楽天ビジネスカードを徹底解説!年会費・審査・メリットまとめ

楽天ビジネスカード
基本還元率1.0%
貯まるポイント楽天スーパーポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
還元率UP条件 楽天市場で買い物をする
ポイント有効期限12ヶ月
年会費2,200円
ポイント算出方法100円につき1ポイント
申込資格・条件満20歳以上で楽天プレミアムカードを持っている
国際ブランドVISA
特典・サービス
  • 楽天市場でカード利用すると還元率が最大5倍
  • ETCカードを複数枚発行可能
  • VISAビジネスオファーが利用可能
  • 国内空港ラウンジが無料利用
  • プライオリティパスが無料で利用
  • トラベルデスク
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間300万円
ETCカード年会費無料
電子マネーなし
追加カード発行不可
カードランクゴールド
利用限度額300万円

楽天ビジネスカードは楽天が発行しているビジネスカードです。

楽天系列のカードのせいもあって、ポイント還元率がかなり高く楽天市場でカードを使って買い物すると還元率が最大5倍にまで上がります。

またビジネスサポートが充実しているだけでなく空港ラウンジやプライオリティパスも無料で利用できます。

ただし楽天ビジネスカードは「楽天プレミアムカード」の付帯カードのため、楽天プレミアムカードを作らないと楽天ビジネスカードは作れません。

実質年会費は楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの2枚分を支払う必要があるものの、それでも20,000円を下回る金額のためコストパフォーマンスはかなり高いです。

コスパの高いビジネスカードを探しているならぜひチェックしてみてくださいね。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

Contents

楽天ビジネスカードの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、楽天ビジネスカードの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、楽天ビジネスカードの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずは楽天ビジネスカードがどんなカードかを理解しておきましょう!

楽天市場で利用するとポイントが最大5倍になる

楽天ビジネスカードのポイント還元率
  • 通常1.0%
  • 楽天市場でカード利用すると5倍

楽天ビジネスカードは楽天カード系列のクレジットカードのため、カードを使った分に応じて「楽天スーパーポイント」が貯まります。

通常は利用金額の1%がポイントとして付与されますが、楽天市場での買い物で楽天ビジネスカードを選ぶとポイント還元率が最大5倍まで上がります。

そのため楽天スーパーポイントがどんどん貯まっていくので、楽天をよく使っているならおすすめのビジネスカードです。

atsushi
atsushi
楽天スーパーポイントは楽天での買い物をポイントで支払えたりできるので貯めていると色々お得ですよ。

ETCカードが何枚でも追加で作れる

楽天ビジネスカードで作れるETCカードの特徴
  • 発行は何枚でも可能
  • 年会費は1枚目は無料(2枚目以降550円)

楽天ビジネスカードではETCカードが何枚でも作れます。

通常楽天カードで作れるETCカードは楽天カード1枚につき1枚までしか作れません。

しかし楽天ビジネスカードではETCカードの作成枚数に上限がないため、必要であれば何枚でも作れるのが大きなメリットです。

ETCカードは2枚目以降から年会費として550円かかるのでその点だけ注意してくださいね。

atsushi
atsushi
何台もの車を使っている事業をしているなら、各車両にETCカードを配れるので便利ですよね。

「Visaビジネスオファー」が利用できる

Visaビジネスオファーの特徴
  • 接待や会食に利用できるレストランの飲食代が割引
  • 宿泊代が割引
  • 提携しているビジネスサービスの利用代金が割引

楽天ビジネスカードを持っていると「Visaビジネスオファー」が利用できるようになります。

VisaビジネスオファーとはVisaブランドのビジネスカードを持っていると利用できるサービスで、上のような優待を受けられます。

他にもさまざまなサービスや優待が受けられます。Visaビジネスオファーのサービス内容は公式サイトで紹介しているのでそちらから確認してくださいね。

ビジネスに役立つサービスが割引で利用できたり、接待や会食に使えるお店の予約ができたりと便利なサービスですよ。

空港ラウンジやプライオリティパスが無料で利用できる

無料で利用できる空港ラウンジ
  • 国内32の主要空港
  • ハワイ
  • 韓国

楽天ビジネスカードを持っていると楽天プレミアムカードのサービスも利用できます。

その中の1つが「空港ラウンジの無料利用」で、国内にある32の空港にあるラウンジが無料で利用できます。

また世界140ヶ国の空港にある有料ラウンジ「プライオリティパス」も無料で利用できるため、海外に行った時も空港ラウンジが使えます。

atsushi
atsushi
出張などで飛行機を使う時にラウンジで仕事ができるのであると便利ですよね。

海外でも使えるトラベルデスクが利用できる

トラベルデスクでできること
  • パスポートやカードの紛失・盗難に遭った際のサポート
  • 渡航先の情報(観光地、宿泊地、天候など)
  • レストランやオプショナルツアーの予約

楽天ビジネスカードには海外でも利用できるトラベルデスクサービスがついています。

トラベルデスクとは海外に行く際のサポートをしてくれるサービスでコンシェルジュサービスのようなことをしてくれます。

トラベルデスクの拠点はニューヨーク、ホノルル、パリなど世界に38拠点あるので主な主要都市ならどこでも利用できます。

atsushi
atsushi
現地の情報を詳しく教えてくれたり宿泊先を手配してくれたりと、細かいサポートをしてくれるのでとっても便利ですよ。

誕生月に利用するとポイントの倍率が+1倍になる

お誕生月サービスの特徴
  • ポイント還元率が+1倍追加される
  • 楽天市場・楽天ブックスの利用に限る

楽天ビジネスカードを持っていると誕生月に限り、ポイント還元率が1%追加されます。

例えば楽天ビジネスカードを使って楽天市場で買い物をすると還元率は最大5%になりますが、誕生月は最大6%になるというわけです。

楽天市場か楽天ブックスで使わないと還元率は追加されませんが、楽天市場で買い物をするならなるべく誕生月にまとめて買うとポイント分お得に買い物ができますよ。

海外・国内の旅行保険が自動付帯でついている

楽天ビジネスカードの旅行保険
  • 海外旅行保険:最高5,000万円
  • 国内旅行保険:最高5,000万円

楽天ビジネスカードには海外と国内の両方の旅行保険が付帯されています。

その補償額もかなり手厚いため、万が一旅行や出張でケガや病気になっても保険が適用されるので金銭的な心配をする必要がありません。

ちなみに補償金額は自動で付帯されますが、旅行に必要なお金を楽天ビジネスカードで支払うと補償金額が上がるので旅行費は楽天ビジネスカードで支払うのをおすすめします。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

楽天ビジネスカードの3つのデメリットも確認しておこう

どれだけ楽天ビジネスカードにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえで楽天ビジネスカードを正しく理解したいですね。

ですので、ここで楽天ビジネスカードを利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

「楽天プレミアムカード」を持っていないと楽天ビジネスカードは作れない

楽天ビジネスカードは「楽天プレミアムカード」に付帯されているビジネスカードです。

そのため、楽天プレミアムカードを持っていないと楽天ビジネスカードは作れません。

年会費が2,200円とビジネスカードとしては安めですが楽天プレミアムカードを持っていないと作れないため、実際のカード維持費はもっとかかります。

関連記事
楽天プレミアムカードを完全解説! メリット・デメリット・ポイント還元まとめ 楽天プレミアムカード 基本還元率 1% 貯まるポイント 楽天ポイント ポイント交換先 1...
atsushi
atsushi
とはいっても楽天プレミアムカードの年会費と合わせても13,000円ほどなのでゴールドランクのビジネスカードとしては年会費は安めです。

利用限度額が楽天プレミアムカードと合算になっている

楽天ビジネスカードの利用限度額
  • 最大300万円
  • 楽天プレミアムカードと同じ利用枠

楽天ビジネスカードの利用限度額は300万円と比較的利用枠はおおきめです。

しかし実際は楽天プレミアムカードと合算による限度額のため、楽天ビジネスカード単体の利用限度額はもっと小さくなります。

例えば楽天プレミアムカードで毎月100万円使っていたら、楽天ビジネスカードの利用限度額は最大で200万円になります。

必要な経費(仕入れ代や設備代)が大きい業種に携わって人からすると、楽天プレミアムカードと合算された利用限度額はちょっと小さく感じるかもしれませんね。

楽天ビジネスカード単体では利用できないサービスもある

楽天ビジネスカードだけでは付帯されていないサービス
  • 国内・海外旅行保険
  • トラベルデスク
  • 国内空港ラウンジとプライオリティパスの無料利用

楽天ビジネスカードで利用できるサービスの中には楽天プレミアムカードに紐づけられているから利用できるものもあります。

つまり楽天ビジネスカードだけでは利用できないサービスがあるのです。

特に上にあげた3つのサービスは楽天プレミアムカードの付帯だから利用できるサービスとなっています。

上のサービスを利用したい場合は楽天ビスカードではなく「楽天プレミアムカード」を持つようにしましょう。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

楽天ビジネスカードで貯まる楽天スーパーポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

楽天ビジネスカードを利用すると、「楽天スーパーポイント」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたポイントトは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここでは楽天ビジネスカードで貯めた楽天スーパーポイントのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

楽天が展開するサービスに利用する

ポイントの価値1ポイント = 1円
使いやすさ

楽天スーパーポイントのもっともおすすめの使い道が楽天系列のサービスでの利用です。

楽天市場や楽天ブックスなど楽天が展開しているオンラインショッピングで1ポイント=1円で買い物ができます。

また楽天トラベルで利用すれば宿泊費にもポイントが使えます。

atsushi
atsushi
買い物や旅行などで楽天のサービスを使っているなら代金がお得になるのでおすすめです。

「楽天ペイ」の支払いに充てる

ポイントの価値1ポイント = 1円
使いやすさ

楽天スーパーポイントは「楽天ペイ」でも利用できます。

楽天スーパーポイントを1ポイントあたり1円として利用することができるため、スマホ決済で楽天ペイを使っているならおすすめです。

特に最近は楽天ペイが利用できる店舗も増えてきたので、インターネットではなく店舗で買い物をする人でも気軽に使えます。

楽天プレミアムカードの利用代金に充当させる

ポイントの価値1ポイント = 1円
使いやすさ

楽天スーパーポイントは楽天プレミアムカードの支払いに充当することもできます。

ポイントは1ポイント=1円換算で、利用ポイント分が支払い金額から引かれます。

カードの支払い額が抑えられるので、楽天市場をあまり使わなかったり楽天ペイを利用していないならカード代金にポイントを使うのはアリです。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

楽天ビジネスカードの評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

楽天ビジネスカードがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、楽天ビジネスカードを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

楽天ビジネスカードの悪い評判・口コミ一覧

  • 限度額は300万円ですが楽天プレミアムカードと合算なので実質はもっと少ないです。2枚の使い方を考えないとすぐに限度額に達するため最近は使っていません。
  • 楽天プレミアムカードを持っていないと楽天ビジネスカードが作れないため、結局年会費は2枚分払うことになります。誤解している人が多いみたいなので気を付けて。
  • 楽天ブラックカードを狙っているなら作らない方が良いかも。楽天ビジネスカードの利用分は査定対象外みたいです。

楽天ビジネスカードの良い評判・口コミ一覧

  • 設立して間もないので審査が緩いビジネスカードを探している時に楽天ビジネスカードを見つけました。手続きも簡単で審査もすぐに通ったので独立1年目の人におすすめします。
  • もらえるポイントの量がずば抜けています。楽天でキャンペーンをしょっちゅうやっているのでそれを利用するとポイントがジャンジャン貯まります!
  • 国内の空港ラウンジだけでなくプライオリティパスも無料で使えるところが気に入りました。たまに行く海外で重宝します。

楽天ビジネスカードの評判・口コミまとめ!

楽天ビジネスカードの悪い評判・口コミ
  • 実際の利用限度額が少ない
  • 2枚分の年会費を払わないといけない
  • インビテーションの対象外っぽい
楽天ビジネスカードの良い評判・口コミ
  • 審査が緩い
  • もらえるポイントが多い
  • 空港ラウンジが無料で使える

楽天ビジネスカードの口コミで特に目立った声が「利用限度額が少ない」でした。

利用限度額だけを見ると楽天ビジネスカードは300万円なので決して少なくはありません。

しかし楽天プレミアムカードと同じ枠のため、楽天プレミアムカードも一緒に使っているとすぐに利用限度額に達してしまうようです。

特に仕事で大きな経費をかけている人は利用限度額に不満を感じているみたいですね。

反対に良い意見として多かったのが「審査が緩い」でした。

元々楽天系のクレジットカードは他のクレジットカードに比べて審査が緩いと評判です。

そのため、楽天ビジネスカードも個人信用情報に問題がなければ法人設立が浅かったり個人事業主になって間もない人でも作りやすいビジネスカードとなっています。

それ以外にも「もらえるポイントが多い」という声も良い口コミとしてたくさんありました。

口コミを見る限り楽天ビジネスカードは、独立して間もない人や楽天系のサービスをよく利用している人におすすめのビジネスカードといえるでしょう。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

楽天ビジネスカードと他のビジネス・ゴールドカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
楽天ビジネスカードOrico EX Gold For Biz Sアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
基本還元率1.0%1.1%1.0%
年会費2,200円2,200円(初年度無料)34,100円
申込資格満20歳以上で楽天プレミアムカードを所持個人事業主のみ20歳以上の会社経営者または個人事業主
特典・サービス
  • 楽天市場でカード利用すると還元率が最大5倍
  • ETCカードを複数枚発行可能
  • VISAビジネスオファーが利用可能
  • 国内空港ラウンジが無料利用
  • プライオリティパスが無料で利用
  • トラベルデスク
  • 空港ラウンジの無料利用
  • ご融資金利優遇制度
  • 福利厚生サービス『ベネフィットステーション』が利用
  • 盗難・紛失保障が付帯
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 手荷物宅配サービス
  • ビジネス・ダイニングbyぐるなびの利用
  • 国内線航空便遅延保険が付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間300万円
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • お買い物安心保険:年間100万円
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間500万円
ETCカード1枚目無料、2枚以降年会費550円年会費無料年会費550円
追加カードなしなし年会費13,200円
利用限度額300万円300万円利用者によって異なる


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

楽天ビジネスカードの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

楽天ビジネスカードは他のビジネスカードに比べると「審査が緩い」と評判です。

しかしだからと言って申し込めば誰でも作れるクレジットカードというわけではありません。

しっかり審査も行われますし、実際に審査に落ちた人もいます。

そこで楽天ビジネスカードの審査基準について詳しく解説していきます。

次の3つは審査が通るうえで必要不可欠なので、必ずチェックしておいてくださいね。

満20歳以上である

唯一楽天ビジネスカードの申込サイトで明記されているのが「満20歳以上」という年齢です。

つまり19歳以下の未成年は楽天ビジネスカードの申込すらできません。

楽天ビジネスカードを作りたいなら、まずは成人になってから申し込みをしましょう。

楽天プレミアムカードを持っている

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードに付帯されるクレジットカードです。

そのため、楽天プレミアムカード持っていないと楽天ビジネスカードは作れません。

楽天プレミアムカードの審査基準については下記ページで詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

関連記事
楽天プレミアムカードを完全解説! メリット・デメリット・ポイント還元まとめ 楽天プレミアムカード 基本還元率 1% 貯まるポイント 楽天ポイント ポイント交換先 1...

法人口座もしくはビジネス口座を持っている

楽天ビジネスカードはプライベートの支出と仕事の支出を分けるために発行されるカードです。

そのため、楽天ビジネスカードのカード利用分を引き落とす法人口座やビジネス口座が必要になります。

今まで事業で使っている口座が個人口座の場合は、この機会にビジネス口座を開設してから楽天ビジネスカードを申し込んでみてはいかがでしょう。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

【楽天ビジネスカードのQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

楽天ビジネスカードについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、楽天ビジネスカードの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、楽天ビジネスカードのよくある気になる疑問に答えていきます。

楽天ビジネスカードを検討する際の参考にしてみてくださいね!

楽天ビジネスカードは個人事業主でも作れますか?

楽天ビジネスカードは個人事業主でも作れます。

口座は個人ビジネス口座で申し込めばいいですし、審査も法人で申し込むより緩くなるのでおすすめです。

楽天プレミアムカードを持っていれば楽天ビジネスカードは複数枚作れますか?

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカード1枚につき1枚しか作れません。

そのため、楽天ビジネスカードを複数枚所持することはできないのです。

楽天ビジネスカードの支払い先口座変更はどうすればいいですか?

楽天プレミアムカードの裏面にある「楽天プレミアムカードデスク」に電話で連絡しましょう。

電話で口座変更の旨を伝えると変更に必要な書類を送ってくれるので、そちらを記入して返送すると口座変更ができます。

楽天ビジネスカードで利用した分の明細はどこで見られますか?

明細を見るには「楽天e-NAVI」から楽天ビジネスカードを追加で登録が必要です。

登録が完了すればインターネットで楽天ビジネスカードの明細が確認できます。

楽天ビジネスカードを解約したい時はどうすればいいですか?

楽天ビジネスカードの裏面に電話番号が書いてあります。

その電話番号に連絡して解約したいことを伝えれば解約できます。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

個人事業主でも簡単に作れる!楽天ビジネスカードを活用しよう

この記事のまとめ
  1. 楽天市場でカード利用するとポイントが最大5倍に
  2. 「Visaビジネスオファー」が利用できる
  3. 空港ラウンジやプライオリティパスが無料利用
  4. トラベルデスクが利用できる
  5. 誕生月になると還元率がアップ

これまで楽天ビジネスカードについてお話ししてきました。

楽天ビジネスカードがどんなクレジットカードでどんな特徴があるのか理解できたのではないでしょうか?

楽天ビジネスカードは数あるビジネスカードの中でも圧倒的にポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

楽天市場でカード利用すればポイント還元率は最大5倍になりますし、誕生月には6倍まで上がります。

また楽天系のクレジットカードということで、審査に通りやすいのも大きなメリットの1つです。

楽天ビジネスカードの特徴として上の5つにまとめました。

楽天ビジネスカードのメリット・デメリットを正しく理解して賢く活用してくださいね。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

楽天ビジネスカードの基本情報まとめ

楽天ビジネスカード
基本還元率1.0%
貯まるポイント楽天スーパーポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
還元率UP条件 楽天市場で買い物をする
ポイント有効期限12ヶ月
年会費2,200円
ポイント算出方法100円につき1ポイント
申込資格・条件満20歳以上で楽天プレミアムカードを持っている
国際ブランドVISA
特典・サービス
  • 楽天市場でカード利用すると還元率が最大5倍
  • ETCカードを複数枚発行可能
  • VISAビジネスオファーが利用可能
  • 国内空港ラウンジが無料利用
  • プライオリティパスが無料で利用
  • トラベルデスク
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間300万円
ETCカード年会費無料
電子マネーなし
追加カード発行不可
カードランクゴールド
利用限度額300万円

楽天ビジネスカードの公式HPを見る

カード概要

発行会社楽天カード株式会社
年会費2,200円
審査・発行3日~1週間
入会条件満20歳以上で楽天プレミアムカードを所持
国際ブランドVISA
支払い方法1回払い、リボ払い
支払い
  • 締め日:毎月末日
  • 引き落とし日:翌月27日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー楽天Edy
家族カード発行不可
ETCカード発行可否可能
発行手数料無料
年会費無料(2枚目以降550円)

ポイント還元率

ポイントプログラム楽天スーパーポイント
通常還元率1.0%
還元率アップ条件楽天市場でカード利用
ポイント有効期限12ヶ月
ポイント付与100円につき1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=1円
交換可能ポイントなし
交換可能マイルANAマイル

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険補償対象者本会員とその家族
傷害死亡最高5,000万円
傷害後遺障がい最高5,000万円
入院保険金日額5,000円
手術保険金入院保険金日額の最高10倍
通院保険金日額3,000円
海外旅行保険補償対象者本会員
傷害死亡最高5,000万円
傷害後遺障がい最高5,000万円
傷害・疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
携行品損害最高50万円
救援者費用200万円
ショッピング保険国内最高300万円
海外最高300万円

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ国内の主要空港およびプライオリティパスは無料利用
海外緊急サービス無料(海外でカード紛失・盗難時のサポート提供)
年間利用特典誕生月にはポイント還元率アップ
お問い合わせ0120-30-6910(9:30~17:30)
092-474-9255(上記電話番号が利用できない場合)


楽天ビジネスカードの公式HPを見る