【簡単決済!】LINE Pay(ラインペイ)の使い方を登録手順から支払方法まで徹底解説!

LINEと言えば、家族や友人とトーク・通話ができるメッセージアプリですが、LINEアプリの中には「LINE Pay(ウォレット)」というスマホ決済機能があります。

LINEアプリは多くの人が利用しているものの「LINE Payは使っていない」「LINE Payについてあまり知らない」という人は多いですよね。

しかし少しずつ日本でもキャッシュレス化が進み始めている中で、LINE Payが気になっているLINEユーザーもいるんじゃないでしょうか?

そこで今回はLINE Payの登録から使い方、メリットデメリットまで詳しくご紹介していきます!

これからLINE Payを使ってみようと思っている方は是非参考にしてください。

Contents

スマホ決済アプリLINE Pay(ラインペイ)とは?まずは基本情報を確認!

LINE Pay(ラインペイ)の基本情報
会社名LINE Pay株式会社
設立2014年5月9日
代表長福 久弘
郵便番号〒141-0033
住所東京都港区港南二丁目16番5号 NBF品川タワー
電話番号
お問い合わせLINE Pay:https://contact-cc.line.me/serviceId/10712
LINE Payカード:https://contact-cc.line.me/serviceId/11316
料金無料
支払い・決済方法
  • コード支払い
  • オンライン支払い
  • 請求書支払い
  • クーポン支払い
  • QUICPay+支払い
チャージ方法
  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • LINE Payカード
  • Famiポート
  • 現金
  • 東急線券売機
  • オートチャージ
送金・割り勘可能
還元率1%~3%
使える店コンビニ、ドラックストア、飲食店、家電量販店、百貨店、モール、ECサイト等
おすすめのクレジットカードVisa LINE Payカード
補償・保証あり
キャンペーン
  • 超Payトク
  • Payトク コンビニ祭
  • Payトクオンラインマラソンetc

LINE Payとはスマホで料金の支払いができる、スマホ決済アプリ(キャッシュレス決済サービス)の一つです。

LINE Pay残高にチャージしたり、Visa LINE Payカードを登録することで、実店舗やオンラインショップで決済ができるようになります。

支払い方法も簡単で、スマホに表示されているバーコード/QRコードを読み取って貰うだけで支払いが可能です!

難しい操作もなく、少し使えばすぐに慣れるので、日頃の買い物がよりスムーズに快適になります!

また条件はありますがポイント還元もされるので、現金で支払いもするよりもお得に買い物ができますよ!

【簡単3ステップ!】LINE Pay(ラインペイ)の登録手順を徹底解説!

LINE Payの登録方法については公式動画でも解説されています。

登録方法は非常に簡単で、以下の3ステップだけです!

  1. LINEアプリのウォレットからLINE Payをはじめるをタップ!
  2. 規約を確認して同意欄をチェックして進む!
  3. パスワードを設定して登録完了!

難しい部分は一切ないので、問題なく登録をすることができるでしょう。

LINE Pay(ラインペイ)を使うには本人確認が必要?本人確認する2つの方法を徹底解説!

本人確認をしていなくてもLINE Payを利用することはできますが、本人確認をすることで「送金・出金」「銀行振込」「上限金額の引き上げ」等の使える幅が増えます。

機種変更時の引き継ぎにも本人確認が必要なので、LINE Payを使うなら本人確認は済ませておきましょう!

本人確認の方法は2つありますが「銀行口座登録」がおすすめです!

銀行口座登録で本人確認する!

LINEアプリのウォレットから「LINE Pay」をタップします。

LINE Payの画面に移動するので「銀行口座」をタップしてください。

登録する銀行口座を選択します。

銀行口座は五十音順になっているので、上に出ている銀行口座以外の人は探して選んでください。

利用規約を確認して最後までスクロールしたら「同意します」をタップします。

必要な情報を登録したら「次へ」をタップします。

以降は各銀行口座のページへと移行するので、各銀行の案内に従って登録を進めていけば、銀行口座登録と本人確認は完了です。

スマホでかんたん本人登録をする!

LINE Pay画面上部の設定マークから本人確認をタップします。

「スマホでかんたん本人確認」を選択し、利用規約を確認後「同意します」をタップします。

LINE Pay本人確認画面に移行するので、案内に従って「本人確認書類の撮影」「顔写真の撮影」「本人情報の入力」を済ませます。

必要な情報を入力して申請をしたら、審査後にLINE Pay本人確認公式アカウントから連絡がくるので確認をしてください。

LINE Pay(ラインペイ)の7つのチャージ方法を徹底解説!

LINE Payでは上記の7つの方法でチャージをすることができます。

各チャージ方法について詳しく解説していくので、ご自分に合わせた方法でチャージをしましょう!

チャージにかかる手数料は全て無料です。

銀行口座からチャージする!

LINEアプリのウォレットから、LINE Pay残高の横にある+マークをタップします。

チャージ方法の選択肢が出てくるので、銀行口座をタップしてください。

登録している銀行口座が出てくるので、チャージに使う銀行口座を選びましょう。

チャージは100円からすることができます。

チャージする金額を入力したらチャージボタンをタップして、チャージ完了です。

セブン銀行ATMからチャージする!

セブン銀行からは「スマホを使ってチャージする」「LINE Payでチャージする」方法の2つがあります。

セブン銀行からチャージをするときは、どちらかの方法でチャージしましょう!

スマホを使ってチャージする場合

セブン銀行ATM画面にある「スマートフォンでの取引」を選択してください。

QRコードが表示されるので、続いて読み取る為にスマホでの操作になります。

LINE Pay残高の横にある+マークをタップし、チャージ方法で「セブン銀行ATM」を選択します。
セブン銀行ATMのQRコードの使い方画面が出てくるので「次へ」をタップして、コードリーダーを起動させます。

セブン銀行ATMに表示されているQRコードを読み取り「次へ」を押します。

QRコードを読み取ると、スマホに番号が表示されるので、それをATMに入力して確認を押します。

最後にチャージしたい分の現金をATMに入れたら、チャージ完了です。

LINE Payカードでチャージする場合

出典:LINE Pay公式ブログ

LINE Payカードでチャージをする場合は、セブン銀行ATMにLINE Payカードを入れます。

ご入金をタップして、チャージする金額をATMに入金すればチャージ完了です。

LINE Payカードからチャージする!

LINE Pay残高の横にある+マークをタップし、チャージ方法で「LINE Payカード」を選択します。
レジでチャージしたい金額を伝えた後、LINE Payカードを店員さんに渡すか、レジにある端末の矢印方向に合わせてLINE Payカードをスワイプしてください。

チャージする分の金額を支払いしたらチャージ完了です。

Famiポートからチャージする!

LINE Pay残高の横にある+マークをタップし、チャージ方法で「Famiポート」を選択します。
「姓名」「チャージ金額(1,000円単位)」を入力し、チャージボタンをタップしてください。

「受付番号」「予約番号」等、Famiポートでチャージするのに必要な情報が表示されます。

続いてFamiポートでの操作になります。

Famiポートで「代金支払い(コンビニでお支払い)」を選択し「番号を入力する」をタッチします。

先程、発行された「受付番号」を入力した後、「予約番号」を入力します。

出典:LINE Pay公式ブログ

内容を確認して、間違いがなければ「OK」ボタンをタッチします。

印刷されたレシートをレジへ持っていき、支払いをしたらチャージ完了です。

バーコード/QRコードでチャージする!

LINE Pay残高の横にある+マークをタップし、チャージ方法で「QRコード/バーコードチャージ」を選択します。
レジで「QRコード/バーコード」を提示して、チャージしたい分の金額を支払えばチャージ完了です。

東急線券売機からチャージする!

出典:LINE Pay公式ブログ

東急線券売機のメニュー画面にある「QRコード/バーコードを使う」をタッチします。

続いて「スマートフォン決済サービスへのチャージはこちら」をタッチしてください。

QRコードが表示されるので、LINEアプリからQRコードを読み取ります。

LINE Pay残高の横にある+マークをタップし、チャージ方法で「東急線券売機」を選択します。

「スキャン」をタップしてコードリーダーを起動し、東急線券売機画面にあるQRコードを読み取ります。
スキャンした後、スマホ画面が切り替わったら、東急線券売機画面の「入金へ進む」をタッチします。

チャージする金額を入金したら「チャージする」をタッチしてください。

最後に「投入金額」「チャージ金額」画面が出たら東急線券売機でのチャージは完了です。

オートチャージを設定する!

LINE Pay残高の横にある+マークをタップし、チャージ方法で「オートチャージ」を選択します。
オートチャージの横にあるマークを緑色にしたら、オートチャージがオンになります。
「銀行口座」「オートチャージ条件」「オートチャージ金額」はタップすることで、各種変更ができるので、ご自分の利用状況に合わせて変更してください。

【チャージ&ペイ】LINE Pay(ラインペイ)にクレジットカードを登録する方法を徹底解説!

LINE Pay画面上部の設定マークから「クレジットカード」をタップします。
緑背景の+マークをタップし、クレジットカード登録に必要情報を入力します。
クレジットカード情報を入力又は、クレジットカードをスキャンしたら「登録」をタップして、クレジットカード登録は完了です。
クレジットカードで支払う「チャージ&ペイ」を設定する場合は、残高をタップし、チャージ&ペイにチェックを入れます。
チャージ&ペイはVisa LINE Payカードのみ設定できます。

LINE Pay(ラインペイ)の5つの支払い方法・決済方法を徹底解説!

LINE Payでは上記の5つの支払い方法・決済方法を利用することができます。

ここでは各支払い方法について詳しく解説しているので、店舗・支払う料金に合わせて、支払い方法を選んでください!

コード支払い・コード決済(バーコード/QRコード)

LINE Pay画面の「コード支払い」をタップし、表示されたコードを読み取ってもらえば支払いが可能です。
残高の部分をタップすれば支払い方法の変更、LINEポイントにチェックを入れればポイント使用、クーポン検索をタップすればクーポンを選択することができます。

オンライン支払い

LINE Payのオンライン支払いに対応しているネットショップでは、支払い方法でLINE Payを選択できるので、LINE Payを選択してください。
後は案内に従って進めていけば、LINE Payでオンライン支払いをすることができます。

請求書支払い

LINE Pay画面の「請求書支払い」をタップします。

画面が切り替わるので「次へ」をタップしてコードリーダーを起動してください。

後は支払いをしたい請求書のバーコードを読み取り、内容を確認して問題がなければ、支払いを行って完了です。

クーポン支払い

クーポン支払いは「コード支払いのクーポン検索」「マイクーポン」から利用できます。
持っているLINE Payクーポンから使いたいものを選択して利用してください。

ちなみにLINEユーザーが使える「LINEクーポン」と、LINE Payに登録している人が使える「LINE Payクーポン」は違います。

LINEクーポンはどんな支払い方法でも利用できますが、LINE PayクーポンはLINE Payで支払いを行うときだけ使えます。

QUICPay+支払い

Google Payアプリをダウンロード後、LINEアプリのウォレットから「Google Pay」のアイコンをタップし、「Google Payに登録」をタップします。

Google Payに案内に沿って必要な情報を入力していけば登録完了です。

QUICPay+で支払いをするときは「LINE Payではなく、QUICPay+支払い」と店員さんに伝えましょう。

LINE Payバーチャルカードを発行していない人は「Google Payに登録」をタップすると、LINE Payカード発行画面に切り替わります。

LINE PayバーチャルカードがないとQUICPay+は使えないので「バーチャルカードを発行」をタップしてLINE Payバーチャルカードを発行してください。

LINE Payバーチャルカードの発行は即時できます。

LINE Pay(ラインペイ)の送金・割り勘機能を徹底解説!

LINE Payには友だちとお金のやり取りができる送金・割り勘機能があります。

飲み会等で使える便利な機能となっているので、やり方をマスターして利用してみてください!

友だちに送金をする場合

送金をしたい友だちのトーク画面横にある「+マーク」からメニューを開き「送金」をタップ。「送金する」を選択します。

送金金額を入力して「次へ」をタップ。内容を確認して問題がなければ「送金」をタップして送金完了です。

友だちに送金依頼をする場合

送金依頼も送金するときとやり方は同じです。

送金依頼したい友だちのトーク画面横にある「+マーク」からメニューを開き「送金」をタップして「送金する」を選択します。

送金依頼金額を入力して「次へ」をタップ。内容を確認して問題がなければ「送金依頼」をタップして送金依頼完了です。

友だちと割り勘をする場合

LINE Payの割り勘機能を使うときは「幹事」と「参加者」に分かれて操作を行います。

大人数での飲み会やイベントのとき等で便利な機能なので、使い方を知っておいて損はないです!

5ステップの流れに沿ってどちらの使い方も解説していきますね!

ステップ1.【幹事】割り勘を始める

LINE Pay画面のメニュー又は下の方にある便利機能から「割り勘」を選択して、「割り勘」ボタンをタップします。

タイトルを記入(画像③忘年会)して「QRコード作成」をタップ。QRコードが生成されたら参加者に読み取ってもらいます。

ステップ2.【参加者】割り勘をに参加する

出典:LINE Pay公式ブログ

参加者はLINE Payにあるコードリーダーをタップして、先程幹事の方が生成したQRコードを読み取ります。

支払いを選択して「割り勘に参加」をタップすれば、割り勘に参加完了です。

ステップ3.【幹事】支払いをする

LINE Pay画面のメニュー又は下の方にある便利機能から「割り勘」をタップすると、作った割り勘グループが出てくるので、それを選択します。

支払い画面になるので「支払う」タップし、支払い方法を選択して幹事の方が支払いを行います。

ステップ4.【幹事】参加者に割り勘依頼をする

幹事の方が支払いをすると「LINEウォレット」から支払い完了のトーク通知が来るので、そこから「割り勘をリクエスト」をタップします。

画面が切り替わるので、割り勘する金額をして「割り勘をリクエスト」をタップします。

「割り勘の支払いをリクエストしました。」と表示されたら、確認をタップしてリクエスト完了です。

ステップ5.【参加者】割り勘依頼されたら送金をする

幹事の方から割り勘のリクエストされると、参加者の方にはLINEウォレットからリクエストのトーク通知が来ます。

トーク画面にある「LINE Payで支払う」をタップすれば支払いは完了です。

【現金化可能?】LINE Pay(ラインペイ)残高の2つの出金方法を徹底解説!

LINE Pay残高は「銀行口座に出金」「セブン銀行から出金して現金化」することができます。

チャージし過ぎしまったときや送金されたお金を現金化したいとき等に利用しましょう!

出金には手数料220円がかかります。

LINE Pay残高を銀行口座に出金する場合

LINE Pay画面上部の設定マークから設定画面を開き「出金」をタップします。
登録してある銀行口座から、出金先の銀行口座を選択してください。
出金する金額を入力して、確認をタップしたら完了です。

セブン銀行ATMから出金して現金化する場合

セブン銀行ATMから出金して現金化する2つの方法

セブン銀行から出金して現金化する場合は「スマホから」「LINE Payカードから」の2つの方法があります。

セブン銀行ATMから現金化したい場合は、どちらかの方法で現金化をしましょう!

スマホから出金して現金化する場合

セブン銀行ATMの画面にある「スマートフォンでの取引」をタッチします。

LINE Pay画面上部の設定マークから設定画面を開き「出金」をタップします。

セブン銀行ATMを選択して「次へ」をタップし、コードリーダーを起動します。

セブン銀行ATM画面に表示されているQRコードを読み取ってください。

読み取り後、スマホ画面に4桁の企業番号と認証番号が表示されるので、企業番号をATMに入力し「確認」をタップ、続いて認証番号も入力して「確認」をタップします。

案内に従って取引を進めれば出金完了です。

LINE Payカードで出金して現金化する場合

セブン銀行ATMにLINE Pay カードを入れて「ご出金」をタッチします。

こちらも同様に、案内に従って取引を進めれば出金完了です。

LINE Pay(ラインペイ)を使ってみて分かった5つのメリット!

LINE Payの使い方について一通り分かったところで、続いてはLINE Payのメリットについてご紹介していきます。

上記の5つのメリットはLINE Payの特徴と言えるので、確認しておきましょう!

【スマホで完結!】財布を持たずに支払いができる!

LINE Payでの決済はスマホで完結するので、財布を持たずに支払いをすることができます!

現金での支払いだと「ピッタリ支払おうと小銭を探す」「大きいお金しかなくてお釣りが多い」等、正直手間だなと感じることがありますよね。

LINE Payはスマホに表示されているコードを読み取ってもらうか、お店で提示されたコードを読み取れば支払いが完了するので、現金の受け渡しがなく会計が早く快適になります!

特にコンビニで軽く買い物をするときには、スマホ一台でさっと済ませることができて非常に便利ですよ!

普段買い物する店舗がLINE Payに対応しているなら、LINE Payを上手く利用してみましょう!

【高還元率!】マイランク(マイカラー)によってLINEポイントやクーポンが貯まる!

ランク還元率特典クーポン条件
レギュラー
1%1枚なし
シルバー
1.5%3枚過去6ヶ月で100ポイント獲得
(約10,000円分)
ゴールド
2%6枚過去6ヶ月で500ポイント獲得
(約37,000円分)
プラチナ
3%10枚過去6ヶ月で5000ポイント獲得
(約260,000円分)
Visa LINE Payクレジットカードの発行
LINE Payにクレジットカード登録
※特典内容は変更される可能性があります。
※還元率はVisa LINE Payクレジットカード(チャージ&ペイ)で支払いをすると適用されます。

LINE Payには「マイランク」というランク制度があり、過去6ヶ月間での獲得ポイントによってランクが決まります。

プラチナランクへは過去6ヶ月間で5000ポイント獲得すればいいので、レギュラーから6ヶ月かけてプラチナへランクアップするなら約260,000円分の支払いが必要です。

プラチナランクまで行くと、還元率3%という高還元率に加えて、特典クーポンが10枚貰えます!

プラチナランクの条件として「Visa LINE Payクレジットカードの発行」「LINE Payにクレジットカード登録」の2つがありますが、LINE Payを使うならVisa LINE Payクレジットカードは必須なので、この2つの条件はあってないようなものです!

普段の買い物でLINE Payを利用していれば、プラチナランクは射程圏内ですし、最悪ゴールドランクでも2%と高還元率なのがいいですね!

ゴールドランクなら普段から使っていれば到達できるしょう!

請求書支払いで公共料金の支払いができる!

種別事業者・自治体
電気東京電力エナジーパートナー・関西電力・東北電力・九州電力・中国電力等
ガス東京ガス・四国ガス・宮崎ガス等
水道神奈川県営水道・阿久根市 水道課・熊本市 上下水道局・島田市 水道課等
※LINE Payで支払い可能な事業者・自治体はLINE Pay公式ブログから確認してください。

LINE Payでは請求書払いを利用することで公共料金を支払うことができます!

他にも「住民税」「固定資産税」「国民健康保険税」等、各都道府県や自治体によって様々な公共料金・税金を支払うことが可能です!

公共料金の支払いでもLINEポイントが貯まるので、LINE Payを使えば現金で支払うよりもお得になります!

LINE Payに対応している公共料金を支払っている人は、LINE Payを利用するといいでしょう!

【Amazon(アマゾン)でも使える!】LINE Pay(ラインペイ)は使える店・加盟店が多い!

業種使える店・加盟店
コンビニセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ミニストップ・セイコーマート等
ドラックストアマツモトキヨシ・ウェルシア・カワチ薬局・キリン堂・クスリのアオキ・スギ薬局・サンドラッグ等
グルメ・飲食店サーティワンアイスクリーム・スシロー・スターバックス・松屋・魚民・笑笑・リンガーハット等
家電量販店エディオン・ケーズデンキ・ヤマダ電機・コジマ電気・ビックカメラ・ソフマップ・ジョーシン等
ファッションJiNS・東京靴流通センター・SHOEPLAZA・Chiyoda・マックハウス・BIG M ONE等
ショッピング東急ハンズ・IKEA・阪急百貨店・アクアシティお台場・SHIBUYA109等
その他ソニーストア・IKEA・イトーヨーカドー・成城石井・ゲオ・ハードオフ・カラオケ館・セカンドストリート等
オンラインショップAmazon・ZOZOTOWN・SHOPLIST.com・DLsite・まんが王国・出前館等

参考:LINE Pay

LINE Payはコンビニやスーパー、ショッピングモール、オンラインショップ等、様々なところで使うことができます!

大手通販サイトAmazonでも使えるのは、クレジットカードを作るのが難しい学生の方、何かしらの理由でクレジットカードを持てない方は、特に嬉しい部分じゃないでしょうか。

というのもLINE Payで発行できるLINE Payカードは、クレジットカードのような感覚で使うことができます!

なので「親のクレジットカードを借りる」「Amazonギフト券を買う」「代引きにする」といったことをしなくてもAmazonで購入することが可能です!

LINE Payカードは誰でも無料で作れて、LINE Payバーチャルカードなら即時発行なのですぐに作れます。

Visa LINE Payクレジットカードではないので、LINEポイントは還元されませんが、使える店の多さ、Amazonで使えるといった利便性の高さは大きなメリットの一つと言えるでしょう。

【Payトク】20%還元のお得なキャンペーンが開催される!

キャンペーン内容エントリー開催期間
超PayトクLINE Payで支払った額の最大20%を還元+もらえるくじで最大2,000円分があたる不要不定期
Payトク コンビニ祭対象のコンビニでコード支払いをすると最大20%還元不要不定期
PayトクキャンペーンLINE Payで支払った額の最大20%を還元不要不定期
Payトクオンラインマラソン決済をした対象オンラインストア数によって最大1,000円OFFクーポンが貰える不要不定期
食いだおれPayトク対象の加盟店で支払いした金額に応じて最大30%OFFクーポンが貰える不要不定期
※キャンペーンは予告なく変更・中止・終了している可能性があるので、公式サイトにて確認をお願いします。

LINE Payは通常開催されているキャンペーンはそれほど多い印象はありませんが、定期的に「Payトク」と呼ばれる最大20%還元されたり、割引クーポンが貰えるキャンペーンが行われています。

マイランクによる還元率込みで最大20%なので、Visa LINE Payクレジットカードを持っていて、それなり使っていないと最大還元率が難しいですが、そうでなくてもLINE Payで支払いをすれば15%還元がされていました!

開催期間は大体2週間前後となっているので、普段からLINE Payを使っている人はもちろん、期間中だけLINE Payで支払うだけでも、かなりお得になります!

キャンペーンは変更される可能性もあるので、次回開催時の条件は分かりませんが、日常的にLINEを使っているなら、キャンペーン期間中だけでも、LINE Payを使って支払いをするのもいいでしょう!

LINE Pay(ラインペイ)を使ってみて分かった4つのデメリット・注意点…

LINE Payのメリットについてご紹介しましたが、上記のようにデメリットもあります。

これからLINE Payを利用しようと考えている方は、デメリットについてもしっかり理解しておきましょう!

高還元を受けるにはVisa LINE Payクレジットカードが必須…

LINE PayではVisa LINE Payクレジットカードで支払いをすることで、1%~3%の還元を受けることができます。

しかしLINE Payにチャージして支払っても、LINE Payカードで支払っても還元を受けることはできません。

なのでLINE Payで高還元率を受けるなら、Visa LINE Payクレジットカードはどうしても必須になります。

はっきり言って「Visa LINE Payクレジットカード」を持っていないならLINE Payを使うほとんどメリットはありません。

既にクレジットカードを持っている人にとっては、新たにクレジットカードを作る必要があるので、手間がかかりますね。

もしLINE Payを使うならVisa LINE Payクレジットカードを作るか、そうでないなら他のスマホ決済アプリを検討しましょう。

Visa LINE Payクレジットカード以外ではクレジットカードによる実店舗での支払いができない…

LINE Payではクレジットカードを登録して使うことができますが、実店舗での支払いができるのはVisa LINE Payクレジットカードのみとなっています。

それ以外のクレジットカードは、他のLINEサービス等で使うことはできますが、LINE Payでの実店舗での支払いでは使えません。

その為、Visa LINE Payクレジットカードを持っていないなら事前にチャージをして支払うしかありません。

普段からクレジットカードを利用している人は不便に感じる部分でしょう。

また先程も伝えましたが、Visa LINE Payクレジットカードで支払いをしないと還元されないので、LINE Payを最大限活用するならVisa LINE Payクレジットカードを作りましょう。

LINEウォレット・LINE Pay専用アプリが少し使いにくい…

LINE Payは「LINEアプリのウォレット」「LINE Pay専用アプリ」の2つから利用することが可能です。

LINEウォレットはLINEアプリ内にあるので、LINE Payの支払い画面を表示させるまでにいくつか画面を経由する必要があり、少し時間がかかります。

その点、LINE Pay専用アプリは支払いに特化したアプリなので、アプリを開けばすぐに支払い画面を表示させられるんですが、チャージができないので、アプリ内でチャージ→支払いが完結しません。

他のスマホ決済アプリはアプリを開けばすぐに支払い画面を表示でき、チャージも同じアプリ内でできるので、LINE Payは少し使いにくさを感じました。

LINE Payは電話での問い合わせができない…

LINE Payには個人が電話で問い合わせる為の窓口がないので、電話で問い合わせをすることができません。

なのでLINE Payに関する問い合わせは「LINE Payお問い合わせフォーム」「LINE Payお問い合わせを友だち追加してチャット」での相談になります。

LINE Payお問い合わせフォーム:https://contact-cc.line.me/serviceId/10712
LINE Payお問い合わせチャット:https://line.me/R/ti/p/%40linepayjp_support
LINE Payカード:https://contact-cc.line.me/serviceId/11316

チャットではオペレーターと直接やりとりをすることもできますが、結構繋がりにくいです。

そもそもやり取りは電話でしたいですし、お金を取り扱っているのに電話対応をしてもらえないのは不安が残りますね。

LINE Pay(ラインペイ)と他のスマホ決済アプリを7つの項目で徹底比較!

← 横にスクロールできます →
スマホ決済アプリ支払い種類支払い・決済方法チャージ方法還元率還元方法使える店舗個人間送金
LINE Pay
QRコード決済
非接触型決済
LINE Pay残高
Visa LINE Payクレジットカード
LINEポイント
QUICPay+※1
銀行口座
現金(セブン銀行ATM・バーコード/QRコード)
LINE Payカード
Famiポート
(現金)
東急線券売機
0.5%~3%※2・3LINEポイント
楽天ペイ
QRコード決済
非接触型決済
クレジットカード
楽天ポイント
楽天キャッシュ
楽天Edy※4
モバイルSuica※4
楽天カード
楽天銀行
ラクマ売上金
1%~1.5%※5楽天ポイント
※6
PayPay
QRコード決済クレジットカード
PayPay残高
ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)
銀行口座
現金(セブン銀行ATM)
ヤフオク!・PayPayフリマ売上金
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
ギフトカード
店舗:0.5%〜1.5%※7・8
請求書支払い:0.5%〜1.5%※7・8
オンライン決済:1%〜2%※7・8
ポイント
Apple Pay※9
非接触型決済クレジットカード
モバイルSuica
iD
QUICPay
クレジットカード
現金
登録したカードの還元率各カードのポイント
Google Pay※4
非接触型決済クレジットカード
モバイルSuica
iD
QUICPay
nanaco
楽天Edy
WAON
Visaのタッチ決済
クレジットカード
現金
登録したカードの還元率各カードのポイント
au PAY
QRコード決済クレジットカード
Pontaポイント
クレジットカード
現金
銀行口座
auかんたん決済
Pontaポイント/au WALLET ポイント/auポイント
au PAY スマートローン(au WALLET スマートローン)
0.5%~1.5%※10Pontaポイント
※11
d払い
QRコード決済
非接触型決済
クレジットカード
dポイント
ドコモ口座残高
携帯料金と合算
クレジットカード
現金(セブン銀行ATM)
銀行口座
店舗:0.5%〜7%※12
オンライン決済:1%
dポイント
※13
メルペイ
QRコード決済
非接触型決済
メルカリ売上金
メルペイポイント
iD
メルカリ売上金
現金(セブン銀行ATM)
銀行口座
※1LINE PayカードをGoogle Payに登録することで、QUICPay+が利用ができます。
※2「Visa LINE Payクレジットカード」を登録した「チャージ&ペイ」のみ。その他は0%
※3還元率は過去6ヶ月間のポイント獲得数「ランク」による。「レギュラー1% 0〜99ポイント」「シルバー1.5% 100〜499ポイント」「ゴールド2% 500〜4999ポイント」「プラチナ3% 5000ポイント以上」
※4Android端末、おサイフケータイ対応機種のみ
※5楽天カードから楽天キャッシュにチャージして支払いで最大1.5%
※6楽天ペイ(楽天Edy・モバイルSuica)を含めます。
※7「100円以上の決済回数が50回以上」又は「利用金額が10万円以上」のどちらかを達成で還元率+0.5%、両方達成で還元率+1%
※8Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)以外でのクレジットカード決済は「100円以上の決済回数が50回以上」及び「利用金額が10万円以上」にはカウントされません。また「請求書支払い」及び「オンライン決済」はPayPay残高での支払いのみで、Yahoo! JAPANカードによる支払いはできません。
※9iPhoneのみ
※10au PAYカードからチャージで+1.0%
※11じぶん銀行のみ
※12「dポイント スーパー還元プログラム」の達成状況による。
※13ドコモの携帯電話番号又はドコモ口座のみ。

LINE Payはバーコード・QRコードで支払える「QRコード決済」、QUICPay+に対応しているので、スマホをかざすだけで支払える「非接触型決済」を使うことができます!

どちらか片方しか使えないスマホ決済アプリのあるので、LINE Payは利便性は高いと言えるでしょう!

そして他のスマホ決済アプリと比べて、LINE Payの大きな魅力と言えるのが、還元率が最大3%と高還元率なところです!

一番高還元なのはd払いの最大7%ですが、その分条件もかなり厳しくなっています。

最大還元率でなく同じ3%までだとしても、Visa LINE Payクレジットカードで支払いするだけでいいLINE Payの方が還元を受けやすく感じます!

ただ悪い面もあって「Visa LINE Payクレジットカードでの支払い以外は還元率が0%」なので一切ポイントが貯まりません。

なのでLINE Pay残高にチャージして支払ってもLINEポイントは還元はされず。他のスマホ決済アプリ比べて、高還元だけどポイント獲得方法は少なくなっています。

それでも最大還元率3%がLINE Payの大きな魅力であることに変わりはありません!

既にVisa LINE Payクレジットカードを持っている方、これから作ろう考えている方は、LINE Payを利用してみるといいでしょう!

LINE Pay(ラインペイ)を使う際に気になる8つのQ&A!

LINEアプリとLINE Pay専用アプリの違いはなんですか?

LINE Pay専用アプリは機能が簡素化されていて、コード払い・クーポン適用・使える店舗の検索等、実店舗での支払いに特化したアプリとなっています。

なのでLINEアプリのようにチャージをしたり、請求書・オンライン支払い、送金するといった様々な機能が使えません。

「毎回LINEアプリから開くの面倒」と感じる方は、LINE Pay専用アプリを利用すればスムーズに会計を済ませることができます。

LINE Pay(ラインペイ)はクレジットカードでチャージできますか?

LINE Payはクレジットカードでチャージすることはできません。

Visa LINE Payクレジットカードでもチャージをすることはできないので、注意してください。

LINE Pay(ラインペイ)を利用するのに手数料はかかりますか?

LINE Payで支払いをするのに手数料はかかりません。

ただし「銀行口座への振込送金は1回176円」「LINE Pay残高を銀行口座やセブン銀行ATMで引き出す際は1回220円」と手数料がかかることもあります。

LINE Payカードの「バーチャルカード」「プラスチックカード」の違いはなんですか?

プラスチックカードは実店舗とオンライン、バーチャルカードはオンラインのみで使えるという違いがあります。

またプラスチックカードは発行に1~2週間、バーチャルカード即日発行と、発行期間も違います。

プラスチックカードを発行すると自動的にバーチャルカードも発行されるので、実店舗でも使いたい人はプラスチックカード、オンラインのみならバーチャルカードを発行するのがいいでしょう。

LINE Pay(ラインペイ)のパスワードを忘れてしまいました。再設定はできますか?

パスワードは「LINE Payに登録したクレジットカード」「LINE Payカードの12桁のカード番号」「チャージ用の銀行口座情報」のいずれかで本人確認ができれば再設定をすることができます。

逆に「音声通話ができない端末」「パスワード再設定に必要な情報を登録していない」場合は再設定が難しいです。

再設定できないときはLINEに問い合わせをしてみましょう。

コンビニ(セブンイレブン・ファミマ等)でのLINE Pay(ラインペイ)利用で、支払えないものはありますか?

切手・ハガキ、プリペイドカード類、公共料金、FamiポートやLoppiの一部サービス等、コンビニで支払えないものはあります。

LINE Payで支払いできるか分からない場合には、各コンビニで確認をしましょう。

LINE Pay(ラインペイ)は機種変更するときに手続きは必要ですか?

機種変更をするときは、LINE Payのパスワードを設定しておきましょう。

LINEアカウントを引き継ぎ後、ウォレットからLINE Payに設定したパスワードを入力すれば引き継ぎができます。

パスワードを設定していなかったり、LINEアカウントを変更するとLINE Payは引き継ぎは難しいです。

LINE Pay(ラインペイ)でスタンプ購入はできますか?

LINEストアからであれば、LINE Payでスタンプを購入することができます。

LINEアプリからは直接購入することはできないので、LINE Payでスタンプ購入をするならLINEストアを経由してください。

スマホ決済アプリLINE Pay(ラインペイ)に関するまとめ

LINE Payまとめ
  • LINE Payはスマホで支払いができるスマホ決済アプリ!
  • 「銀行口座」「セブンATM」「現金」等、7つのチャージ方法がある!
  • バーコード/QRコード見せるだけで簡単に支払いができる!
  • 請求書払いで公共料金が支払える!
  • QUICPay+を利用すれば電子マネーも使える!
  • LINE Payカードを使えばクレジットカードがなくてもAmazonで支払えばができる!
  • Visa LINE Payカードで支払えば最大3%の高還元率!
  • LINE Payを使うならVisa LINE Payカードは必須…

今回はスマホ決済アプリ「LINE Pay」についてご紹介しました。

LINE Payを使うと普段の買い物が快適になるだけでなく、請求書払いで公共料金を支払うこともできます!

Visa LINE Payカードを紐付けて支払いをすれば、最大3%のポイント還元を受けることができるので、各種支払いがかなりお得になりますね!

しかしVisa LINE Payカードがなければ還元率は0%なので、LINE Payを最大限活用するなら「Visa LINE Payカードは必須」です。

これからLINE Payを使っていこうと考えている方は、Visa LINE Payカードを作ることを強くおすすめします!