Pontaを貯めるならコレ!審査も簡単なおすすめクレジットカード比較10選

買い物上手な人の中には、普段の買い物で「ポイント」を意識して貯めている人も多いです。

Tポイントやdポイントなど色々なポイントがありますが「Pontaポイント」を貯めている人も多いのではないですか?

Pontaポイントを貯めておけばいざという時にポイントで買い物ができたり、ポイントを商品などに交換できたりします。

また最近はクレジットカードを使ってもPontaポイントを上手に貯められます。

そこでこの記事では、賢くPontaポイントを貯められるクレジットカードの選び方とPontaポイントが貯まりやすいおすすめのクレジットカードを紹介します。

日ごろから意識してPontaポイントを貯めているのなら、ぜひここで紹介したクレジットカードを上手に使ってより効率よくPontaポイントを貯めてくださいね。

Contents

Pontaポイントが貯まるクレジットカードを選ぶ3つのポイント

Pontaポイントを貯められるクレジットカードは1つではありません。

Pontaポイントが貯められるクレジットカードは何種類もありますし、種類によって使い方や貯まり方が違ってきます。

Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードを選ぶ際には次の3つのポイントを必ずチェックして選びましょう。

ポイント還元率が高いカードを選ぶ

還元率とは?

利用金額に応じてポイントがもらえる割合を示したものです。例えば「還元率1%」であれば100円ごとに1ずつポイントが付与されます。

クレジットカードでPontaポイントを貯めたいなら「ポイント還元率」が高いカードを選ぶようにしましょう。

還元率が高ければその分もらえるポイントが増えますから貯まりやすくなります。

還元率はクレジットカードによって違いますから、カードを選ぶ時は還元率をチェックして選ぶようにしてくださいね。

atsushi
atsushi
カードによっては使う店舗によって還元率がアップするものもありますので、還元率がアップする方法についてもチェックしておきましょう。

Pontaポイントに移行できるカードを選ぶ

Pontaポイントに移行できるポイント
  • dポイント(dカード)
  • オリコポイント(オリコ系カード)
  • Vポイント(三井住友系カード)
  • リクルートポイント(リクルートカード)
  • セゾン永久不滅ポイント(セゾン系カード)

クレジットカードで貯められるポイントの中にはPontaポイントに移行できるポイントもあります。

Pontaポイントに移行できれば、Pontaポイントを直接貯めなくてもカードを使ってポイントを貯めておけば、実質Pontaポイントを貯めているのと同じですからね。

Pontaポイントに移行できるポイントについては上にまとめています。

カードの使い方によってお勧めのカードは変わってきますので、自分のカードの使い方にあったクレジットカードを選んでくださいね。

atsushi
atsushi
Pontaポイントに移行する時に「最低交換ポイント」が設定されている場合がありますので、交換する際は必ずチェックしましょう。

Pontaカードと一体型のカードを選ぶ

Pontaカードと一体型のクレジットカード

Pontaポイント貯めるだけでなく積極的に使いたいのであれば、Pontaカードの機能が搭載されているクレジットカードを選びましょう。

Pontaポイントは提携店であれば現金の代わりにポイントで支払えます。

Pontaポイントで買い物ができる店舗
  • ローソン
  • 高島屋
  • ケンタッキー・フライド・チキン
  • すき家
  • はま寿司

Pontaポイントで支払う場合はPontaカードを持っていないと使えません。

しかしPontaカードとクレジットカードが一体になっていれば、クレジットカードでPontaポイントが使えるので便利ですよね?

普段からPontaポイントを買い物で使っているのなら、Pontaカードと一体型のクレジットカードを選んでくださいね。

Pontaポイントを貯めるのにおすすめのクレジットカードランキングTOP10

← 横にスクロールできます →
カード名 年会費 還元率 還元ポイント Pontaポイントへの交換レート
Ponta Premium Plus 2,200円(税込) 1.0% Pontaポイント
dカード 無料 1.0% dポイント 5,000ポイント→5,000Pontaポイント
Orico Card THE POINT 無料 1.0% オリコポイント 1ポイント→1Pontaポイント
シェル-Pontaクレジットカード 1,375円(税込) 1.0% Pontaポイント
ローソンPontaカードVisa 無料 0.5% Pontaポイント
三井住友カード 1,375円(税込) 0.5% Vポイント 1ポイント→4Pontaポイント
リクルートカード 無料 1.2% リクルートポイント 1ポイント→1Pontaポイント
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 22,000円(税込) 1.5% セゾン永久不滅ポイント 200ポイント→900Pontaポイント
EX Gold for Biz M 2,200円(税込) 0.5% 暮らスマイル 1ポイント→5Pontaポイント
JALカード CLUB-Aゴールドカード 17,600円(税込) 1.0% JALマイレージ 3,000マイル→1,500Pontaポイント

Pontaポイントが貯まるクレジットカードの選び方が分かれば、あとは自分に合ったクレジットカードを選ぶだけです。

ここでは、おすすめのPontaポイントが貯まるクレジットカードを10枚紹介しますので、カードの使い方や欲しいサービスなどを比べて選んでくださいね。

Pontaを貯めるのも使うのもこれ1枚!Ponta Premium Plus

Ponta Premium Plus
国際ブランド JCB
年会費 2,200円(税込)
還元率 1.0%
還元ポイント Pontaポイント
Pontaポイントへの交換レート

Pontaカードとクレジットカードが1つになった一体型のクレジットカードです。

利用金額100円ごとに1ポイントずつPontaポイントが貯まっていくため、普段の買い物でもPontaポイントが貯められます。

さらに、7月と12月はカードの月間利用金額に応じてポイント還元率がアップします。

月間利用金額 ポイント還元率
10万円以上 1.5%
20万円以上 2.0%

Pontaポイントを貯めるのはもちろん、カードにPontaカードの機能も搭載されているため、貯まったPontaポイントで気軽に買い物もできます。

Pontaポイントをより貯めやすく、使いやすいカードをお探しならPonta Premium Plusはおすすめです。


Ponta Premium Plusの公式HPを見る

Pontaカードと併用するクレジットカードならこれ!dカード

dカード
国際ブランド VISA/MasterCard
年会費 無料
還元率 1.0%
還元ポイント dポイント
Pontaポイントへの交換レート 5,000ポイント→5,000Pontaポイント
別途手数料として250ポイント必要

「ポイントが貯まりやすいクレジットカード」としてよく挙げられるのがdカードです。

ポイント還元率が基本1.0%と高いうえに特約店でカードを使って支払いをするともらえるポイントが増えます。

ポイントupモール利用でのdポイント還元率upの例
総合通販・百貨店 楽天市場 ポイント1.5倍
Yahoo!ショッピング ポイント1.5倍
ファッション セシール オンラインショップ ポイント3倍
カタログ通販 ベルーナ ポイント5倍
美容・健康 ロフトネットストア ポイント4倍
DHCオンラインショップ ポイント2.5倍
グルメ・ギフト 高島屋オンラインストア ポイント5倍
さとふる ふるさと納税サイト ポイント2倍
家電・パソコン DELL ポイント4倍
ビックカメラ.com ポイント2倍

貯まったdポイントは1ポイントあたり1Pontaポイントで交換できます。

ただし最低交換ポイントは5,000ポイントで、ポイント交換手数料として250ポイントが必要になります。

Pontaポイントへ移行する必要はあるものの、他のクレジットカードに比べるとポイントが貯まりやすいので「早くまとまったPontaポイントを貯めたい」と考えているならおすすめです。




詳細ページはこちら


dカードの公式HPを見る



入会6ヶ月間は還元率が2倍に!Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT
Orico Card THE Point
国際ブランド MasterCard/JCB
年会費 無料
還元率 1.0%
還元ポイント オリコポイント
Pontaポイントへの交換レート 1ポイント→1Pontaポイント

カードを作ってからすぐにポイントを貯めたい…という人におすすめなのがOrico Card THE POINTです。

Orico Card THE POINTでは入会してから6ヶ月間はポイント還元率が2.0%になるため、ポイントが貯まりやすくなっています。

さらに『オリコモール』を経由してネットショッピングをすると、還元率が1.0%プラスされます。

普段からネットショッピングをよくするのであれば、Orico Card THE POINTを作って利用するとポイントがガンガン貯まっていきますよ。




詳細ページはこちら


Orico Card THE POINTの公式HPを見る



ガソリンを入れるたびにPontaポイントが貯まる!シェル-Pontaクレジットカード

シェル-Pontaクレジットカード
シェル-Pontaクレジットカード
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
年会費 1,375円
還元率 1.0%
還元ポイント Pontaポイント
Pontaポイントへの交換レート

シェル-PontaクレジットカードはPontaポイントが直接貯まるガソリンカードとして人気です。

昭和シェルでガソリンや軽油を買うと、1リットルにつき2ポイントずつPontaポイントがもらえます。

さらにクレジットカードとしても利用でき、カードで支払うと100円当たり1ポイントのPontaポイントがもらえます。

毎年1,375円の年会費がかかりますが、1年で1回でもPonta提携の昭和シェルでカードを使って給油をすれば年会費は無料になるので実質年会費はかかりません。

通勤や通学で車を使っているのであれば、このカードを作って効率よくPontaポイントを貯めていきましょう。


シェル-Pontaクレジットカードの公式HPを見る

ローソンで使うとザクザク貯まる!ローソンPontaカードVisa

ローソンPontaカードVisa
国際ブランド VISA
年会費 無料
還元率 0.5%
還元ポイント Pontaポイント
Pontaポイントへの交換レート

近所にローソンがあって、よく利用しているのであれば「ローソンPontaカードVisa」はおすすめです。

普段のポイント還元率は0.5%ですが、ローソンとローソンストア100で利用すると還元率は2%まで上がります。

国際ブランドもVISAしか選べませんが、VISAは国内のみならず海外でも利用できるブランドなので「使えるお店がない」なんてことはありません。

カードも審査が問題なければ最短で4営業日で発行してくれる大変作りやすいクレジットカードです。


ローソンPontaカードVisaの公式HPを見る

コンビニでカード払いするとポイント5倍!三井住友カード

三井住友カード
国際ブランド VISA
年会費 1,375円
還元率 0.5%
還元ポイント Vポイント
Pontaポイントへの交換レート 1ポイント→4Pontaポイント

カード会社の信頼性を重視したいなら「三井住友カード」は候補に入れるべきクレジットカードではないでしょうか?

三井住友銀行が運営しているクレジットカードなので、万が一紛失や盗難に遭ってもしっかりサポートしてくれます。

さらに「セブンイレブン」「ファミリマート」「ローソン」のコンビニ3社と「マクドナルド」でカード利用するともらえるポイントが5倍に増えます。

三井住友カードで貯められる「Vポイント」は1ポイントあたり4Pontaポイントで交換できるため、Pontaポイントが貯まりやすいカードでもあります。




詳細ページはこちら


三井住友カードの公式HPを見る



ポイント還元率が1.2%とかなり高い!リクルートカード

リクルートカード
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
年会費 無料
還元率 1.2%
還元ポイント リクルートポイント
Pontaポイントへの交換レート 1ポイント→1Pontaポイント

「リクルートカード」の最大のメリットは基本のポイント還元率が高い点です。

他のクレジットカードであれば、提携店で利用しないと還元率は0.5%か高くても1.0%ですが、リクルートカードはどこで使っても還元率が1.2%なのです。

そのため、光熱費やスマホ代など生活費をカード払いに変更すれば毎月カードで買い物をしなくてもどんどんポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントは1ポイントあたり1Pontaポイントに交換できるので、どんどんポイントを貯めてPontaポイントに交換しましょう。




詳細ページはこちら


リクルートカードの公式HPを見る



Pontaが貯まるステータスカード!セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド AMEX
年会費 22,000円(税込)
還元率 1.5%
還元ポイント セゾン永久不滅ポイント
Pontaポイントへの交換レート 200ポイント→900Pontaポイント

ステータスも意識したクレジットカードを探しているなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

年会費は高いですが国内で使えば還元率は1.5%、海外だと2.0%とかなり高い還元率のため、ポイントも貯まりやすくなっています。

ポイントも「セゾン永久不滅ポイント」が貯まりますから、ポイントの有効期限を気にする必要はありません。

Pontaポイントには200ポイントで900Pontaポイントと交換できます。

Pontaポイントが貯まりやすくステータスの高いカードをお探しならおすすめです。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

Pontaが貯まるビジネスカードならコレ!EX Gold for Biz M

EX Gold for Biz M
国際ブランド VISA/MasterCard
年会費 2,200円(税込)
還元率 0.5%
還元ポイント 暮らスマイル
Pontaポイントへの交換レート 1ポイント→5Pontaポイント

Pontaポイントが貯まりやすいビジネスカードを探しているなら「EX Gold for Biz M」はおすすめです。

EX Gold for Biz Mで貯まるポイント「暮らスマイル」は一度オリコポイントに交換しないといけませんが、暮らスマイル1ポイント当たり5Pontaポイントに交換できます。

デメリットとしてはEX Gold for Biz Mは「ビジネスカード」のため、自営業者や会社員は作ることができない点です。

しかしビジネスカードの中では年会費が2,200円と比較的安いため「ポイントが貯まりやすいビジネスカード」が欲しいならぜひ選択肢に入れてくださいね。




詳細ページはこちら


EX Gold for Biz Mの公式HPを見る



マイルも一緒に貯められる!JALカード CLUB-Aゴールドカード

JALカード CLUB-Aゴールドカード
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/DC/AMEX
年会費 17,600円(税込)
還元率 1.0%
還元ポイント JALマイレージ
Pontaポイントへの交換レート 1マイル→0.5Pontaポイント

JALカード CLUB-Aゴールドカードは利用金額に応じてJALのマイレージが貯まるクレジットカードです。

本来はJALマイルを飛行機代や座席のアップグレードに使えば問題ありません。

しかし、しばらく飛行機に乗る機会がなくJALマイルが余っているのなら、JALマイルをPontaポイントに交換しておくのもアリでしょう。

交換レートは他のカードに比べて低いですが、ポイントの使い道はJALマイルよりも多いので、使い道がなかったりマイルが余った時の交換手段として使ってみてくださいね。




詳細ページはこちら


JALカード CLUB-Aゴールドカードの公式HPを見る



クレジットカードでPontaポイントを上手に活用する3つの方法

これまでPontaポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介してきました。

さらにクレジットカードの使い方を工夫するだけでPontaポイントが貯まりやすくなったり無駄なく使えるようになります。

そこでクレジットカードで貯めたPontaポイントの賢い活用法を紹介します。

還元率が上がる方法でクレジットカードを利用する

ポイント還元率が上がる方法
  1. カード提携店でカード払いをする
  2. ポイントアッププログラムに加入する

Pontaポイントを貯めるのであれば、還元率が上がる方法でカードを利用することを心がけましょう。

クレジットカードのポイント還元率をあげる方法は大きく分けると上の2つがあります。

ポイント還元率をあげればPontaポイントも貯まりやすくなるので、還元率が上がる条件はチェックしておきましょう。

生活費をクレジットカードで支払う

クレジットカードで支払える生活費
  • 光熱費(電気代、ガス代、水道代)
  • 通信費(スマホ代など)
  • ガソリン代
  • 食費

Pontaポイントを貯めたいのであれば、クレジットカードで支払える生活費は「カード払い」にしましょう。

クレジットカードのポイントは利用金額に応じて付与されるポイントが増えていきます。

つまり生活に必要な支払いをカードで払えば、カード利用金額が増えるためもらえるポイントも増える…ということです。

毎月支払っている生活費で「カード払い」ができるのであれば、支払い方法をクレジットカードにして生活費で使った分のポイントをコツコツ貯めていきましょう。

生活費をカードで支払うと支払いが1回で済むため家計の管理のしやすくなるのでおすすめです。

貯まったPontaポイントを使う

Pontaポイントを使うには?
  1. Pontaカードを作る
  2. Ponta一体型のクレジットカードを作る
  3. Pontaアプリをダウンロードする

Pontaポイントを貯めたら自分の好きなものに使いましょう。Pontaポイントを使うには上の3つのいずれかの方法があります。

せっかくPontaポイントを貯めても使わなかったらポイントを持っている意味はありません。

Pontaポイントは提携店でお金の代わりに支払いをしたり、商品やグッズに交換できたりします。

Pontaポイントの使い方は公式サイトでも紹介しているので、そちらを参考にして自分にとって「お得な使い方」をしてくださいね。

Pontaポイントが貯まるクレジットカードに関するQ&A

最後にPontaポイントが貯まりやすいクレジットカードに関する疑問や分からない点をまとめてみました。

もちろん疑問に対する回答もしっかり答えていますので、クレジットカード選びの参考にしてください。

クレジットカードは「年会費無料」のものがいいですか?

クレジットカードによっては年会費がかかるものもあれば、年会費無料のものもあります。

年会費が無料のカードを選べばカードの維持費はかかりません。

しかし、年会費が発生するクレジットカードは維持費がかかる分サービスが充実しています。

クレジットカードのサービスや機能を比べつつ「Pontaポイントが貯まりやすいカードはどれか?」を基準にして選んでくださいね。

ETC利用分もPontaポイントが貯まるカードってありますか?

還元ポイントがPontaポイントのクレジットカードで作れるETCカードであれば、ETC利用分もPontaポイントがもらえます。

またPontaポイント以外のポイントがもらえるクレジットカードでも、ETCカードが作れるものであればETC利用分がポイントとしてもらえます。

仕事などでよく高速道路を使うのであれば、ETCカードが作れるクレジットカードを選ぶと、よりPontaポイントが貯まりやすくなりますよ。

Ponta系のクレジットカードを紛失した場合、どこに連絡すればいい?

クレジットカードを紛失した時は、発行したカード会社に連絡しましょう。

あらかじめカードを作る時に「紛失や盗難した時の連絡先」をチェックしておくと、いざという時にすぐに連絡ができてトラブルを最小限にできます。

ちなみに、紛失や盗難でクレジットカードを再発行しても、Pontaポイントは紛失前の状態でゼロになることはないので安心してください。

Pontaポイントを貯めるのにおすすめのクレジットカードまとめ

この記事のまとめ
  1. Pontaポイントを貯めるなら「還元率」が高いカードを選ぶ
  2. Pontaポイントに移行できるクレジットカードでもOK
  3. 還元率がアップする方法を把握して賢くカードを使う
  4. 生活費もカード払いにしてポイント獲得数を増やす
  5. Pontaポイントは貯めるだけじゃなく賢く使うことも大切

ここまでPontaポイントを上手に活用できるクレジットカードについて紹介してきました。

クレジットカードの選び方1つで、Pontaポイントの貯まり方も使い方も大きく変わってきます。

普段からPontaポイントを貯めていたりPontaポイントを使っているのなら「還元率」と「還元ポイント」を比べてクレジットカードを選ぶようにしてくださいね。

また還元ポイントの中にはPontaポイントに移行できるポイントもあります。

この記事ではおすすめのクレジットカードと一緒にPontaポイントを上手に活用するためのポイントについてもお話ししてきました。

Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードを賢く使って、Pontaポイントを有効活用してくださいね。


Pontaポイントが貯まるおすすめクレジットカードはこちら