楽天プレミアムカードを完全解説! メリット・デメリット・ポイント還元まとめ

楽天プレミアムカード
基本還元率1%
貯まるポイント楽天ポイント
ポイント交換先1ポイント=0.5マイルで利用可
ANAマイル
還元率UP条件
  • 楽天ポイント加盟店での利用
  • 楽天市場での利用で還元率5%
ポイント有効期限最後にポイントを獲得してから1年間
年会費11,000円(税込)
ポイント算出方法毎月の利用金額合計の1%
申込資格・条件 原則として20歳以上の安定収入のある方
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB/アメックス
特典・サービス
  • 楽天市場の利用なら還元率5%! 条件クリアで還元率up
  • 楽天市場・トラベル・エンタメの3コースからひとつを選んで還元率up
  • プライオリティパスで世界1,300カ所以上の空港ラウンジ無料利用が付帯
  • トラベルデスクで海外旅行を現地でサポート
  • 国内・海外旅行保険(補償額最高5,000万円)が付帯
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピングプロテクション:最高300万円
ETCカード年会費無料
電子マネー楽天Edy
追加カード家族カード発行可能(年会費税込550円)
カードランクプレミアム
利用限度額最大300万円の範囲内で利用者に応じて設定

楽天プレミアムカードは、プレミアムの名前のとおり楽天カードの中では上位クラスのカードです。

楽天市場などで楽天ポイントがたくさんたまるだけでなく、他社のプラチナカードクラスの特典も取り込んでおり、楽天のサービスの利用者を中心に人気があります。

年会費は11,000円(税込)で比較的年会費が安めの楽天カードの中では高めの設定ですから、自分にとって本当にメリットがあるか気になりますよね。

この記事を読んで楽天プレミアムカードの特徴について理解すれば、このカードの魅力がクリアに理解できますよ。


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

Contents

楽天プレミアムカードの7つの特徴・メリットを紹介!

まず最初に楽天プレミアムカードのメリットや特典について説明します。

楽天プレミアムカードでお得になるポイントを7つあげましたので、ひとつひとつチェックしていきましょう。

通常利用で還元率1%! ポイント加盟店の利用でポイントup

カード利用での通常還元率1%
楽天ポイント加盟店での還元率0.5%以上up
※店舗によって異なります

楽天プレミアムカードでたまるのは楽天ポイントです。

楽天プレミアムカードを通常のショッピングで利用した場合、100円の利用に対して1ポイント獲得できますので、通常の還元率は1%になります。

楽天ポイントの加盟店で楽天プレミアムカードを利用すると、通常のカード利用のポイントに加えて楽天ポイントがプラスされます

店舗によってプラスの獲得率は違いますが、0.5~1%の比率で楽天ポイントが獲得できるお店が多いです。

マクドナルドやファミマといったメジャーな店舗もポイント加盟店に加入していますので、買い物のときには確認しましょう。

楽天市場の利用なら還元率5%! 条件クリアで還元率up

楽天市場でのポイント獲得率と主な獲得率up条件
楽天プレミアムカードで楽天市場を利用5%
楽天モバイル契約1%up
楽天ひかり契約1%up
楽天カードの引き落としに楽天銀行指定1%up
楽天保険の引き落としに楽天銀行指定1%up
楽天証券で楽天ポイントで投資信託購入1%up
楽天トラベル利用1%up
楽天ブックス利用0.5%up

楽天プレミアムカードが最もお得に使えるのは、楽天市場でのお買い物です。

楽天市場で楽天プレミアムカードを利用すると5%の高い還元率になります。

さらに楽天の様々なサービスを利用すると、それに応じて還元率がupするのが楽天市場の特徴です。

還元率は最大16倍まで上がりますよ。

Jinya
Jinya
楽天市場で獲得できるポイントの多くは期間限定ポイントです。
有効期間が短いうえにポイントが利用できるサービスが限られていますので、うまく使いこなしましょう。

楽天市場コース・トラベルコース・エンタメコースからひとつを選んで還元率up

楽天市場コースプレミアムカードデー(毎週火曜日・木曜日)の楽天市場の買い物でポイント獲得率が1%up
トラベルコース楽天トラベルでオンラインでカード決済した場合のポイント獲得率が1%up
エンタメコース楽天TV利用分および楽天ブックス利用分のポイント獲得率が1%up

楽天プレミアムカードを持っていると、ポイント獲得率を1%upする3つのコースからひとつを選択することができます。

どのコースも楽天のサービスの利用に対するポイントの獲得率upですので、楽天のユーザにとってはおいしい特典ですね。

プライオリティパスで世界1,300カ所以上の空港ラウンジ無料利用が付帯

ラウンジが無料利用できる空港
北海道・東北新千歳空港、函館空港、旭川空港、青森空港、秋田空港、仙台空港
関東羽田空港、成田空港
中部新潟空港、富山空港、小松空港、中部国際空港、富士山静岡空港
近畿関西空港、伊丹空港、神戸空港
中国・四国岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、出雲空港、高松空港、松山空港、徳島空港
九州・沖縄北九州空港、福岡空港、熊本空港、大分空港、長崎空港、宮崎空港、鹿児島空港、那覇空港
海外ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国仁川国際空港

楽天プレミアムカードには、国内32空港・海外2空港の空港ラウンジを無料で利用できる特典が付帯しています。

また、海外ラウンジ無料利用ためにプライオリティ・パスのプレステージ会員のサービスも付帯しています。

世界1,300カ所の空港ラウンジを無料で利用できる人気のサービスです。

Jinya
Jinya
年会費が高額なカードにはプライオリティ・パスのサービスが付帯しているものが多いのですが、この中で楽天プレミアムカードはもっとも低い年会費でプライオリティ・パスのサービスが得られます。

トラベルデスクで海外旅行を現地でサポート

トラベルデスクのサービス内容
  • 緊急時の各種案内(パスポート・カード紛失や盗難、病気やケガなど)
  • 現地の様々な情報紹介(都市・観光情報など)
  • 各種予約・手配(レストラン・オプショナルツアーの予約など)

楽天プレミアムカード利用者向けに、世界約40拠点にトラベルデスクが用意されています。

海外に滞在していると、国内と勝手が違い戸惑うことが多いものですよね。

そういった困りごとの解決に頼りになるサービスです。

国内・海外旅行保険(補償額最高5,000万円)が付帯

補償対象者本会員・家族カード会員
国内旅行保険最高補償額5,000万円(自動付帯)
海外旅行保険最高補償額5,000万円(自動付帯分4,000万円)

楽天プレミアムカードには、国内・海外の旅行保険が付帯しています。

国内旅行も海外も補償額は最高で5,000万円と充実しています。

さらに自動付帯の部分が大きいので使いやすい保険ですね。

プレミアムカードとしては年会費が安い

年会費11,000円(税込)
家族カード年会費550円(税込)

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円(税込)です。

他のカード会社では、この年会費はゴールドクラスのカードに設定される程度の金額です。

それでいて、プライオリティ・パスのサービスや充実した海外トラベルデスクなど、プラチナクラスのカードに近い機能を一部備えているのが楽天プレミアムカードです。

家族カードは550円(税込)で、こちらもお得な設定になっていますね。


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

楽天プレミアムカードの3つのデメリットも確認しておこう

楽天プレミアムカードのメリットについて説明しました。

次はデメリットについてもチェックしておきましょう。

カードの利点と欠点の両方をしっかり理解しておくのが、カード選びのコツですよ。

旅行に行く機会がないとメリットが少ない

楽天プレミアムカードのメリットは、国内外のラウンジの無料利用と充実した旅行保険の付帯など旅行のシーンで活躍するものが多いのが特徴です。

旅行する機会がなくなってしまうとすぐにカードの魅力が激減し、楽天市場でポイントがたまる以外に特徴のないカードになってしまいます。

使いこなすには自分のライフスタイルとのマッチングが重要ですね。

Jinya
Jinya
楽天市場でポイントがたまるだけのメリットなら下位グレードの楽天カードや楽天ゴールドカードで十分ですから、わざわざプレミアムカードを持つ必要がありまんね。

楽天市場やキャンペーンでもらえるポイントの多くが期間限定ポイント

楽天プレミアムカードを利用し得られるポイントの多くが期間限定ポイントです。

楽天市場や各種キャンペーンで多量に貯まるのですが、利用できる期間が数カ月と短く、使い道も限られているため、使いにくいのがデメリットになっています。

楽天プレミアムカードを使うなら、期間限定ポイントをうまくつかう工夫が必要になりますよ。

Jinya
Jinya
楽天のカードはどれも、期間限定ポイントを使いこなすのが効果的な活用のコツですね。

プレミアムカードと銘打っているがステータスは今ひとつ

プレミアムカードという名前なのですがステータス感をあまり感じないのが、楽天プレミアムカードのデメリットのひとつです。

年会費が安いせいか、特典の充実度か、券面のデザインの問題かはわかりませんが、楽天プレミアムカードはプレミアムという名前でもゴールドクラスという認識が、利用者の間では定着しています。

クレジットカードにステータス感を求める方は、別のカードを検討したほうがよいでしょうね。


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

楽天プレミアムカードでたまるポイントをどう使う?おすすめの使い方3選を解説!

楽天プレミアムカードを使うと楽天ポイントがたくさんたまります。

特に利用期間や使い道が限定された期間限定ポイントが多くたまりますので、有効利用するためにはうまい使い道を見つけておくことが重要です。

そんな楽天ポイントのおすすめの使い道を3つ紹介しましょう。

楽天市場など楽天グループのサービスで使う

ポイントの価値1ポイント = 1円
使いやすさ
期間限定ポイントの利用

楽天グループの各種サービスの費用に楽天ポイントを1ポイント=1円の比率で充当することができます。

楽天市場はもちろん、楽天トラベルや楽天ブックス、フリーマーケットのラクマでも利用可能です。

また楽天ポイント加盟店でも通常のポイントと同様に期間限定ポイントを使えますので、期間限定ポイントがたまったら忘れずに使いましょう。

楽天ペイの支払いに充当する

ポイントの価値1ポイント = 1円
使いやすさ
期間限定ポイントの利用

楽天のスマホ決済である楽天ペイでも、楽天ポイントを1ポイント=1円の比率で使うことができます

通常のポイント同様、期間限定ポイントも利用可能です。

楽天ペイを使える店舗は増えてきましたので、使い勝手の良い利用法ですね。

楽天カードの利用代金に充当する

ポイントの価値1ポイント = 1円
使いやすさ
期間限定ポイントの利用

楽天プレミアムカードの利用代金の支払いに、楽天ポイントを1ポイント=1円の比率で充当することができます。

残念ながら期間限定ポイントは利用できませんが、カード会員サイトからの申し込みをすればOKですので、簡単にポイントを有効利用できますよ。


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

楽天プレミアムカードの評判・口コミをチェックしておこう

楽天プレミアムカードの特徴や楽天ポイントの有効な使い道について紹介してきました。

ここで、楽天プレミアムカードを実際に使っている方々による口コミを見てみましょう。

実際の利用者が感じているメリット・デメリットが、とても参考になりますよ。

楽天プレミアムカードの悪い評判・口コミ

楽天プレミアムカードの良い評判・口コミ

楽天プレミアムカードの評判・口コミまとめ

楽天プレミアムカードの利用者による口コミをあげてました。

評価のポイントをまとめてみましょう。

悪い評価・口コミ
  • 海外に行かないとプライオリティ・パスや旅行保険の意味がない
  • プレミアムカードの割にはステータス感がない
  • 期間限定ポイントを使い忘れてしまう
良い評価・口コミ
  • 楽天市場の利用でポイントがたくさんたまる
  • プライオリティ・パスのサービスが付帯
  • 年会費が安い

楽天プレミアムカードを持っている方の多くは、プライオリティ・パスによる海外ラウンジの無料利用など旅行シーンでメリットを感じているようです。

プライオリティ・パスのサービスが付帯しているカードは多くありますが、そのほとんどがプラチナクラスのカードで年会費も2万円以上です。

その中で楽天プレミアムカードの年会費は11,000円という抑えた金額ですから、旅行が多い方には魅力的なカードになっています。

逆に、旅行に行く機会の少ない方にはメリットのないカードに見えているようです。

もちろん、楽天市場で楽天ポイントが多くたまるのはメリットですが、それだけだと1ランク下の楽天ゴールドカードでも大差がありません。

また、楽天のサービスそのものを使わない方にとってはまったくメリットのないカードです。

プレミアムカードという名前のわりにはステータス感も不十分ですので、明確なメリットが感じられなければ年会費の負担感だけが増します。

総合すると、楽天プレミアムカードは旅行する機会の多い楽天ユーザー向きのカードとして認知されているようです。

あなたがこの条件に該当するなら、持っていて損のない1枚ですね。


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

楽天プレミアムカードと楽天カード・楽天ールドカードの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →

楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカード

楽天カード
基本還元率1%1%1%
年会費11,000円(税込)2,200円(税込)無料
申込資格20歳以上の安定収入のある方20歳以上の安定収入がある方18歳以上(高校生除く)
特典・サービス
  • 楽天市場の利用なら還元率5%! 条件クリアで還元率up
  • 楽天市場・トラベル・エンタメの3コースからひとつを選んで還元率up
  • プライオリティパスで世界1,300カ所以上の空港ラウンジ無料利用
  • トラベルデスクで海外旅行を現地でサポート
  • 国内・海外旅行保険(補償額最高5,000万円)が付帯
  • 楽天市場の利用なら還元率5%! 条件クリアで還元率up
  • 国内主要空港ラウンジを年2回まで無料利用
  • トラベルデスクで海外旅行を現地でサポート
  • 海外旅行保険(補償額最高2,000万円)が付帯
  • 楽天市場の利用なら還元率3%! 条件クリアで還元率up
  • 海外旅行保険(補償額最高2,000万円)が付帯
  • 年会費永年無料
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピングプロテクション:最高300万円
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
ETCカード無料無料無料
家族カード発行可能(年会費税込550円)発行可能(年会費税込550円)発行可能(年会費無料)
利用限度額最大300万円最大200万円最大100万円


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

楽天プレミアムカードの審査に落ちる人とは?審査基準を解説

楽天プレミアムカードは、楽天が発行しているカードのうち上から2番目のクラスのカードです。

このカードの上にはインビテーションのみで発行が可能な楽天ブラックカードしかありませんので、利用者側からの申し込みで発行できるカードとしては、もっとも上のクラスになります。

その分審査はきっちりおこなわれますし、落ちる人も多くいます

申し込みの前に、自分が審査に通りそうかどうかをしっかりチェックしておきましょうね。

申し込めるのは20歳以上の安定収入のある方

楽天プレミアムカードの申し込み資格としては、「原則として20歳以上の安定収入のある方 」という条件が明らかにされています。

未成年の方は残念ながら申し込むことができないカードです。

18歳以上の未成年の方が申し込める楽天のカードとしては、楽天カード、楽天カードアカデミーがありますので、未成年の方はそちらの発行を検討しましょう。

Jinya
Jinya
楽天カード・楽天カードアカデミーは、楽天プレミアムカードよりもずっと審査が通りやすいカードですので、20歳未満の方が最初に発行するには好適です。

一定以上の安定的な収入が必要

楽天プレミアムカードは楽天カードの中では上位クラスのカードですから、一定以上の安定的な収入をもつことは審査通過の条件です。

大きな資産を持ってない無職の方やアルバイトやパートで生計を立てている方は、残念ながら審査に落ちる可能性が高いでしょう。

ただ、楽天が発行するカードは他社の同クラスのカードと比較して審査が緩い傾向にあると言われていますので、あまり大きな収入額が求められてはいないと思われます。

自身の信用情報に傷がないことが必要

楽天プレミアムカードのような上位クラスのカードを発行するには、信用情報に傷がないことも重要です。

過去に支払いの延滞や自己破産・債務整理をしたことがあると審査落ちする可能性が高くなります。

一定の期間が過ぎれば、古い信用情報はクリアされますので、自分の信用情報に自信のない方は、別のカードで良好な利用履歴を積んでから楽天プレミアムカードを申し込むのがよいでしょう。


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

【楽天プレミアムカードのQ&Aまとめ】きになる疑問を解決しよう

楽天プレミアムカードの特徴について説明してきました。

ここまで読んだ方は、楽天プレミアムカードのメリット・デメリットがクリアにわかっていただけたと思います。

ここからは、楽天プレミアムカードに関するよくある質問についてまとめて答えていきましょう。

楽天プレミアムカードにお得な入会・切り替えキャンペーンはある?

楽天プレミアムカードは新規入会者や楽天カード/ゴールドカードからの切り替えの方むけのキャンペーンを常時行っています

どちらも数千ポイントの期間限定ポイントがもらえるものですが、そのポイント数は時期によって違います。

入会や切り替えを検討している方は、その時のキャンペーンの内容をよく吟味しましょう。

家族カードやETCカードを発行できる?

家族カードは5枚まで発行可能です。

年会費は550円(税込)ですので、本会員の年会費11,000円(税込)より大幅に安くてお得です。

ETCカードは年会費無料で発行できます

楽天プレミアムカードを申し込むにはインビテーションが必要?

楽天プレミアムカードはインビテーションがなくても、ネットからの申し込みで発行できます

楽天カード/ゴールドカードのヘビーユーザーに対してインビテーションが来る場合がありますが、こちらの場合は入会から数年の年会費無料などの優遇が付帯する場合があるようです。

楽天プレミアムカードの利用限度額はどのくらい?

楽天プレミアムカードの利用限度額は最高で300万円です。

個々人の利用限度額は、300万円までの範囲内で発行者側が個別に決定します。

海外旅行などのために、一時的に利用限度額の増額を申請することが可能です。

楽天プレミアムカードを解約するには?

楽天プレミアムカードを解約する場合は、カード裏面記載の電話番号に連絡しましょう。

カードを解約しても、楽天会員を継続するならポイントは継続します。


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

旅行する機会の多い楽天ユーザーに最適の一枚

この記事のまとめ
  • 楽天市場や楽天ポイント加盟店の利用で楽天ポイントがたくさんたまる。
  • プライオリティ・パスで海外1,300カ所以上の空港ラウンジ無料利用。
  • 国内・海外旅行保険(補償額最高5,000万円)付帯。
  • 豊富な特典に対して安く抑えた年会費11,000円(税込)。
  • 旅行する機会の多い楽天ユーザーをターゲットにしたカード。

この記事では、楽天プレミアムカードのメリット・デメリットや特典について説明しました。

たくさんたまる楽天ポイントの効果的な使い方についても紹介しましたので、使いこなしのコツも理解できたと思います。

楽天プレミアムカードの特徴は、楽天ポイントが多くたまる点と、旅行シーンで活躍する特典が豊富な点です。

特にプライオリティ・パスによる海外ラウンジの無料利用と充実した旅行保険を、年会費11,000円(税込)の中に盛り込んでいる点が、人気を呼んでいます。

プレミアムと銘打っている割にステータス感は今ひとつですが、あなたが楽天ユーザーでさらに旅行する機会が多いのであれば、持っていて損のない一枚ですね。


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

楽天プレミアムカード基本情報まとめ

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
基本還元率1%
貯まるポイント楽天ポイント
ポイント交換先1ポイント=0.5マイルで利用可
ANAマイル
還元率UP条件
  • 楽天ポイント加盟店での利用
  • 楽天市場での利用で還元率5%
ポイント有効期限最後にポイントを獲得してから1年間
年会費11,000円(税込)
ポイント算出方法毎月の利用金額合計の1%
申込資格・条件 原則として20歳以上の安定収入のある方
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB/アメックス
特典・サービス
  • 楽天市場の利用なら還元率5%! 条件クリアで還元率up
  • 楽天市場・トラベル・エンタメの3コースからひとつを選んで還元率up
  • プライオリティパスで世界1,300カ所以上の空港ラウンジ無料利用
  • トラベルデスクで海外旅行を現地でサポート
  • 国内・海外旅行保険(補償額最高5,000万円)が付帯
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピングプロテクション:最高300万円
ETCカード年会費無料
電子マネー楽天Edy
追加カード家族カード発行可能(年会費税込550円)
カードランクプレミアム
利用限度額最大300万円の範囲内で利用者に応じて設定
  • 楽天市場や楽天ポイント加盟店の利用で楽天ポイントがたくさんたまる
  • プライオリティ・パスで海外1,300カ所以上の空港ラウンジ無料利用
  • 豊富な特典に対して安く抑えた年会費11,000円(税込)


楽天プレミアムカードの公式HPを見る

カード概要

発行会社楽天カード株式会社
年会費初年度11,000円(税込)
2年目~11,000円(税込)
審査・発行1週間程度
入会条件原則として20歳以上の安定収入のある方
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB/アメックス
支払い方法国内1回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払い
海外1回払い、リボ払い
支払い締め日月末日
引き落とし日翌月27日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー楽天Edy
家族カード発行可能枚数5枚
年会費550円(税込)
ETCカード発行可否発行可能
発行手数料無料
年会費無料
対応スマホ決済Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

ポイント還元率

ポイントプログラム楽天ポイント
通常還元率1%
還元率アップ条件楽天ポイント加盟店での利用
ポイント有効期限最後にポイントを獲得してから1年間
ポイント付与100円ごとに1ポイント付与
ポイントの価値(目安)1ポイント=1円
交換可能ポイントANAマイル

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行
(自動付帯)
補償対象者本会員・家族カード会員
傷害死亡保険金5,000万円
傷害後遺障がい保険金5,000万円
入院保険金1日につき5,000円
通院保険金1日につき3,000円
手術給付金5,000円×倍率(5倍・10倍)
海外旅行
(自動付帯)
補償対象者本会員・家族カード会員
傷害死亡5,000万円
※自動付帯4,000万円+利用付帯1,000万円
傷害後遺障がい5,000万円
※自動付帯4,000万円+利用付帯1,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円
賠償責任
(一事故の限度額)
3,000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円
※自動付帯30万円+利用付帯20万円
※免責金額3,000円
救援者費用
(年間限度額)
200万円
ショッピング・プロテクション最高300万円
免責金額3,000円

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ国内32空港・海外2空港のラウンジを無料利用
プライオリティ・パス付帯で世界1,300カ所以上空港ラウンジが無料利用
海外緊急サービス各カードブランド(Visa、JCB、Mastercard)が海外でのカード紛失・盗難時の緊急サービスを提供
年間利用特典なし
お問い合わせ楽天プレミアムカードデスク(営業時間9:30~17:30)
※電話番号はカード裏面に記載


楽天プレミアムカードの公式HPを見る