カードローンの申し込み方法は?初めてでも安心な申し込みの手順も解説!

カードローンに申し込みたいけれど、どうやって申し込んでいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

カードローンのコマーシャルはテレビやネットでよく見かけますが、実際の利用方法まではわからないものです。

こちらでは、利用が初めての方でも、迷わず申し込めるようにカードローンの申し込み手順をご紹介していますので是非ご確認ください。

カードローン 5つの主な申し込み方法

カードローンの申し込み方法は各社様々な方法を取り入れていますが主な方法は5つです。どの申し込み方法を採用しているかは会社によって異なります。

呼び方は異なっても、基本的な技術や操作性は同じようなものについては、まとめてご紹介します。

インターネット(公式アプリ)

メリットデメリット
  • 誰にも会わずに申し込める
  • PCやスマホがあれば申し込める
  • 24時間いつでも申し込める
  • どこにいても申し込める
  • ゆっくり申込フォームに書き込める
  • 送信前なら申込内容を修正できる
  • 必要書類もネットで提出できる場合がある
  • 字の書き方を気にする必要がない
  • ネットに繋がっていないと申し込めない
  • PCやスマホがないと申し込めない
  • PCやスマホが苦手だと時間がかかる

ほとんどのカードローンはインターネット回線を利用して、PCやスマホから申し込むことができます。

ネットにさえ繋がっていれば、誰にも顔を合わせずいつでもどこからでも申し込めるので、とても便利です。

申込書は書き込む内容も多いので時間を気にせず申込書に書き込めるのは、忙しい方にも申し込みやすくなています。

紙の申込書だと文字の書き間違えや、自分の文字の読みやすさなども気になりますが、ネット申し込みなら気にする必要がないのもいいですね。

misae
misae
手軽な申し込み方なので、一番おすすめです!

郵送

メリットデメリット
  • 誰にも会わずに申し込める
  • PCやスマホが苦手でも申し込める
  • 時間を気にせずゆっくり書き込める
  • 郵送の時間がかかる
  • 申込書と一緒に必要書類も提出できる場合がある
  • ネットか電話で書類を取り寄せなくてはいけない
  • 記入を間違うと訂正が面倒
  • 郵便を出しに行かないといけない

カードローンは、郵送で申し込めるものもあります。

郵送するための申込書はネットか電話で取り寄せる必要があります。取り寄せ、郵送して申し込むので数日の猶予が必要です。

ただ、紙に書き込むので、自分のペースで書き込んでから郵送することができます。

PCやスマホで申込内容を打ち込むのが苦手な場合にはおすすめですが、手で書くのは意外と手間がかかります。

misae
misae
紙に書いて郵送するので、数日かかることは覚悟しておきましょう。

電話

メリットデメリット
  • 誰にも会わずに申し込める
  • 電話するだけで申し込める
  • 電話の受付時間が限られる
  • 申込内容を電話で伝えるため通話時間が長くなる
  • 必要書類は郵送などで提出する必要がある

カードローンは電話だけで申し込める場合もあります。

自宅から、電話するだけで誰にも会わずに申し込むことができますが、電話の受け付け時間が限定されます。

また、申し込み内容を全部口頭で伝えなくてはいけないため、申込電話がとても長くなるのが通常です。

そのため、長電話に耐えられる方におすすめです。

misae
misae
電話一本で申し込めるのは手軽ですよね。

店頭窓口

メリットデメリット
  • 対面なのでこちらに合わせて進めてくれる
  • 店舗まで出向かないといけない
  • 他の人に顔をあわせる可能性がある

カードローンは店頭窓口でも申し込みが可能です。

店舗までいく必要がありますが、対面で申し込みができるため、話をしながら申し込みをすすめることができます。

そのため、心配なことや疑問、効率的な借り方や返し方などアドバイスをもらうことができます。

店舗に直接行って申し込みをする場合には、必要書類(本人確認書類・収入証明書類)を持って行きましょう。

misae
misae
担当者と対面の方が安心という方におすすめです。

自動契約機(ATM契約機)

メリットデメリット
  • 誰にも会わずに申し込みできる
  • ネットで予約しておけばその場でカードを受け取れる
  • 受付時間が決まっている
  • 無人契約機のあるところまでいかないといけない
  • 無人契約機に入ると目立つ場所もある

カードローンには「自動契約機」や、「提携ATMなど」で人と会わずに申し込める契約機もあるんです。

「自動契約機」は、手続きが始まるとドアがロックされて、他の人が入ることはできないので、契約時に他の人と会うことはありません。

通信回線を使ってオペレーターと繋がっているので完全に無人ではありませんが、スタッフに対面せずに申し込めます。

misae
misae
いまの時代ですから、直接スタッフに会わないのはいいですね。

カードローン申し込み前に注意すること

クレジットカードの申し込みをしようとしたら、その前にこの2つのことに注意してください。

ここに注意するだけで、融資を受けやすくなったり、早く受けられたりしますよ。

カードローン申し込みに利用する必要書類を揃える

必要書類書類例
本人確認書類
  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード・特別永住者証明書等
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 住民票の写し
  • 各種健康保険証
収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 課税証明書
  • 給与明細書
  • 納税通知書

カードローンに申し込む際には必ず提出する必要書類があります。

必要書類には「本人確認書類」と「収入証明書類」がありますが、「収入証明書類」は借入が50万円を越える場合にのみ必要となります。

「本人確認書類」は上記の中から2枚が必要になる場合もありますが、全部を揃える必要はありません。

また、「本人確認書類」も「収入証明書類」も、上記のものが揃わなくても他の書類で代用できることもありますので、揃わない場合にはスタッフに相談してくださいね。

misae
misae
書類は必ず必要になりますので、早めに揃えておきましょう。

カードローンの審査が不安でも複数の会社に申し込まない!

カードローンの審査が不安でも同時に複数の会社に申し込まないようにしましょう。

短期間に複数の金融機関へ申し込みを行うと、逆に審査に通りにくくなる「申し込みブラック」になります。

また、1ヶ月〜6ヶ月に3社申し込んでも「申し込みブラック」と、みなされると言われています。

短期間に複数の会社に申し込みを行うことで、「お金が借ることができない人」「返済能力がない人」と見られてしまうんですね。

misae
misae
1社の審査に落ちてしまった場合には、2社目は中小規模の消費者金融のカードローンに申し込むと通りやすいですよ。

カードローンの申し込み手順

こちらでは、カードローンの申し込み手順を「プロミス」を例にとってご紹介します。

申し込みは、手軽なパソコンやスマホを利用してくださいね。

パソコンやスマホで公式サイトにアクセスして申し込む

パソコンやスマホの申し込み手順
  1. プロミスの公式サイトにアクセスします
  2. 注意点に目を通してください
  3. 個人情報・自宅情報を入力します
  4. 勤務先情報を入力してください
  5. 書面の受け取り方法などを指定します

まずは、トップページにアクセスし、申し込み手続きを始めましょう。

プロミスは、パソコンやスマホでアクセスすると、即日融資を受けることも可能です。

❶ プロミスの公式サイトにアクセスします

プロミスの公式サイトにアクセスし、「今すぐお申し込み」ボタンを選択します。

❷ 注意点に目を通してください

申し込みの前に注意点に目を通しておきましょう。

❸ 個人情報・自宅情報を入力します

入力項目は「氏名」「生年月日」「性別」「家族構成」「子供の有無」「電話番号」「運転免許証交付の有無」「郵便番号」「自宅住所」「お住まいの種類」です。

❹ 勤務先情報を入力してください

「雇用形態」「勤務先名」「郵便番号」「勤務先住所」「所属部署」「社員数」「最終学歴」「入社年月」「税込年収」「健康保険証の種類」「業種」「職種」を入力しましょう。

❺ 書面の受け取り方法などを指定します

面の受け取り方法などを指定し、問題なければ「同意して入力内容を確認」ボタンを選択して申し込みは終了です。

misae
misae
入力項目も意外とシンプルで申し込みやすそうですね。

一次審査(事前審査):申し込み条件との確認がされる

連番項目内容
1申込内容の確認申し込みフォームに記載した内容が条件に合うかの確認がされます。
2金融事故の確認過去に、延滞・債務整理・自己破産・法的債権回収がないかが確認されます。

一時審査では、申込書に書き込んだ内容が融資条件に合っているかの確認がされます。

申し込み内容に問題がなければ、金融事故情報が登録されていないかの審査になります。

金融事故があると信用情報にキズが付き、融資を受けられなくなることがあるので注意しましょう。

misae
misae
特に大手のカードローンの場合には金融事故があると一律で審査に落とされてしまうことがあります。

二次審査(本審査):本人確認書類を提出し在籍確認が行われる

プロミスへの申し込みで必要な書類
本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票
収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書+賞与明細書

融資の条件が通ったら、次に必要書類の提出と在籍確認が行われます。

必要書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」です。「収入証明書類」は融資額によって不要な場合もあります。

提出する書類の種類は会社によって異なりますが、書類によって1〜2種類となることが多いようです。

なお、上記に書かれた書類が揃わない場合には、別の書類で代用できる場合もあるので、スタッフに相談してみましょう。

misae
misae
必要書類はどこのローンでも必要なので、申し込み時に早めに揃えておきましょう。

審査結果の連絡後・正式な契約手続きを行う

プロミスとの契約方法契約に必要な手続き
WEB契約オンライン上で契約書類を提出し契約する
来店契約自動契約機や店頭窓口で契約書類に署名し契約する
郵送契約送られてきた契約書類に署名・返信し契約する

プロミスには「WEB契約」「来店契約」「郵送契約」の3つの契約方法があります。

他のカードローンでも、同様の契約方法が設定されていることが多いです。

審査に通ったら、契約方法を選んで契約をしましょう。急ぐ場合には「WEB契約」や「来店契約」がおすすめです。

misae
misae
店頭契約だと契約したその場でカードが手渡しされますよ。

カードが発行され借り入れが可能になる

プロミスの借入方法必要な手続き
インターネットインターネットから借入の申請を行う
プロミスコール平日9時~18時にオペレーターを通してキャッシングする
店頭窓口平日の10時~18時にお客様サービスプラザに足を運ぶ
プロミスATM全国のプロミスATMから手数料無料で借り入れる
提携ATMプロミスのステッカーのある提携ATMで借り入れる
銀行振込指定口座にお金が振り込まれる

通常であれば、カードが発行されてカードローンが利用できるようになります。プロミスでは上記6種類の方法で借入をすることができます。

大手のカードローンでは様々な借入方法がありますが、一般的には「銀行振込」「店頭窓口」「提携ATM」の利用ができる会社が多いです。

また、ローンカードを発行せずに、スマホアプリをカード代わりに利用できる会社もあります。

スマホアプリがカード代わりになることで、発行のための時間を待つ必要がなくなるんですね。

misae
misae
カードなしで借り入れできるカードローンなんて進化していますね。

申し込みがしやすいカードローン 5選

← 横にスクロールできます →
カードローン金融庁登録(登録番号)申し込み方法審査時間融資までのスピード融資限度額実質年率(金利)返済方法
プロミス
関東財務局長(13)第00615号
  • インターネット
  • 郵送
  • 電話
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
最短で30分最短即日融資(最短で30分)500万円4.5%~17.8%
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • プロミスのお客様サービスプラザ
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • コンビニエンスストアのマルチメディア端末
  • 銀行振込
アイフル
関東財務局長(7)第01262号
近畿財務局長 (13)第00218号
  • インターネット
  • スマホアプリ
  • 電話
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
最短で30分最短即日融資(最短で1時間後)800万円3.0%~18.0%

  • スマホアプリ(セブン銀行ATM)
  • アイフルATM
  • 提携先ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 銀行振込
レイクALSA
レイクALSAのイメージ画像
広島県知事(2)第02723号
  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機
最短15秒最短1時間500万円4.5%~18.0%

  • インターネット返済
  • 新生銀行カードローンATM
  • 自動引き落とし
  • 提携ATM
  • 銀行振込
楽天銀行スーパーローン
東京都知事(4)第31211号スマホアプリ数日間程度(土日祝日を挟む場合)数日間程度800万円1.9%~14.5%

  • インターネット返済
  • 提携ATM
  • 銀行振込
みずほ銀行カードローン
関東財務局長(登金)第6号インターネット2営業日~3営業日数日間程度800万円2.0%~14.0%

  • ATM
  • みずほダイレクト

おすすめのカードローンを、「審査時間」「融資までのスピード」「金融庁への登録の有無」「融資限度額」「返済方法」でまとめてみました。

それぞれの、カードローンのもう少し詳しい特徴を下にご紹介します。あなたに会うカードローン探しの参考にしてくださいね。

プロミス

プロミスカードローンの基本情報
サービス名プロミスカードローン
会社名SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
郵便番号〒104-0061
住所東京都中央区銀座四丁目12番15号
電話番号0120-24-0365
登録番号関東財務局長(13)第00615号
実質年率(金利)4.5%~17.8%
融資限度額最大500万円
審査時間最短で30分
融資までのスピード最短即日融資(最短で30分)
無利息期間借入日から30日間
返済方式残高スライド元利定額返済方式
申し込み方法
  • インターネット
  • 郵送
  • 電話
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
返済方法
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • プロミスのお客様サービスプラザ
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • コンビニエンスストアのマルチメディア端末
  • 銀行振込

プロミスはテレビなどのCMも見る有名な会社ですよね。

申し込み方法も返済方法もたくさんあって、それぞれに利用しやすい方法が1つは見つかるはずです。

融資限度額は500万円と、特に高額なわけではありませんが、金利は低めに設定されていますよ。

審査も最短30分と早く、最短即日融資のため急ぎで融資が必要な方にもおすすめです。

一般的には高い融資額に対して低い金利となるのですが、プロミスではそれほど高い融資額ではないのに、低い金利となっています。

misae
misae
お近くに提携ATMなどの設備が全国にあって、とても使いやすいですよ。


プロミスの公式HPを見る

アイフル

アイフルキャッシングローンの基本情報
サービス名アイフル キャッシングローン
会社名アイフル株式会社
郵便番号〒600-8420
住所京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
電話番号0120-201-810
登録番号関東財務局長(7)第01262号
近畿財務局長 (13)第00218号
実質年率(金利)3.0%~18.0%
融資限度額最大800万円
審査時間最短で30分
融資までのスピード最短即日融資(最短で1時間後)
無利息期間30日間
返済方式借入後残高スライド元利定額リボルビング返済
申し込み方法
  • インターネット
  • スマホアプリ
  • 電話
  • 店頭窓口
  • 自動契約機
返済方法
  • スマホアプリ(セブン銀行ATM)
  • アイフルATM
  • 提携先ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 銀行振込

アイフルは消費者金融のカードローンですが、銀行の傘下に入らず自らの力だけで営業する「独立消費者金融」です。

申し込み方法や返済方法もたくさんあり、誰でも必ず利用しやすい方法が見つかります。

なお、融資限度額は800万円とカードローン会社の中でもかなりの高額です。

審査は最短30分で、融資は最短で1時間と急いで融資を受けたい人にもおすすめになります。

misae
misae
とにかく急いで融資が必要という方にも安心です。


アイフルの公式HPを見る

レイクALSA

レイクALSAのイメージ画像
レイクALSAの基本情報
サービス名レイクALSA
会社名新生フィナンシャル株式会社
郵便番号〒101-0021
住所東京都千代田区外神田三丁目12番8号
電話番号0120-09-09-09
登録番号広島県知事(2)第02723号
実質年率(金利)4.5%~18.0%
融資限度額最大500万円
審査時間最短15秒
融資までのスピード最短1時間
無利息期間60日間or180日間
返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式
申し込み方法
  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機
返済方法
  • インターネット返済
  • 新生銀行カードローンATM
  • 自動引き落とし
  • 提携ATM
  • 銀行振込

レイクALSAは、審査時間は最短15秒!最短1時間で融資が受けられるというスピード融資が自慢です。

融資上限額は500万円で、金利は18%と低めの設定になっています。また、60日間または180日間の無利息期間を選ぶことができます。

また、返済方法は自動引き落としもできるので、返済し忘れを防ぐことができるんです。

misae
misae
自動引き落としは、返済し忘れが防げるので安心ですよね。


レイクALSAの公式HPを見る

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの基本情報
サービス名楽天銀行スーパーローン
会社名楽天銀行株式会社
郵便番号〒108-0075
住所東京都港区港南2-16-5 NBF品川タワー
電話番号0120-720-115
登録番号東京都知事(4)第31211号
実質年率(金利)1.9%~14.5%
融資限度額最大800万円
審査時間数日間程度(土日祝日を挟む場合)
融資までのスピード数日間程度
無利息期間なし
返済方式残高スライドリボルビング返済
申し込み方法スマホアプリ
返済方法
  • インターネット返済
  • 提携ATM
  • 銀行振込

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が運営しているカードローンです。

銀行のカードローンのため、審査や融資までの時間はかかりますが、金利が1.9%~14.5%とネット銀行ならでは低さが魅力的です。

融資上限額も800万円と高く、インターネット返済も利用できるなど、手軽さが魅力です。

ただし、申し込みは公式アプリからのみ、返済はネットや提携ATM、銀行振込もできるので返済には困りませんね。

misae
misae
申し込みはアプリからのみですが、簡単にダウンロードできますよ。


楽天銀行スーパーローンの公式HPを見る

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの基本情報
サービス名みずほ銀行カードローン
会社名株式会社みずほ銀行
郵便番号〒100–8176
住所東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)
電話番号0120–324–555
登録番号関東財務局長(登金)第6号
実質年率(金利)2.0%~14.0%
融資限度額最大800万円
審査時間2営業日~3営業日
融資までのスピード数日間程度
無利息期間なし
返済方式残高スライド方式
申し込み方法インターネット
返済方法
  • ATM
  • みずほダイレクト

みずほ銀行カードローンは、審査や融資までには時間がかかりますが、融資上限金額が800万円までと高額です。

さらに、金利が「2.0%~14.0%」と低い上に、みずほ銀行の住宅ローンを利用していると、さらに0.5%引き下げてもらえます。

また、みずほ銀行やイオン銀行のATM手数料0円という特典もあるんです。

申し込みがインターネットからのみです。PCやスマホをよく利用する方におすすめです。

misae
misae
老舗の銀行というのも安心感がありますね。


みずほ銀行カードローンの公式HPを見る

カードローンの申し込みまとめ

  • カードローンは金融庁に登録されている会社のものを選びましょう
  • 融資条件だけでなく申し込み方法や返済方法も考慮しましょう
  • カードローン申し込み時には必要書類を用意しておきましょう
  • 審査に通るか不安でも複数の会社への同時申し込みはしてはいけません
  • 1社の審査に落ちた場合には、中小規模の審査に通りやすい会社を選びましょう

まず、カードローンを選ぶ場合には、金融庁に登録されている安全な会社を選びましょう。

また、カードローンは、融資条件だけでなく申し込み方法や返済方法なども考慮して選定します。

カードローンを申し込む際には、どの会社でも必ず「必要書類」を利用しますので、早めに準備しておきましょう。

また、同時に複数社に申し込んだり、短期間に3社以上に申し込むと「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり審査に通らなくなりますので、絶対にやめましょう。