ダイナースクラブカードを徹底解説!年会費・審査・メリットまとめ

ダイナースクラブカード
基本還元率1.0%
貯まるポイントダイナースクラブ・リワード
ポイント交換先1ポイント=0.5円
Tポイント、楽天スーパーポイント
還元率UP条件 なし
ポイント有効期限無期限
年会費24,200円
ポイント算出方法100円ごとに1ポイント
申込資格・条件27歳以上
国際ブランドDiners
特典・サービス
  • エグゼクティブ・ダイニングの利用
  • ホテルの宿泊優待
  • 国内・海外の1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用
  • 空港送迎サービス
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:年間500万円
ETCカード無料
電子マネーモバイルSuica、楽天Edy
追加カード家族カード(年会費5,500円)
カードランクゴールド
利用限度額利用者によって異なる

ダイナースクラブカードは三井トラストクラブ株式会社が発行しているクレジットカードです。

持っていると有名レストランのコース料理が1名分無料になったり、予約困難なレストランの予約が取れやすくなったりといった優待が受けられます。

また日本だけなく海外の空港にある空港ラウンジも利用できるようになります。

ただし国際ブランドが「Diners」のみでVISAやMasterCardに比べるとシェア率が低いため、お店や通販サイトによってはカード決済ができないところがあります。

Dinersは国際ブランドとしてもステータスが高いため、ハイステータスなカードをお探しならぜひダイナースクラブカードの特徴をチェックしてくださいね。


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

ダイナースクラブカードの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、ダイナースクラブカードの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、ダイナースクラブカードの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずはダイナースクラブカードがどんなカードかを理解しておきましょう!

年会費が安く初めて持つステータスカードにおすすめ

ダイナースクラブカードの年会費
  • 24,200円(税込)

ダイナースクラブカードの年会費は24,200円です。

金額だけをパッと高く感じますがそもそもダイナースクラブカードはゴールドカードと同じくらいのステータスがあるため、ゴールドカードと比べると年会費は安めです。

例えばアメックス・ゴールドカードの年会費は31,900円なのでダイナースクラブカードの方が安いですよね?

初めてハイステータスなカードを持つのであればダイナースクラブカードはコスパの面でも優秀です。

atsushi
atsushi
年会費だけを見るとダイナースクラブカードより安いゴールドカードはたくさんありますが、サービス面で比べるとダイナースクラブカードの方が圧倒的にお得です。

有名レストランなどで特別優待が受けられる

ダイナースクラブカードで受けられる優待
  • レストランのコース料理1名分無料
  • 予約困難なレストランの予約を手配
  • 会員限定のバーやクラブの優待

ダイナースクラブカードを持っていると会員限定のレストラン優待が受けられます。

特に「レスランのコース料理1名分無料」は2名以上の注文で利用できる優待なので、接待や記念日の時に使える便利な優待です。

また利用できるレストランも有名なところが多いため、美味しい料理をお得に味わえます。

優待が利用できレストランは公式サイトで紹介されているので、ぜひチェックしてくださいね。

国内外にある1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる

利用できる主な空港ラウンジ
  • 国内の主要空港
  • ヨーロッパ39ヶ国の空港
  • アジア34ヶ国の空港
  • アフリカ24ヶ国の空港
  • 北米20ヶ国の空港
  • 南米11ヶ国の空港
  • オセアニア4ヶ国の空港

ダイナースクラブカードを持っていると日本だけでなく世界にある空港ラウンジが利用できます。

その数は1,000ヶ所以上で主要な空港であれば利用できるため、海外旅行や海外出張の時に便利です。

空港ラウンジを利用するにはダイナースクラブカードの提示が必要なので、海外に行く時は必ずカードを持っていきましょう。

カードを使い続けると「ダイナースクラブ プレミアムカード」の招待が送られてくる

ダイナースクラブ プレミアムカードの招待状が送られる条件
  • 毎月ダイナースクラブカードでまとまった金額を利用する
  • カードの支払いを延滞・滞納しない
  • 年収が一定以上ある

ダイナースクラブカードを使い続けると「ダイナースクラブ プレミアムカード」の招待状(インビテーション)が送られてきます。

ダイナースクラブ プレミアムカードは世界最高峰のステータスカードで、ダイナースクラブカードよりもサービスや特典が充実しています。

関連記事
ダイナースクラブ プレミアムカードを解説!年会費・特典・メリットまとめ ダイナースクラブ プレミアムカード 基本還元率 1.5% 貯まるポイント ダイナーズクラブ・リワード...

「ゆくゆくはより高いステータスカードを持ちたい」という考えを持っているなら、ダイナースクラブカードはおすすめです。

海外旅行保険が「自動」で付帯される

補償対象者カード会員
傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
傷害・疾病治療費用300万円
賠償責任1億円
携行品損害50万円
救援者費用300万円

ダイナースクラブカードに付帯されている海外旅行保険は「自動付帯」となっています。

そのため海外旅行費をダイナースクラブカードで支払わなくても、持っているだけで万が一の事態になったら保険が適用されます。

海外で病気やケガをすると治療費が高くなる国が多いため、自動で海外旅行保険が付帯されるのは安心ですよね。

atsushi
atsushi
国内旅行保険も付帯されていますが「利用付帯」なので、国内旅行の時はダイナースクラブカードで旅費を払うようにしましょうね。

ゴルフ優待がついている

ゴルフ優待の内容
  • 国内100コースのラウンド予約を代行
  • プライベートレッスン代が最大50%オフ
  • フィッティングサービスが優待料金で利用
  • 対象のゴルフ練習場が優待料金で利用
  • ゴルフレッスン代が割引もしくは無料

ダイナースクラブカードにはレストラン優待だけでなくゴルフ優待もあります。ゴルフ優待の主な内容は上にまとめました。

単純にゴルフ場を安く利用できるだけでなくゴルフレッスン代もお得になるため、ゴルフ初心者でも利用できます。

ゴルフは他のスポーツよりもお金がかかりますのでゴルフ優待を活用してお得にゴルフを楽しんでくださいね。

「コンパニオンカード」が発行できる

コンパニオンカードの特徴
  • 国際ブランドが「MasterCard」
  • コンパニオンカードの利用金額もポイントとして加算
  • 年会費無料で作成できる(通常は3,300円)

ダイナースクラブカードを持っていると「コンパニオンカード」が作れます。

コンパニオンカードは国際ブランドが「MasterCard」のため、MasterCardが利用できる店舗でもカード決済ができるようになります。

しかも年会費無料で作れますし支払いも本カードにまとめられます。

Dinersが使えないお店でカード払いしたい時に使えるのでコンパニオンカードは作っておいて損はありませんよ。

atsushi
atsushi
ネットショッピングや公共料金もカードで支払えるようになるので便利です。


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

ダイナースクラブカードの3つのデメリットも確認しておこう

どれだけダイナースクラブカードにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえでダイナースクラブカードを正しく理解したいですね。

ですので、ここでダイナースクラブカードを利用するときに知っておきたいデメリットを3つを解説していきます。

プライオリティパスは利用できない

プライオリティパスとは?
  • 140以上の国や地域にある空港ラウンジが利用できる
  • ラウンジ内で軽食やドリンクが頼める
  • 無料Wi-Fiが利用できる

ダイナースクラブカードは世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できますが、プライオリティパスは利用できません。

プライオリティパスと比べるとダイナースクラブカードのカード特典で利用できる空港ラウンジのサービスはどうしても劣って見えてしまいます。

そのため、プライオリティパスを利用したいのであればダイナースクラブカードは選択肢から外れてしまうでしょう。

家族カードを発行すると年会費がかかる

カード名家族カードの手数料
ダイナースクラブカード5,500円
ダイナースクラブ プレミアムカード無料

ダイナースクラブカードでは家族カードも発行できます。しかし年会費が5,500円かかります。

ちなみにダイナースクラブ プレミアムカードでは家族カードを発行しても年会費はかかりません。

本カードの年会費と比べると高くはありませんが、家族カードをたくさんつくるとそれだけカードの維持費がかかってしまうので注意してくださいね。

他の国際ブランドに比べてシェアが低い

国際ブランド取引シェア率
VISA50%
MasterCard26%
AMEX3%
JCB1%
Diners1%未満

ダイナースクラブカードは他の国際ブランドと比べるとシェア率が高くありません。

つまりダイナースクラブカードでカード決済できる店舗が少なく、お店によってはダイナースクラブカードで買い物や支払ができないのです。

特に小さなお店やインターネットのショッピングサイトではDinersが対応していないところがまだまだあるため、クレジットカードの使い勝手に不便さを感じることがあるでしょう。

コンパニオンカードを作っておくと「MasterCard」に対応できるため、カード利用できる店舗も増えますよ。


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

ダイナースクラブカードで貯まるポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

ダイナースクラブカードを利用すると、「ダイナースクラブ・リワード」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたポイントトは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここではダイナースクラブカードで貯めたポイントのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

ANAなどの航空マイルに移行する

交換レート1,000ポイント=1,000マイル
使いやすさ

ダイナースクラブカードで貯めたポイントで最もおすすめの使い道がANAのマイルへの移行です。

ANAのマイルに移行すればANAの飛行機を利用する際に使えるため、飛行機を使っての移動がお得にできるようになります。

またANA以外の航空会社のマイルに移行できます。

ANA以外にマイル交換できる航空会社
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空
  • 大韓航空
  • アリタリア-イタリア航空

ただし、上の4つの航空会社のマイルは2,000ポイント=1,000マイルとなるため、ANAマイルへの移行に比べると還元率が悪くなってしまいます。

よく使っているなら移行してもいいですが、そうでないのならANAのマイルへの移行がおすすめです。

他社のポイントに交換する

交換レートTポイント2,500ポイント=1,000ポイント
ANA SKYコイン1,000ポイント=400コイン
スターバックスカードチャージ5,000ポイント=2,000円分
楽天ポイント4,000ポイント=1,000ポイント
使いやすさ

ダイナースクラブカードで貯めたポイントは上の4つのポイントに交換できます。

各ポイントによって交換レートが違いますので、交換したいポイントのレートを確認してから交換するようにしましょうね。

使い勝手の良さで言えば、いろんなお店でポイントが貯められる「Tポイント」か楽天市場で買い物ができる「楽天スーパーポイント」がおすすめです。

トラベルデスクの旅行代金に充てる

交換レート1,000ポイント=400円
使いやすさ

ダイナースクラブカードで貯めたポイントはトラベルデスクで手配された旅行代金としても使えます。

トラベルデスクではツアーパッケージはもちろん、宿泊施設や交通機関(飛行機チケットや列車の切符など)の予約もできます。

旅行が好きなら貯めたポイントを旅費に替えて使うとお得に旅行が楽しめるのでおすすめです。

トラベルデスクで買える旅行商品については公式サイトから確認できます。


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

ダイナースクラブカードの評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

ダイナースクラブカードがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、ダイナースクラブカードを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

ダイナースクラブカードの悪い評判・口コミ一覧

  • 前は良かったけどどんどん改悪になっていったので解約しました。別にこのカードじゃないとダメ!ってサービスはないし…
  • ポイントは貯まりますが飛行機に乗らない自分からするとポイントの使い道があまりなく困っています。他に交換できるポイントとかあればいいんだけど…
  • 作りやすくなりましたがそれに比例してステータスも下がってきた感じがする。よりハイステータスなカードが欲しいならアメックスの方がいいかも。

ダイナースクラブカードの良い評判・口コミ一覧

  • グルメ優待がおすすめです!レストランの予約もできてお得な優待がたくさんあるので接待や会食の時によく使っています。
  • ポイントの有効期限がないのはいいですね!性格的にポイントを貯めておきたいタイプなので無期限は助かっています。
  • ちょくちょく海外旅行に行く機会があるので世界中の空港ラウンジが使えるこのカードはとても気に入っています!

ダイナースクラブカードの評判・口コミまとめ!

ダイナースクラブカードの悪い評判・口コミ
  • 以前に比べるとサービスが悪くなっている
  • ポイントの使い道が限定的
  • 作りやすい分ステータスが少し低め
ダイナースクラブカードの良い評判・口コミ
  • グルメ優待が使いやすくお得
  • ポイントが無期限なので使うタイミングが自由
  • 世界中の空港ラウンジが使える

ダイナースクラブカードの悪い口コミで一番目立ったのは「サービスの改悪」です。

以前のダイナースクラブカードのサービスは今以上に良かったのですが、少しずつサービスが改訂されていってお得感が薄れたことに不満を持っている人がいるようです。

また「ポイントの使い道が限られている」という不満の声も見かけました。

反対に良い評判として多かったのが「グルメ優待」についてでした。

コース料理が1名分無料になったり有名レストランの予約が取れたりなど、美味しい料理をより便利かつお得に楽しめるサービスに満足している声が多かったです。

また空港ラウンジの利用など飛行機移動する際に利用できるサービスが良いという声もたくさんありました。

ダイナースクラブカードのサービスを上手に利用すれば、旅行や外食などをよりお得&便利に利用できるため、ビジネスやレジャーにとても役に立つクレジットカードです。


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

ダイナースクラブカードと他のダイナースクラブカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
ダイナースクラブカードダイナーズクラブ ブレミアムカード
基本還元率1.0%1.5%
年会費24,200円143,000円
申込資格27歳以上非公開
特典・サービス
  • エグゼクティブ・ダイニングの利用
  • ホテルの宿泊優待
  • 国内・海外の1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用
  • 空港送迎サービス
  • エグゼクティブ・ダイニングの利用
  • 24時間対応のコンシェルジュサービス
  • 銀座プレミアムラウンジの利用
  • 国内・海外の1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用
  • プライオリティパスの利用
  • ホテルの宿泊優待
  • 空港送迎サービス
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:年間500万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:年間500万円
ETCカード無料無料
家族カード年会費5,500円年会費無料
利用限度額利用者によって異なる一律の制限なし


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

ダイナースクラブカードの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

ダイナースクラブカードはステータスが高いクレジットカードのため、審査の基準も他のクレジットカードに比べると厳しめです。

申し込めば誰でも発行してくれるわけではないため、ダイナースクラブカードを作りたいならきちんと審査基準も理解しておきましょう。

ダイナースクラブカードの審査基準で気を付けるべきは次の3点です。

年齢が27歳以上である

ダイナースクラブカードの申込条件として「27歳以上」公式サイトでしっかり書いてあります。

そのため、26歳以下の人がダイナースクラブカードを申し込んでも審査すら受けられずに断られてしまいます。

ダイナースクラブカードを作りたいなら27歳以上になってから申し込みましょう。

年収は500万円以上あると審査が通りやすい

ダイナースクラブカードの審査基準について年収は特に明記されていませんが、一定以上の年収がないと審査が取らない可能性が高いです。

審査における年収のボーダーラインですが、500万円以上あると審査が通りやすいと言われています。

中には年収400万円でも審査が通った人もいるみたいですが、確実にダイナースクラブカードを作りたいなら年収500万円を目指しましょう。

カードの利用実績があり支払いの滞納をしたことがない

ダイナースクラブカードはステータスが高いクレジットカードのため、申込者の信用情報を厳しくチェックされます。

特にクレジットカード関連のトラブル(滞納や踏み倒しなど)をしていると審査を通してくれないので、過去にカードトラブルがなかったか振り返ってみてくださいね。

また一度もクレジットカードを使った経験がない人(スーパーホワイト)も、信用力が判断できないため審査が通らない可能性があります。

もちろんすでにクレジットカードを持っていて過去に一度もカードトラブルを起こしていないのであれば、特に気にする必要はありません。


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

【ダイナースクラブカードのQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

ダイナースクラブカードについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、ダイナースクラブカードの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、ダイナースクラブカードのよくある気になる疑問に答えていきます。

ダイナースクラブカードを検討する際の参考にしてみてくださいね!

ダイナースクラブカードではポイント還元率が上がるキャンペーンとかありますか?

あまり還元率アップのキャンペーンなどはあまりやっていません。

もともとダイナースクラブカードは「ポイントを貯める」タイプのクレジットカードではないため、ポイントを貯めたり使ったりするのには不向きです。

ポイントでお得になるクレジットカードを探しているならダイナースクラブカードはおすすめしません。

ダイナースクラブカードとゴールドカードと比べるとどちらがお得ですか?

比べるゴールドカードにもよるが、年会費とサービス内容を考えるとダイナースクラブカードの方がお得です。

ただし年会費をなるべく抑えたいのであれば年会費の安いゴールドカードの方が良いでしょう。

関連記事
【2020年版】ステータスで選ぶおすすめクレジットカードランキングTOP3クレジットカードを選ぶポイントはいくつかあります。そのポイントの1つに「ステータス」があります。 例えば会社経営者やお医者さんなど...
ゴールドカードと言っても色々あるので上のページで比べてみてください。

もしダイナースクラブカードを紛失したらどうしたらいいですか?

ダイナースクラブ プレミアムカードを紛失したらすぐに下にある連絡先に連絡しましょう。

  • 0120-074-024(国内)
  • 81-3-6770-2796(海外からかける時)
  • 年中無休
盗難・紛失の連絡をいれた日から60日前までさかのぼって補償してくれます。

ダイナースクラブカードの解約方法を教えてください。

ダイナースクラブ プレミアムカードを解約する場合は次のところに連絡をしましょう。

  • 0120-074-024
  • 月~金8:00~20:00(土8:00~18:00)
  • 日・祝・年末年始は休み
なお、解約しても支払った年会費は返ってこないので解約する際はタイミングを考えましょう。


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

初めてのステータスカードを探しているならおすすめ!ダイナースクラブカードを活用しよう

この記事のまとめ
  1. 年会費が安いため初めてのステータスカードにおすすめ
  2. レストランで優待を受けられる特典が充実
  3. 世界1,000ヶ所以上の空港で空港ラウンジが利用できる
  4. 海外旅行保険が自動で付帯される
  5. 利用し続けると「ダイナースクラブ プレミアムカード」の招待がもらえる

これまでダイナースクラブカードの特徴についてお話ししてきました。

ダイナースクラブカードがどんなクレジットカードでどんなメリットがあるのか理解できたのではないでしょうか?

ダイナースクラブカードはステータスが高くサービスも他の同ランクのクレジットカードと比べるとかなり充実しています。

そのため「ステータス重視で持つ初めてのクレジットカード」としてかなり優秀です。

またダイナースクラブカードを使い続けるとさらに上のステータスカード「ダイナースクラブ プレミアムカード」を持つ権利も得られますからね。

ダイナースクラブカードの特徴として上に5つまとめました。

ワンランク上のクレジットカードを持とうと考えているのなら、ダイナースクラブカードは年会費もお手頃でサービスも豊富なのでぜひチェックしてみてくださいね。


ダイナースクラブカードの公式HPを見る

ダイナースクラブカードの基本情報まとめ

ダイナースクラブカード
基本還元率1.0%
貯まるポイントダイナースクラブ・リワード
ポイント交換先1ポイント=0.5円
Tポイント、楽天スーパーポイント
還元率UP条件 なし
ポイント有効期限無期限
年会費24,200円
ポイント算出方法100円ごとに1ポイント
申込資格・条件27歳以上
国際ブランドDiners
特典・サービス
  • エグゼクティブ・ダイニングの利用
  • ホテルの宿泊優待
  • 国内・海外の1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用
  • 空港送迎サービス
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:年間500万円
ETCカード無料
電子マネーモバイルSuica、楽天Edy
追加カード家族カード(年会費5,500円)
カードランクゴールド
利用限度額利用者によって異なる

ダイナースクラブカードの公式HPを見る

カード概要

発行会社三井トラストクラブ株式会社
年会費24,200円
審査・発行1週間~2週間
入会条件27歳以上
国際ブランドDiners
支払い方法1回払い、ボーナス一括払い、リボ払い
支払い
  • 締め日:毎月15日
  • 引き落とし日:翌月10日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネーモバイルSuica、楽天Edy
家族カード発行可能枚数家族1人につき1枚
年会費5,500円
ETCカード発行可否可能
発行手数料無料
年会費無料

ポイント還元率

ポイントプログラムダイナースクラブ・リワード
通常還元率1.0%
還元率アップ条件なし
ポイント有効期限無期限
ポイント付与100円につき1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=0.5円
交換可能ポイントTポイント、楽天スーパーポイント
交換可能マイルANA

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険補償対象者カード会員
傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
入院保険金日額5,000円
手術保険金最高50,000円
通院保険金日額3,000円
海外旅行保険補償対象者カード会員
傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
傷害・疾病治療費用300万円
賠償責任1億円
携行品損害50万円
救援者費用300万円
ショッピング保険国内年間500万円
海外年間500万円

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ国内・海外の1,000以上の空港ラウンジを利用可能
盗難・紛失補償盗難・紛失の連絡をいれた日から60日前までさかのぼって補償
年間利用特典なし
お問い合わせ0120-041-962
平日10:00~20:00
土・日・祝10:00~18:00


ダイナースクラブカードの公式HPを見る