【便利に使える!】電子マネーiD付きのおすすめクレジットカード7選!

iD(アイディー)」はNTTドコモが発行している、2005年から使われている電子マネーです。

電子マネーは一般的に、支払う前にチャージする事前チャージ式のものが多いですが、iDは後払いができるポストペイ型が利用できてすごく便利!

そんなiDですが、よりお得に使うにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は電子マネーiDを活用するのにおすすめのクレジットカードや、iDに関する基礎知識をご紹介します!


電子マネーiDを活用するのにおすすめなクレジットカードを今すぐ見る

まずは確認!電子マネーiDを使うために必要な4つの基礎知識!

まずはiDを使うのに必要な基礎知識についてご紹介します。

上に4つあげたので、順番に見ていきましょう!

ポストペイ型・デビット型・プリペイド型の3種類のiDがある…ポストペイ型が便利でおすすめ!

iDのタイプ 支払い方法 対応するカード
おすすめ!
ポストペイ型
クレジットカードの請求と一緒に支払いをする(後払いできる iD機能付きクレジットカード
デビット型
引き落とし設定した口座から利用時に即引き落とし(即時払い) iD機能付きデビットカード
プリペイド型
事前にチャージ分だけ使える(前払いが必要) iD機能付きプリペイドカード
カード一体型、別カードのiDカードと紐付けするタイプがある。

iDと一口に言っても、実は支払いの方法によって上のような3種類に分かれています。

ポストペイ型はクレジットカードにセットで付いているiDで、利用額はクレカの請求に合わさって支払うので、後払いが可能な支払い方法です。

デビット型は引き落とし口座から即引き落とし、プリペイド型は事前チャージが必要…と支払い方法が全然違います。

iDを使うためにはiDの機能を持ったカードを持つことが必須なのですが、3種類の中でおすすめはやはりクレジットカードと同じように後払いで使うことができるポストペイ型!

事前チャージなどは必要ないので、使い勝手が段違いです。

利用限度額はiDを利用するクレジットカードの限度額そのままなので、クレジットカードの拡張機能的な位置付けなのがポストペイ型のiDですね。

kitamura
kitamura
iDは他にもクレカと似ている点があり、1万円以内の決済であればサインレスで支払いが可能なお店が多いです。

コンビニで利用するときなどに便利ですね!

Apple Pay・Google Pay・iDアプリを使うとスマホでもiDが使える!

スマホのタイプ iDを使う方法
(アプリなど)
使うスマホの条件
iOS:iPhone
(アップルウォッチも含む)
Apple Payを利用
>>詳細を見る<<
  • 日本国内で販売されたiPhone 7以上の機種
  • Apple Watch Series 2以上の機種
  • iOS 10.1以上のバージョン
Android Google Payの利用
>>詳細を見る<<
  • Android OS 5.0以上のバージョンのスマホ
  • FeliCa(おサイフケータイ)対応のスマホ
iDアプリの利用

(MVNO・SIMフリースマホの場合は↓)

iDにはカード版だけではなく、スマホ版もあります。

iPhone・Androidそれぞれのスマホでの対応は上のような感じで、特にAndroidスマホの場合はおサイフケータイ機能が付いていない場合は利用できません。

またスマホ版のiDは、上で紹介した何かしらのiD対応カードを登録する形で使うことができるので、iD対応クレジットカードなどの用意は必須です!

支払いの方法も、登録するiDがポストペイ型ならスマホでもポストペイ型で利用…のような感じでカードごとの仕様がそのままスマホ版でも使われます。

iD独自のポイント還元はないがカードごとの基本還元率は付与される!

iDには独自に貯まるポイントというのはありません。

その代わりに、カードごとにそれぞれ貯まるポイントが基本還元率で貯まるようになっています。

ということは、iDでより多くのポイント還元を受けたいなら基本還元率が高いカードを選ぶのがおすすめ!

カード名 還元率 貯まるポイント 1万円をiDで支払った場合
dカード
1% dポイント 100ポイント
イオンカードセレクト
0.5% ときめきポイント 50ポイント

上に一例として、iDが使えるクレジットカードの中で基本還元率が1%のdカード、0.5%のイオンカードセレクトをピックアップしてみました。

カード自体の還元率がiD利用時の還元率にダイレクトに反映されるので、ポイント還元を重視するなら基本還元率が高いカードを選ぶといいでしょう。

kitamura
kitamura
iDが利用できるカードの中では、1%なら高還元率と言えます。

ただし還元率以外にもお得な特典はそれぞれのカードで違うので、自分が最もお得になるカードを選びましょう。

iDは対応店舗が多い!…クレジットカードがダメでもiDなら使えるお店もある

ジャンル 使えるお店の例
コンビニ
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
モール・百貨店
  • イトーヨーカドー
  • イオン
  • アピタ
レストラン
  • ガスト
  • バーミヤン
  • デニーズ
家電量販店
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
ドラッグストア
  • ウエルシア薬局
  • マツモトキヨシ
  • ツルハドラッグ

iD支払いができるお店は日本全国で約111万店(2020年3月現在)と言われており、かなり広く使われています。

上に一例をあげてみましたが、全国展開しているお店はだいたい対応しているといった感じです。

また意外と多いのが、クレジットカードは非対応だけどiDは対応しているお店というパターン!

その場合はiD支払いすれば問題なくポイント還元をゲットしつつ支払えるので、クレジットカードが対応できない範囲を埋めてくれるのがiDを使う利点です。

電子マネーiDをお得に使える対応クレジットカードを7枚厳選して比較!

← 横にスクロールできます →
カード名 国際ブランド 年会費 基本還元率
(iD利用時も適用)
貯まるポイント 特徴
dカード
  • VISA
  • MasterCard
永年無料 1% dポイント
  • dカード特約店の利用で基本還元率1%より高い還元率に
  • ローソンで決済すると実質還元率5%に
dカードGOLD
  • VISA
  • MasterCard
11,000円(税込) 1% dポイント
  • docomo関連料金の支払いで10%ポイント還元
  • dカード特約店で最大5%ポイント還元
Orico Card THE POINT
  • MasterCard
  • JCB
永年無料 1% オリコポイント
  • Amazon利用の還元率が常時2%
  • 入会から6ヶ月間はポイント還元率が2倍
三井住友カードデビュープラス
  • VISA
  • 初年度:無料
  • 2年目以降:1,375円(年1回以上利用で無料)
1% Vポイント
  • 年間100万円までのお買物安心保険
  • 26歳以降の最初の更新で「プライムゴールド」にランクアップ
三井住友カード
  • VISA
  • MasterCard
  • 初年度:1,375円(ネット申し込みで無料)
  • 2年目以降:1,375円(年会費割引特典あり
0.5% Vポイント
  • ファミマ・ローソン・セブンイレブン・マクドナルドで常時2.5%(5倍)ポイント還元
  • 年間利用額に応じてボーナスポイントが付与
イオンカードセレクト
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
永年無料 0.5% ときめきポイント
  • クレジット機能・キャッシュ機能・電子マネーWAONが一体
  • イオン系列のお店でいつでも1%の還元率
セゾンカードインターナショナル
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
永年無料 0.5% 永久不滅ポイント
  • 即日発行ができる
  • ETCカードの同時申し込み可能
  • 「専業主婦でも学生でもお申し込み可能」と申し込みページに明記

それではiDが使えるおすすめクレジットカードについてご紹介します!

上にiDが利用可能なカードの中から、特に使いやすいものを7枚厳選して比較しました。

iD利用時の還元率は、表の上4枚のカードが基本還元率1%なのでお得です。

特にdカードOrico Card THE POINTは年会費も永年無料で使えるため、iDを使う目的で持つだけなら特におすすめ!

ただし各カードごとに特典が違うため、全員にとってこれが絶対的にお得な1枚…というのはありません。

なので基本還元率・年会費・特典などの使い勝手を重視して、次からおすすめ度順にiDが利用できるクレジットカードをご紹介していきます!

kitamura
kitamura
ちなみに基本還元率1%の高還元率で人気の楽天カードJCB CARD Wなどは残念ながらiDの機能がありません

電子マネーiDがお得に使えるクレジットカードおすすめTOP7!

ここでは上でご紹介したiDが使えるおすすめクレジットカードを詳しく解説していきます。

おすすめ度順にランキング形式にしているので、順番に見ていきましょう!

dカード…迷ったらコレ!基本還元率1%で年会費無料!

dカード
国際ブランド VISA/MasterCard
年会費 永年無料
基本還元率
(iD決済時も適用)
1.0%
還元ポイント dポイント
申し込み資格
  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと
特典
  • dカード特約店の利用で基本還元率1%より高い還元率に
  • ローソンで決済すると実質還元率5%に

iDが利用できるクレジットカードの中で特におすすめなのが、NTTドコモが発行するdカードです!

このカードはiDが使えるカードの中でも高還元率になる1%の基本還元率・年会費が永年無料で誰が作っても損はありません。

またdカード特約店dポイント加盟店でdカードを利用すると、基本還元率に加えてボーナスポイント還元もあるため、かなりお得です。

中でもお得なのが、ローソンでiD決済/dカード決済すると最大5%還元になること!

※カード提示でのポイント還元は、0:00~15:59で0.5%、16:00~23:59で1%

とこのような感じで、カード提示・決済時ポイント還元・利用額から割引で計4.5%~5%の実質還元率になります。

dカードはドコモユーザーでなくても作ることができるので、汎用性が高いiD付きクレジットカードが欲しい場合に特におすすめ!

kitamura
kitamura
ただしドコモスマホ・ドコモ光などを利用するドコモユーザーの場合、次にご紹介するdカードGOLDのほうがお得になります!




詳細を見る


公式HPを見る



dカードGOLD…ドコモユーザーなら年会費以上のメリットでおすすめ!

dカードGOLD
国際ブランド VISA/MasterCard
年会費 11,000円(税込)
基本還元率
(iD決済時も適用)
1.0%
還元ポイント dポイント
申し込み資格 20歳以上(学生は除く)で安定収入のある人
特典
  • docomo関連料金の支払いで10%ポイント還元
  • dカード特約店で最大5%ポイント還元

ドコモスマホ・ドコモ光などドコモ系のサービスを利用しているなら、dカードGOLDがおすすめです!

上で紹介したdカードの持つ特典はこのカードでも全て適用され、基本還元率1%ですが年会費は11,000円とそこそこ掛かります。

ではなぜドコモユーザーにdカードGOLDがおすすめなのかというと、ドコモスマホ・光回線を契約しているとdカードGOLD所有者は利用額の10%がポイント還元されるから!

例えばドコモスマホ・ドコモ光で月額10,000円支払っているとすると、

月額10,000円の10%(1,000ポイント)×12ヶ月=12,000ポイント

という感じで、これだけで年会費11,000円以上のポイント還元を受けることができます。

またdカードの持つ特典から大幅に強化されるため、ドコモサービスの利用額がよっぽど安い場合でない限りはdカードGOLDのほうがメリットが大きくおすすめ!




詳細を見る


公式HPを見る



Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT
国際ブランド MasterCard/JCB
年会費 永年無料
基本還元率
(iD決済時も適用)
1.0%
還元ポイント オリコポイント
申し込み資格 原則として18歳以上の方(高校生を除く)
特典
  • Amazon利用の還元率が常時2%
  • 入会から6ヶ月間はポイント還元率が2倍

iDが使えてかつ汎用性が高いカードとして有名なのが、オリコが発行するOrico Card THE POINTです!

このカードはdカードと同じく、基本還元率1%・年会費永年無料で使いやすくなっています。

また入会から6ヶ月間は基本還元率が2%になるため、この期間はiD利用時も還元率が2%になり超お得!

もう既に大きな買い物が決まっている、などの場合は短期間にポイントを荒稼ぎすることが可能です。




詳細を見る


公式HPを見る



三井住友カード・デビュープラス…18歳~25歳限定で超お得な三井住友カード!

三井住友カード・デビュープラス
国際ブランド VISA
年会費
  • 初年度:無料
  • 2年目以降:1,375円(年1回以上利用で無料)
基本還元率
(iD決済時も適用)
1.0%
還元ポイント Vポイント
申し込み資格 18歳~25歳の人(高校生を除く)
特典
  • 年間100万円までのお買物安心保険
  • 26歳以降の最初の更新で「プライムゴールド」にランクアップ

三井住友カードは基本還元率0.5%ですが、18歳~25歳まで申し込みできて基本還元率1%とお得なのが三井住友カード・デビュープラスです!

初年度年会費無料、2年目以降も年1回以上のカード利用があれば翌年年会費も無料という感じで、ほぼ年会費無料カードとして使うことができます。

このカードのわかりやすいメリットとして、セブンイレブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドで決済に使うと、2.5%のポイント還元になること!

この特典はiD決済時も対象になっています。

基本還元率1%なのでiDも当然1%還元で使うことができ、学生・新社会人の人ならおすすめのカードです。

26歳以降になると最初の更新で自動的に三井住友カード・プライムゴールドにランクアップするため、若いうちからゴールドカードを目指すのにも向いています!




詳細を見る


公式HPを見る



三井住友カード…スタンダードで使いやすい!

三井住友カード
国際ブランド VISA/MasterCard
年会費
  • 初年度:1,375円(ネット申し込みで無料)
  • 2年目以降:1,375円(年会費割引特典あり
基本還元率
(iD決済時も適用)
0.5%
還元ポイント Vポイント
申し込み資格 18歳以上(高校生を除く)
特典
  • ファミマ・ローソン・セブンイレブン・マクドナルドで常時2.5%(5倍)ポイント還元
  • 年間利用額に応じてボーナスポイントが付与

高い汎用性に加えて、多少のステータス性も欲しいなら三井住友カードがおすすめです!

このカードは基本還元率0.5%・年会費1,375円とこれだけ見ると条件が悪いと思うかもしれません。

ですがこのカードの場合、年間100万円のショッピング保険・最高2,000円の海外旅行保険など、一定の使いやすさが揃っているスタンダードさが魅力です。

三井住友カードのスタンダードカードなだけあって、セブンイレブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドで決済に使うと、2.5%のポイント還元になる特典ももちろん有効!

三井住友の年会費は初年度ネット申し込みで無料ですが、2年目以降は以下のような条件で年会費の割引があります。

マイ・ペイすリボの登録+年に1回以上リボ払い手数料の支払い 半額
前年度のカード利用額が300万円(含む消費税等)以上 半額
利用額が100万円(含む消費税等)以上300万円(含む消費税等)未満 半額
WEB明細の利用 550円OFF

最低限WEB明細を利用するだけでも550円OFFの年会費825円にできるので、WEB明細はぜひ利用しましょう!

kitamura
kitamura
初年度の年会費無料はネット申し込み限定の特典なので、必ずネット申し込みしましょう!




詳細を見る


公式HPを見る



イオンカードセレクト…イオンで常時1%&お得な割引特典あり!

イオンカードセレクト
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
年会費 永年無料
基本還元率
(iD決済時も適用)
0.5%
還元ポイント ときめきポイント
申し込み資格 18歳以上(高校生を除く)
特典
  • クレジット機能・キャッシュ機能・電子マネーWAONが一体
  • イオン系列のお店でいつでも1%の還元率

iDが利用できて、かつイオンでよく買い物する人ならイオンカードセレクトがおすすめです!

年会費は永年無料ですが、基本還元率0.5%なので、iDの利用や汎用性で言えば平凡かもしれません。

ですがイオンで使うことを前提にすると、

  • イオン系列のお店でクレジット決済すると常時1%の還元率
  • 毎月20日・30日にイオンでクレジット決済すると5%OFFの「お客様感謝デー」がある

といった特典があるため、十分にお得なクレジットカードと言えます。

イオンカードセレクトの場合、iDはあくまでもサブ的な利用になるかと思いますが、審査が通りやすいカードなので審査が不安な人でも作れるカードです。

kitamura
kitamura
また「年100万円以上のクレジット利用」などの一定条件を満たすと、ゴールドカードへ招待あり!

ゴールドカードにしても年会費は無料のまま特典が追加されるので、将来的にお手軽なゴールドカードを持ちたい場合にもおすすめな選択肢です。




詳細を見る


公式HPを見る



セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
年会費 永年無料
基本還元率
(iD決済時も適用)
0.5%
還元ポイント 永久不滅ポイント
申し込み資格 18歳以上(高校生は除く)で連絡が可能な人
特典
  • 即日発行ができる
  • ETCカードの同時申し込み可能
  • 「専業主婦でも学生でもお申し込み可能」と申し込みページに明記

手早く作れるiD対応のクレジットカードがセゾンカードインターナショナルです!

このカードは基本還元率0.5%と平凡ですが、年会費永年無料で維持コストは掛かりません。

このカードの最大の特徴は、審査の通りやすさ&カード発行の早さ!まず審査の通りやすさは、以下のように公式でアピールしています。

また即日発行&ETCカードの同時発行も可能なので、クレジットカードが必要になったらすぐに作れるのも大きなメリットです。

還元ポイントの永久不滅ポイントは名前の通り使用期限なしなので、期限切れの心配は全くありません。


セゾンカードインターナショナルの公式HPを見る

迷ったらコレ!iDを利用するのにおすすめはdカード!

dカードがおすすめな5つの理由!
  • 基本還元率1%の高還元率でiD利用でもお得!
  • 年会費永年無料で持つことができる
  • dポイントカードとしても利用できる
  • 年間100万円のお買物あんしん保険が付帯
  • ローソンで実質還元率5%

ここまでiDが使えるおすすめクレジットカードをご紹介しましたが、その中でも特にdカードがおすすめです!

基本還元率が1%と高還元率で、iDももちろん1%還元で利用できます。

また年会費無料でドコモ系のサービスを使わない人でも持って損がないので、気軽に作れるのも魅力!

コンビニのローソンでは実質還元率5%になるため、特に積極的に使っていきたいですね。

汎用性・iDの利用どちらも優れているので、iDが使えるクレジットカードに迷ったらとりあえずdカードを作ると良いでしょう。

※年会費11,000円分のポイントをほぼ確実にゲットできるドコモユーザーは、dカードGOLDのほうがおすすめです。




詳細を見る


公式HPを見る



クレジットカードで後払い可能な電子マネーのiDとQUICPayの違いは?

iD
QUICPay
運営会社 NTTドコモ JCB
利用可能店舗 約111万店
(2020年3月現在)
>>使える店舗一覧<<
約116万店
(2020年3月現在)
>>使える店舗一覧<<
スマホ対応
(一部非対応のカードあり)

(一部非対応のカードあり)
ポイント還元率 使うカードの還元率 使うカードの還元率
おすすめカード
基本還元率1%のカード
dカード

dカードGOLD

Orico Card THE POINT
楽天カード

JCB CARD W

Orico Card THE POINT

iDと同じようにポストペイ型(後払い)で使える電子マネーとしてJCBが運営するQUICPay(クイックペイ)があります。

どちらもカードで利用・スマホで利用ができますが、QUICPayに関してはキーホルダー型・コイン型といったちょっとユニークなものも。

比較してみると加盟店・ポイント還元などの使用感はかなり似ているので、主な違いは対応するカードでしょう。

上におすすめカードを記載しておきましたが、iDであればこれまでご紹介したようにdカードなどが、QUICPayなら楽天カードJCB CARD Wなどが基本還元率1%・年会費永年無料でお得でおすすめ!

なのでiD・QUICPayの使いたいほう、もしくは今持っているカードで対応しているほうを選ぶと使いやすいでしょう。

ちなみにOrico Card THE POINTiD・QUICPay両方に対応しています。

電子マネーiDがお得に使えるクレジットカードまとめ!

この記事のまとめ
  • iDにはポストペイ型・デビット型・プリペイド型がある
  • クレジットカードで使える後払い式のポストペイ型がおすすめ
  • Apple Pay・Google PayなどスマホにiD対応カードを紐付けして使える
  • iD独自ポイントはないため、カードごとの基本還元率が高いほどお得!
  • iDを利用するのに特におすすめなのはdカード

今回は電子マネーiDを利用できるお得なクレジットカード、iDに関する基礎知識などをご紹介してきました。

iDはクレジットカードで使えるポストペイ型がチャージ不要・後払い式で便利です!

Apple Pay・Google PayなどにiD対応カードを紐付けしてスマホで決済も可能なので、支払いをスマホにまとめたい場合にもおすすめ。

iDは独自ポイントを持たないため、カードが持っている基本還元率が高いほどお得になります(高還元率の基準は1%)。

特におすすめのカードは基本還元率1%&年会費永年無料で使えるdカードですが、iDの利用以外にも特典など考慮すると全員が一番お得になるわけではありません。

自分に合った使い方・特典があるカードでiDを利用したいですね!


電子マネーiDを活用するのにおすすめなクレジットカードをもう一度見る