クレジットカードの保有枚数は2〜3枚が理想!その理由と選び方を大公開!

クレジットカードの保有枚数

クレジットカードは、無駄に多く保有していると管理が大変…。逆に1枚しか持っていないと、カードが使えなくなったときに不便です。

では、何枚持ちが良いのでしょうか?

結論から言うと、クレジットカードは2〜3枚持ちが理想的です。

この記事では、その理由と2〜3枚持ちするカードの選び方からおすすめのカードまで掲載しています!

いまお持ちのカードを見直したい方、これからクレジットカードを作成する方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Contents

クレジットカードは何枚持ちがいいの?メインとサブ合わせて2~3枚が理想!

  • メインカード(日常的に使うカード):1枚
  • サブカード(スポット的に使うカード):1〜2枚

クレジットカードの保有枚数で迷ったら、メイン+サブの2〜3枚持ちがおすすめです。

その理由を3つお伝えしていきましょう!

クレジットカードの管理がラク

クレジットカードを3枚持つ女性

  • カードの利用状況をすぐ把握できる
  • ポイントの残高と有効期限の確認がラク

2〜3枚持ちなら、この管理がラクです。

毎月、何にいくら使っているのか?ポイントはどのくらい貯まっていて、有効期限はいつまでなのか?

保有枚数が2〜3枚なら、面倒に思わず管理できます。

貯まるポイントが分散しない

積み上がったポイント
カードの保有枚数を2〜3枚に絞れば、貯まるポイントが分散しません。

クレジットカードは、カードごとに貯まるポイントの種類が違います。

保有枚数が多ければ多いほどポイントが分散し、その結果

  • 中々ポイントが貯まらない
  • 使わないまま有効期限切れになってしまった

なんてことが起こります。

ポイントの有効期限は、だいたい1〜2年です。

保有するカードを2〜3枚に絞れば、有効期限切れに早く気付けるうえ、ポイントも多く貯まります。

不正利用されるリスクが低くなる

クレジットカードと鍵
カード保有枚数を2〜3枚に絞れば、不正利用されるリスクが低くなります。

  • カードの紛失や盗難にすぐ気付ける
  • 不審なカード利用にも、すぐ気付ける
  • カード情報が漏えいする可能性も低くなる

こういった理由からです。

クレジットカードの不正利用による補償は「届け出から60日前まで。」という期間を設けているカード会社が多いです。

多くのカードを保有した場合、不正利用に気付かず補償期間の60日を超えてしまう可能性も高くなります。

そういった意味でも、やっぱりクレジットカードは2〜3枚までの保有が理想的です。

takeshi
takeshi
とはいえ、2〜3枚でもカードを複数枚保有することによるデメリットもあります。

そこで次に、複数枚のカードを保有するメリット・デメリットについてチェックしていきましょう!

クレジットカードを複数枚持つメリットとデメリット

カードを複数枚持つメリット
  • 旅行傷害保険の保険金額を合算できる(死亡・後遺障害のみ、金額の高いほうを適用)
  • 保有カードそれぞれに付帯する特典・サービスをうけられる
  • カードが破損等で使えない場合、別のカードで対応できる
  • 盗難や不正利用に気づきやすい
  • 家計費の管理がしやすくなる
カードを複数枚持つデメリット
  • カードが入った財布を紛失した場合、すべてのカード会社に連絡する手間が必要
  • 暗証番号や利用状況などの管理が大変になる
  • 年会費有料カードを保有している場合は、維持コストがかかる

クレジットカードの複数枚持ちは、メリットのほうが多いです。

しかし、保有する枚数が多くなるに連れ、デメリットが重くのしかかってきます。

先程もお伝えしましたが、クレジットカードを複数枚持ちするなら「メインカード1枚」+「サブカード1〜2枚」が理想です。

では、どのようなカードを選べば良いのでしょうか?

次に、2〜3枚持ちするクレジットカードの選び方をお伝えしていきます!

2〜3枚持ちするクレジットカードの選び方!3つのポイント

選び方3つのポイント!
  1. メインカードは、ポイント還元重視で選ぶ
  2. サブカードは、特典・付帯サービス重視で選ぶ
  3. 国際ブランドを分散させる

それぞれについて、詳しくお伝えしていきましょう!

メインカードは、ポイント還元重視で選ぶ

クレジットカードと貯まるポイント
ポイント還元率1.0%以上のカードが理想です。

メインカードは、公共料金の支払いから普段の買い物利用まで、一番多く利用するカードですよね。

takeshi
takeshi
カードの利用金額が最も多くなるカードですので、ポイント還元を重視しないと損ですよ。

クレジットカードの還元率は、0.5%が標準。1.0%以上からが高還元率です。

たとえば、年間100万円のカード利用があった場合

  • 還元率1.0%のカード:10,000pt貯まる
  • 還元率0.5%のカード:5,000pt貯まる

還元率が0.5%違うだけで、これだけの差が生まれます。

特典や付帯サービスも大事なんですが、メインで使うカードは、まずポイント還元率1.0%を意識するようにしてください。

サブカードは、特典・付帯サービス重視で選ぶ

目的特典・付帯サービスの例
海外旅行をする
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 空港ラウンジ無料サービス
通勤で車に乗る
  • ガソリン代の優待割引
  • ロードサービスの付帯
ネット通販を利用する特定のネットショッピングサイトで還元率アップ
電車通勤している
  • Suicaにオートチャージ可能
  • Pasmoにオートチャージ可能
  • 定期券機能付き

サブカードは、メインカードを補強する特典・サービスの付帯するカードを選ぶのがコツです。

たとえば、メインカードで海外旅行保険が付帯していなかったら、サブカードは海外旅行保険の付帯するカードを選ぶ。という感じです。

  • メインカードは、ポイントを貯めるカード
  • サブカードは、特典・サービスをうけるカード

役割を分けることで、満足度の高いカードが出来上がります。

国際ブランドを分散させる

国際ブランド特徴
VISAVISA
  • 世界シェア1位
  • 加盟店が多い
  • 世界中で使いやすい
MasterCardMasterCard
  • 世界シェア2位
  • VISAと同程度の加盟店数あり
  • 世界中で使いやすい
JCBJCB
  • 日本生まれの国際ブランド
  • 日本国内で加盟店数が多く使いやすい
AMEXAMEX
  • JCBが使える店舗で利用できる
  • ステータス性がある
Dinersdiners
  • 富裕層向けのカード
  • ステータス性がある

2〜3枚持ちする場合は、国際ブランドを分散させることが大事です。

クレジットカードの国際ブランドには、それぞれ特徴があるからです。

  • 海外で使うなら、VISAまたはMasterCard
  • 日本メインで使うなら、JCBまたはAMEX
  • ステータス重視なら、AMEXまたはDiners

2枚、3枚とも同じ国際ブランドにならないよう、利用目的に合わせてブランドを分散させましょう。

複数枚持ちのメインカードとして使いたいおすすめのクレジットカード10選!

← 横にスクロールできます →
カード名/
おすすめ度
おすすめの人年会費還元率貯まるポイント特典・サービス旅行傷害保険国際ブランド申込資格
JCB CARD WJCB CARD W 5.0
  • セブンイレブン・Amazonをよく利用する人
  • 39歳以下の人
無料1.0%OkiDokiポイント
  • スターバックスで還元率5.5%
  • Amazon・セブンイレブンで還元率2.0%
  • Oki Dokiランド経由の買い物でポイント最大20倍
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:-
JCB18歳〜39歳
楽天カード楽天カード 5.0
  • 楽天市場をよく利用する人
  • 楽天ポイントを貯めたい人
無料1.0%楽天ポイント
  • 楽天市場の利用でポイント3倍
  • 楽天市場で毎月0と5のつく日の利用はポイント5倍
  • 楽天対象サービスの条件達成でポイント最大16倍
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:-
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEX
18歳以上(高校生を除く)
Orico Card THE POINTorico-card-the-point 4.5
  • 電子マネーiD・QUICPayを使いたい人
  • 入会後すぐ2.0%還元でポイントを貯めたい人
無料1.0%オリコポイント
  • 入会後6ヵ月間はポイント還元率2.0%
  • オリコモールの利用で+0.5%の特別加算
  • 電子マネーiDとQUICPayをダブル搭載
  • 海外旅行傷害保険:-
  • 国内旅行傷害保険:-
  • MasterCard
  • JCB
18歳以上(高校生は除く)
リクルートカードリクルートカード 4.0
  • Pontaポイントを利用したい人
  • とにかくポイントを多く貯めたい人
無料1.2%リクルートポイント
  • じゃらんの利用でポイント3.2%
  • ポンパレモールの利用でポイント4.2%
  • ホットペッパービューティーの利用でポイント3.2%
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
18歳以上(高校生を除く)
dカードdカード 4.0
  • ローソンをよく利用する人
  • ドコモユーザー
無料1.0%dポイント
  • ローソンでの利用で2%還元
  • dポイントスーパー還元プログラムでポイント最大7倍
  • ポイントUPモールの利用でポイント最大10.5倍
  • 海外旅行傷害保険:-
  • 国内旅行傷害保険:-
  • VISA
  • MasterCard
18歳以上(高校生を除く)
ヤフーカードヤフーカード 4.0
  • ヤフーショッピングをよく利用する人
  • PayPayユーザー
無料1.0%Tポイント
  • ヤフーショッピングの利用でポイント3倍
  • LOHACOの利用でポイント3倍
  • PayPayにチャージできる
  • 海外旅行傷害保険:-
  • 国内旅行傷害保険:-
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
18歳以上(高校生を除く)
au PAY カードau PAY カード 4.0
  • au PAYを利用したい人
  • auユーザー
無料1.0%Pontaポイント
  • au PAYへの残高チャージで還元率1.0%
  • au PAYマーケットで最大15%還元
  • 提携店でポイント1.5倍
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:-
  • VISA
  • MasterCard
18歳以上(高校生を除く)
アメックス・ゴールドアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 4.0
  • ステータスを求める人
  • 旅行や出張で空港を利用する人
31,900円(税込)1.0%メンバーシップ・リワード
  • 国内外29空港の空港ラウンジ無料利用
  • プライオリティ・パスの無料発行
  • ゴールド・ダイニング by 招待日和
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯分は最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
AMEX
  • 20歳以上
  • 本人に安定した継続的な収入のある方
SPGアメックス・カードスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 4.0
  • 国内・海外旅行好きの人
  • マイルを貯めたい人
34,100円(税込)1.0%Marriott Bonvoyポイント
  • 国内外29空港の空港ラウンジ無料利用
  • 空港 手荷物無料宅配サービス
  • カード継続時にマリオット参加ホテルの無料宿泊特典あり
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯分は最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
AMEX
  • 20歳以上
  • 本人に安定した継続的な収入のある方
dカードゴールドdカードゴールド 4.0
  • ドコモユーザー
  • d払いを利用する人
11,000円(税込)1.0%dポイント
  • ドコモ利用料金1,000円ごと10%還元
  • dカードケータイ補償(購入から3年間最大10万円)
  • 日本国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯分は最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
  • VISA
  • MasterCard
  • 20歳以上
  • 安定した継続収入があること

メインカードとして、おすすめの10枚をあげました。

どれも高還元率カードで、お得にポイントが貯まります。

各カードごと、特典・付帯サービスが異なるので「おすすめの人」を参考に最適な1枚を選んでください。

迷ったらコレ!メインカードにおすすめのクレジットカードは、JCB CARD W!

JCB CARD W

項目内容
年会費永年無料
基本還元率1.0%
貯まるポイントOkiDokiポイント
ポイントのカウント方法毎月の利用合計に対し、1000円につき2pt付与
ポイントの価値1pt=5円
ポイントがUPする条件
  • スターバックス:還元率5.5%
  • セブンイレブン:還元率2.0%
  • Amazon:還元率2.0%
  • 昭和シェル:還元率1.5%
  • Oki Dokiランド経由の買い物:ポイント2倍~最大20倍
ポイントの交換先
  • Amazonでの買い物
  • JCBギフトカード
  • dポイント
  • nanacoポイント
  • 楽天ポイント
  • WAONポイント
  • Pontaポイント
  • JALマイル
  • ANAマイル
  • …ほか
ポイントの有効期限ポイント獲得月より2年
国際ブランドJCB
申込資格18歳~39歳
JCB CARD Wのココがおすすめ!
  • 維持費0円で常時ポイント還元率1.0%以上
  • セブンイレブン・Amazonで還元率2.0%
  • スターバックスカードへのチャージで還元率5.5%
  • Oki Dokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍
  • ApplePay・GooglePayに対応!スマホ決済できる

JCB CARD Wは、日常生活でポイントを貯めやすい最強カードです。

どこで使っても、還元率は1.0%以上!

セブンイレブンやスターバックス、Amazonなどのポイント優待店では、さらにお得なポイント還元アップがあります。

また、JCBが運営するポイント優待サイト「OkiDokiランド」を経由すれば、楽天市場でもヤフーショッピングでもポイントが2倍になります。

リアル店舗、ネット通販問わずポイントが貯まります。

takeshi
takeshi
ただし、39歳以下限定カードのため、40歳以上の方は申込みできません。

39歳まで入会すれば、40歳以上になっても同条件で継続利用できるので、現在の年齢あ39歳以下の人におすすめします!




詳細を見る


公式HPを見る



複数枚持ちのサブカードとして使いたいおすすめのクレジットカード10選!

← 横にスクロールできます →
カード名/
おすすめ度
おすすめの人年会費還元率貯まるポイント特典・サービス旅行傷害保険国際ブランド申込資格
エポスカード 5.0
  • 海外旅行をする人
  • マルイをよく利用する人
無料0.5%エポスポイント
  • マルコとマルオの7日間で10%OFF
  • 約10,000店舗で優待割引あり
  • たまるマーケットの利用でポイント最大30倍
  • 海外旅行傷害保険:最高500万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:-
VISA18歳以上(高校生を除く)
ビックカメラSuicaカードビックカメラSuicaカード 5.0
  • Suicaへクレジットチャージしたい人
  • ビックカメラを利用する人
  • 初年度無料
  • 2年目以降:524円(税込)
  • 年1回の利用で2年目以降も無料
1.0%
  • JRE POINT
  • ビックポイント
  • Suicaへのクレジットチャージが可能
  • Suicaへのチャージで1.5%還元
  • ビックカメラの利用で最大11.5%還元
  • 海外旅行傷害保険:最高500万(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万(利用付帯)
  • VISA
  • JCB
18歳以上(高校生を除く)
ビューSuicaカードビュー・スイカカード 4.5
  • Suicaへクレジットチャージしたい人
  • 定期券機能付きクレカを求める人
524円(税込)0.5%JRE POINT
  • JRE POINT加盟店で1.5%還元
  • Suicaへのオートチャージで1.5%還元
  • 定期券の購入で1.5%還元
  • 海外旅行傷害保険:最高500万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
18歳以上(高校生を除く)
ANA To Me CARD PASMO
JCB(ソラチカカード)ANA To Me CARD PASMO JCB
4.0
  • 東京メトロを使う人
  • ANAマイルを貯めたい人
2,200円(税込)0.5%
  • Oki Dokiポイント
  • メトロポイント
  • PASMOオートチャージ・定期券機能を搭載
  • ANAの飛行機代が10%オフになる
  • OkiDokiポイントとメトロポイントの二重取りが可能
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円(自動付帯)
  • 国内航空傷害保険:最高1,000万円(自動付帯)
JCB
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
イオンカードセレクトイオンカード セレクト 4.0
  • イオンをよく利用する人
  • 電子マネーWAONを利用する人
無料0.5%ときめきポイント
  • イオンカードグループでの利用でポイント2倍
  • WAONへのオートチャージ可能
  • 「お客様感謝デー」で5%オフ
  • 海外旅行傷害保険:-
  • 国内旅行傷害保険:-
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
18歳以上(高校生は除く)
三井住友アミティエカード三井住友カードアミティエ 4.0
  • 毎月のケータイ利用料金が高い人
  • 国内外両方の旅行保険付きカードを求める人
1,375円(税込)
※インターネット入会で初年度無料
0.5%Vポイント
  • ケータイ利用料の支払いでポイント2倍
  • セブン、ファミマ、ローソン、マクドナルドの利用でポイント5倍
  • ポイントUPモール経由のネットショッピングでポイント最大20倍
  • 海外旅行傷害保険:最高2,500万円(自動付帯分300万円)
  • 国内旅行傷害保険:最高2,500万円(自動付帯分300万円)
  • VISA
  • MasterCard
18歳以上(高校生を除く)
セブンカード・プラスセブンカードプラス 4.0
  • nanacoへクレジットカードチャージしたい人
  • セブンイレブン・イトーヨーカドーをよく利用する人
無料0.5%nanacoポイント
  • セブン&アイグループの対象店の利用でポイント2倍
  • イトーヨーカドーハッピーデーで5%OFF
  • 電子マネーnanacoのチャージでポイントが貯まる
  • 海外旅行傷害保険:-
  • 国内旅行傷害保険:-
  • VISA
  • JCB
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 本人または配偶者に継続して安定した収入がある方
Amazon Mastercard
クラシックAmazon Mastercardクラシック
4.0
Amazonをよく利用する人
  • 初年度無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
  • 年1回の利用で2年目以降も無料
1.0%Amazonポイント
  • Amazonの買い物で2%還元
  • ポイントは自動的にアカウントに加算
  • 年1回以上のカード利用で年会費無料
  • 海外旅行傷害保険:-
  • 国内旅行傷害保険:-
MasterCard18歳以上(高校生を除く)
ライフカードライフカード 4.0誕生日月にカード利用が多い人無料0.5%LIFEサンクスポイント
  • 入会後1年間はポイント1.5倍
  • 誕生日月はポイント3倍
  • L-Mallの買い物利用でポイント最大25倍
  • 海外旅行傷害保険:-
  • 国内旅行傷害保険:-
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
18歳以上(高校生を除く)
ENEON SカードENEON Sカード 4.0
  • ENEOSで給油する人
  • ロードサービスを利用したい人
  • 初年度無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
  • 年1回の利用で2年目以降も無料
0.6%ENEOSカードポイント
  • ENEOSの給油でガソリン・経由が2円/L引き
  • ロードサービスを標準装備
  • レンタカーの優待あり
  • 海外旅行傷害保険:-
  • 国内旅行傷害保険:-
  • VISA
  • JCB
満18歳以上(高校生除く)

サブカードとして、おすすめの10枚をあげました。

各カードには、際立った特典・サービスが付帯しています。

メインカードで不足している部分を補えるカードを1〜2枚選ぶと、最強のクレジットカード環境が整います。

サブカードとしておすすめのクレジットカードは、エポスカードとビックカメラSuicaカード!

サブカードを2枚持つなら、この組み合わせが最強です。

サブカードおすすめ①:エポスカード(海外旅行保険が自動付帯)

エポスカード

項目詳細
年会費無料
ポイント還元率0.5%
貯まるポイントエポスポイント
ポイントのカウント方法200円につき1ポイント付与
ポイントの価値1pt=1円
申込資格18歳以上の方(高校生を除く)
国際ブランドVISA
海外旅行保険
(自動付帯)
死亡後遺障害500万円
傷害治療200万円
疾病治療270万円
賠償責任2000万円
携行品損害20万円
救援者費用100万円
注目のポイント!
  • 年会費無料で海外旅行保険が自動付帯
  • 傷害・疾病治療の補償が手厚い
  • 加盟店が最も多いVisaのカード
  • 即日発行、マルイ店舗で即日受取可能
  • 主婦や学生でも申し込める作りやすいカード

エポスカードは、年会費無料なのに海外旅行保険が自動で付帯しているカードです。

自動付帯とは、カードを持っているだけで自動的に適用される保険のこと。

たとえば、海外旅行先でケガや病気になり高額な治療費がかかっても、エポスカードを持っているだけで補償をうけられます。

補償内容も、上記に掲載したとおり、年会費無料とは思えない手厚さがあります。

ポイント還元率は0.5%と標準的ですが、海外旅行保険が自動付帯&補償も充実している点で、サブカードとしておすすめです。




詳細を見る


公式HPを見る



サブカードおすすめ②:ビックカメラSuicaカード(Suicaへのオートチャージで1.5%還元)

ビックカメラSuicaカード

項目内容
年会費
  • 初年度無料
  • 2年目以降:524円(税込)
  • 年1回の利用で2年目以降も無料
基本還元率1.0%
貯まるポイント
  • JRE POINT
  • ビックポイント
ポイントのカウント方法
  • ビックポイント:1,000円の利用ごと5pt
  • JREポイント:1,000円の利用ごと5pt
ポイントの価値1pt=1円
ポイントがUPする条件
  • Suicaへのチャージ:1.5%還元
  • ビックカメラの利用:最大11.5%還元
Suicaへのチャージ
  • 1,000円につきJRE POINTが15pt貯まる
  • Suicaへオートチャージ可能
  • オートチャージで貯まったポイントをSuicaにチャージできる
ポイントの有効期限最終利用日から2年間
電子マネーSuica
国際ブランド
  • VISA
  • JCB
申込資格日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方
注目のポイント!
  • オートチャージ機能付き!電車利用に便利
  • Suicaへのオートチャージで1.5%還元
  • 貯めたポイントをSuicaへチャージ可能
  • ビックカメラの利用で最大11.5%還元
  • ショッピング利用でポイントがダブルで貯まる

ビックカメラSuicaカードは、Suicaへのオートチャージで1.5%の還元をうけられるお得なカードです。

Suicaの残額が少なくなれば、ビックカメラSuicaカードから自動的にチャージされ1,000円につき15ポイントのJRE POINTが貯まります。

2年目以降は524円(税込)の年会費が必要ですが、年に1度の利用があれば年会費は無料となります。

Suicaへのオートチャージとして利用していれば、年1回の利用は余裕でクリアできるので、実質年会費無料。

電車通勤でSuicaを利用するなら、サブカードとしてビックカメラSuicaカードは欠かせない1枚といっていいでしょう。




詳細を見る


公式HPを見る



複数枚のクレジットカードを作るときに注意したい3つのこと

注意したい3つのこと
  1. 6ヶ月以内に3枚以上のカードを申し込まない
  2. キャッシング枠は0円で申し込む
  3. 同じ暗証番号を設定しない

これから、複数枚のクレジットカードを申し込もう…!と思ったら、上記3つの点に注意してください。

6ヶ月以内に3枚以上のカードを申し込まない

6ヶ月以内に3枚以上のカードを申し込むと、審査通過が難しくなる可能性があります。

短期間に複数のカードを申し込む人は、お金に困っているのでは…?と警戒されてしまうからです。

個人の信用情報機関には、6ヶ月間記録が残っています。

3枚以上のカードを作るなら、6ヶ月期間をあけて申し込むようにしましょう。

キャッシング枠は0円で申し込む

キャッシング枠を申し込むと、通常より審査が厳しくなり、審査結果までの期間もかかります。

というのも、キャッシング枠は別審査になるからです。

キャッシングを利用したい場合でも申込時は0円に設定し、入会後6ヶ月以上経過してから、枠の申し込みをしましょう。

6ヶ月間のカード利用実績があれば、キャッシングの審査に通りやすくなります。

同じ暗証番号を設定しない

すべて同じ暗証番号だと、防犯上よくありません。

カードの盗難で暗証番号も知られてしまった場合、すべてのカードを不正利用されてしまう可能性が高くなるからです。

暗証番号入力による不正利用は、カード会社の補償をうけられません。

被害を最小限におさえるためにも、必ず1枚ごと違う暗証番号を設定しましょう。

クレジットカードの保有枚数に関するまとめ

  • クレジットカードの保有枚数は2~3枚が理想
  • メインカード1枚、サブカード1〜2枚がベスト
  • メインカードは、ポイント重視で選ぶ
  • サブカードは、特典・付帯サービス重視で選ぶ
  • 国際ブランドは分散させること

クレジットカードの保有枚数は、2~3枚が理想です。

今回この記事で紹介した、メインカード・サブカードおすすめ10選を参考に最適なカードを選んでみてください。