認しましょう。

クレジットカードには国際ブランド自社発行カード(プロパーカード)と提携カードの2種類がある

← 横にスクロールできます →
ステータス性 ポイント還元率の傾向 審査の厳しさ 年会費 その他の特徴
自社発行カード
(プロパーカード)
高め 0.5%など低めが多い 比較的厳しい 有料が多い
  • ゴールドカード・プラチナカードといったハイグレードのカードが目指せる
  • ブランド独自の特典が全て受けられる
提携カード 低め 1%以上の高還元率も多い 比較的緩い 無料が多い
  • 提携先独自の特典が多い
  • ブランド独自の特典は受けられないものもある

クレジットカードには、国際ブランドの会社が自社発行するカードの「プロパーカード」と、国際ブランドと提携した会社が発行する「提携カード」の2種類があります。

プロパーカードは一般的にステータス性が高く、プラチナカード以上のハイグレードカードを作れる代わりに、還元率低め・審査が比較的厳しめな傾向です。

主なプロパーカードとしては、JCB発行のJCBカード・American Express発行のアメリカン・エキスプレス・カードなど。

プロパーカードをすごく厳密に分類するならJCB・American Express・Diners Clubの3社しか発行していません。

一方の提携カードは、ポイント還元率が1%以上の高還元率もある・年会費が安め・審査が比較的緩めの傾向があります。

NTTドコモ発行のdカード・イオン発行のイオンカードなど、国際ブランドと発行会社が違う場合は、広い意味ではほとんどのクレジットカードが提携カードの分類です。

特にVISA・MasterCardは決済システムのライセンス提供のみ自社でカードを発行していないので、この2ブランドのカードは全て提携カードと言っていいかもしれません。

kitamura
kitamura
ただしプロパーカード・提携カードの定義はやや曖昧な部分もあります。

例えば三井住友銀行発行の三井住友カード、楽天発行の楽天カードなどはプロパーカード・提携カード両方の特徴を併せ持っています。

クレジットカードの国際ブランド7つの特徴をそれぞれ解説!

それではクレジットカードの国際ブランド7つについて、それぞれの特徴についてもう少し詳しくご紹介していきます。

それぞれ順番に見ていきましょう!

VISA…世界シェアNo.1の国際ブランド!

VISA
世界シェア 約56%
発行の形態 自社でのカード発行はしない
(決済システムのライセンス提供のみ)
日本で使えるか
世界で使えるか
日本で発行できるか
(プロパーカード・提携カード含む)

VISA」はアメリカの銀行バンク・オブ・アメリカから始まった、世界シェアNo.1の国際ブランドです。

現在世界で使われているクレジットカードの50%以上がVISAブランドと言われているほど。

また加盟店数も世界で約5000万店とも言われ、その圧倒的シェアを武器に日本を含む世界中で幅広く使えるのが魅力!

日本で作れるクレジットカードでも、だいたいのカードはVISAブランドを選択可能です。

VISAは自社発行のプロパーカードはなく、決済システムのライセンス発行をして提携会社からVISAブランドのクレジットカードを発行するのみ。

ですが日本で最初にVISAと提携した三井住友が発行する三井住友カードは広い意味ではVISAのプロパーカードに分類されます。

MasterCard…世界2位のシェアで世界的に広く使える!

MasterCard
世界シェア 約26%
発行の形態 自社でのカード発行はしない
(決済システムのライセンス提供のみ)
日本で使えるか
世界で使えるか
日本で発行できるか
(プロパーカード・提携カード含む)

MasterCard(マスターカード)」はアメリカ発の国際ブランドで、VISAに次ぐ世界シェアを持ちます。

約26%のシェアで、加盟店数で言えばVISAにも引けを取らないと言われるほど幅広く使うことが可能です。

またこちらもVISAと同じく、自社発行のプロパーカードはなく、決済システムのライセンス発行のみをしています。

日本国内を含む世界中で使える国際ブランドなので、初めてのクレジットカードのブランドにもおすすめ!

JCB…唯一の日本産国際ブランド!

JCB
世界シェア 約1%
発行の形態 自社・提携カードどちらも発行
日本で使えるか
世界で使えるか
日本で発行できるか
(プロパーカード・提携カード含む)

JCB」は日本で生まれた国産のブランドです。

日本でのシェアは広いですが、ほぼ日本でしか発行されない国際ブランドなので世界シェアは1%程度に留まっています。

日本産の国際ブランドだけあってサービス内容は日本人向けのものが充実しており、日本国内での利用がメインなら初めてのクレジットカードの国際ブランドとしてもアリ!

提携カードだけではなく自社でプロパーカードも発行しており、主に以下のカード。

ちなみに、JCBはアメリカのDISCOVERブランドとの提携がされています。

そのためごく一部の例外を除き、アメリカのDISCOVER加盟店ではJCBブランドのクレジットカードでも決済が可能です。

American Express…ステータス性がありラウンジサービスなど優待が充実!

American Express
世界シェア 約3%
発行の形態 基本的に自社発行のみ
日本で使えるか
世界で使えるか
日本で発行できるか
(プロパーカード・提携カード含む)

American Express(アメリカン・エキスプレス)」は名前の通りアメリカ発の国際ブランドで、短縮して「AMEX(アメックス)」とも呼ばれます。

ブランドシェアは世界で3%くらいで広いわけではありませんが、主に富裕層の人が作るイメージが強いブランド。

その理由は、空港ラウンジ・ホテル・レストランなどでの優待サービスが充実しているから!

決済手段としてというよりも、サービス・ステータス性が特徴の国際ブランドということですね。

提携カードだけではなく自社でプロパーカードも発行しており、

といった一般グレードからプラチナグレードまで取り揃えられています。

また日本ではJCBとの提携もしているため、ごく一部の例外を除き日本国内のJCB加盟店ではAMEXブランドのカードでの決済可能です!

そのため日本では意外と対応範囲が広く使いやすいと言えるでしょう。

Diners Club…世界初の国際ブランドでステータス性が高い!

Diners Club
世界シェア 1%未満
発行の形態 基本的に自社発行のみ
日本で使えるか
世界で使えるか
日本で発行できるか
(プロパーカード・提携カード含む)

Diners Club(ダイナースクラブ)」は世界で最初に生まれた国際ブランド

カードの発行は基本的に自社のみで、American Expressと同じく空港ラウンジ・ホテル・レストランなどの優待が充実し、ステータス性が売りの国際ブランドですね。

日本では三井住友銀行の傘下にある三井住友トラストクラブ がDinersブランドのカード発行業務などを行っています。

日本で発行されるDinersブランドのカードは、

とこのようなものがあり、どれもハイステータスなカードです。

世界シェアは1%未満ですが、日本国内ではJCB加盟店、アメリカではDISCOVER加盟店でそれぞれ使えるので、意外と使い勝手はよくなっています。

また2019年7月から、ダイナースクラブカードダイナースクラブプレミアムカードにそれぞれコンパニオンカードという追加カードサービスがスタートしました。

このコンパニオンカードはMasterCardブランドで発行されMasterCard加盟店で使えることから、ほぼ全世界で使えるようになっています。

なのでDinersブランドの弱点だった加盟店の少なさがほぼ完全に解消されたということになりました。

銀聯(ぎんれん)…中国ではほぼ必須の国際ブランド!

銀聯(ぎんれん)
世界シェア 約13%
発行の形態 自社・提携カードどちらも発行
日本で使えるか
世界で使えるか
(中国国内ではほぼ必須のシェア)
日本で発行できるか
(プロパーカード・提携カード含む)

(三井住友・三菱UFJニコスの2社のみ発行)

銀聯(ぎんれん)」は中国人民銀行系の決済サービス会社が運営するブランドです。

英語圏では「UnionPay(ユニオンペイ)」とも呼ばれ、中国国内・周辺のアジア圏で急速にシェアが増えてきました。

銀行カードにデビットカードとして銀聯ブランドが付与されることから、VISA・MasterCard以上に中国国内では利用可能な範囲が広いです。

また銀聯ブランドはDISCOVERブランドとの加盟店相互解放をしているため、一部例外を除きDISCOVER加盟店で銀聯ブランドでの決済ができます。

日本では三井住友銀聯カードなどごくわずかですが銀聯ブランドのカードを作ることが可能です。

※以下の記事でも銀聯ブランドのカードについて解説しています。

関連記事
カードが使えない!?中国の支払い事情やおすすめクレジッドカード解説!海外旅行・出張などで、中国に行く人は結構多いのではないでしょうか。 海外は日本よりもキャッシュレス決済が浸透しているところも多いで...

DISCOVER…北米で使われる比較的新しいブランド!

DISCOVER
世界シェア 1%未満
発行の形態 自社・提携カードどちらも発行
日本で使えるか
世界で使えるか
日本で発行できるか
(プロパーカード・提携カード含む)

DISCOVER(ディスカバー)」は主に北米で発行される比較的新しい国際ブランドです。

日本では発行する会社がないため、そもそも名前を聞いたことがない人が大半かもしれませんね。

実はDISCOVERはDinersブランドを買収したため、Diners加盟店ではDISCOVERブランドのカードを使うことができます。

またJCBブランド・銀聯ブランドとも加盟店の提携をしているので、JCB加盟店・銀聯加盟店でもDISCOVERカードが利用可能です。

kitamura
kitamura
ただやはり日本で発行できない以上、日本人で必要になるのはアメリカに移住した人くらいかと思われます。

クレジットカードを初めて作るならブランドはVISA・MasterCardがおすすめ!日本国内ならJCBもアリ

クレジットカードの国際ブランドは、作る目的・お得度を考慮した上で作ることになるので、全員にこのブランドがおすすめ!…というのはありません。

ただし初めてカードを作る時、特に使用目的が決まっていない場合はVISA・MasterCardのどちらかを選んでおくのが無難です!

どちらも世界シェアが広く、日本・海外どこでも使える汎用性があるので、利用シーンを選ばず後悔も少ないでしょう。

また日本国内での利用がメインであれば、日本発のJCBブランドも使い勝手がよくおすすめです。

VISA・MasterCard・JCBブランドのどれかが選べて汎用性があるおすすめクレジットカードを3枚ピックアップすると、

← 横にスクロールできます →
カード名
↓タッチで詳しい解説へ
国際ブランド 年会費 基本還元率 貯まるポイント 特徴
39歳以下ならおすすめ!
JCB CARD W
  • JCB
永年無料 1% Oki Dokiポイント
  • 海外旅行傷害保険・ショッピング保険が付帯
  • 家族カード・ETCカードも完全無料
ドコモユーザーにおすすめ!
dカード
  • VISA
  • MasterCard
永年無料 1% dポイント
  • ローソンで決済時の還元率が実質5%
  • dカード特約店でdカードを使うと還元率アップ
楽天ユーザーにおすすめ!
楽天カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
永年無料 1% 楽天ポイント
  • 楽天市場などで決済に使うと常時還元率3%以上
  • 電子マネーの楽天Edy・楽天PayどちらもチャージOK

とこれらのカードが基本還元率1%の高還元率・年会費永年無料のため、初めての1枚におすすめ!

また基本還元率0.5%年会費1,375円掛かりますが、VISA・MasterCardが選べてそこそこのステータス性がある三井住友カードも初めてのクレジットカードに適しています。

クレジットカードの国際ブランドに関連したQ&A

クレジットカードのブランドを変更することはできますか?

クレジットカードのブランドが変更できるのは主にブランド選択ができる提携カード(楽天カードヤフーカードなど)です。

ただしカードによってブランドが変更できるもの、できないものがあるので、カードごとに問い合わせるといいでしょう。

例えば楽天カードの場合、VISA・MasterCard・JCB・AMEXが選べますが、そのまま変更はできないため一旦手持ちのカードを解約して再申し込みが必要です。

クレジットカードの審査を行うのは国際ブランドの会社ですか?

クレジットカードの審査を行うのは、自社発行(プロパー)なら国際ブランドの会社、提携カードの場合はカード発行会社です。

例えば楽天カードの場合、VISA・MasterCard・JCB・AMEXの4ブランドと提携して提携カードを発行しますが、審査は楽天が行います。

クレジットカードのブランドのまとめ!

この記事のまとめ
  • 現在世界では7つの国際ブランドがある
  • プロパーカードと提携カードがある
  • 初めてのクレカはVISA・MasterCardが日本・海外どちらも使いやすくおすすめ!
  • 日本国内での使用ならJCBブランドも初めてのクレカにおすすめ!

今回はクレジットカードの国際ブランドについて、それぞれの特徴などをご紹介しました。

国際ブランドは支払いができるお店の範囲にも関わってくるので、結構悩む人は多いのではないでしょうか。

おすすめの国際ブランドは何を重視するかで変わりますが、日本国内・海外どこでも使いたいという場合はVISA・MasterCardのどちらかを選んでおくと失敗しないはずです。

ただし日本国内での利用ならJCBも汎用性が高いため、VISA・MasterCard・JCBのどれかなら日本全国どこでも使いやすくなっています。

特にJCBブランドならJCBが直接発行するJCB CARD Wというお得なカードがあるので、初めてのカードにおすすめです!


クレジットカードの7ブランドの解説をもう一度見る