P-oneカード<Standard>を解説!審査・年会費・メリットまとめ

P-oneカード<Standard>
基本還元率1.0%
貯まるポイントポケット・ポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
Tポイント、dポイント、JALマイル
還元率UP条件 リボ払いでカード利用
ポイント有効期限24ヶ月
年会費無料
ポイント算出方法1,000円につき1ポイント
申込資格・条件18歳以上(高校生のぞく)
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
特典・サービス
  • 自動1%オフサービス
  • 初回カードキャッシング30日間無利息
  • 旅行パッケージツアー8%オフ
  • 海外のお土産宅配サービス
  • レンタカー割引
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード満18歳以上で継続安定収入がある
電子マネーなし
追加カード家族カード(年会費220円)
カードランク一般
利用限度額200万円

P-oneカード<Standard>はポケットカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

最大の特徴はカード利用金額の1%が割引される点です。

しかも割引になる条件もありませんから毎月カードの利用金額の割引が受けられます。

また旅行パッケージツアーが8%オフで利用できたり、海外で買ったお土産を無料で送ってもらえるサービスなど旅行関係のサービスも充実しています。

ただし旅行保険は国内・海外ともに付帯されていませんから、旅行保険を付帯させたいなら別のクレジットカードで旅行費を支払わないといけません。

利用限度額も最大200万円と一般ランクのクレジットカードとしてはかなり多めになっています。

店舗などを気にせず買い物代金がお得になるクレジットカードを探しているならぜひチェックしてみてくださいね。


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

Contents

P-oneカード<Standard>の7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、P-oneカード<Standard>の7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、P-oneカード<Standard>の特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずはP-oneカード<Standard>がどんなカードかを理解しておきましょう!

カード請求時に利用額の1%が割引になる

P-oneカード<Standard>の1%割引の特徴
  • 毎月のカード利用額の1%が割引になる
  • 公共料金の支払いも割引対象となる
  • 割引上限なし

P-oneカード<Standard>の最大のメリットは常にカード利用金額の1%が割引される点です。

1%オフが適用される条件もありませんし公共料金も割引の対象になります。

さらに割引上限もありませんから使ったら使った分だけ割引額が増えます。

atsushi
atsushi
仮にカードで100万円使ったら1万円割引されるので大きいですよね。

カードの利用限度額が最大200万円まで上げられる

カード名利用限度額
P-oneカード<Standard>200万円
楽天カード100万円
ヤフーカード100万円
JCB CARD W100万円

P-oneカード<Standard>は利用限度額が200万円までとなっていて、他のクレジットカードに比べて大きいです。

同じ年会費無料の「楽天カード」や「ヤフーカード」と比べても利用限度額は2倍も違います。

利用限度額が大きいと高い買い物をする時に限度額を気にせず買えますから、高額な物を買う時に便利です。

atsushi
atsushi
何でも買えてしまうのでカードの使いすぎには注意してくださいね。

「VISA」「MasterCard」「JCB」の中から国際ブランドが選べる

P-oneカード<Standard>で選べる国際ブランド
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

P-oneカード<Standard>を作る時に国際ブランド「VISA」「MasterCard」「JCB」の3つから選ぶことができます。

国際ブランドによって国内や海外での使いやすさが変わってくるため、P-oneカード<Standard>の使い方にあわせて国際ブランドを選びましょう。

あまり海外に行かないのであれば「JCB」がおすすめですし、反対に海外での買い物用として使うなら「VISA」がおすすめです。

カードの締め日と支払日がともに「1日」だから把握しやすい

P-oneカード<Standard>の締め日と支払日
  • 締め日:毎月1日
  • 支払日:翌月1日

P-oneカード<Standard>は締め日も支払日も1日とかなり分かりやすくなっています。

クレジットカードの締め日や支払日は「10日」とか「15日」と中途半端な日にちになっているものも多く、ついついいつが締め日か忘れてしまいますよね?

P-oneカード<Standard>は締め日も支払日も同じなのでカードの利用金額を把握しやすいですし、お金の用意もしやすいので払い忘れの心配が少なくなります。

atsushi
atsushi
払い忘れをすると信用情報にキズがついてしまいますからね。

紛失や盗難に遭って不正利用されてもきちんと補償してくれる

P-oneカード<Standard>の紛失・盗難補償
  • 紛失や盗難に届け出を出してから前後60日が補償対象
  • 補償対象期間中に不正利用があった場合カード会社が負担
  • インターネット取引による不正利用も対象

P-oneカード<Standard>は万が一カードを紛失したり盗難に遭ってもきちんと補償してくれます。

具体的にはカードの無くしたのを届け出た日から前後60日に発生した利用金額を全額保守してくれるというものです。

また補償対象は実店舗の利用だけでなくインターネット取引の利用も対象となっています。

atsushi
atsushi
P-oneカード<Standard>を無くしたらすぐにカード会社に届け出ましょうね。

レンタカー料金が5%オフになる

5%オフになるレンタカー会社
  • トヨタレンタリース
  • ニッポンレンタカー
  • 日産レンタカー
  • オリックスレンタカー

P-oneカード<Standard>を持っているとレンタカーが5%オフで利用できます。

5%オフになるレンタカー会社は上の4社になり、どこで借りても割引が適用されます。

ドライブはもちろん出張の時にも利用できますから、レンタカーを借りる機会が多いならぜひ持っておきたいですよね。

ツアーパッケージが最大8%オフになる

割引になるツアーパッケージ
  • JALパック
  • ANAハローツアー/ANAスカイホリデー

P-oneカード<Standard>は提携しているツアー会社でツアーパッケージを申し込むとツアー代金が最大8%オフになるサービスがあります。

割引を適用させるにはツアーの申込を「ポケットカードトラベルセンター」でしないといけませんが、8%オフは結構大きな割引になりますよね。

旅行の計画を考えているのなら「ポケットカードトラベルセンター」経由で申し込むようにしましょうね。


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

P-oneカード<Standard>の3つのデメリットも確認しておこう

どれだけP-oneカード<Standard>にメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえでP-oneカード<Standard>を正しく理解したいですね。

ですので、ここでP-oneカード<Standard>を利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

キャンペーンなどがないとポイントが貯まらない

P-oneカード<Standard>のポイント付与の条件
  • 「ポケットモール」利用時
  • キャンペーンに応募

P-oneカード<Standard>には「ポケット・ポイント」というポイントプログラムがあるのですが、普通にカードを使っているだけではポイントは付与されません。

ポイントが貯まる条件としては「ポケットモールを利用する」「キャンペーンに応募する」必要があります。

つまり、普段P-oneカード<Standard>を使ってもポイントは一切貯まらないため「ポイ活」をするには不向きなカードです。

ETCカードや家族カードを発行すると発行手数料や年会費が発生する

P-oneカード<Standard>の追加カードにかかる費用
  • ETCカード:発行手数料1,100円
  • 家族カード:年会費220円/1枚

P-oneカード<Standard>ではETCカードも家族カードも発行できますが、作るにあたってどちらも費用が掛かります。

ETCカードは1枚作る度に発行手数料が1,100円かかりますし家族カードは1枚に月220円の年会費がかかります。

年会費無料のクレジットカードの中にはETCカードを発行手数料無料で作れるものありますし、年会費無料で家族カードが作れるカードもあります。

ETCカードや家族カードを作る前提でクレジットカードを選ぶならP-oneカード<Standard>はちょっと避けた方がいいかもしれませんね。

関連記事
etcカードおすすめ
【全20枚を比較】年会費・発行手数料無料のETCカードおすすめTOP5!ETCカードを作るとき、どのカードが良いのか?違いは何か?年会費や発行費は必要なのか? このように思われる方も多いのではないでしょ...

国内旅行保険も海外旅行保険もついていない

P-oneカード<Standard>の旅行保険
  • 海外旅行保険:なし
  • 国内旅行保険:なし

P-oneカード<Standard>には旅行保険が一切ついていません。

そのため、旅行先で万が一病気やケガをしても治療費が補償されないのです。

特に海外で治療を受けると日本で利用できる保険などが適用しないため、治療費が高額になってしまう場合があります。

年会費無料で海外旅行保険がきちんと付帯されているクレジットカードを探しているなら下のページを参考にしてくださいね。

関連記事
海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード
海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードおすすめランキングTOP5!海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを選ぶ際、重要視するのは最高補償額の多さではありません。 一番使う可能性が高い「傷害治療」...
atsushi
atsushi
P-oneカード<Standard>は海外旅行先で買い物をするカードとしてなら大丈夫です。


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

P-oneカード<Standard>で貯まるポケット・ポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

P-oneカード<Standard>を利用すると、「ポケット・ポイント」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたポケット・ポイントは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここではP-oneカード<Standard>で貯めたポケット・ポイントのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

貯まったポイントをキャッシュバックしてもらう

必要ポイント数300ポイント~
使いやすさ

ポケット・ポイントのもっともオススメの使い道は1ポイント=3円でキャッシュバックすることです。

キャッシュバックは「カードの引き落とし口座」「楽天銀行」「ジャパンネット銀行」の3つの口座から選び、選んだ口座にキャッシュバックされます。

最低必要ポイントは300ポイントからなので、300ポイント貯まったらキャッシュバックの手続きをしてポイントを換金しましょう。

atsushi
atsushi
カードの引き落とし口座にキャッシュバックしてもらえばそのままカード利用金額の支払いに使えるのでおすすめです。

他社のポイントプログラムに交換する

必要ポイント数300ポイント~
使いやすさ

ポケット・ポイントは他の会社が運営しているポイントプログラムに交換ができます。

交換できるポイントは下の表にまとめました。

交換できるポイント
  • Tポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント

ポケット・ポイント1ポイントで3ポイント交換できるので、普段貯めたり使ったりしているポイントがあるのなら、ポケット・ポイントを交換して使えるポイントを増やしましょう。

atsushi
atsushi
どのポイントも交換レートは同じです。

JALのマイレージに移行する

交換レート300ポイント→450マイル
使いやすさ

ポケット・ポイントはJALのマイレージにも交換できます。

ポケット・ポイント1ポイントにつき1.5マイルで交換でき、最低300ポイントから交換可能となっています。

別のクレジットカードを使ってJALのマイルを貯めているのならポケット・ポイントを交換するとより早く目標に到達するのでおすすめです。

atsushi
atsushi
残念ながらANAのマイルには交換できません。


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

P-oneカード<Standard>の評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

P-oneカード<Standard>がどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、P-oneカード<Standard>を利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

P-oneカード<Standard>の悪い評判・口コミ一覧

  • ETCカードが欲しいなら別のクレジットカードがおすすすめです。発行手数料がかかるし1%割引の対象外なのでメリットはありません。
  • 1%割引はうれしいが10円単位以下は切り捨てられるのでカードを使う時は値段に注意しないといけない。
  • どれだけカードを使ってもポイントが付きません。以前はポイントももらえたのでさすがに残念過ぎて使わなくなりました。

P-oneカード<Standard>の良い評判・口コミ一覧

  • とにかく1%オフはでかい!単純に支払い額が抑えられるので重宝しています。
  • ポイントを確認したり交換したり…というのが面倒な人におすすめです。自分もポイントの有効期限を切らしたことがあるのでポイント不要者はこれで十分です。
  • 一度不正利用されたのですがその時に丁寧に対応してもらって助かりました。もちろん不正利用分は返ってきました。

P-oneカード<Standard>の評判・口コミまとめ!

P-oneカード<Standard>の悪い評判・口コミ
  • ETCカードが作りづらい
  • 1%オフは10円単位が切り捨てられる
  • ポイントが全くつかない
P-oneカード<Standard>の良い評判・口コミ
  • 手続き不要で1%オフが適用される
  • ポイントの有効期限を気にしなくてもいい
  • 紛失や盗難の対応が丁寧かつ親切

P-oneカード<Standard>に関する悪い口コミで特に注目したのが「ETCカードが作りづらい」でした。

デメリットの部分でもお話ししたようにP-oneカード<Standard>でETCカードを発行すると発行手数料がかかります。

しかもETC利用分は1%オフの対象外となるため無理してP-oneカード<Standard>でETCカードを作るメリットはほとんどありません。

またETCカード以外では「ポイントが付かない」という声も不満としてありました。

とはいえ、目立った悪い口コミはそのくらいで数で言えば悪い口コミ自体そこまで多くない印象です。

反対に良い意見として多かったが「1%オフが手続き不要で適用させる」という声でした。

ほとんどの支払いで1%オフが適用されるため、カードの支払金額が安くなるところがP-oneカード<Standard>の最大のメリットだと利用者の多くが実感しています。

またカード会社のサポートが丁寧で親切だという点を評価している人も多かったです。

口コミを見る限り、P-oneカード<Standard>はあまりポイントを意識しないのであればお勧めのクレジットカードです。

カード利用金額を簡単に安くできますからお得にカードで買い物ができますからね。


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

P-oneカード<Standard>と他のP-oneカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
P-oneカード<Standard>P-oneカード<Premium Gold>P-oneカード<G>P-one Wiz
基本還元率1.0%1.0%1.0%1.0%
年会費無料11,000円3,300円無料
申込資格満18歳以上で継続安定収入がある満20歳以上で継続安定収入がある満18歳以上で継続安定収入がある満18歳以上で継続安定収入がある
特典・サービス
  • 自動1%オフサービス
  • 初回カードキャッシング30日間無利息
  • 旅行パッケージツアー8%オフ
  • 海外のお土産宅配サービス
  • レンタカー割引
  • 自動1%オフサービス
  • 空港ラウンジ利用(VISA、JCBのみ)
  • ポイントバックサービス
  • 初回カードキャッシング30日間無利息
  • 旅行パッケージツアー8%オフ
  • 海外のお土産宅配サービス
  • レンタカー割引
  • 自動1%オフサービス
  • ポイントバックサービス
  • 初回カードキャッシング30日間無利息
  • 旅行パッケージツアー8%オフ
  • 海外のお土産宅配サービス
  • レンタカー割引
  • 自動1%オフサービス
  • 初回カードキャッシング30日間無利息
  • 旅行パッケージツアー8%オフ
  • 海外のお土産宅配サービス
  • レンタカー割引
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間300万円
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高2,000万円
  • お買い物安心保険:年間50万円
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:年間50万円
ETCカード年会費無料(発行手数料1,100円)年会費無料(発行手数料1,100円)年会費無料(発行手数料1,100円)年会費無料(発行手数料1,100円)
家族カード年会費220円年会費2,200円(初年度無料)年会費1,100円(初年度無料)年会費無料
利用限度額200万円300万円200万円200万円


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

P-oneカード<Standard>の審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

P-oneカード<Standard>はランク的には一般のクレジットカードですから、審査がものすごく厳しいわけではありません。

ただ申し込みをすれば誰でも無条件でカードが作れるわけではなく、きちんと審査基準を満たしていないといけません。

そこでP-oneカード<Standard>の審査基準についてここで詳しく解説します。

18歳以上である

P-oneカード<Standard>は18歳以上の人が申し込みの対象となります。

ただし18歳以上であっても高校生は申し込みができません。

高校生でなければ誰でも申し込むことはできるので、クレジットカードの中では作りやす部類のクレジットカードと言えるでしょう。

継続した安定収入がある

P-oneカード<Standard>を確実に作りたいのなら、継続した安定収入があるとベストです。

目安としては年収200万円あればP-oneカード<Standard>の審査は通ると言われているので、正社員はもちろん契約社員や派遣社員でも審査は通ると思います。

ちなみに配偶者が安定した継続収入があっても審査が通るため、専業主婦が申し込んでも審査が通る可能性は高いです。

atsushi
atsushi
フリーターでも安定して収入があれば大丈夫だと思います。

学生は審査が通りにくい

P-oneカード<Standard>は18歳以上で高校生でなければ申し込みはできますが、学生だと審査が通りにくいクレジットカードと言われています。

学生だとP-oneカード<Standard>の審査基準である「安定した収入」を稼ぐのが難しいためカード会社の審査も厳しくなるからです。

学生でクレジットカードを作りたいのなら、P-oneカード<Standard>よりも作りやすいクレジットカードがありますのでそちらを検討するもいいかもしれません。

関連記事
学生 クレジットカード
学生クレジットカードガイドの完全版!選び方やおすすめクレカを解説学生生活の中で、クレジットカードを持っていると快適になる場面はたくさんありますよね! 近年では、キャッシュレス化が進み、それに伴っ...


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

【P-oneカード<Standard>のQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

P-oneカード<Standard>についてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、P-oneカード<Standard>の魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、P-oneカード<Standard>のよくある気になる疑問に答えていきます。

P-oneカード<Standard>を検討する際の参考にしてみてくださいね!

P-oneカード<Standard>はnanacoなどへの電子マネーへのチャージもできますか?

電子マネーへのチャージはできます。

ただしポイントはつかないうえに1%オフの対象外となるのであまりおすすめはしません。

P-oneカード<Standard>のポイント還元率が上がる条件はありますか?

カードの支払いを「リボ払い」にすると1,000円につき2ポイント貯まるようになります。

ただしリボ払いすれば金利手数料が発生するうえに、そもそもP-oneカード<Standard>自体ポイントが貯めにくいクレジットカードです。

ポイントはあくまでも「おまけ」程度に考えた方が良いでしょう。

P-oneカード<Standard>を解約したい場合はどこに連絡すればいいですか?

P-oneカード<Standard>の解約を希望する場合は下記電話番具に連絡しましょう。

  • 0120-12-9255(固定電話)
  • 0570-064-373(携帯電話)
電話がつながったら音声ガイダンスに従って手続きを進めてくださいね。


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

カードの支払いを少しでも抑えたいならこれ!P-oneカード<Standard>を活用しよう

この記事のまとめ
  1. いつでもカードの利用金額の1%オフ
  2. 限度額は最大200万円まで
  3. 紛失や盗難に遭っても補償してくれる
  4. レンタカー代が5%オフ
  5. ツアーパッケージが最大8%オフ

これまでP-oneカード<Standard>についてお話ししてきました。

P-oneカード<Standard>がどんな特徴を持つクレジットカードか理解できたのではないでしょうか?

P-oneカード<Standard>は「自動的にカード利用金額が1%オフになる」という特別なサービスが売りのクレジットカードです。

そのためキャッシュバックやポイント還元などの手続きをしなくてもカードの利用金額が抑えられるので財布にとてもやさしいですよね。

また一般ランクのクレジットカードでありながら利用限度額が最大200万円までとかなり枠が大きいので、安心して高い買い物もカードで支払えます。

P-oneカード<Standard>の特徴については上の5つにまとめました。

P-oneカード<Standard>のメリット・デメリットを正しく理解して、賢く活用してくださいね。


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

P-oneカード<Standard>の基本情報まとめ

P-oneカード<Standard>
基本還元率1.0%
貯まるポイントポケット・ポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
Tポイント、dポイント、JALマイル
還元率UP条件 リボ払いでカード利用
ポイント有効期限24ヶ月
年会費無料
ポイント算出方法1,000円につき1ポイント
申込資格・条件18歳以上(高校生のぞく)
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
特典・サービス
  • 自動1%オフサービス
  • 初回カードキャッシング30日間無利息
  • 旅行パッケージツアー8%オフ
  • 海外のお土産宅配サービス
  • レンタカー割引
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード満18歳以上で継続安定収入がある
電子マネーなし
追加カード家族カード(年会費220円)
カードランク一般
利用限度額200万円

P-oneカード<Standard>の公式HPを見る

カード概要

発行会社ポケットカード株式会社
年会費無料
審査・発行約3週間
入会条件満18歳以上で継続安定収入がある
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
支払い方法1回払い、リボ払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、分割払い
支払い
  • 締め日:毎月1日
  • 引き落とし日:翌月1日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネーなし
家族カード発行可能枚数家族1人につき1枚
年会費220円
ETCカード発行可否可能
発行手数料1,100円
年会費無料

ポイント還元率

ポイントプログラムポケット・ポイント
通常還元率1.0%
還元率アップ条件リボ払いでカード利用
ポイント有効期限24ヶ月
ポイント付与1,000円で1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=1円
交換可能ポイントTポイント、dポイントなど
交換可能マイルJALマイル

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険なし
海外旅行保険なし
ショッピング保険なし

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジなし
紛失・盗難補償届け出た日の60日前から発生した損害を補償
年間利用特典なし
お問い合わせ0120-12-9255
0570-064-373(携帯電話の場合)
9:00~17:30(年始休業)


P-oneカード<Standard>の公式HPを見る