デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット・マイル還元まとめ

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
基本還元率 1%
貯まるポイント デルタ スカイマイル
ポイント交換先 なし
還元率UP条件
  • 海外での利用
  • デルタ航空での利用
ポイント有効期限 無期限
年会費 13,200円(税込)
ポイント算出方法 毎月の利用金額合計の1%
申込資格・条件 20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方
国際ブランド アメックス
特典・サービス
  • カード利用でデルタスカイマイルが貯まる
  • 入会時・ファーストフライト・年毎更新でボーナスマイル
  • デルタ航空上級会員資格「シルバーメダリオン」付与
  • 国内主要空港・海外1空港のラウンジを無料利用可能
  • 国内外最高5,000万円までの旅行傷害保険付帯
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピングプロテクション:最高500万円
ETCカード 発行手数料935円(税込)
年会費無料
電子マネー なし
追加カード 家族カード発行可能
一枚目無料、2枚目以降年会費6,600円(税込)
カードランク 一般
利用限度額 利用者に応じて設定

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、デルタ航空の利用者向けのアメックスブランドです。

ショッピングなどでのカード利用でデルタスカイマイルがたまりデルタ航空便やスカイチーム加盟航空会社便の利用時に様々な優遇を受けることができるのが特徴です。

特典も多い分年会費は13,200円(税込)と少し高めですから、使いこなせるかどうかが気になるところですね。

この記事では、そんなデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードについて解説していますので、自分のライフスタイルにフィットするかどうかをよく吟味しましょう。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

Contents

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの7つの特徴・メリットを紹介!

では、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのメリットから説明しましょう。

このカードの良い特徴を7点にまとめました。

ひとつひとつ確認していけば、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの魅力が理解できますよ。

カード利用でマイル還元率1%! デルタ航空で2倍、海外での利用で1.3倍

通常還元率 1%
デルタ航空での利用 通常還元率の2倍
海外での利用 通常還元率の1.3倍

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを利用して獲得できるのは、デルタ航空のマイレージプログラムであるスカイマイルです。

飛行機に搭乗した時だけでなく日常のショッピングでもマイルが貯まります

通常は100円の利用で1マイルが獲得できますので還元率は1%です。

デルタ航空の予約サイトや、デルタ航空予約センターでのデルタ航空航空券の支払いなど、デルタ航空で利用するとマイルが2倍貯まります。

また、海外でのショッピングや食事の支払いに利用した場合は還元率は通常時の1.3倍に上がります。

Jinya
Jinya
旅行シーンでより多くのマイルが貯まるように、うまくデザインされたカードですよね。

入会時・ファーストフライト・毎年の継続でボーナスマイル獲得

入会時のボーナスマイル 5,000マイル
毎年の更新時ボーナス 2,000マイル
ファーストフライトボーナス エコノミークラス利用なら10,000マイル
ビジネスクラス利用なら25,000マイル

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを持っていると、いろいろなタイミングでボーナスマイルが獲得できます。

入会するとボーナスとして5,000マイルが獲得できます。

さらに、毎年の更新時にも2,000マイルがボーナスとして獲得できますので、継続利用するモチベーションになりますね。

さらに大きいのは、入会後に最初にデルタ航空の日本発着便を利用した際に獲得できるファーストフライトボーナスです。

エコノミークラスの利用で10,000マイル、ビジネスクラスの利用だと25,000マイルと、大きなマイルを獲得できますので、このカードを発行したら必ずもらっておきましょう。

獲得したマイルの有効期限は無期限

デルタスカイマイルの有効期限は無期限です。

マイルをためて特典航空券に替えるには、多量のマイルをためる必要がありますので、時間がかかりますよね。

ANAやJALのマイルの有効期限が3年ですから、マイルが十分に貯められずにロストしてしまうこともよくあります。

無期限であればマイルをじっくりためることができますので、この点はデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの大きなメリットです。

入会から一年間デルタ航空の上級会員資格「シルバーメダリオン」付与

デルタスカイマイル「シルバーメダリオン」のメリット
  • 専用チェックインエリアで優先チェックインが可能
  • 空席があればデルタ・コンフォートプラスへ無料アップグレード
  • 優先キャンセル待ち
  • 自動的にスカイチームのエリート会員資格保有となり、スカイチーム加盟航空会社での優遇が受けられる

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードに入会すると、入会から一年間デルタスカイマイルの上級会員資格であるシルバーメダリオンが適用されます。

2年目以降は、前年のカードご利用金額が100万円以上であれば資格が継続できます。

シルバーメダリオンにはリッチな特典が付帯していますが、シルバーメダリオンの資格を獲得するには通常は25,000マイル以上のデルタ便の利用あるいは年30回以上の搭乗が必要です。

なかなかハードルが高い資格ですから、これが付帯するのはデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの大きなメリットですね。

国内線28空港・海外1空港のラウンジ無料利用可

ラウンジが無料利用できる空港
北海道・東北 新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、 仙台空港
関東 羽田空港、成田空港
中部 新潟空港、富山空港、小松空港、中部国際空港
近畿 関西空港、伊丹空港、神戸空港
中国・四国 岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島空港
九州・沖縄 北九州空港、福岡空港、熊本空港、大分空港、長崎空港、鹿児島空港、那覇空港
海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば、国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)の空港ラウンジが無料で使えます。

ラウンジの無料利用は、通常はゴールド以上のクラスの特典ですが、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードはアメックスブランドですので、一般カードからこの特典が付帯しています。

国内・海外の旅行保険が付帯! 補償額最高5,000万円

補償対象者 本会員、その配偶者および生計を共にする家族
国内旅行保険 補償額最高5,000万円
海外旅行保険 補償額最高5,000万円

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、国内・海外の旅行保険が付帯しています。

補償額は最高5,000万円です。

会員本人だけでなく、会員の配偶者や生計を共にする家族も最高1,000万円まで補償されますので、保険の内容はとても充実していますね。

年間500万円までのショッピングプロテクション付帯

補償の対象 購入から90日以内に生じた破損・盗難
補償額 補償額最高500万円
免責金額1万円

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードには、旅行保険だけでなくショッピングプロテクションも付帯しています。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを利用して購入した商品に破損・盗難が生じた場合、購入から90日以内であれば補償の対象です。

最高額は500万円ですので、高い買い物も余裕でカバーできますね。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの3つのデメリットも確認しておこう

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの3つのデメリット
  1. デルタ航空を使わない人にはメリットが少ない
  2. シルバーメダリオンのメリットが中途半端
  3. 年会費13,200円(税込)は高い

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのメリットについて説明しました。

次はこのカードのデメリットもおさえておきましょう。

カードを使う上で気になるところを3点あげましたので、一つ一つ確認していきましょうね。

デルタ航空を使わない人にはメリットが少ない

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、デルタ航空を使う機会の少ない方にはメリットがほとんどないカードになっています。

利用で貯まるのはデルタ航空のスカイマイルですし、特典のほとんどがデルタ航空の利用に関するものです。

デルタ航空を利用する機会の多い方にはメリットの多いカードですが、それ以外の方には意味のないカードですね。

シルバーメダリオンのメリットが中途半端

デルタ航空の上級顧客向け資格であるシルバーメダリオンは確かに魅力的な特典が備わっているのですが、その上位のゴールドメダリオンに比べるとやはり見劣りします。

ゴールドメダリオンになると自動的にスカイチームのエリートプラス会員資格保有となり、スカイチーム加盟便の利用で空港での多くの手続きが優先されVIP待遇を受けることができます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの上位カードであるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費28,600円税込)の会員になれば、ゴールドメダリオンの資格がもらえます。

Jinya
Jinya
ゴールドメダリオンの資格を得るためにデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを選ぶ方も多いですよ。

年会費13,200円(税込)は高い

年会費 13,200円(税込)
家族カード年会費 1枚目無料、2枚目以降6,600円(税込)

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は13,200円(税込)と高めです。

13,200円(税込)は他のブランドであればゴールドクラスの価格です。

例えばJCBブランドのデルタ スカイマイルJCBゴールドの年会費は11,000円(税込)と、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードよりも低価格に抑えられています。

年会費の分、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのメリットは充実していますが、自分がうまく使いこなせるかどうかをよく吟味する必要がありそうですね。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードでたまるマイルをどう使う?おすすめの使い方3選を解説!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードでたまるマイルの使い方3選
  1. デルタ航空便やスカイチーム加盟航空会社の特典航空券を発券する
  2. JTBの国内旅行券に交換する
  3. マイルを他の人の口座に移行する

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードでたまるのはスカイマイルです。

1%以上の還元率とボーナスマイルで、予想以上にたくさんのマイルが貯まります。

ここでは、たまったマイルの有効な使い道について説明します。

デルタ スカイマイルは使い方によっては1マイル=1円を大きく超える価値を持ちますので、効果的に使いましょうね。

デルタ航空便やスカイチーム加盟航空会社の特典航空券を発券する

ポイントの価値 1マイル = 1円以上
使いやすさ

貯まったマイルの最も有効な使い方は特典航空券に交換することです。

例えば東京-ホノルル間で、最低3万マイル程度でエコノミークラス片道の特典航空券が手に入ります。

6万マイルあれば東京-ホノルル間のビジネスクラスが発券できることもありますから、うまく使えば1マイル = 1円を大きく超えた価値になりますね。

ただし、デルタ航空の特典航空券に必要なマイル数は便の込み具合やシーズンなどで大きく変動しますので、必要なマイル数は予約時にデルタ航空のサイトをよく確認する必要があります。

JTBの国内旅行券に交換する

ポイントの価値 1マイル = 1円
使いやすさ

スカイマイルをJTBの国内旅行券に交換することができます。

交換比率は1マイル = 1円分で、1万マイル単位で交換可能です。

デルタ航空の会員サイトで交換申請すればOKですので、簡単にマイルを使うことができますよ。

マイルを他の人の口座に移行する

ポイントの価値 1マイル = 1円
使いやすさ

スカイマイルで特徴的なのが、自分が持っているマイルを他の人のマイル口座に移行することが可能な点です。

マイルをシェアしたり友人や家族にプレゼントしたりできる、便利な仕組みです。

移行1マイルあたり0.01ドルの手数料がかかってしまいますが、特典航空券まであと少し足りない時などにマイルを融通しあうことができますね。

手続き1回で移行可能なマイル数 1,000~30,000マイル
移行の単位 1,000マイル
1マイル当たりの移行料金 $0.01


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの評判・口コミをチェックしておこう

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット、スカイマイルの有効な使い方について説明してきました。

このカードの特徴がだいぶつかめてきましたよね。

次は、利用者によるこのカードの評価を見てみましょう。

リアルなコメントで、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの長所や欠点がより明確になりますよ。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの悪い評判・口コミ

  • シルバーメダリオンの資格がもらえるのはうれしいが、無条件に付与されるのが初年度のみで、2年目以降は100万円の利用実績が必要な点が残念。
  • 飛行機に乗る機会が減ってきたので、持っていてもメリットが感じられなくなり解約しました。
  • あまりデルタ航空を使わない人にとっては年会費の価値は感じられにくいかもしれません。
  • 日本ではまだアメックスが使えない店も多々ある点も少し気になります。
  • ゴールドメダリオンの資格が付帯しているゴールドカードと年会費が15,000円程度しか変わらないので、せっかくならゴールドが欲しい。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの良い評判・口コミ

  • 入会時に5,000マイル、ファーストフライトで10,000マイルのボーナスが獲得できるのはお得感がありました。
  • 100円の利用で1マイルたまり、ボーナスマイルも多いのでマイルが多くたまる上に、マイルの有効期限が無期限で会員間でのマイルの移行も可能で、とても使いやすいマイルです。
  • 付帯しているシルバーメダリオンの資格で、エコノミークラスからデルタコンフォートプラスへアップグレードしてもらい、足元が広くてくつろげました。
  • 空港ラウンジが同伴者1名まで無料なので、ラウンジの利用だけでも会費分の元は取れているのではないでしょうか。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの評判・口コミまとめ

ネット上で目立つ口コミをとりあげてみました。

ここで利用者の評価のポイントをまとめてみましょう。

悪い評価・口コミ
  • 飛行機に乗る機会がないとメリットが少ない。
  • 付与される資格がシルバーメダリオン止まり。
  • 年会費が高い。
良い評価・口コミ
  • デルタ スカイマイルがたくさんたまる。
  • シルバーメダリオンの資格が付帯している。
  • 国内主要空港のラウンジが無料利用できる。

良い評価で目立つのは、ボーナスマイルなどでデルタスカイマイルがたくさんたまる点と、デルタ航空の上級顧客資格であるシルバーメダリオンが付帯している点です。

シルバーメダリオンの資格を持っていればスカイチーム加盟の航空会社で様々な優遇が受けられますので、デルタ航空やスカイチームの便に乗る頻度の多い方にとってはメリットの多いカードと評価されているようです。

ただ、デルタ便のヘビーユーザーにとってはその上のゴールドメダリオンの資格がより魅力的に見えており、ゴールドメダリオンの資格が付帯しているデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを選ぶ方も多いようです。

逆に、飛行機を使う機会の少ない方やスカイチームを利用しない方にはメリットが少ないカードになっています。

仕事の関係などで飛行機を使わなくなると年会費が負担になり、解約してしまったという口コミも多くありました。

総合すると、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードはデルタ航空を使う機会の多い方には損のないカードとして、利用者に認識されているようです。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードとデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →

デルタ スカイマイル・
アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ スカイマイル・
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
基本還元率 1% 1%
年会費 13,200円(税込) 28,600円(税込)
申込資格 20歳以上で本人に安定した継続的な収入のある方 20歳以上で本人に安定した継続的な収入のある方
特典・サービス
  • カード利用でデルタスカイマイルが貯まる
  • 入会時・ファーストフライト・年毎更新でボーナスマイル
  • デルタ航空上級会員資格「シルバーメダリオン」付与
  • 国内主要空港・海外1空港のラウンジを無料利用可能
  • 国内外最高5,000万円までの旅行傷害保険付帯
  • カード利用でデルタスカイマイルが貯まる
  • 入会時・ファーストフライト・年毎更新でボーナスマイル
  • デルタ航空上級会員資格「ゴールドメダリオン」付与
  • スカイチームラウンジ無料利用
  • 国内主要空港・海外1空港のラウンジを無料利用可能
  • 国内5,000万円/海外1億円までの旅行傷害保険付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピングプロテクション:最高500万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • ショッピングプロテクション:最高500万円
ETCカード 発行手数料935円(税込)
年会費無料
発行手数料935円(税込)
年会費無料
家族カード 発行可能
一枚目無料、2枚目以降年会費6,600円(税込)
発行可能
一枚目無料、2枚目以降年会費13,200円(税込)
利用限度額 利用者に応じて設定 利用者に応じて設定


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの審査に落ちる人とは?審査基準を解説

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準を解説
  1. 20歳以上で安定した収入が必要
  2. 在籍確認も行われる可能性あり
  3. 個人の信用情報に傷があると審査に落ちる可能性大

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、ステータス性の高いアメックスブランドのカードですから、審査のハードルが高そうなイメージがありますよね。

カード発行会社は審査の具体的な基準は公表しませんので、自分が審査を通りそうかどうかの判断は難しいところです。

ここでは、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準について解説します。

自分が審査をパスできそうかどうか、申し込む前にチェックしておきましょう。

20歳以上で安定した収入が必要

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み条件は、「20歳以上かつ安定収入がある人 」と公表されています。

残念ながら未成年の方は申し込むことができません

安定した収入も重要なチェック項目ですが、収入額はそれほど多くなくても審査は通る可能性があります

年収が300万円程度あれば、審査のクライテリアは超えていると考えてよいでしょう。

Jinya
Jinya
アメックスは「パートまたはアルバイトの方のお申し込みはお受けしておりません」と公表していますので、パートやアルバイトの方は審査で落とされる可能性が高いようです。

在籍確認も行われる可能性あり

企業や団体にお勤めの方がデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード申し込んだ場合には、所属する企業や団体に対して在籍確認が行われることがあります。

これは安定収入に関連する確認の一環として行われることが多いチェックです。

在籍の確認ができないと審査に落とされますので、勤務先等に関して虚偽の記載をしないようにしましょう。

勤務先への在籍期間も審査に影響する

勤務先への在籍期間の長さも審査でのチェック項目の一つです。

これも安定収入に関連する確認の一部で、在籍期間が長いほうが審査に有利に働きます。

個人の信用情報に傷があると審査に落ちる可能性大

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの審査では、個人の信用情報も必ずチェックされます。

カードや携帯の支払の延滞や自己破産・債務整理の履歴が残っていると、審査に落ちる可能性が高くなります。

また、短期間のうちにカードの申し込みを多重に行うとその履歴も信用情報に残りますので、審査に不利に働きますよ。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

【デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのQ&Aまとめ】きになる疑問を解決しよう

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの特徴や特典について解説してきました。

リアルな口コミもあわせて紹介しましたので、このカードのメリット・デメリットがクリアになってきましたよね。

ここからは、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードに関してよくある質問に答えていきましょう

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードにお得な入会キャンペーンはある?

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードには新規入会者向けの特典が用意されています

  • 新規入会で5,000ポイントボーナス獲得。
  • 新規入会後の最初のデルタ便利用でボーナス獲得(エコノミークラス利用で10,000マイル、ビジネスクラス利用で25,000マイル)

ボーナスの規模が大きいので、入会したら確実に獲得しておきましょう。

家族カードやETCカードを発行できる?

家族カードは最大6枚まで発行可能です。

1枚目は年会費無料、2枚目以降は年会費6,600円(税込)です。

ETCカードも発行できます

発行手数料は935円(税込)ですが、年会費は無料です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードでアメリカン・エキスプレスのポイントは貯まる ?

アメリカン・エキスプレスのポイントプログラムはメンバーシップリワードです。

しかし、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードではメンバーシップリワードのポイントはたまりません

たまるのはデルタ スカイマイルのみです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードをなくしたときの問い合わせ先は?

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードが見当たらないなと思ったら、アプリからカードの利用を一時停止することができます

カードを無効化することなく7日間利用を停止できますので、この間にカードを探してください。

それでもカードが見つからない場合は、メンバーシップ・サービス・センターに連絡して再発行しましょう。

  • 0120-020120
  • 無料の番号が利用できない場合は03-3220-6100

海外滞在中の場合はグローバル・ホットラインに連絡します。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを解約するには?

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードを解約する場合には、カードの裏面に記載されている電話番号に電話をしましょう。

Webからの解約はできません

カードを解約してもデルタスカイマイル会員を継続していれば、それまでにたまったマイルは残りますよ。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

デルタ航空のユーザーであれば持っていて損のない一枚

この記事のまとめ
  • 高い還元率とボーナスでデルタスカイマイルがたくさんたまる。
  • 初年度はデルタ航空の上級顧客資格のシルバーメダリオンが付帯。
  • 空港ラウンジ無料利用と充実した旅行保険が付帯。
  • デルタ航空のユーザーであれば持っていて損のない一枚。
  • 飛行機に乗る機会の少ない方やデルタ航空を使わない方にはメリットがない。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードについて、そのメリット・デメリットを解説しました。

参考になる利用者の口コミも交えましたので、このカードの特徴がクリアにわかっていただけましたよね。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、デルタ航空やスカイチーム便を利用する機会の多い方をターゲットにデザインされています。

ショッピングなどの利用で1%以上の還元率でマイルがたまり、さらに入会時・更新時・ファーストフライトのボーナスマイルも大きいので、デルタスカイマイルがたくさんたまるのが特徴です。

また、デルタ航空の上級顧客資格のシルバーメダリオンが初年度は自動的に付帯しますので、デルタ便あるいはスカイチーム加盟航空会社便の利用時に様々な優遇を受けることができます。

年会費は少し高めですが、デルタ航空のユーザーには大きなメリットがあるカードです。

逆に、飛行機を乗る機会の少ない方やデルタ航空を使わない方にはメリットが少ない残念なカードになってしまいます。

あなたがデルタ航空を高頻度で使う方であれば持っていて損のない一枚ですね。


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード基本情報まとめ

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
基本還元率 1%
貯まるポイント デルタ スカイマイル
ポイント交換先 なし
還元率UP条件
  • 海外での利用
  • デルタ航空での利用
ポイント有効期限 無期限
年会費 13,200円(税込)
ポイント算出方法 毎月の利用金額合計の1%
申込資格・条件 20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方
国際ブランド アメックス
特典・サービス
  • カード利用でデルタスカイマイルが貯まる
  • 入会時・ファーストフライト・年毎更新でボーナスマイル
  • デルタ航空上級会員資格「シルバーメダリオン」付与
  • 国内主要空港・海外1空港のラウンジを無料利用可能
  • 国内外最高5,000万円までの旅行傷害保険付帯
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピングプロテクション:最高500万円
ETCカード 発行手数料935円(税込)
年会費無料
電子マネー なし
追加カード 家族カード発行可能
一枚目無料、2枚目以降年会費6,600円(税込)
カードランク 一般
利用限度額 利用者に応じて設定
  • 高い還元率とボーナスでデルタスカイマイルがたくさんたまる
  • 初年度はデルタ航空のシルバーメダリオン付帯
  • デルタ航空のユーザーであれば持っていて損のない一枚


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

カード概要

発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
年会費 初年度 13,200円(税込)
2年目~ 13,200円(税込)
審査・発行 1~3週間程度
入会条件 20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方
国際ブランド AMEX
支払い方法 国内 1回払い、分割払い、ボーナス1回払い、リボ払い
海外 1回払い
支払い 締め日 利用する金融機関によって異なる
引き落とし日 利用する金融機関によって異なる

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー なし
家族カード 発行可能枚数 6枚まで
年会費 1枚目無料、2枚目以降6,600円(税込)
ETCカード 発行可否 発行可能
発行手数料 935円(税込)
年会費 無料
対応スマホ決済 Apple Pay

ポイント還元率

ポイントプログラム デルタ スカイマイル
通常還元率 1%
還元率アップ条件 デルタ航空での利用で通常還元率の2倍
海外での利用で通常還元率の1.3倍
ポイント有効期限 無期限
ポイント付与 100円ごとに1ポイント付与
ポイントの価値(目安) 1ポイント=1円
交換可能ポイント なし

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行
(利用付帯)
補償対象者 本会員、その配偶者および生計を共にする家族
傷害死亡保険金 5,000万円
傷害後遺障がい保険金 5,000万円
入院保険金 なし
通院保険金 なし
手術給付金 なし
海外旅行
(利用付帯)
補償対象者 本会員および生計を共にする家族
傷害死亡 5,000万円
傷害後遺障がい 最高5,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
最高100万円
賠償責任
(一事故の限度額)
最高3,000万円
携行品損害 年間100万円
救援者費用 最高200万円
ショッピング・プロテクション 年間500万円まで

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ 国内主要空港・海外1空港のラウンジ無料利用
海外緊急サービス カードの紛失・盗難時はグローバルホットラインに連絡しましょう

年間利用特典 年度更新で2,000マイルボーナス
お問い合わせ カード裏面の電話番号までご連絡ください


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る