国民年金をクレジットカードでポイント還元アリでお得に支払う方法!

自営業・フリーランスの人などは国民年金の支払いが必要です。

結構高額な支払いになるので出費は痛いですが、将来もらえる年金額に関わるのでできるだけ支払っておきたいですね。

そんな国民年金ですが、クレジットカードを使ってポイント還元を受けながら支払う方法があります!

今回は国民年金をクレジットカードで支払う方法や、どの支払い方がお得かなどをご紹介しますね。

国民年金をクレジットカードでお得に支払う2つの方法!

支払い方法主なメリット主なデメリット
おすすめ!
①直接クレジットカード払い
  • 手数料が掛からない
  • 高還元率のクレカが使える
  • 割引が適用される前納が利用できる
  • 申し込みから適用まで1ヶ月以上掛かる
  • カードが更新されると再申し込みが必要
  • 後から納める追納には利用できない
②コンビニ払い
  • 手数料が掛からない
  • ポイント還元がゲットできる
  • 事前申し込みの必要がない
  • コンビニまで行く必要がある
  • チャージできるクレカが限定される
  • 割引適用の前納が利用できない

それでは国民年金をクレジットカードでお得に支払いする方法をご紹介します!

現在、上の表にあげた直接クレジットカード払い・コンビニ払いの2つの方法で国民年金のクレジットカード払いが可能です。

どちらの方法もメリット・デメリットがありますが、結論から言ってしまうと基本的には直接クレジットカード払いがお得なのでおすすめ!

後ほど詳しく触れますが、国民年金は支払う際に

  • 6ヶ月前納
  • 1年前納
  • 2年前納(コンビニ払いでは利用不可

という割引アリのまとめ払いができ、2年分の前納が一番割引額が大きくなっています。

2年分の前納はクレカ経由で支払う場合は直接クレジットカード払いでのみ利用ができ、ポイント還元も受けることが可能!

つまり割引+ポイント還元でメリットを最大限受けられるので、利用できるならクレジットカード払いを利用するといいでしょう。

kitamura
kitamura
このあと、クレジットカード払い・コンビニ払いについて詳しくご紹介しますね!

①直接クレジットカード払い…割引適用の前納が利用できてポイント還元もゲットできおすすめ!

支払いの形式直接クレカ払い
(現金払いにも適用)
口座振替
毎月払い16,540円
6ヶ月分の前納98,430円
(毎月払いより810円の割引)
98,110円
(毎月払いより1,130円の割引)
1年分の前納194,960円
(毎月払いより3,520円の割引)
194,320円
(毎月払いより4,160円の割引)
2年分の前納386,960円
(毎月払いより14,590円の割引)
383,210円
(毎月払いより15,840円の割引)
※令和2年度の国民年金の保険料

まずはクレジットカード払いについてご紹介します。この国民年金の支払方法はポイント還元を受けられるのでとてもおすすめ!

また6ヶ月分・1年分・2年分の前納による割引を利用すれば、ポイント還元と合わせて2重でお得になります

上の表は令和2年度の直接クレカ払い・銀行口座を紐つけた口座振替それぞれの前納の金額・割引額を比較したものです。

一見すると口座振替のほうが割引額が大きいのでお得に思うかもしれませんが、クレカ払いではポイント還元もあるため、

令和2年度の国民年金2年分の前納をした場合
  • 基本還元率1%のクレジットカードで支払う
    386,960円(毎月払いより14,590円の割引)+ポイント1%(3,869ポイント還元)
    18,459円分お得!
  • 基本還元率0.5%のクレジットカードで支払う
    386,960円(毎月払いより14,590円の割引)+ポイント0.5%(1,934ポイント還元)
    16,524円お得!
  • 口座振替で支払う
    383,210円支払い(毎月払いより15,840円の割引)でポイント還元なし
    =15,840円お得

とこのような感じで、クレジットカードのポイント還元を受けることで実質のお得度が口座振替と逆転します!

国民年金を支払うなら、直接クレジットカード払いがお得ということですね。

kitamura
kitamura
ここからは以下の順番で具体的なクレジットカード払いの方法・注意点などをご紹介します。
  1. 国民年金をクレジットカードで支払うには事前に申請が必要!
  2. 国民年金をクレジットカードで支払う4つのメリット・4つのデメリット!
  3. 国民年金をクレジットカードで支払うなら1%以上の高還元率クレカを使うのがお得!

それでは順番に見ていきましょう!

国民年金をクレジットカードで支払うには事前に申請が必要!

国民年金をクレジットカード払いするには、事前の申請が必要です。

申請の方法としては、

  1. 日本年金機構公式HPで電子申請をする
  2. クレジットカード払いの申込書を年金事務所に提出する

の2通りがあるので、それぞれ申請しやすいほうで申請しましょう。

【申請方法①】日本年金機構公式HPで電子申請をする

国民年金のクレジットカード払いを申請するのに、電子申請を利用することができます。

上のような日本年金機構公式の申請方法の解説動画があるので見てみてくださいね!

電子申請には以下のような4通りの方法があり、

申請方法
↓リンクをタッチで各申請ページへ
紹介
電子申請(GビズID)1つのアカウントで複数の行政サービスにアクセスできる認証システム
電子申請(e-Gov)総務省運営の総合行政ポータルサイトで、年金事務所に行う各種申請手続きを自宅のパソコンからオンラインで行える
届書作成プログラム届書を簡易に作成・申請できる無料プログラム
電子媒体申請電子申請の利用環境が整っていない場合でも利用できる(CD、DVDによる申請)

これらのうち利用しやすいものを利用しましょう。

【申請方法②】クレジットカード払いの申込書を年金事務所に提出する

国民年金のクレジットカード払いの申請は書面で行うこともできます。

上のような申込み書があるので、必要事項を記入して郵送するか年金事務所に直接提出するとクレジットカード払いに切り替えすることが可能です。

提出先お住まいの近所の年金事務所
>>年金事務所の住所を調べる<<
提出方法
  • 年金事務所に持ち込み
  • 郵送
申込み書の印刷サイズA4
郵送の場合の封筒自分で用意する
普通郵便84円

提出先は上のようになっているので、お住まいの地域ごとの年金事務所に提出しましょう。

国民年金をクレジットカードで支払う4つのメリット・4つのデメリット!

国民年金をクレジットカード払いするとメリット・デメリット両方があります。

それぞれ4つずつあげたので、見たい内容のボタンをタッチして展開してみてください!

国民年金をクレジットカードで支払う際の4つのデメリット!

①国民年金を後から支払う追納には利用できない
国民年金は「未納」になってしまう月があると、その分だけ将来受け取れる年金額も減ってしまいます

なのでその時その時での支払いができなかった国民年金を後から支払うことができるのが「追納」です。

ですがこの追納による支払いにはクレジットカード払いを利用することができません!

追納分は現金などしか選べないので注意しましょう。

※追納に関しては以下の支払い期限があります。

免除・納付猶予支払い対象月から10年
未納支払い対象月から2年
②前納を利用するならクレカの利用可能枠が多く必要
支払いの形式支払い額
毎月払い16,540円
6ヶ月分の前納98,430円
1年分の前納194,960円
2年分の前納386,960円
※令和2年度の国民年金の保険料

国民年金の前納を利用する場合、クレジットカードの利用可能額をかなり大きく利用する必要があります。

先ほども触れましたが、前納は6ヶ月分・1年分・2年分の3種類のまとめ払いを利用可能です。

金額はそれぞれ上のようになっており、かなり高額なのがわかりますね。

クレカの利用可能額があまり高くない場合、前納以外のクレカ支払いに支障がないようにしましょう。

kitamura
kitamura
もし今手持ちのクレジットカードだけだと利用可能額が不安な場合、こちらでご紹介する高還元率クレジットカードを新たに作るのもアリですね。
③利用可能な支払い回数は一括だけ
国民年金のクレジットカード払いは、支払い回数は一括払い限定です。

クレカで商品を購入する際に利用できる分割払い・リボ払いが選べないので、特に1回に高額の支払いが必要な前納の際は注意しましょう。

④個人情報・カードの変更などがあれば再申請が必要
国民年金のクレジットカード払いをしていて、個人情報・カードの変更などがあったら、再申請が必要になります。

例えば以下のような状況であれば再申請しなければいけません。

  • 引っ越しなどでクレジットカードの登録住所が変わった
  • 結婚などで名字が変わりクレジットカードの名義が変わった
  • クレジットカードの再発行などでカード番号が変わった

再申請してから変更が適用されるまで、国民年金のクレジットカード払いはできません。

再申請が必要になれば早めの手続きがおすすめです!

kitamura
kitamura
ちなみにクレジットカードの更新などによる有効期限の変更では再申請は必要ありません。

国民年金をクレジットカードで支払う4つのメリット!

①実際の支払いをクレジットカードの引き落とし日まで延ばせる
支払い方法支払い日
クレジットカード払いカード会社ごとの引き落とし日
口座振替支払い対象月の翌月末日
電子納付
現金

国民年金のクレジットカード払いは、クレカでの商品購入などと同じように実際の支払いを先延ばしにできます。

国民年金の支払い方法ごとの支払い日は上のようになっていますが、クレカ払い以外はクレカ払いよりも実際にお金が必要な日が早いです。

給料日との兼ね合いで支払いを先送りにしたい…などの場合はクレジットカード払いがいいでしょう!

②配偶者の国民年金もまとめて支払いが出来る
国民年金をクレジットカード払いする場合、同じカードで支払えるのは本人分だけではありません。

配偶者の分もまとめて支払うように申請もできるので、必要に応じて利用しましょう!

夫婦で自営業・会社経営などをしている場合は支払いが1枚のカードで済みます。

③自宅で国民年金の支払いができる
国民年金を支払うのに、毎回支払い用紙を持って銀行・支払いに行くのは面倒ですよね…。

クレジットカード払いの申請をすれば自宅にいながら自動で完結するので、国民年金の支払いに手間がありません!

④国民年金の支払い忘れを防げる
国民年金を支払い忘れると、将来受け取る年金額が減るだけではなく、状況によっては年金事務所から支払い催促をされることも…。

とはいえ毎月支払い用紙を持って支払いに行く方法であれば忘れてしまう可能性も否定できません。

クレジットカード払いにしておけば支払い忘れはないので安心です!

クレジットカードで国民年金を支払うなら1%以上の高還元率クレカを使うのがお得!

← 横にスクロールできます →
カード名
↓リンクにタッチで詳細へ
国際ブランド年会費貯まるポイント特徴
JCB CARD W

基本還元率:1%
  • JCB
永年無料Oki Dokiポイント
  • 一般JCBカードと比べてポイント還元率が常時2倍の1%
  • 家族カードを人数分作れる
楽天カード

基本還元率:1%
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
永年無料楽天ポイント
  • 楽天市場・楽天ブックスで常時3%のポイント還元率
  • 楽天Edy一体型のカードが選べる
dカード

基本還元率:1%
  • VISA
  • MasterCard
永年無料dポイント
  • dカード特約店の利用で基本還元率1%より高い還元率に
  • ローソンで決済すると実質還元率5%
Orico Card THE POINT

基本還元率:1%
  • MasterCard
  • JCB
永年無料オリコポイント
  • 入会後6ヵ月間ポイント還元率が2.0%にアップ
  • オリコモール経由のネットショッピングで+0.5%の特別加算
リクルートカード

基本還元率:1.2%
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
永年無料リクルートポイント
  • 家族カード・ETCカードも年会費永年無料
  • ショッピング保険、海外・国内旅行傷害保険を利用付帯

国民年金のクレジットカード払いをするなら、やはり還元率1%以上の高還元率のクレジットカードで支払うのがお得です!

クレジットカードのポイント還元率は0.5%が一般的なのですが、こちらでも触れたように、

令和2年度の国民年金2年分の前納をした場合
  • 基本還元率1%のクレジットカードで支払う
    386,960円(毎月払いより14,590円の割引)+ポイント1%(3,869ポイント還元)
    18,459円分お得!
  • 基本還元率0.5%のクレジットカードで支払う
    386,960円(毎月払いより14,590円の割引)+ポイント0.5%(1,934ポイント還元)
    16,524円お得!

とこのような感じで、特に前納の割引を利用する場合は1回の支払いも高額になるので、ポイント還元率が高いほどお得になります。

上の表に基本還元率1%・年会費永年無料という高還元率で使いやすいカードをまとめたので、こういったカードを利用するとお得ですね!

※以下の記事でポイント還元率が高いクレジットカードをご紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

関連記事
ポイントがお得に貯まるクレジットカード
ポイントがお得に貯まる!高還元率のおすすめクレジットカード7枚を比較!クレジットカードで支払いをすれば、ポイントが貯まる。 それはわかるけど、どのカードを選べば良いのかわからない…。 こういった...

②コンビニ払い…事前申し込み不要でポイント還元がゲットできる!

← 横にスクロールできます →
対応電子マネー支払える上限国内店舗数ポイント還元率おすすめカード
①セブンイレブンnanaco
5万円
(1回のお会計で最大5枚まで使用可)
約21,000店0.5%セブンカードプラス
②ファミリーマートファミペイ
10万円約16,500店0.5%+1件10ポイントファミマTカード
③ミニストップWAON
5万円約2,100店0.5%イオンカードセレクト
1.0~1.5%JALカード+JMBWAONカード
ポイント還元率はチャージ時の還元率を含む。

国民年金は電子マネーを使うとコンビニでもクレジットカード経由で支払うことができます。

上に各コンビニと電子マネーの組み合わせなどを表にしましたが、セブンイレブン・ファミマ・ミニストップ以外のコンビニではクレカ・電子マネーどちらも支払うのは不可です。

また各コンビニの自社電子マネーでしか支払うことはできません。セブンイレブンならnanaco・ファミマならファミペイという感じ。

支払いをするには、毎年送られてくる支払い請求書をコンビニのレジに持っていきましょう。

基本的にどのコンビニで支払っても、支払い自体のポイント還元は対象外なことが多いですが、電子マネーチャージ時にポイント還元があれば間接的にポイント還元を受けることになります。

どの電子マネーで支払っても手数料はもちろん無料で、かつ対応するコンビニさえあれば全国的にクレカ経由で支払うことが可能です。

ただこの方法で支払いする場合、どのコンビニでも基本的にポイント還元率は0.5%になるので、直接クレジットカード払いよりもお得度は下がります!

電子マネーによる国民年金のコンビニ払いでは、6ヶ月前納・1年前納は利用できますが、2年前納は利用できません!

前納制度は2年前納が一番割引額が多いので、還元率以外でも直接クレジットカード払いが有利になります。
kitamura
kitamura
電子マネーによるコンビニ払いはクレジットカード払いと違い、事前申請は必要ありません

支払いに使える電子マネーにポイント還元アリでチャージするには、対応したクレジットカードが必要なので見ていきましょう!

【セブンイレブン】セブンカード・プラス経由でnanacoを使うと0.5%還元で国民年金が支払える!

支払える上限国内店舗数ポイント還元率
5万円
(1回のお会計で最大5枚まで使用可)
約21,000店0.5%

セブンイレブンは日本国内に約21,000店あり、全国的に店舗があるので47都道府県どこでも国民年金を支払うことができます。

使える電子マネーはセブン&アイグループのnanaco限定で、チャージ上限は1枚につき5万円までですが1回のお会計に5枚まで使えるので、最高25万円分まで支払うことも可能です。

例:10万円を支払う場合
  • クレジットカード付帯のnanacoに5万円分チャージ
  • 別カードのnanacoに5万円分チャージ

お会計時に同時に使えるので10万円分をnanacoで支払うことが可能。

請求書払いの支払い自体にはポイントは付きませんが、nanacoにクレジットカードでチャージした際のポイント還元はあるので、間接的にポイントを受けることができます。

nanacoで国民年金を支払うなら、セブン&アイグループの「セブンカードプラス」がおすすめです!

セブンカード・プラス
国際ブランドVISA/JCB
年会費永年無料
基本還元率0.5%
nanacoへのチャージ還元率0.5%
還元ポイントnanacoポイント
申し込み資格原則として18歳以上で、本人または配偶者に継続して安定した収入がある方18歳以上で学生の人(高校生除く)

セブンカード・プラスはnanacoチャージ時に0.5%のポイント還元があるので、間接的に0.5%還元で支払うことが可能です。

手数料はもちろん掛からないので、ちゃんとチャージ時のポイント還元がそのまま手元に残ります。

還元率としては平凡ですがセブンイレブンの他にも同グループのイトーヨーカドーでお得な特典もあるので、セブンイレブン・イトーヨーカドーをよく利用するなら新たに作るのもアリですね。

kitamura
kitamura
以前は他社カードもnanacoのチャージに利用できましたが、2020年3月よりセブンカードしか新規チャージ登録ができなくなりました。




詳細を見る


公式HPを見る



【ファミリーマート】ファミマTカード経由でファミペイを使って0.5%+10ポイント還元で国民年金が支払える!

支払える上限国内店舗数ポイント還元率
10万円約16,500店0.5%+10ポイント

ファミリーマートでは、2019年から導入されたQRコード決済「ファミペイ」を使って国民年金を支払うことが可能です。

ファミマは国内16,500店舗ほどで全国的にあるコンビニなので、セブンイレブンと同じく近所に1店舗くらいはファミマがあるのではないでしょうか。

ファミペイはクレジットチャージで0.5%ポイント還元に加え、収納代行サービスを利用すると1件につき10ポイントのボーナスもあり!

なので例えば仮に3万円分を支払った場合、

3万円分のチャージ分0.5%(150ポイント)+10ポイント=160ポイント

といった感じで、少し還元率が上がってお得です。

ファミペイにチャージ登録できるクレジットカードは「ファミマTカード」のみとなっています。

ファミマTカード
国際ブランドJCB
年会費永年無料
基本還元率0.5%
ファミペイへのチャージ還元率0.5%
還元ポイントFamiPayボーナス
申し込み資格18歳以上(高校生除く)

ファミマTカードの注意点として、このカードは「リボ払い専用カード」ということです!

なので普通に使うとリボ手数料が掛かるところですが、ファミマTカードを作ったら会員サイトで、「ずっと全額支払い」の設定を忘れずに。

ずっと全額支払いを設定すれば実質1回払い状態になり手数料は掛かりません

現在ファミペイで支払える国民年金・保険料・税金などには制限があり、払込票のバーコード番号の (91) に続く6ケタが

  • 908167
  • 548691

のどちらかに当てはまると支払いができません。多いケースではありませんが念の為注意が必要です。
iPhone版ファミペイのダウンロード
Android版ファミペイのダウンロード




詳細を見る


公式HPを見る



【ミニストップ】WAONを使って0.5~1.5%還元で国民年金が支払える!

支払える上限国内店舗数ポイント還元率おすすめカード
5万円約2,100店0.5%イオンカードセレクト
1~1.5%JALカード+JMBWAONカード

ミニストップはイオン系のコンビニで、日本国内に2,100店舗ほどがあります。

ミニストップは店舗がある地域が異なっていて、その大部分が関東圏にあり地方にはほとんどありません。

なのでセブンイレブン・ファミマに比べるとほぼ関東圏の人しか利用できないかな…という感じなので、全国的には使えない方法です。

使う電子マネーはイオン系のWAON。WAONはチャージでポイント還元してくれるクレジットカードはほとんどありませんが、これから紹介する2種類はポイント還元があります!

イオンカードセレクト…WAONにオートチャージで0.5%ポイント還元!

イオンカードセレクト
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
年会費永年無料
基本還元率0.5%
WAONへのチャージ還元率0.5%
還元ポイントWAON POINT
申し込み資格18歳以上(高校生除く)

イオンカードセレクトはイオンカードの中でWAONにチャージするとポイント還元がある珍しいカード。

対象となるチャージ方法はオートチャージのみですが、200円分チャージにつき1ポイント、つまり0.5%還元を受けることができます!

なのでオートチャージしたWAONを使えば、間接的に0.5%還元で国民年金を支払えるということですね。

このカードは引き落とし口座がイオン銀行の口座限定にはなりますが、イオン系のお店で割引などお得な特典があるので作っておくのもアリですね。

kitamura
kitamura
ちなみにイオンカードセレクトのオートチャージは、引き落とし口座のイオン銀行口座から即引き落としのデビットカード方式です。




詳細を見る


公式HPを見る



JALカード+JMBWAONカード…チャージと支払いで1%ポイント還元!

JALカード
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
年会費2,200円
基本還元率0.5%
WAONへのチャージ還元率0.5%
還元ポイントJALマイル
申し込み資格18歳以上(高校生除く)

WAONを使ってJALマイルを貯められるのが、JALカードです。

JALカードそのものにはWAON機能はありませんが、別でJMBWAONカードを用意することで使えます!

このようにJALカードからチャージすると200円につき1マイル、つまり0.5%還元を受けることが可能です。

またこの方法だと国民年金の支払いの際にも0.5%還元が受けられる特典があるので、その場合の還元は合計1%に!

ちなみにJALの有料サービス「JALカードショッピングマイル・プレミアム」を利用すると、チャージ時のポイント還元が1%になるため最大1.5%還元で支払うことも可能です。

注意点としては、年会費3,300円が追加で必要なので人は選ぶサービスということ。

ただJALカードをメインに使う・JALマイルを貯めたい・ミニストップが近所にある、という場合は利用してみるといいでしょう。

kitamura
kitamura
東急グループとの提携カードのTOKYU CARD ClubQ JMBもJALカードと同じくチャージ・支払い両方でJALマイルをゲット可能です。




詳細を見る


公式HPを見る



国民年金とクレジットカードに関するQ&A

国民年金をクレジットカードで支払うと手数料は掛かりますか?

現在利用できる国民年金のクレカ払いで手数料が掛かるものはありません

国民年金のクレジットカード払いで使える国際ブランドはなんですか?

VISA・MasterCard・JCB・AMEX・ダイナースといった日本で発行されているクレカはだいたい使えます。

心配な場合はクレカ振替の申請書類で使えるクレカを確認しましょう。

国民年金をクレジットカードでお得に支払う方法まとめ!

この記事のまとめ
  • 国民年金のクレカ払いは直接クレジットカード払い・コンビニ払いの2種類がある
  • 国民年金は6ヶ月分・1年分・2年分の前納を利用することで割引がある
  • 直接クレジットカード払いは還元率1%以上の高還元率クレカが使える
  • コンビニ払いは電子マネー経由での支払いになり、還元率は0.5%が基本
  • おすすめの支払い方法は2年分の前納で割引&1%以上のポイント還元がある直接クレジットカード払い!

今回は国民年金をお得にクレジットカード払いする方法についてご紹介しました。

国民年金の支払いでもクレカのポイント還元はゲットできるので、やはりクレジットカード払いするのがおすすめです!

直接クレジットカード払い・電子マネー経由のコンビニ払いがありますが、基本的には直接クレジットカード払いがいいでしょう。

特に前納による割引制度を利用すると割引+ポイント還元のダブルでお得なので、ぜひ活用してみてくださいね!

ポイント還元をより多く得るには基本還元率が高いカードがお得なので、こちらでご紹介しているような基本還元率1%以上のカードを利用するといいでしょう。


国民年金をクレカでお得に支払う方法をもう一度見る