今日中もOK!カードローンで10万円を借りる方法と返済の具体例を紹介!

カードローン で10万円を借りる方法
この記事で紹介すること
  • 収入があれば誰でも今日中に10万円借りられる!
  • 10万円を借りるときにおすすめのカードローンは「プロミス」
  • 10万円を1年間で返済した時の利息は「9,894円」

「急な出費で生活費が足りない!」「旅行の予定があるのにお金が無い…」など様々な理由で10万円を借りたい!と悩んでいる人は多いです。

ですが、お金を借りた経験が無いと「そもそもどこで借りればいいの?」「カードローンってすぐに借りられるの?」など悩んでしまいますよね。

結論から言うと、10万円を借りたいならプロミスに申し込んで即日キャッシングを利用するのが最もおすすめの方法です。安定した収入があれば、多くの人が借入できます。

今回の記事では、カードローンで10万円を借りるために必要な条件や・借りる方法・返済の具体例などについて解説していきます。それでは、早速本文に入ります!

カードローンで10万を借りるために必要な条件を解説!

10万を借りるために必要な条件
年齢満20歳~69歳以下
職業正社員
非正規雇用
フリーター
など安定した収入があればOK
年収30万円以上
(50万以上が望ましい)
勤続年数1年以上が望ましい
他社借入年収-他社借入>30万の範囲
その他過去家賃や通信費の支払延滞がなく、信用情報に傷がない

まず始めに、カードローンで10万円を借りるために必要な条件を解説します。カードローンで10万を借りるには、上記表の条件を満たす必要があります。

基本的には、満20歳〜69歳以下で無いとカードローンが利用できません。ただし、利用額が10万円程度でしたら、一部学生ローンは18歳から利用可能です!

職業については、安定した収入があれば非正規雇用やフリーターでもOKです!65歳以上の方で年金を受給されていれば利用出来るカードローンもあります。

一番重要なのが年収で、後述する「総量規制」のために年収が30万円以上ないと10万円を借り入れする事はできません。

他社借入がある場合は、年収-他社からの借入額が30万円以上ある必要があるので注意しましょう!(※ただし、すでに他社借入がある場合は通常より審査通過が難しくなるため、新規借入を行う事はおすすめできません。)

総量規制とは…?

総量規制とは、貸金業法で定められた制度で、貸金業者の貸付可能額を利用者の年収の1/3までに規制する法律です。

過度な借入から消費者を守るために定められた”法律”なので、消費者金融各社は利用者の年収の1/3を超える貸付は絶対にできません。

銀行カードローンは、「貸金業法」ではなく「銀行法」に基づいた融資なので総量規制の規制対象外ですが、各銀行自主規制で利用者の1/3の融資は行わないようになっています。

そのため、カードローンで借入を行う際の借入上限額は自分の年収の1/3となる事を覚えておいてください!

参考:日本貸金業業界

カードローンで10万を借りるための方法を5ステップで解説解説!

カードローンで10万円を借りるための条件について説明できたところで、カードローンで10万円を借りる具体的な方法を解説していきます。

この後から、上記5ステップの方法について詳しく解説していきます。カードローンで10万円を借りようと考えているようでしたら、ぜひ参考にしてください。

カードローンに新規申し込みをする

プロミスの申し込み01

カードローンで10万円を借りるために、まずはカードローンの公式HPから新規申し込みをしましょう!今回は「プロミス」を例にとって申し込み方法を解説します。

カードローンの新規申し込みは、公式HPを開いてすぐ設置されているボタンから行えることがほとんどです。

プロミスの場合は、上記画像のボタンをクリックすれば申し込みページに移動することができます。

ひとまず、検討しているカードローンの公式HPにアクセスして「申し込み」のボタンをクリックしましょう!

必要情報を入力する

プロミスの申し込み方法02

申し込みページにアクセスすることができたら、上記画像の様に自身の情報の入力を求められます。

全ての情報を正しく入力しましょう!特に、年収や他社からの借入情況など嘘の情報を入れても後々バレるので、正しい情報を入れるようにしてください。

必要情報の入力では、次のような情報を求められます。

入力を求められる情報
  • 自分の情報(氏名・生年月日・年収など)
  • 勤務先の情報(業種・部署・社員数など)
  • 契約の希望(借入額やカードの要否など)
  • 他社からの借入情況
  • 世帯情報(婚姻・子供の有無)

基本的に、特に確認せずともすぐに分かる情報かと思うのでどんどん入力してしまいましょう!

勤務先の情報については、会社名や電話番号を間違えなければある程度アバウトでも問題ありません!

借入希望額に10万円と入力する

プロミスの借入希望額の入力欄

必要情報を入力する際に1点注意点があります。借入希望額には、必ず10万円を入力しましょう!

カードローンでお金を借りる方法を調べていると、「枠が縮小される事があるので多めに借入希望額を設けるべき」といった説明がされている事がありますが、そんな事はありません。

特に、大手消費者金融に申し込むなら信用情報を調査した上で信用が足りれば希望額を借入することができます。

逆に、どれだけ大きな希望額を入力しても信用が足りなければ借入はできません。それどころか、審査に落ちる可能性すらでてきます…!

そのため、必要情報の「借入希望額」については純粋に必要な金額を入力することをおすすめします。

カードローンの借入希望額で作成された「借入枠」はCICやJICCの信用情報に記録されます。解約せずに枠を持っている間は、お金を借りていなくても枠の金額分の借入があると見なされます。

そのため、必要以上の借入額を希望して不必要に枠を持つと「クレジットカードの審査に通りにくい」「分割払でローンが組めない」などのデメリットがあるので注意しましょう!

入力内容を確認して申し込み

プロミスの申し込み内容の確認

カードローンの申し込み画面から必要情報を入力することができたら、入力内容を確認していきましょう!

多くの場合、必要情報を入力し終わると「申し込み内容を確認」というボタンが表示されるので、そちらをクリックしましょう!

クリックすると、上記画面のように入力内容を確認する画面に遷移するので、内容に間違いが無いか確認していきましょう!

特に、希望金額や会社情報・電話番号・他社からの借入情況などに誤りが無いように注意して確認してください!

審査に通過したら契約して10万を借入

プロミスで10万円を借り入れる

最後に審査に通過したら、本人確認書類を提出して契約→10万円を借り入れしましょう。

10万円を借りる方法については、カードローンによって異なりますが「専用ATM」「提携ATM」「銀行口座へ直接振り込み」などの方法があります。

一番早くて簡単なのは、契約の電話で振込依頼をかけて銀行口座へ直接振り込みをしてもらう方法です。

多くのカードローンでは、振込依頼をしてすぐに銀行口座にお金が入金されます。これで、ひとまずカードローンで10万円を借りる方法に関する説明は終わりです。

カードローンで10万円を借りた時の利息・返済シミュレーション

回数返済額元金利息残高
19,1587,6751,48392,325
29,1587,7891,36984,536
39,1587,9051,25376,631
49,1588,0221,13668,609
59,1588,1411,01760,468
69,1588,26289652,206
79,1588,38477443,822
89,1588,50865035,314
99,1588,63552326,679
109,1588,76339517,916
119,1588,8932659,023
129,1569,0231330
累計109,894100,0009,8940

カードローンで10万円借りる方法について説明できたところで、カードローンで10万円を借りたときの利息や返済額のシュミレーションを確認しておきましょう!

今回は、10万円を年利17.8%で借りて1年で返すと仮定した場合の利息と返済金額をシュミレーションしてみます。上記表が、シュミレーションの結果ですね。

利息については、月当たり1,483円から始まって元金の返済が進むにつれて安くなっていきます。12回で全額返済した際の利息は9,894円です!

月々の返済額については、9,000円弱となります。年利18%前後と聞くととても高く感じますが1年間で返済するなら、そこまで気にはならないかと思います。

ただし、返済期間が2年〜3年と伸びていくと返済額が安くなる分利息の総支払額は高くなるので注意してください!

カードローンで10万を借りる時におすすめのサービス5選!

最後に、カードローンで50万円を借りる時におすすめのサービスを5つ紹介しておきます。

結論から言うと、カードローンで50万円を借りるなら大手消費者金融5社の中で上限金利が最も低い「プロミス」がおすすめです!

この後から、おすすめのカードローン厳選5社を最もおすすめのプロミスから順に1社ずつ紹介していきます。ぜひ、参考にしてください。

プロミス

プロミス

プロミスの基本情報
実質年率(金利)4.5%~17.8%
融資限度額最大500万円
審査時間最短で30分
融資までのスピード最短即日融資(最短で30分)
担保・保証人不要
返済方式残高スライド元利定額返済方式
総合評価 4.5

カードローンで10万円を借りる時に最もおすすめのサービスが、大手消費者金融の「プロミス」です。

プロミスは、上限金利が17.8%と大手の中では低めに設定されている事が特徴です。

また、24時間振込可能な金融機関の口座を持っていれば、申込み完了後に最短10秒でお金が振り込まれる「瞬フリ」など消費者金融ならではの機能も充実しています。

大手消費者金融5社の中では、金利面・サービス面で優れた点が多く「プロミスを選べば間違いない」と言っても過言ではありません。

10万円がすぐに必要!という場合は、ぜひプロミスへの申し込みを検討してください。

プロミスで金利を抑えて10万円を借りる!

アイフル

アイフル

アイフルの基本情報
実質年率(金利)3.0%~18.0%
融資限度額最大800万円
審査時間最短で30分
融資までのスピード即日融資(最短1時間後)
担保・保証人不要
返済方式借入後残高スライド元利定額リボルビング返済
総合評価 5.0

カードローンで10万円を借りるときに2番目におすすめのサービスは、大手消費者金融の「アイフル」です。アイフルは、親身で丁寧な対応に定評があります。

また、公式HPに「原則として職場や自宅への電話連絡はなし」と明記されている点も特徴です。在籍確認の電話を気にしているようでしたら、アイフルを選びましょう。

振込スピードに関しても、最短即日融資に対応しており他のカードローンに劣ることはありません。

すぐに10万円が必要だけど在籍確認の電話が気になる!という場合はアイフルの申し込みをしましょう!

アイフルで今すぐ10万円を借りる!

オリックス・クレジット VIPローンカード

オリックスクレジットローンカードの画像

オリックス・クレジットVIPローンカードの基本情報
実質年率(金利)1.7%~17.8%
融資限度額最大800万円
審査時間最短即日審査
融資までのスピード最短即日(60分)で融資可能
担保・保証人不要
返済方式残高スライドリボルビング返済 or 元利込定額リボルビング返済
総合評価 4.5

カードローンで10万円を借りるときに、3番目におすすめなのが消費者金融の「オリックス・クレジットVIPローンカード」です。

オリックスクレジット・VIPローンカードの特徴は、プロミスと同様消費者金融の中では上限金利が低めに設定されている点です。

また、オリックスレンタカーなどオリックス系列のサービスを利用する際に提示すると割引きなどの特典が受けられることも特徴です

そのため、オリックス系のサービスを利用する頻度が多いようでしたらオリックス・クレジットVIPローンカードに申し込みましょう!


オリックス・クレジットVIPローンカードの公式HPを見る

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンのイメージ画像

楽天銀行スーパーローンの基本情報
実質年率(金利)1.9%~14.5%
融資限度額最大800万円
審査時間数日間程度(土日祝日を挟む場合)
融資までのスピード数日間程度
担保・保証人不要
返済方式残高スライドリボルビング返済
総合評価 4.5

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行株式会社が提供する銀行カードローンです。消費者金融と比較して、即日融資はできませんが銀行ならではの金利が魅力的です。

また、「入会と利用で楽天ポイントが貰える」「楽天会員ランクに応じて審査優遇を受けられる事もある」など楽天ならではの特典も用意されています。

カードローンのスペック面で他の銀行カードローンに大きく劣ることもありませんし、楽天をよく利用するなら検討すべきカードローンです。

10万円を借りたくて楽天系のサービスを利用することが多いようでしたら、ぜひ楽天銀行スーパーローンの利用を検討してみてください。

楽天銀行スーパーローンの詳細ページをチェック

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンの基本情報
実質年率(金利)借り換えコース:1.7%~12.5%、誰でもコース:2.1%~17.4%
融資限度額最大800万円
審査時間数日間程度
融資までのスピード数日間程度
担保・保証人不要
返済方式不明
総合評価 4.0

auじぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資で立ち上げたauじぶん銀行が提供しているカードローンです。

一番の特徴は銀行ならではの金利ですが、その他にもauユーザーが金利優遇を受けられるなどの特徴があります。

また、時期によってはカードローンの契約でPontaポイントを受け取れる事もあります。

auユーザーで、10万円の借り入れを検討しているようでしたら「auじぶん銀行カードローン」の利用も検討してみてください!

auじぶん銀行カードローンの公式HPを見る

まとめ

今回の記事のまとめ
  • カードローンで10万円を借りるなら満20歳以上69歳以下なことが条件!
  • 安定した収入があれば非正規雇用やフリーターでも申し込みOK!
  • 総量規制があるので、年収は最低でも30万円は必要!
  • カードローンで10万円を借りるなら「プロミス」が最もおすすめ!

今回の記事では、カードローンで10万円を借りるために必要な条件や実際に借りる方法などについて解説してきました。

カードローンで10万円を借りるなら、最低限満20歳以上69歳以下である必要があります。また、非正規雇用やフリーターでも良いので安定した収入がある必要もあります。

総量規制という法律があるので、年収から他社借入額を引いた金額で年間30万円以上収入がある必要があります。審査の事を考えると、50万〜100万あると理想です。

もし、上記条件を満たしていてカードローンで10万円を借りたいなら、大手消費者金融の「プロミス」が最もおすすめです!

プロミスについて気になるようでしたら、プロミスについて詳しく解説している項目をもう一度チェックしてみて下さい!


プロミスの紹介をもう一度見る!