JCB ザ・クラスを徹底解説!審査・年会費・メリットまとめ

JCB ザ・クラス
基本還元率0.5%
貯まるポイントOki Dokiポイント
ポイント交換先1ポイント=5円
nanacoポイント、dポイント、楽天スーパーポイント、WAONポイント
還元率UP条件 JCBオリジナルパートナー店舗で利用
ポイント有効期限24ヶ月
年会費55,000円
ポイント算出方法1,000円につき1ポイント
申込資格・条件カード会社からの招待
JCBゴールドかJCBプラチナ所持が条件
国際ブランドJCB
特典・サービス
  • コンシェルジュサービスが利用可能
  • 世界の空港ラウンジが無料利用可能
  • 年に1回プレゼントが送られる
  • ディズニーリゾートの会員専用ラウンジが利用可能
  • 加盟しているレストランで特別優待
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:最高500万円
ETCカード年会費無料
電子マネーQUICPAY
追加カード家族カード(年会費無料)
カードランクブラック
利用限度額利用限度額なし

JCB ザ・クラスは株式会社ジェーシービ―が発行しているクレジットカードの中で最もランクが高いクレジットカードです。

JCB ザ・クラスにはコンシェルジュサービスがついており、ホテルやレストランの予約や旅行の手配などを一括して代行してくれます。

また「メンバーズ・セレクション」として、年に1回カードを持っている人に旅行券や高級食材がもらえるサービスもあります。

ただしJCBカードの中で最もランクが高いだけあって審査が厳しいだけでなくカード会社からの紹介がないと申込すらできません。

とはいえ、年会費だけ見るとアメックスやダイナースの同ランクのカードに比べて安くなっていますので、ハイステータスなカードを探しているならぜひチェックしてみてくださいね。


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)の7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、JCB ザ・クラスの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、JCB ザ・クラスの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずはJCB ザ・クラスがどんなカードかを理解しておきましょう!

コンシェルジュサービスが24時間365日利用できる

JCB ザ・クラスのコンシェルジュサービスでできること
  • ホテルやレストランの手配
  • ギフトやプレゼントの相談・手配
  • 気になる商品の在庫確認

JCB ザ・クラスにはコンシェルジュサービスがついています。

JCB ザ・クラスのコンシェルジュサービスは「クオリティが高い」と評判で、アメックスやダイナースのコンシェルジュサービスでは断られる内容も対応してくれると言われています。

JCB ザ・クラスのコンシェルジュサービスで対応してくれる内容は上にまとめました。

atsushi
atsushi
調べる時間がなかったり困ったりした時に利用すると親身になって対応してくれるのでとても便利ですよ

年に1回好きな商品が選べるカタログが送られてくる

ザ・クラス メンバーズ・セレクションで選べる商品
  • 海外旅行券
  • 国内旅行券
  • テーマパークのチケット
  • 家電(炊飯器、コーヒーメーカーなど)
  • 高級食材(お肉、魚介類など)
  • お酒(ワイン、日本酒など)

JCB ザ・クラスでは「メンバーズ・セレクション」というカタログが送られてきます。

このカタログの中から好きな商品を選ぶとその商品がプレゼントとして贈られてきます。

カタログは毎年3月頃送られてきて受付期間が1年間ありますので、じっくりカタログを見てもらう商品を選んでくださいね。

選べる商品には旅行券、家電、食材、日用雑貨などいろんな種類から選べます。

atsushi
atsushi
選べる商品は毎年変わるので、その時欲しいものや必要なものを選びましょう。

有名レストランで特別優待が受けられる

グルメ・ベネフィットの内容
  • 加盟しているレストランでの特別優待
  • 2名以上でコース料理を予約すると1名分無料
  • 利用制限がなくいつでも何度でも利用できる

JCB ザ・クラスには加盟している国内のレストランで優待が受けられる「グルメ・ベネフィット」が利用できます。

加盟店も全国にあるため、どこに行っても利用できるのもいいですよね。

また2名以上でコース料理を注文すると1名分無料になったりなど、お会計もお得になります。

atsushi
atsushi
記念日や接待などで使うととても便利ですよ。

ディズニーリゾートやUSJの会員専用ラウンジが利用できる

会員専用ラウンジの特徴
  • 各エリアに設置された非公開の応接室
  • 利用できるのは年に1回のみ
  • ラウンジがあるテーマパークの搭乗優先もある

JCB ザ・クラスを持っているとディズニーリゾートとUSJにある会員専用ラウンジが使えるようになります。

この専用ラウンジは公表されていない非公開のラウンジでJCBがスポンサーをしているエリアに設置されています。

会員専用ラウンジがあるエリア
  • ディズニーリゾート「スター・ツアーズ」
  • USJ「フライングダイナソー」

ラウンジ内にはソファやフリードリンクがあったりするため、遊び疲れた時の休憩場所として利用すると便利ですよ。

プライオリティパスが無料で利用できる

プライオリティパスの特徴
  • 140以上の国や地域にある空港にある
  • フリードリンクや軽食が利用できる
  • 無料Wi-Fiが利用できる

JCB ザ・クラスを持っていると世界中の空港にあるプライオリティパスが無料で利用できます。

プライオリティパスは本来年会費(99ドル~)を払わないといけませんが、JCB ザ・クラスを持っていると年会費を払う必要がありません。

プライオリティパスにはフリードリンクや軽食が摂れるうえにWi-Fiも無料で使えるので、海外に出張に行った際に飛行機に乗るギリギリまで仕事ができたります。

atsushi
atsushi
プライオリティパスを利用する際は事前にコンシェルジュサービスにその旨を伝えておくと手配してもらえますよ。

ブラックカードなのに家族カードの年会費が無料

カードの種類家族カードの年会費
JCB ザ・クラス無料
JCBプラチナ1枚目無料、2枚目以降3,300円
JCBゴールド1枚目無料、2枚目以降1,100円
JCBカード(一般カード)無料

JCB ザ・クラスはブラックカードなのに家族カードの年会費がかかりません。

ステータスが高いクレジットカードの多くは家族カードの年会費が発生したりそもそも家族カード自体作れなかったりするため「家族カードの年会費無料」はかなり珍しいです。

実際に他のJCBカードと比べると、JCB ザ・クラスよりもグレードが低い「JCBプラチナ」や「JCBゴールド」は2枚目以降から家族カードの年会費がかかります。

家族カードが無料で作れるのは同じカードサービスを家族で共有しやすくなるので良いですよね。

お得な旅行プランが利用できる

利用できる旅行プラン内容
JCBプレミアムステイプラン国内の厳選されたホテルや旅館に格安で宿泊
海外ラグジュアリー・ホテル・プラン海外のホテルを利用する際に特別優待が受けられる

JCB ザ・クラスを持っていると特別な旅行プランでの旅行が楽しめます。

特に「海外ラグジュアリー・ホテル・プラン」はJCB ザ・クラス限定のプランもあって、海外の高級ホテルでより高いサービスが受けられるプランもあります。

旅行会社に行ってもないようなプランもたくさんありますので、旅行に行く時にぜひ活用してくださいね。


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)の3つのデメリットも確認しておこう

どれだけJCB ザ・クラスにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえでJCB ザ・クラスを正しく理解したいですね。

ですので、ここでJCB ザ・クラスを利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

海外で利用できる店舗が少ない

国際ブランド会員数加盟店舗数
VISA約20億人3,850万店
MasterCard約10億人3,850万店
JCB約0.7億人2,500万店

JCB ザ・クラスはJCBが発行しているプロパーカードのため国際ブランドはJCB以外選べません。

JCBは世界的にも利用者のシェアが低くVISAやMasterCardに比べると使えるお店が少ないです。

JCBは日本発の国際ブランドのため日本で使う分には問題ありませんが、海外では使えないお店もあるのがデメリットです。

atsushi
atsushi
海外に持っていくクレジットカードとしてはこれ1枚だけだと不安を感じるかもしれませんね。

ポイント還元率が低いためポイントが貯まりにくい

JCB ザ・クラスのポイント還元率は0.5%と決して高くありません。

しかもJCB ザ・クラスは高いステータスが大きな特徴のため「ポイント」にフォーカスしたサービスもあまりないため、還元率アップの条件も少なめです。

そのため、ポイントを貯めてお得にポイントを活用するクレジットカードとしては不向きなカードといえるでしょう。

招待がないとJCB ザ・クラスは作れない

JCB ザ・クラスの最大のデメリットは「カードを作るための条件」です。

JCB ザ・クラスはJCBカードの中でも一番ランクが高いため、カード会社から招待を受け取らないと申込すらできません。

もちろん招待を受け取っても厳しい審査を通らないとカードを発行してもらえないため「欲しい」からと言って手軽にカードは作れません。

JCB ザ・クラスを持ちたいのであれば2~3年はかかるものと考えた方が良いでしょう。


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)で貯まるOki Dokiポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

JCB ザ・クラスを利用すると、「Oki Dokiポイント」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたポイントトは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここではJCB ザ・クラスで貯めたOki Dokiポイントのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

他社が発行しているポイントに交換する

交換レートnanacoポイント200ポイント→1,000ポイント
楽天ポイント200ポイント→800ポイント
dポイント200ポイント→800ポイント
Pontaポイント200ポイント→800ポイント
使いやすさ

JCB ザ・クラスで貯めたポイントでもっともおすすめの使い道が他社が発行しているポイントへの交換です。

Oki Dokiポイントは楽天ポイントやnanacoポイントなど利用者が多いポイントに交換できます。

普段貯めたり使ったりしているポイントがあれば交換して活用してくださいね。

Amazonでの買い物代金をポイントで払う

ポイントの価値1ポイント=3.5円
使いやすさ

Oki DokiポイントはそのままAmazonでの買い物代金に充当できます。

Oki Dokiポイントで支払う場合はAmazonで注文する時に「お支払い方法の選択」でJCBカードを選び「パートナーポイント」の利用ポイントを入力するだけです。

1ポイントにつき3.5円分の値引きができるためAmazonをよく使うのであれば、他のポイントに交換せず、そのままポイントとして置いておくといいでしょう。

航空会社のマイルに交換する

交換レート500ポイント→1,500マイル
使いやすさ

Oki Dokiポイントはは航空会社のマイルにも交換できます。

交換レートは500ポイントで1,500マイルに交換でき、航空会社の下の3社から選べます。

交換できるマイル
  • ANA
  • JAL
  • デルタ航空

よく旅行や出張などで飛行機を使うのなら、マイルに交換すればお得に飛行機を利用できるのでおすすめです。


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)の評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

JCB ザ・クラスがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、JCB ザ・クラスを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

JCB ザ・クラスの悪い評判・口コミ一覧

  • ブラックカードだけど年会費が安く他のカードに比べて審査が甘いためハードルが低い。そのためカードのステータスが落ちているのが残念です。
  • メンバーズ・セレクションで選べる商品が少なくなっていきガッカリしました。今のままだと持っている価値はないので解約しようか迷っています。
  • マイルの交換レートが低いためマイラーにはお勧めしません。ポイント還元率も低いので貯まりにくいですしね。

JCB ザ・クラスの良い評判・口コミ一覧

  • コンシェルジュサービスの対応が素晴らしい!こちらのわがままも最大限聞いてくれて提案してくれるのでいつも感心しています。
  • 有名ホテルや高級ホテルに格安で泊まれたり優待を受けたりできるため、旅行の時には欠かせません。旅行保険もついているので安心です。
  • 国内では使えないお店がないくらいどこでも使えるのでメインのカードとして使っています。

JCB ザ・クラスの評判・口コミまとめ!

JCB ザ・クラスの悪い評判・口コミ
  • ステータスが下がっている印象がある
  • メンバーズ・セレクションで選べる商品が少なくなってきた
  • ポイントが貯まりにくくマイルが貯まりにくい
JCB ザ・クラスの良い評判・口コミ
  • コンシェルジュサービスの対応が素晴らしい
  • ホテルや旅館の特別優待が良い
  • 日本のシェアが高く使い勝手がいい

JCB ザ・クラスの悪い口コミはあまりありませんでしたが、中でも多かったのが「ステータスが下がっている」というものでした。

JCB ザ・クラスはブラックカードの中で年会費が安く審査が甘いため、カードを作るハードルは決して高くありません。

そのためJCB ザ・クラスを持つ人が増えたことによって希少性が薄くなったことに利用者は不満を感じているようです。

反対に良い口コミで圧倒的に多かったのは「コンシェルジュサービスの対応」でした。

特にアメックスやダイナースと比べると、面倒な要望にも丁寧に対応してくれたりしっかりリサーチして提案してくれるみたいで利用者はかなり満足していました。

また「メンバーズ・セレクション」や「グルメ・ベネフィット」などの独自のサービス目的でJCB ザ・クラスを作った人も多く全体的に提供されるサービスが好評な印象です。

質の高いサービスを求めるならJCB ザ・クラスはおすすめです。


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)と他のJCBカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
JCB ザ・クラスJCBカード(一般カード)JCBゴールドJCBプラチナ
基本還元率0.5%0.5%0.5%0.5%
年会費55,000円1,375円11,000円27,500円
申込資格カード会社からの招待
JCBゴールドかJCBプラチナ所持が条件
18歳以上で安定継続収入がある(高校生除く)20歳以上で安定継続収入がある25歳以上で安定継続収入がある
特典・サービス
  • コンシェルジュサービスが利用可能
  • 世界の空港ラウンジが無料利用可能
  • 年に1回プレゼントが送られる
  • ディズニーリゾートの会員専用ラウンジが利用可能
  • 加盟しているレストランで特別優待
  • 優待店で使うとポイントが2倍
  • 海外にあるJCBプラザラウンジが利用可能
  • 優待店で利用するとポイントが10倍
  • 海外の空港ウランジを格安で利用可能
  • 国内の空港ラウンジを無料利用
  • 航空機遅延保険が付帯
  • 全国250店舗の飲食店で20%オフ
  • 優待店で利用するとポイントが10倍
  • 国内外の空港ウランジを無料利用可能
  • コンシェルジュサービスを利用可能
  • 航空機遅延保険が付帯
  • 全国250店舗の飲食店で20%オフ
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:最高500万円
  • 海外旅行傷害保険:最高3,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高3,000万円
  • お買い物安心保険:最高100万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:最高500万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:最高500万円
ETCカード年会費無料年会費無料年会費無料年会費無料
家族カード年会費無料年会費無料1枚目は年会費無料
2枚目以降1,100円
1枚目は年会費無料
2枚目以降3,300円
利用限度額利用限度額なし100万円500万円利用限度額なし


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)の審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

JCB ザ・クラスはJCBカードの中でもっともステータスが高いクレジットカードです。

そのためJCB ザ・クラスを作る時には厳しい審査を通らないといけません。

ここではJCB ザ・クラスの入会条件や審査の基準について詳しく解説していきます。

JCBからの「招待」がないとカードに申し込めない

JCB ザ・クラスの招待が送られてくる条件
  • 毎月一定以上カードを利用している
  • カードの支払いを一度も延滞したことがない
  • 年収が一定以上ある(500万~800万円)
  • 勤続年数が一定以上(10年以上)

JCB ザ・クラスはカード会社から招待(インビテーション)が送られてきて初めて申し込めるクレジットカードです。

つまりカード会社から招待が送られてこないとJCB ザ・クラスの申込すらできません。

JCB ザ・クラスの招待が送られてくる条件はハッキリ明記されていませんが、今まで招待が送られてきた人達の特徴から上のような条件をクリアしないとダメと言われています。

atsushi
atsushi
上の条件はあくまで「目安」ですがクリアしている招待を受けやすくなるので全部満たすようにしましょう。

「JCBゴールド」か「JCBプラチナ」を持っている

JCB ザ・クラスの招待はすでにJCBカードを持っている人にしか送られてきません。

もっと言えばJCBカードの中でもステータスが高い「JCBゴールド」か「JCBプラチナ」の所持が絶対条件になります。

まだどちらのカードも持っていないなら、まずはどちらかのクレジットカードを作るところから始めてくださいね。

作りやすさで言えば「JCBゴールド」の方が審査のハードルが低いのでおすすめです。

関連記事
JCBゴールド
JCBゴールドの特徴・メリットを解説!審査・年会費・保険・特典など JCBゴールド 基本還元率 0.5% 貯まるポイント Oki Dokiポイント ポイント交...
atsushi
atsushi
JCBカード(一般カード)やJCBCARD Wを何年使ってもJCB ザ・クラスの招待は送られてこないので気を付けてくださいね。

「突撃」をしてもJCB ザ・クラブを作れる

突撃とは?

利用者からカード会社に招待(インビテーション)の発送をお願いすること。招待が送られる条件を満たしていると招待を送ってもらえる

JCB ザ・クラスの招待はカード会社に送ってほしい旨を伝えると招待を送ってくれる場合があります。

カード会社も利用者全ての情報を正確に把握しているわけではないため、条件を満たしていても招待を送っていない人もいます。

もちろん突撃しても年収が低かったりカードの利用実績(クレヒス)がないと対応してくれないので、招待を送ってもらうための条件はしっかり満たす必要はあります。


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

【JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)のQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

JCB ザ・クラスについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、JCB ザ・クラスの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、JCB ザ・クラスのよくある気になる疑問に答えていきます。

JCB ザ・クラスを検討する際の参考にしてみてくださいね!

JCB ザ・クラスのインビテーションが送られてくる時期っていつですか?

毎年11月か12月にインビテーションが送付されます。

送られてこない場合はJCB ザ・クラスを持つ資格が認められないということなので、利用金額を増やしたり年収を上げたりして条件を満たす努力をしましょう。

JCBカード(一般カード)を持っていても招待は送られてきますか?

招待が送られるのはJCBゴールドかJCBプラチナを所有している人のみで。

それ以外のJCBカードを持っていても招待は送られてきません。

JCB ザ・クラスを解約する時はどうすればいいですか?

JCB ザ・クラスを解約する場合はカードの裏面にある電話番号に電話して解約の希望を伝えましょう。

あとはアナウンスに従って手続きを進めれば解約完了です。


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

最高峰のステータスをお得な年会費で利用できる!JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)を活用しよう

この記事のまとめ
  1. 24時間365日利用できるコンシェルジュサービス
  2. 年に1回「メンバーズ・セレクション」が受け取れる
  3. ホテルや旅館で特別優待が受けられる
  4. テーマパークのカインラウンジが利用できる
  5. 年会費が格安で家族カードも無料

これまでJCB ザ・クラスの特徴についてお話ししてきました。

JCB ザ・クラスがどんなクレジットカードか理解できたのではないでしょうか?

JCB ザ・クラスはステータス最高峰のブラックカードなだけに、質の高いサービスや特典が受けられるクレジットカードです。

特にコンシェルジュサービスの対応は他のハイステータスなクレジットカードと比べるとかなり満足感が高いのでおすすめです。

また年に1回プレゼントされる「メンバーズ・セレクション」も利用者には好評です。

JCB ザ・クラスの特徴については上に5つまとめました。

JCB ザ・クラスのメリットとデメリットを正しく理解して、上手に活用してくださいね。


JCB ザ・クラスの公式HPを見る

JCB ザ・クラスの基本情報まとめ

JCB ザ・クラス
基本還元率0.5%
貯まるポイントOki Dokiポイント
ポイント交換先1ポイント=5円
nanacoポイント、dポイント、楽天スーパーポイント、WAONポイント
還元率UP条件 JCBオリジナルパートナー店舗で利用
ポイント有効期限24ヶ月
年会費55,000円
ポイント算出方法1,000円につき1ポイント
申込資格・条件カード会社からの招待
JCBゴールドかJCBプラチナを所持
国際ブランドJCB
特典・サービス
  • コンシェルジュサービスが利用可能
  • 世界の空港ラウンジが無料利用可能
  • 年に1回プレゼントが送られる
  • ディズニーリゾートの会員専用ラウンジが利用可能
  • 加盟しているレストランで特別優待
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高1億円
  • お買い物安心保険:最高500万円
ETCカード年会費無料
電子マネーQUICPAY
追加カード家族カード(年会費無料)
カードランクブラック
利用限度額利用限度額なし

JCB ザ・クラスの公式HPを見る

カード概要

発行会社株式会社ジェーシービー
年会費55,000円
審査・発行1~2週間
入会条件カード会社からの招待
JCBゴールドかJCBプラチナ所持が条件
国際ブランドJCB/td>
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、リボ払い、分割払い、スキップ払い
支払い
  • 締め日:毎月15日
  • 引き落とし日:翌月10日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー QUICPAY
家族カード発行可能枚数8枚
年会費無料
ETCカード発行可否可能
発行手数料無料
年会費無料

ポイント還元率

ポイントプログラムOki Dokiポイント
通常還元率0.5%
還元率アップ条件 JCBオリジナルパートナーのお店で利用
ポイント有効期限24ヶ月
ポイント付与1,000円につき1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=5円
交換可能ポイント nanacoポイント、dポイント、楽天スーパーポイント、WAONポイント
交換可能マイル JALマイル(1ポイント=3マイル)、ANAマイル(1ポイント=3マイル)

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険補償対象者カード会員
傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
入院保険金日額5,000円
手術保険金最高200,000万円
通院保険金日額2,000円
海外旅行保険補償対象者カード会員とその家族
傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
傷害・疾病治療費用最高1,000万円
賠償責任最高1億円
携行品損害最高100万円
救援者費用最高1,000万円
ショッピング保険国内500万円
海外500万円

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ国内主要空港、140以上の国にある主要空港
カード紛失・盗難補償無料
年間利用特典メンバーズセレクションがプレゼント
お問い合わせ 0120-015-870(フリーダイヤル)
0570-015-870(スマートフォン、携帯電話)


JCB ザ・クラスの公式HPを見る