楽天銀行カードを徹底解説!審査・メリット・楽天カードとの違いまとめ

楽天銀行カード
基本還元率無料
貯まるポイント楽天スーパーポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
ポイント交換不可
還元率UP条件 楽天グループのサービス利用
ポイント有効期限12ヶ月
年会費無料
ポイント算出方法100円で1ポイント
申込資格・条件18歳以上で楽天銀行の口座を開設している
国際ブランドJCB
特典・サービス
  • 楽天銀行のキャッシュカードとしても利用可能
  • 加盟店で利用するとポイントが最大3倍
  • 楽天銀行の金利が2倍
  • カード利用時のメール通知機能
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード年会費550円
電子マネーなし
追加カード発行不可
カードランク一般
利用限度額100万円

楽天銀行カードとは楽天銀行のキャッシュカードと一体化になったクレジットカードです。

楽天銀行のキャッシュカードでもありますからATMなどでお金を引き出したり預けたりするのもこれ1枚でできます。

また「楽天カード」と同じクレジットカードでもあるため、楽天市場をはじめとする楽天グループの利用金額をカード払いにするとポイント還元率がアップします。

ただし楽天カードと違って国際ブランドが「JCB」しかなかったり、家族カードが作れないといったデメリットもあります。

もちろんカード払いにすると楽天ポイントが1%付与されるので、キャッシュカードと一体型のクレジットカードを探しているのならぜひチェックしてみてくださいね。


楽天銀行カードの公式HPを見る

楽天銀行カードの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、楽天銀行カードの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、楽天銀行カードの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずは楽天銀行カードがどんなカードかを理解しておきましょう!

1枚で「キャッシュカード」と「クレジットカード」の両方使える

楽天銀行カードで引き出し・預入できるATM
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • コンビニATM(セブン・イレブン、ファミリマート、ローソン)
  • イオン銀行
  • ステーションATM(阪急電鉄、阪神電車など)

楽天銀行カードはクレジットカード以外にも「楽天銀行」のキャッシュカードとしても使えます。

楽天銀行は上のATMでお金の引き出しや預け入れができます。

「クレジットカード」と「キャッシュカード」をバラバラに持つ必要がないため、財布の中にあるカードを減らすことができます。

atsushi
atsushi
あまり財布の中をゴチャゴチャさせたくない人からするとキャッシュカード一体型のクレジットカードは便利ですよね。

年会費無料なので維持費がかからない

楽天銀行カードの手数料・年会費
  • 発行手数料:無料
  • 年会費:無料

楽天銀行カードを発行するにあたって年会費はいっさいかかりません。

また発行手数料もゼロなので、楽天銀行カードを作るだけでしたらタダでできます。

もちろん楽天銀行カードを作るにはあらかじめ楽天銀行の口座開設が必要になりますが、すでに口座を持っているのなら申し込むだけなので手間はかかりません。

atsushi
atsushi
維持費がかからないので楽天銀行のキャッシュカードを「念のため」のクレジットカードに替えておくのもアリですよね。

楽天スーパーポイントの還元率が最大3%になる

楽天銀行カードの還元率
  • 通常1.0%
  • ポイント加盟店で利用すると3%

楽天銀行カードで支払いをすると利用金額に応じて「楽天スーパーポイント」が貯まります。

還元率は通常でも1.0%と他のクレジットカードに比べて高いうえに、ポイント加盟店で利用すると最大3.0%まで上がります。

楽天スーパーポイントを貯めれば楽天市場や楽天トラベルなどで利用できるので、還元率が高いのは大きなメリットといえるでしょう。

キャンペーンで作るとポイントがもらえる

楽天銀行カードのキャンペーン
  • 新規入会で2,000ポイント
  • 初回クレジット利用で3,000ポイント

楽天銀行カードはカードを作ると楽天スーパーポイントが2,000ポイントもらえます。

さらに楽天銀行カードで支払いをすると初回のみ3,000ポイント追加でもらえるため、実質5,000ポイントがもらえます。

しかもこのキャンペーンは期間限定ではなく常時開催されているので、今から作っても間に合います。

楽天スーパーポイントが5,000ポイントもらえるということは5,000円分のポイントをもらったことを同じなので、作る際は必ずキャンペーンに登録しましょう。

カードを利用したらメールで知らせてくれる

楽天銀行カードには「あんしん機能」がついていて、カードを利用すると利用内容をメールで教えてくれます。

そのため、いつ・何に・いくらカードで支払いがされたのか?を常にチェックできるのです。

またカードを使ったらメールで知らせてくれるため、万が一不正利用されてもすぐに分かるので、被害を未然に防げるメリットがあります。

atsushi
atsushi
設定を変更すればメールの通知がいかないようにもできるので、メールがうっとうしいと感じる人も安心です。

海外旅行保険が付帯でついてくる

傷害死亡最高2,000万円
傷害後遺障がい最高2,000万円
傷害・疾病治療費用最高200万円
賠償責任最高2,000万円
携行品損害最高20万円
救援者費用最高200万円

楽天銀行カードには付帯で海外旅行保険がついています。

海外旅行保険は旅行にかかる費用(宿泊費や交通費など)を楽天銀行カードで支払うとついてきます。

海外で病気やケガなどトラブルに遭うと高額な治療費を請求されるところもあります。

しかし海外旅行保険が付帯されれば、治療にかかる必要を補償してくれるため、安心して海外旅行を楽しめます。

楽天銀行の金利が2倍になる

楽天銀行の金利
  • 通常:0.02%
  • カード利用翌月の金利:0.04%

楽天銀行カードを利用すると、翌月の金利が2倍になります。

金利が2倍になるのはカード利用代金が引き落とされた翌月の金利からとなり、通常0.02%が0.04%になります。

例えば水道代や通信費など毎月必ず支払う生活費を楽天銀行カードで支払うと、常に金利が2倍になります。

金利自体は小さいですが、それでも金利は低いより高い方が良いですよね。


楽天銀行カードの公式HPを見る

楽天銀行カードの3つのデメリットも確認しておこう

どれだけ楽天銀行カードにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえで楽天銀行カードを正しく理解したいですね。

ですので、ここで楽天銀行カードを利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

引き落とし口座は「楽天銀行」のみ

楽天銀行カードを作るためには「楽天銀行」の口座開設が必要になります。

そしてカード利用代金の引き落としは強制的に楽天銀行になり、それ以外の銀行からの引き落としは選べません。

そのため別の銀行をメインバンクとして使っている場合、わざわざ楽天銀行カードの利用金額分を楽天銀行にお金を入れておく手間がかかってしまいます。

しかもATMを使うにしろふりこみをするにしろ「手数料」が発生します。

そう考えると、楽天銀行をメインバンクにしていない人からすると「ちょっと使いづらいクレジットカード」という印象が強いでしょう。

家族カードが作れない

楽天銀行カードでは家族カードの発行はできないようになっています。

そのため、家族に別々のカードを持たせて利用分を1つの口座から一括支払い…といったことができません。

特に光熱費だけでなく食費もカードで支払っている家庭からすると、家族カードが作れないのは大きなデメリットに感じるでしょう。

国際ブランドがJCBしか選べない

楽天カードでは「VISA」「MasterCard」「JCB」「AMEX」の4つの国際ブランドから選択できましたが楽天銀行カードは「JCB」しか選べません。

そのためVISAやMasterCardなどのクレジットカードが欲しい人は必然的に楽天銀行カードは選択肢から外れてしまいます。

JCBは海外で使えるお店は少ないものの日本であればほぼどこでも利用できます。

そのため「国内用のクレジットカード」として使うのであれば特に大きな問題ではありません。


楽天銀行カードの公式HPを見る

楽天銀行カードで貯まる楽天スーパーポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

楽天銀行カードを利用すると、「楽天スーパーポイント」が貯まるようになっています。

せっかく貯めた楽天スーパーポイントトは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここでは楽天銀行カードで貯めた楽天スーパーポイントのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

普段の買い物をポイントで支払う

楽天スーパーポイントが使える店舗
  • ファストフード(マクドナルド、ミスタードーナツなど)
  • コンビニ(ファミリーマート)
  • 飲食店(幸楽苑、はま寿司など)
  • 百貨店(松坂屋)
  • サービス業(アリさんマークの引越社、出光など)

楽天スーパーポイントは楽天市場だけではなく、他の店舗でもポイントを使って買い物ができます。

コンビニやファストフードといった少額の買い物から引越しや百貨店など高額なものまで、幅広いお店で利用できます。

楽天スーパーポイントが利用できる店舗は公式サイトで紹介しています。よく利用しているお店があれば家計の節約につながるのでぜひポイントを利用して買い物しましょう。

「楽天トラベル」で使う

ポイントの価値1ポイント=1円
使いやすさ

楽天スーパーポイントは楽天が提供しているサービスであればどこでも利用できます。

特におすすめなのが「楽天トラベル」で、ホテルや交通費の一部をポイントで支払うことで旅行代を安くすることができます。

旅行代が抑えれればお土産代や旅行先での食費などに使えるお金が増えて、より贅沢できる旅が楽しめます。

楽天スーパーポイントがかなり貯まっているのなら、お勧めの使い方です。

光熱費や通信費の一部に充てる

ポイントの価値1ポイント=1円
使いやすさ

現在「楽天でんき」「楽天モバイル」を利用しているのであれば、電気代や通信費を楽天スーパーポイントで支払うことができます。

最低利用ポイントが50ポイントとあるものの、楽天銀行カードで生活費や固定費を支払っていれば毎月50ポイントくらいはすぐに貯まるので大した問題ではありません。

電気代や通信費など生活費の一部をポイントで支払えば家計の節約に大きく貢献するのでおすすめです。

電気代と通信費を楽天スーパーポイントで支払うには「楽天でんき」や「楽天モバイル」に乗り換える必要があります。


楽天銀行カードの公式HPを見る

楽天銀行カードの評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

楽天銀行カードがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、楽天銀行カードを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

楽天銀行カードの悪い評判・口コミ一覧

  • ETCカードがプラチナ会員でないと有料なのが残念。別のカードで作ることにしました
  • 楽天銀行の開設が必要なので手続きが面倒。楽天カードの方が作るのは簡単
  • 問い合わせが電話のみでしかも有料。メールで問い合わせできなので連絡がつながりにくい

楽天銀行カードの良い評判・口コミ一覧

  • カード利用分だけポイントが貯まるので固定費をカード払いにするポイントがガンガン貯まって良い!
  • キャッシュカードとクレジットカードが1枚になっているから所持枚数が減って管理がしやすい
  • 審査が緩いので信用情報に問題がなければ誰でも作れます

楽天銀行カードの評判・口コミまとめ!

楽天銀行カードの評判や口コミを調べてみるとポイントの貯まりやすさやサポートの対応面などで賛否両論の意見がありました。

改めて楽天銀行カードの評判や口コミをまとめてみました。

楽天銀行カードの悪い評判・口コミ
  • ETCカードが有料になる場合がある
  • 楽天銀行の口座がないとカードを作るのが手間
  • サポートの対応が悪すぎる
楽天銀行カードの良い評判・口コミ
  • ポイントがガンガン貯まる
  • カードをまとめられる
  • 発行の審査が緩い

楽天銀行カードの悪い口コミで目立ったのは「サポートの対応の悪さ」でした。

問い合わせが電話のみでメールなどでの連絡ができず、しかも電話もつながりにくく有料…といった点で、不満を感じている人が多いようです。

反対に好評という声で多かったのは「ポイントの貯まりやすさ」でした。

楽天銀行カードの還元率は通常でも1.0%と他のクレジットカードに比べて高い還元率になっています。

そのため、固定費などをクレジットカード払いにするだけで毎月安定したポイントがもらえるところに魅力を感じている人が多いです。

またキャッシュカードとクレジットカードが1枚にまとめられることで、財布がかさばらない点を評価している声も多かったです。

楽天銀行をメインバンクにしていて財布の中をごちゃごちゃさせたくない人からすると、楽天銀行カードはとても魅力的なカードといえるでしょう。


楽天銀行カードの公式HPを見る

楽天銀行カードと他の楽天系のクレジットカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
楽天銀行カード楽天カード楽天PINKカード楽天ANAマイレージクラブカード楽天カードアカデミー
基本還元率1%1%1%1%1%
年会費無料無料無料550円(初年度無料)無料
申込資格18歳以上で楽天銀行の口座を開設している18歳以上(高校生除く)18歳以上(高校生除く)18歳以上28歳以下の学生(高校生除く)
特典・サービス
  • 楽天銀行のキャッシュカードとしても利用可能
  • 加盟店で利用するとポイントが最大3倍
  • 楽天銀行の金利が2倍
  • カード利用時のメール通知機能
  • 入会で最大5,000ポイントもらえる
  • 「楽天Edy」としても利用可能
  • 楽天市場での支払いをカードで払うとポイントアップ
  • 「楽天Edy」としても利用可能
  • 楽天市場での支払いをカードで払うとポイントアップ
  • 女性向け保険などのカスタマイズサービスが付帯利用
  • ハワイの空港ラウンジの無料利用
  • 「楽天Edy」としても利用可能
  • 楽天市場での支払いをカードで払うとポイントアップ
  • 付与されるポイントが選択可能(楽天ポイントかANAマイル)
  • 楽天トラベルを利用するとポイント最大2倍
  • 「楽天Edy」としても利用可能
  • 楽天市場での支払いをカードで払うとポイントアップ
  • 「楽天学割」が自動で付帯
  • 卒業後は「楽天カード」に自動切換え
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード年会費550円年会費550円年会費550円年会費550円年会費550円
家族カード発行不可年会費無料年会費無料年会費無料発行不可
利用限度額100万円100万円100万円100万円100万円


楽天銀行カードの公式HPを見る

楽天銀行カードの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

楽天銀行カードはランク的には一般のクレジットカードですから、カードを作るのに必要な審査も緩いです。

とはいっても、申し込めば誰でも楽天銀行カードが作れるわけではありません。

楽天銀行カードにもきちんと審査基準があり、その基準に満たしていないとカードを発行してもらえないのです。

ここでは楽天銀行カードの審査基準について詳しく解説していきます。

「楽天銀行」の口座を開設している

楽天銀行カードは楽天銀行のキャッシュカードと一体型になっているクレジットカードです。

そのため、あらかじめ楽天銀行で口座を開設しないと楽天銀行カードは作れません。

もちろんすでに楽天銀行の口座を開設しているのなら、その口座に紐づけて楽天銀行カードを発行できるので新しく口座を開設しなくても大丈夫です。

年齢が18歳以上である

いくらキャッシュカード機能がついているからとはいえ、楽天銀行カードはクレジットカードですから発行にあたっては年齢制限があります。

具体的には18歳以上でないと楽天銀行カードは発行されません。

また18歳以上でも高校生の人は対象外となってしまうため、高校在学中であれば高校を卒業してから申し込むようにしてくださいね。

別のクレジットカードに申し込んでいない

いくら楽天銀行カードの審査が緩くても、別のクレジットカードの審査中だと楽天銀行カードの審査が通らない可能性があります。

同時に複数のクレジットカードに申し込みをすると各カード会社から「ちゃんと支払えるの?」と疑問に思われやすくなります。

カード会社もきちんと支払いができる人でないと発行してくれないため、複数のクレジットカードに同時に申し込んでいる人は意図的に審査を通さない傾向があるのです。

確実に審査に通りたいならまずは審査中のクレジットカードを発行してもらってから申し込みましょう。

atsushi
atsushi
新しいクレジットカードを作るには6ヶ月くらい間をあけると良いと言われています。


楽天銀行カードの公式HPを見る

【楽天銀行カードのQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

楽天銀行カードについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、楽天銀行カードの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、楽天銀行カードのよくある気になる疑問に答えていきます。

楽天銀行カードを検討する際の参考にしてみてくださいね!

楽天銀行カードと楽天カードの違いは何ですか?

細かい違いはありますが大きな違いは「国際ブランドが選べるか?」「キャッシュカード機能がついているかどうか?」の2つです。

JCB以外の国際ブランドのクレジットカードが欲しいのであれば、楽天カードを選ぶ必要があります。(楽天銀行カードはJCBしか選べないため)

関連記事
楽天カードを徹底解説!ポイント還元率・年会費・海外キャッシングまとめ 楽天カード 基本還元率 1% 貯まるポイント 楽天スーパーポイント ポイント交換先 1ポ...
楽天カードにキャッシュカード機能を付けたいのであれば楽天銀行カードの方がおすすめです。

楽天銀行カードにも「ゴールドカード」はありますか?

楽天系のクレジットカードでゴールドカードがあるのは「楽天デビットカード」か「楽天ゴールドカード」だけです。

関連記事
楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカードのメリット・デメリットを解説!審査・年会費まとめ 楽天ゴールドカード 基本還元率 1.0% 貯まるポイント 楽天ポイント ポイント交換先 ...
楽天銀行カードには「ゴールドカード」がないので、ゴールドカードが作りたいのであれば「楽天デビットカード」か「楽天ゴールドカード」を作りましょう。

楽天銀行カードから他の楽天カードに切り替えはできますか?

楽天カードから楽天銀行カードでの切り替えは手続きだけでできます。

しかし楽天銀行カードから楽天カードに切り替える場合は、一度楽天銀行カードを解約して楽天カードを改めて申込必要があります。


楽天銀行カードの公式HPを見る

メインバンクが楽天銀行ならおすすめ!楽天銀行カードを活用しよう

この記事のまとめ
  1. キャッシュカードとクレジットカードが1枚に集約
  2. カード利用額に応じて楽天スーパーポイントがもらえる
  3. 年会費無料だから維持費がかからない
  4. カード利用するとメールでお知らせしてくれる
  5. 楽天銀行の金利が2倍になる

ここまで楽天銀行カードの特徴について紹介してきました。

良いところだけでなく悪い部分についても触れたでの楽天銀行カードがどんなクレジットカードなのか理解してもらえたのではないでしょうか?

楽天銀行カードは「楽天銀行」をメインバンクとして利用しているなら、とても便利で使い勝手のいいクレジットカードです。

キャッシュカードでありながらクレジットカードとしても使えるので、買い物や支払いができるうえに楽天スーパーポイントも貯まりますからね。

楽天スーパーポイントも楽天以外の店舗でも使えるので、貯めて損はありません。

楽天銀行カードの特徴は上の5つが挙げられます。メリットとデメリットをしっかり理解して賢く活用してくださいね。


楽天銀行カードの公式HPを見る

楽天銀行カードの基本情報まとめ

楽天銀行カード
基本還元率無料
貯まるポイント楽天スーパーポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
ポイント交換不可
還元率UP条件 楽天グループのサービス利用
ポイント有効期限12ヶ月
年会費無料
ポイント算出方法100円で1ポイント
申込資格・条件18歳以上で楽天銀行の口座を開設している
国際ブランドJCB
特典・サービス
  • 楽天銀行のキャッシュカードとしても利用可能
  • 加盟店で利用するとポイントが最大3倍
  • 楽天銀行の金利が2倍
  • カード利用時のメール通知機能
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード年会費550円
電子マネーなし
追加カード発行不可
カードランク一般
利用限度額100万円


楽天銀行カードの公式HPを見る

カード概要

発行会社楽天カード株式会社
年会費無料
審査・発行10営業日
入会条件18歳以上(高校生除く)
楽天銀行の口座を持っている
国際ブランドJCB/td>
支払い方法1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
支払い
  • 締め日:月末
  • 引き落とし日:翌月27日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネーなし
家族カードなし
ETCカード発行可否可能
発行手数料無料
年会費550円

ポイント還元率

ポイントプログラム楽天スーパーポイント
通常還元率1.0%
還元率アップ条件ポイント加盟店で利用
ポイント有効期限1年間
ポイント付与100円で1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=1円
交換可能ポイントなし
交換可能マイルANAマイレージクラブ

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険なし
海外旅行保険補償対象者本人のみ
傷害死亡最高2,000万円
傷害後遺障がい最高2,000万円
傷害・疾病治療費用最高200万円
賠償責任最高2,000万円
携行品損害最高20万円
救援者費用最高200万円
ショッピング保険なし

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジなし
海外緊急サービス無料(カード紛失・盗難時に緊急再発行してくれるサービス)
年間利用特典なし
お問い合わせ 0570-66-6910
受付時間:9:30~17:30(平日、土日祝日)


楽天銀行カードの公式HPを見る