【15社比較!】総量規制対象外のカードローンのおすすめランキングTOP5!

既にカードローンを利用していて、「限度額いっぱいでもう借りられない…」と悩んでいる方はいませんか?

大手の消費者金融では年収の3分の1までしか借りられない総量規制と呼ばれる法律がありますので、年収が300万円の方は限度額が100万円になる計算ですね。

しかし、総量規制対象外のカードローンを選べば、自分の年収の3分の1以上でも借り入れることができます。

この記事では、総量規制対象外のカードローン15社を比較し、特におすすめのサービスをランキング形式でまとめました。

「総量規制って一体何なの?」と疑問を抱えている方も参考にしてみてください。


総量規制対象外のカードローンランキング!

Contents

総量規制とは?総量規制対象外のカードローンについて簡単に解説!

← 横にスクロールできます →
総量規制に関する概要
総量規制とは? 債務者が自分の年収の3分の1以上を借り入れできない規制
総量規制の目的 借金の上限を設けて消費者の生活破綻や多重債務を防ぐため
総量規制の対象 「消費者金融からの融資」「信販会社のフリーローン」「クレジットカードのキャッシング枠」
総量規制の対象外 「銀行系カードローン」「信用金庫や信用組合」「労働金庫」「クレジットカードのリボ払い」

カードローンやキャッシングサービスを利用するに当たり、総量規制に関する知識を頭に入れておかないといけません。

わかりやすく解説すると、総量規制とは貸金業者から借りられるお金の上限を規制する法律!

yusuke
yusuke
下記の図を見ればわかる通り、年収を基準にして3分の1を超える個人への貸付けは総量規制で原則的に禁止されています。
総量規制とは?(日本貸金業協会)

当時は法に触れないギリギリの年率20%~29.2%で上限なく融資をしていましたが、自己破産する人が増えた理由で国から規制を受けました。

総量規制の対象になるのは消費者金融系のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠が代表的で、原則的に個人の収入に合わせた貸付けが行われていますよ。

一方で、次の3つに当てはまる取引は総量規制対象外です。

  • 融資を受ける対象が銀行
  • 個人ではなく法人としての取引
  • クレジットカードのショッピング枠(リボ払い)

例えば、メガバンクや地方銀行などの銀行系カードローンは総量規制対象外ですので、年収の3分の1以上を借り入れることができます。

yusuke
yusuke
銀行系カードローンが総量規制対象外という点は、日本貸金業協会の公式サイトで次のように記載されていました。
総量規制の対象となる貸付けは、貸金業者の貸付けです。したがって、貸金業者に該当しない銀行などが行うローンや、信販会社の販売信用(ショッピングクレジット)は総量規制の対象にはなりません。

いくらでもお金を貸してくれるわけではありませんが、急な出費で年収の3分の1以上を借り入れたい方は、総量規制対象外の銀行系カードローンの利用を検討しましょう。

総量規制対象外のカードローン15社を4つの項目で徹底比較!

← 横にスクロールできます →
カードローン 総量規制対象外 金利(実質年率) 融資限度額 月々返済額 おすすめ度
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 最大800万円 5,000円~ 5.0
りそな銀行カードローン 3.5%~13.5% 最大800万円 10,000円~ 4.5
アイフルおまとめMAX 3.0%~17.5% 最大800万円 4,000円~ 4.5
住信SBIネット銀行カードローン 1.59%~14.79% 最大1,200万円 2,000円~ 4.0
プロミスのおまとめローン 6.3%~17.8% 最大300万円 1,000円~ 4.0
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 最大500万円 1,000円~ 3.5
新生銀行スマートカードローン 4.5%~14.8% 最大500万円 2,000円~ 3.5
アコムの借り換え専用ローン 7.7%~18.0% 最大300万円 1,000円~ 3.0
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大800万円 2,000円~ 3.0
横浜銀行カードローン 1.5%~14.6% 最大1,000万円 2,000円~ 2.5
静岡銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大500万円 2,000円~ 2.5
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円 1,000円~ 2.5
みずほ銀行カードローン 1.5%~14.0% 最大800万円 2,000円~ 2.0
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 最大800万円 1,000円~ 2.0
ジャパンネット銀行カードローン 1.59%~18.0% 最大1,000万円 3,000円~ 2.0

上記の15社は、総量規制対象外の銀行系カードローンや消費者金融のおまとめローンです。

年収の3分の1以上の貸付けができる点では一緒でも、カードローンによって「金利(実質年率)」「融資限度額」「月々返済額」には違いあり!

自分の目的に合う総量規制対象外のカードローンを選ぶには、様々な項目で比較しないといけません。

ただし、銀行系カードローンでも現在では自主的に総量規制を行っていることがありますので、必ずしも年収の3分の1以上を借りられるわけではないと心得ておくべきですね。

yusuke
yusuke
どのくらいの限度額で借り入れができるのか、カードローンの審査を受けてみましょう。

総量規制対象外のカードローンの選び方4つ!

総量規制対象外のカードローンを選ぶに当たり、上記の4つは事前に押さえておきたいポイントです。

自分の目的に合うのかどうかは、カードローンの選び方で最も大切だと言っても過言ではありません。

yusuke
yusuke
「どのカードローンを利用すれば高額借り入れができるの?」と疑問を抱えている方は要チェックです。

1:消費者金融ではなく銀行系カードローンを選ぶ!

キャッシングサービス 銀行系カードローン 消費者金融
提供している会社 メガバンクや地方銀行 大手消費者金融や中小消費者金融
対象となる法律 銀行法 貸金業法
上限金利の目安 実質年率15.0%前後 実質年率18.0%前後
利用限度額の上限 年収の2分の1~3分の1 年収の3分の1まで
審査のスピード 最短で翌営業日 最短で即日

キャッシングサービスは、銀行系カードローンと消費者金融の2つに大きくわけられます。

総量規制対象外のカードローンをお探しの方は、消費者金融ではなく銀行系カードローンを選びましょう。

それは消費者金融が貸金業法の総量規制の対象なのが大きな理由ですね。

プロミスやアコムなどの大手消費者金融は、利用者に対して総量規制を超える貸付けを一切行っていません。

yusuke
yusuke
つまり、年収の3分の1以上の金額を借り入れたい方は、必然的に銀行系カードローンを選ぶ必要があります。

Twitterの口コミを見てみると、「銀行系カードローンは借り入れが出来過ぎてしまうのが問題」と考えている方がいました。

しかし、どの銀行系カードローンも対象者の限度を超えた貸付けを行うことはありませんので安心してください。

2:融資限度額が高いのかどうかで比較する!

銀行系カードローン 融資限度額
住信SBIネット銀行カードローン 最大1,200万円
横浜銀行カードローン 最大1,000万円
りそな銀行カードローン 最大800万円
三井住友銀行カードローン 最大800万円
楽天銀行スーパーローン 最大800万円
三菱UFJ銀行カードローン 最大500万円

同じ銀行系カードローンでも、上記のように銀行によって融資限度額には違いあり!

総量規制対象外のカードローンで高額借り入れを検討しているのであれば、融資の限度額の高さで比較すべきです。

例えば、年収が3,000万円以上でも、三菱UFJ銀行カードローンでは最大500万円までしか借り入れることができません。

もし住信SBIネット銀行カードローンに申し込めば、年収の3分の1を超える1,000万円以上を借りられる可能性はあります。

yusuke
yusuke
もちろん、銀行系カードローンの審査で自分が想像しているよりも限度額が低く設定されるケースもありますので注意しましょう。

3:金利(実質年率)が低いかどうかで比較する!

横浜銀行カードローンの融資限度額 適用される金利(実質年率)
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.5%

横浜銀行カードローンを例に挙げてみると、融資限度額が高ければ高いほど金利が低くなります。

総量規制対象外のカードローンで高額借り入れを行うに当たり、低金利でお金を借りられるのがメリットですよ。

つまり、金利が低いのかどうかは総量規制対象外のカードローンの選び方で押さえておきたいポイント!

上限金利が高く設定されている銀行系カードローンでも、高額借り入れができるほど年収が高い人は下限金利で融資を受けられます。

yusuke
yusuke
上記の15社比較表を参考にして、どの総量規制対象外のカードローンの金利が低いのか確かめておきましょう。

※低金利のおすすめのカードローンランキングについてはこちら!

関連記事
【25社比較!】金利が安い低金利カードローンのおすすめランキングTOP10!「お金を借りたいけど金利の安いカードローンが良い!」と考えるのは普通ですよね。 金利が低ければ低いほど、利息の負担を抑えて融資を受...

4:おまとめローンを用意しているサービスを選ぶ!

おまとめローンの3つのメリット!
  • 借り入れの金利が低くなってトータルで支払う利息額が減る
  • 毎月の返済額を調整して返済の負担を減らせる
  • 返済日の統一で支払い忘れのリスクを回避できる

おまとめローンとは借金一本化のことで、複数の借り入れ先を1社のカードローンやキャッシングサービスにまとめることを指します。

2社や3社から借り入れている状態と比べてみると、おまとめローンは金利や返済の負担を減らせるのがメリットです。

yusuke
yusuke
総量規制対象外のカードローンを探している方は、おまとめローンを用意しているのかどうかでサービスを比較しましょう。

年収の3分の1までしか借りられない総量規制は、次のように除外と例外の貸付けがあります。

総量規制について
総量規制の除外
  • 不動産購入のための貸付け
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券を担保とする貸付け
  • 不動産を担保とする貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け
総量規制の例外
  • 顧客に一方的に有利となる借換え
  • 借入残高を段階的に減少させるための借換え
  • 緊急に必要と認められる医療費を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 新たに事業を営む個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

参考資料総量規制の除外貸付けや例外貸付けに分類される契約(日本貸金業協会)

消費者金融が展開しているおまとめローンは、「顧客に一方的に有利となる借換え」に該当しますので、総量規制の例外で年収の3分の1以上でも契約できます。

yusuke
yusuke
ただし、おまとめローンは他社借入の合計額が融資上限額になる返済専用の金融商品ですので、新たな借り入れはできないと心得ておきましょう。

総量規制対象外のカードローンのおすすめランキングTOP5!

総量規制対象外のカードローンのおすすめランキングTOP5!

ここでは、総量規制対象外のおすすめのカードローンをランキング形式で5社紹介しています。

「どのカードローンに申し込んで借りれば良いの?」と選び方で迷っている方は参考にしてみてください。

楽天銀行スーパーローン【金利50%OFFキャンペーンあり!】

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの基本情報
サービス名 楽天銀行スーパーローン
会社名 楽天銀行株式会社
電話番号 0120-730-115(平日の9時~17時まで)
実質年率(金利) 1.9%~14.5%
融資限度額 最大800万円
審査時間 数日程度
融資までのスピード 数日程度
返済方式 残高スライドリボルビング返済
返済の方法 「提携ATM」「インターネット」「銀行振込」
毎月の最低返済額 借入残高が10万円以下で2,000円~
総合評価 5.0

楽天銀行スーパーローンは、総量規制対象外の代表的な銀行系カードローンです。

楽天銀行スーパーローンと契約し、年収の2分の1のお金を借りられたとの実例はあります。

高額借り入れでは利息の負担が大きくなりますが、楽天銀行スーパーローンは1.9%~14.5%と低金利ですので安心!

しかも、現在では通常の金利の半額で借り入れられる金利50%OFFキャンペーンが実施されています。

yusuke
yusuke
大手のネット銀行から提供されているカードローンという安心感もありますので、楽天銀行スーパーローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。


楽天銀行スーパーローンの公式HPを見る

りそな銀行カードローン【低金利で借り入れOK!】

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンの基本情報
サービス名 りそな銀行カードローン
会社名 株式会社りそな銀行
電話番号 0120-25-8156(平日の10時~17時まで)
実質年率(金利) 3.5%~13.5%
融資限度額 最大800万円
審査時間 数日程度
融資までのスピード 数日程度
返済方式 元利均等払い(毎月元利均等返済方式)
返済の方法 「自動引き落とし」「りそなグループATM」「コンビニATM」
毎月の最低返済額 借入残高が30万円以下で10,000円~
総合評価 4.5

年収の3分の1以上を借り入れたい方には、株式会社りそな銀行から提供されているりそな銀行カードローンがおすすめです。

りそな銀行カードローンの公式サイトでは、「審査の結果、年収の1/3を上回る限度額で契約いただける可能性もあります」としっかり明記されています。

高額借り入れができる確実なエビデンスを持つ銀行系カードローンは、数多くのサービスの中でもりそな銀行カードローンだけですね。

全国のりそなATMやコンビニATMから借り入れ・返済ができますので、「返済しにくい…」といった心配はありません。

yusuke
yusuke
りそな銀行カードローンは限度額100万円までならば、期間限定で金利10.0%で借りられるライフサポートプラン実施中です。


りそな銀行カードローンの公式HPを見る

アイフルおまとめMAX【消費者金融でも総量規制対象外!】

アイフルおまとめMAX

アイフルおまとめMAXの基本情報
サービス名 アイフルおまとめMAX
会社名 アイフル株式会社
電話番号 0120-201-810(平日の9時~18時まで)
実質年率(金利) 3.0%~17.5%
融資限度額 最大800万円
審査時間 最短で30分
融資までのスピード 即日融資(最短で1時間)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済
返済の方法 「スマホアプリ」「アイフルATM」「提携先ATM」「コンビニ」「口座振替」「銀行振込」
毎月の最低返済額 10万円までの借入残高で4,000円~
総合評価 4.5

アイフルは、テレビのコマーシャルでも放映されている大手の消費者金融です。

消費者金融からは年収の3分の1以上を借り入れることはできませんが、複数社の借り入れをまとめられるアイフルおまとめMAXは総量規制対象外!

アイフルおまとめMAXと契約すれば、今よりも低い金利で返済の負担を軽減できます。

新規契約の人はかりかえMAX、既に契約中の方はおまとめMAXと違いがあるものの、金利や限度額などのスペックに変わりはありません。

yusuke
yusuke
24時間365日いつでもWeb上から申し込みや審査ができますので、アイフルおまとめMAXへの乗り換えを検討してみてください。


アイフルおまとめMAXの公式HPを見る

住信SBIネット銀行カードローン【融資限度額が最大1,200万円!】

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローンの基本情報
サービス名 住信SBIネット銀行カードローン
会社名 住信SBIネット銀行株式会社
電話番号 0120-974-242(カードの紛失や破損の時のみ)
実質年率(金利) 1.59%~14.79%
融資限度額 最大1,200万円
審査時間 数営業日
融資までのスピード 数営業日
返済方式 残高スライドリボルビング返済
返済の方法 「口座引き落とし」
毎月の最低返済額 借入残高が10万円以下で2,000円~
総合評価 4.0

住信SBIネット銀行カードローンは銀行系カードローンですので、貸金業法の総量規制の対象にはなりません。

契約時の審査に通れば、住信SBIネット銀行カードローンで年収の3分の1以上を借りることもできますよ。

他の銀行系カードローンと比べてみると、住信SBIネット銀行カードローンは融資限度額が最大1,200万円と高く設定されているのが特徴です。

最大1,200万円は審査でプレミアムコースが適用されるのが条件ですが、返済能力に関わるステータスが高ければ決して難しくありません。

yusuke
yusuke
総量規制対象外のカードローンをお探しの方は、住信SBIネット銀行カードローンを選択肢に加えてみましょう。


住信SBIネット銀行カードローンの公式HPを見る

プロミスのおまとめローン【複数社の借り入れを一本化!】

プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンの基本情報
サービス名 プロミスのおまとめローン
会社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
電話番号 0120-24-0365(毎日9時~22時まで)
実質年率(金利) 6.3%~17.8%
融資限度額 最大300万円
審査時間 最短で30分
融資までのスピード 即日融資(最短で1時間)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済の方法 「インターネット返済」「口座振替」「お客様サービスプラザ」「プロミスATM」「提携ATM」「コンビニ」「銀行振込」
毎月の最低返済額 借入残高が1万円で1,000円~、10万円で4,000円~
総合評価 4.0

大手消費者金融のプロミスでは、総量規制対象外のおまとめローンが用意されています。

複数の借り入れ先を一本化して返済し、毎月の負担を抑えられるのがプロミスのおまとめローンの大きな特徴です。

プロミスのおまとめローンは、「複数の貸金業者から借り入れている」「総量規制における年収1/3を超える借り入れがある」という方におすすめ!

知名度の高い大手の消費者金融ということもあり、プロミスはサービスやサポートの質も全体的に高くなっています。

yusuke
yusuke
自分に最適な返済プランを提案してくれますので、複数社のカードローンを利用している方はプロミスに相談してみてください。


プロミスのおまとめローンの公式HPを見る

総量規制対象外のカードローンを選ぶなら楽天銀行スーパーローンが最もおすすめ!

楽天銀行スーパーローン

総量規制対象外のカードローンで楽天銀行スーパーローンがおすすめの理由4つ!
  • 銀行系カードローンなので総量規制を超える借り入れもできる
  • 金利は1.9%~14.5%で、最低金利と上限金利の両方が低い
  • 期間限定で通常金利の50%OFFで借りられるキャンペーンが実施されている
  • 返済金額が毎月1,000円単位で固定されているため、金額や期間を把握しやすい

総量規制対象外なのかどうかで選ぶのであれば、上記の4つの理由で楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

ネット銀行系のカードローンの中でも、楽天銀行スーパーローンは口座開設数がナンバーワンの実績を持っています。

誰でも楽天銀行スーパーローンに申し込んで年収の3分の1以上を借り入れられるわけではありません。

しかし、次の点を意識していれば楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすくなります。

  • 申し込み時に記載する内容は全て正確に正直に回答する
  • 他社からの借り入れを整理して信用情報に傷をつけない
  • 楽天会員に登録して会員のランクを上げておく

銀行系カードローンだからと言って、審査があまりにも厳しいわけではありません。

yusuke
yusuke
金利50%OFFキャンペーンでお得に借り入れられるうちに、楽天銀行スーパーローンに申し込んでみてください。


楽天銀行スーパーローンの公式HPを見る

審査が甘い総量規制対象外のカードローン3選!

カードローン 審査難易度 金利(実質年率) 融資限度額 おすすめ度
中央リテール 10.95%~13.0% 最大500万円 5.0
フクホー 7.3%~20.0% 最大200万円 4.5
いつも 5.8%~18.0% 最大300万円 4.0

結論から言うと、審査が甘い総量規制対象外のカードローンはありません。

「誰でも審査に通る」「審査なしで借り入れOK」といったカードローンは、高金利で貸し付ける違法業者のリスクあり…。

しかし、上記で紹介している3社の中小消費者金融は、比較的柔軟な審査をしてくれます。

yusuke
yusuke
消費者金融では年収の3分の1以上の貸付けは行われていませんが、「中央リテール」「フクホー」「いつも」は貸金業法に基づくおまとめローンの利用が可能です。

中央リテールのおまとめローンの公式サイトを見てみると、「顧客に一方的に有利になる借り換えは年収の3分の1を超えて融資できます」と記載されていました。

複数社からの借り入れで返済の目途が立たない方や毎月の返済日が多くて管理するのが大変な方には、総量規制対象外のおまとめローンがおすすめです。

中央リテールでは、10.95%~13.0%と中小消費者金融の中でも低金利で借り入れできます。

yusuke
yusuke
国家資格取得者が良きアドバイザーとして相談に乗ってくれますので、カードローンの悩みを抱えている方は中央リテールに問い合わせてみてください。


中央リテールの公式HPを見る

総量規制対象外の大手消費者金融のおまとめローン3選!

← 横にスクロールできます →
大手消費者金融 おまとめローン 金利(実質年率) 融資限度額 おすすめ度
アイフルおまとめMAX 3.0%~17.5% 最大800万円 5.0
プロミスのおまとめローン 6.3%~17.8% 最大300万円 4.5
アコムの借り換え専用ローン 7.7%~18.0% 最大300万円 4.0

大手の消費者金融の中には、「アイフル」「プロミス」「アコム」を中心におまとめローンを用意しているところがあります。

上記の項目でも解説しましたが、おまとめローンは顧客に一方的に有利となる借換えに当てはまりますので、総量規制対象外での借り入れがOKですよ。

yusuke
yusuke
おまとめローンでは複数社のカードローンからの借り入れを一本化し、今よりも良い条件で借り換えることができます。

「どの消費者金融のおまとめローンを利用すれば良いの?」と選び方で迷っている方は、アイフルおまとめMAXに申し込んでみましょう。

消費者金融のアイフルでは、次の2種類のおまとめローンが用意されています。

アイフルのおまとめローン
おまとめMAX アイフルをご利用中・ご利用されたことがある方向け
かりかえMAX アイフルのご利用がはじめての方向け

総量規制対象外での借り入れで、適用される金利や融資限度額はおまとめMAXもかりかえMAXも変わりありません。

yusuke
yusuke
アイフルおまとめMAXは、「貸金業者」「銀行ローン」「クレジットカードのリボ」による借り入れが対象ですので、Web上で申し込んで審査を受けてみてください。


アイフルおまとめMAXの公式HPを見る

総量規制対象外のカードローンを利用する上での注意点3つ…

総量規制対象外のカードローンを利用するに当たり、上記の3つの注意点があります。

「銀行系カードローンなら年収の3分の1を超えてお金を借りられるでしょ?」とイメージしている方は、申し込み前にきちんと確認しておきましょう。

1:銀行系カードローンでも以前と比べて年収の3分の1以上の借り入れは厳しい…

銀行系カードローンの自主規制の内容!
  • 「総量規制対象外」「年収証明書不要」などの配慮に欠ける表示をしない
  • 「300万円超⇒50万円超」など収入証明書の提出基準を厳格化する
  • 申し込み者の信用情報を活用した返済能力の確認を徹底する
  • 信用保証会社とコミュニケーションを深めて審査を適切化する
  • 融資をした後も定期的に顧客の信用状況をチェックする

2016年辺りまでは、大手銀行や地方銀行の多くはカードローンによる貸付けを増やしていました。

過剰融資による影響で自己破産を中心に金銭トラブルが増えたため、2017年から銀行では上記の自主規制を実施しています。

つまり、今現在では総量規制対象外の銀行系カードローンでも、年収の3分の1以上の借り入れは厳しいのが現状ですね。

「総量規制対象外の銀行ならいくらでも借りられる」とイメージしている人はいますが、過剰融資問題をきっかけに年収の2分の1から年収の3分の1までに限度額を引き下げているところが増えています。

3メガ銀、カードローンに自主上限 過剰融資批判受け
三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガ銀行がカードローンの融資額を利用者の年収の2分の1や3分の1までとする自主ルールを導入したことが19日、わかった。返済能力を十分に確認しない過剰な融資が多重債務問題を再燃させかねないとの社会的な批判に対応。融資額そのものにタガをはめて、過剰融資を防ぐ。

総量規制の対象外でありながらも、「年収の3分の1までしか貸し付けない」と消費者金融同等の制限を設ける銀行系カードローンも少なくありません。

yusuke
yusuke
どれだけ年収が高くても、絶対に年収の3分の1以上を借り入れられるわけではないと心得ておきましょう。

2:即日審査や即日融資を受けることはできない…

カードローン 審査の時間 融資のスピード
プロミス 最短で30分 最短で1時間
アコム 最短で30分 最短で1時間
楽天銀行スーパーローン 数営業日程度 数営業日程度
りそな銀行カードローン 数営業日程度 数営業日程度

消費者金融は即日審査や即日融資に対応しているのに対して、銀行系カードローンは時間がかかります。

即日審査や即日融資を受けられないのは、総量規制対象外の銀行系カードローンを利用する上での注意点です。

2018年からは銀行の借り入れ審査で、反社会的組織との関係を確認する目的で警察庁のデータベースでチェックする仕組みが導入されました。

銀行、個人向け即日融資停止へ カードローン縮小
国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。来年1月から警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。家族らの申し出で貸し付けを自粛することも検討。

「急な出費で今日までにお金を用意しないと…」と焦っている方は、総量規制対象の消費者金融系カードローンを利用しないといけません。

yusuke
yusuke
即日融資OKのカードローンの選び方やおすすめランキングは、こちらのページをご覧になってください。
関連記事
【今すぐにお金を借りたい!】即日融資が可能なカードローンのおすすめランキング10選!「急な出費ができた…だけど現金の持ち合わせがない…」と悩んでいる方はいませんか? 「今すぐにお金を借りたい!」という人のために、こ...

3:自分の返済能力を超えた借り入れに繋がる恐れあり…

総量規制対象外のカードローンは、自分の返済能力を超えた借り入れに繋がる恐れがあります。

多額の借り入れを検討している方にとって、年収の3分の1以上の融資を受けられるのはありがたいですよね。

しかし、あまりにもカードローンで借り入れ過ぎていると、返済ができなくなって遅延損害金が発生したり債務整理をしないといけない状況になったりなどのリスクあり…。

yusuke
yusuke
カードローンは計画的に借り入れと返済を繰り返すのが絶対条件ですので、総量規制対象外のカードローンを利用する際は自身の年収や返済能力をきちんと心得ておきましょう。

総量規制対象外のカードローンに関する7つのQ&A!

このページでは、総量規制対象外のカードローンに関する疑問をQ&A形式で解説していきます。

中小消費者金融は総量規制対象外のカードローンですか?

「柔軟な審査をしてくれる中小消費者金融は総量規制の対象外なのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

しかし、総量規制は大手だろうが中小だろうが全ての消費者金融に適用されます。

つまり、中小消費者金融からも年収の3分の1以上の融資を受けることはできません。

千葉銀行カードローンは総量規制の対象外ですか?

千葉銀行は貸金業者ではなく銀行ですので、総量規制の対象外です。

銀行系カードローンも現在では貸付けに対して自主規制していますが、法律の観点で見ると千葉銀行カードローンでは年収の3分の1を超える金額を借りられます。

SMBCモビットは総量規制の対象ですか?

SMBCモビットは大手の消費者金融ですので、借り入れに当たって総量規制が適用されます。

自分の年収や家族構成など様々な基準により、融資の限度額が決まる仕組みです。

横浜銀行カードローンは総量規制の対象外ですか?

横浜銀行カードローンは銀行系のカードローンですので、総量規制の対象外です。

大手の消費者金融とは違い、横浜銀行カードローンは実質年率1.5%~14.6%と低金利で借り入れることができます。

なぜカードローンで総量規制のルールが作られたのですか?

総量規制の法律ができたのは、個人の過度な借り入れを防いで返済困難な状況に陥るのを防ぐのが目的です。

返済できなくなるほどの貸付けを行うのは本来あってはならないので、国が総量規制という形で抑制しました。

カードローンの借り換えは総量規制の対象内ですか?

消費者金融からの借り入れでも、顧客に一方的有利となる貸付けや緊急の医療費の貸付けは総量規制の例外です。

つまり、顧客に一方的に有利なカードローンの借り換えでは、貸金業者から年収の3分の1を超えて利用できるケースがあります。

複数社からのカードローンの利用は総量規制に該当しませんか?

年収の3分の1までしか借りられない総量規制は、1社だけではなく複数社に当てはまります。

例えば、2社の消費者金融の融資限度額が既に年収の3分の1ギリギリだった場合、新たなカードローンに申し込むことはできません。

まとめ

総量規制対象外のカードローンのおすすめランキングに関するまとめ!
  • 総量規制とは年収の3分の1までしか借りられない貸金業界の行政指導
  • 総量規制対象外のカードローンを比較すると、楽天銀行スーパーローンがおすすめ!
  • 審査が甘い総量規制対象外のカードローンなら中央リテールのおまとめローンがおすすめ!
  • 総量規制対象外の大手消費者金融のおまとめローンならアイフルおまとめMAXがおすすめ!
  • 銀行系カードローンでも、融資のハードルは以前より厳しくなっている…

銀行系カードローンや消費者金融のおまとめローンは総量規制対象外ですので、年収の3分の1以上の借り入れが認められています。

やむを得ない出費でキャッシングしないといけない時には、総量規制対象外のカードローンがおすすめ!

総量規制対象外のカードローンの選択肢は限られていますので、こちらのおすすめランキングを参考にして選んでみてください。


総量規制対象外のカードローンランキング!