家賃のクレジットカード決済を徹底解説!メリットとおすすめカード5選!

賃貸住宅の家賃を口座引き落としや銀行振り込みで支払っている方が多いと思います。

でも、「家賃をクレジットカード決済できたら便利なのにな」と思っている方もいるかもしれません。

そこでこの記事では、家賃をクレジットカード決済できる物件の探し方から家賃をクレカ決済するメリット、おすすめのカードまで解説します。

これを読めば、家賃のクレジットカード決済についてよくわかるようになりますよ!

Contents

家賃をクレジットカードで支払える?クレカ決済できる物件の探し方も解説!

家賃をクレジットカード決済できる物件は、探してみるとたくさんあります。

ここでは、家賃をクレカ決済できる物件とできない物件の違いやその探し方について解説しているので、早速確認していきましょう!

家賃をクレジットカード決済できる物件は増えてきている

近年、家賃をクレジットカードで支払える物件が増えてきています

これは、キャッシュレス化が進み、ますますクレジットカードの需要が高まってきているためです。クレジットカード決済で家賃を払えると借り手の利便性が高まるので、他の不動産会社との差別化がはかれます。

また、クレジットカード決済の場合、まずカード会社から家賃の金額が支払われるため、確実に入金されるのも大家さんのメリットとなります。

さらに、クレジットカードを持っている人はカード会社の審査を通っているので、信用があるとみなせるのです。

haruka
haruka
家賃の支払い方法に選択肢が多いのはうれしいですね。

家賃をクレジットカード決済できない物件がある理由

家賃をクレジットカード決済できない物件がまだたくさんあるのは、手数料がかかってしまうからです。

物件の家賃をクレジットカード決済をするためには、カード会社に大家さんが手数料を支払わなくてはなりません。

例えば、家賃7万円で手数料が5%だった場合

70000円×0.05%=手数料3500円
70000円-3500円=66500円

となり、大家さんの手元には66500円しか入ってこなくなります。

複数の物件を貸している場合、差額が高額になってしまいがちなので、クレジットカード決済を導入するのをためらう大家さんが多いのが現状なのです。

haruka
haruka
借り手には便利なクレカ決済でも、大家さんには少し負担なこともあるようですね。

家賃をクレジットカードで支払える物件を扱う不動産会社まとめ

不動産会社名クレカ決済対応物件家賃のクレカ決済初期費用のクレカ決済
アットホーム
一部
アパマンショップ
一部
エイブル
一部
SUUMO
一部
住友林業レジデンシャル
全部
大東建託
全部
大和ハウス
全部

D-roomカードのみ
ピタットハウス
一部

夢なびVISAカードのみ
ホームズ
一部
MAST
一部
ミニミニ
一部

ミニテックカードのみ

ミニテックカードのみ
レオパレス21
全部

Tカード プラス(レオパレスメンバー)、JALカード

Tカード プラス(レオパレスメンバー)、JALカード

家賃や初期費用をクレジットカードで支払える物件を取り扱う不動産会社を一覧でまとめました。

多くの大手不動産会社で、クレジットカード決済できる物件があることがわかりますね。各不動産会社のホームページなどで、クレジットカード決済が可能な物件を絞りこんで探せます

現在、振り込みや口座引き落としで家賃を支払っている方も、クレジットカード決済へ変更できることもあるので、不動産会社に問い合わせてみるのもおすすめです。

また、家賃がクレジットカード決済の対象外でも初期費用は対象になっているので、高額な支払いになりがちな初期費用の負担が軽減しやすくなります。

クレジットカードで家賃を支払う4つのメリットを紹介!

ここでは、クレジットカードで家賃を支払う4つのメリットを解説します。

具体的にどんなメリットがあるのかわかっていると、より便利に活用できるようになりますよ!

クレジットカードのポイントやマイルが貯まる

家賃をクレジットカードで支払うと、ポイントやマイルが貯まります

家賃は毎月の支払いの中でも、多くの割合を占める項目です。高額なためポイントやマイルが貯まると、とてもお得になります。

例えば、家賃7万円の場合

  • 還元率0.5%のカード 70000円×0.005%=350ポイント
  • 還元率1.0%のカード 70000円×0.01%=700ポイント

と、このように毎月ポイントが貯まっていくことになります。

必ずかかる家賃だからこそ、クレジットカード決済を利用したいですね。

haruka
haruka
高還元率のクレジットカードで家賃を支払えれば、よりお得になりますね。

振り込みの手間や口座引き落としの手数料が抑えられる

家賃をクレジットカード決済にすれば、振り込みの手間や口座引き落としの手数料が抑えられます

家賃は毎月支払わなくてはならないため、期日までに振り込みをする、口座にお金を移しておくなどの手間がかかってしまいます。

また、振り込みをするときや口座引き落としには手数料がかかることもあるので、少額とはいえもったいないですよね。

そこで、クレジットカードで決済されるようにしておけば、毎月必ずカード会社が支払ってくれてから請求が来るので手間がかかりません。さらに、支払い回数を1回か2回払いにしておけば手数料もかかりません

手間が省けてお得になるのはありがたいですね。

haruka
haruka
家賃をクレジットカード決済にしておけば、支払いを忘れることもないですね。

家計の管理がしやすくなる

家賃をクレジットカードで支払えば、家計の管理がしやすくなります

家計の支出の管理は、クレジットカードの明細や振り込みの履歴、レシートや領収書など項目が多いほど大変ですよね。

そこで、家賃の支払いをクレジットカード決済にすることで、確認の項目が減ります。

カードの明細を一目見るだけで出費がわかるので、家計の管理が簡単になりますよ。

haruka
haruka
明細の金額が大きく感じるので、節約のモチベーションにも繋がりそうですね。

支払いのタイミングをずらせる

家賃をクレジットカード決済にすると、支払いのタイミングをずらせます

引っ越しをすると、引っ越し代金や初期費用など何かとお金がかかりがちです。

これらをすべてまとめて支払おうと思うと、かなり高額になってしまうので家計が厳しくなってしまうこともあります。

そこで、家賃や初期費用をクレジットカード決済にすれば、請求が翌月以降になるため引っ越し代金と家賃の支払いを別の月にできます

また、2回払いなら手数料もかからないので、さらに負担を減らせますよ。

haruka
haruka
初期費用だけでもクレジットカード決済にすれば、支払いが楽になりますね。

家賃をクレジットカード決済するときに気を付けたい3つのデメリットを確認しておこう!

ここでは、家賃をクレジットカード決済するときに気を付けておきたいポイントを3つ解説します。

家賃のクレジットカード決済はメリットも多いですが、注意しておかないと損をしてしまうこともありますので、しっかり確認しておきましょう!

家賃の支払いに使えるクレジットカードが限られていることがある

不動産会社によっては、家賃のクレジットカード決済に使えるカードが限定されていることがあります。

例えば、

  • 大和ハウス・・・D-roomカードのみ
  • ピタットハウス・・・夢なびVISAカードのみ
  • ミニミニ・・・ミニテックカードのみ
  • レオパレス21・・・Tカード プラス(レオパレスメンバー)、JALカード

などとなっています。

しかし、家賃をクレジットカード決済できることはメリットが多く、クレジットカードは複数持っていても困らないので、家賃専用でカードを発行するのもいいですね。

家賃の支払いでポイントがつかない場合がある

クレジットカード会社によっては、家賃の支払い分のポイントがつかないことがあります。

今持っているクレジットカードで支払う予定の場合は、家賃の決済がポイントの対象かどうかを確かめておくと安心です。

せっかくポイントも貯まると思っていたのに家賃が対象外だったらもったいないですね。

新しくお得なカードの発行を考えている方は、「家賃の支払いにおすすめなクレジットカード5選を紹介!」を参考にしてみてくださいね。

haruka
haruka
家賃は金額が大きいからこそ、ポイントやマイルの取り逃しは避けたいですね。

支払いが高額になるため口座残高のチェックが必要

家賃をクレジットカード決済にすると、支払いが高額になるため口座残高のチェックが必要です。

口座残高が足りず引き落とせなかった場合、クレジットカードの支払いはたった1日でも延滞扱いになります。

延滞に気づかず日にちが経つと延滞金が発生し、信用情報に傷がつく可能性もあります。

家賃をクレジットカード決済にするときには、より期日までに口座残高を確認する習慣をつけておいたほうがいいですね

haruka
haruka
特に給与が振り込まれる口座とクレジットカードの支払いの口座を分けている方は注意しましょう。

家賃の支払いに使えるクレジットカード10枚を徹底比較!

← 横にスクロールできます →
カード名/おすすめ度年会費ポイント還元率還元率UP条件特典・サービス国際ブランド申込資格
楽天カード 5.0
おすすめ

永年無料

1.0%
  • 提携店でカード利用
  • 楽天市場でのショッピング
  • 入会で最大5,000ポイントもらえる
  • 「楽天Edy」としても利用可能
  • 楽天市場での支払いをカードで払うとポイントアップ
VISA/MasterCard/JCB/AMEX18歳以上の方(高校生の方は除く)
JCB CARD W 4.5
おすすめ

永年無料

1.0%
  • JCBオリジナルパートナーの店舗で利用
  • いつでももらえるポイントが2倍
  • スタバやセブンイレブンなどで使うとポイントが10倍
JCB18歳以上39歳以下で安定継続収入がある方
リクルートカード 4.5
おすすめ

永年無料

1.2%
  • 特約店でカード利用
  • リクルートのポイント動画サービス利用でポイント付与
  • 電子マネーへのチャージでポイント付与
VISA/MasterCard18歳以上で継続安定収入がある方(高校生除く)
ライフカード 4.0
おすすめ

永年無料

0.5%
  • 初年度:通常の1.5倍
  • 誕生日月:通常の3倍
  • 年間利用額が50万円を達成すると300ポイントボーナスポイントが付与
  • 年間利用金額に応じてポイント還元率1.5〜2倍
VISA/MasterCard/JCB日本国内に住んでいる18歳以上(高校生除く)
ヤフーカード 4.0
おすすめ

永年無料

1.0%
  • Yahooショッピングで利用
  • LOHACOで利用
  • Yahooショッピングで使うとポイント3%
  • Paypayにチャージ
  • ショッピング保険が付帯
VISA/MasterCard/JCB18歳以上で本人もしくは配偶者に安定継続収入がある
dカード 3.5
永年無料

1.0%
  • dカード特約店での利用
  • ローソンでの利用
  • ポイントupモール経由のネットショッピング
  • ポイントupモールの利用でポイント最大10.5倍
  • 電子マネーiDが利用可能
  • 年間100万円のお買物あんしん保険が付帯
VISA/Mastercard満18歳以上であること(高校生を除く)
ビックカメラSuicaカード 3.5
初年度無料
2年目以降524円(税込)
前年にカードを1回以上利用していると無料

1.0%
  • ビックカメラでの買い物:11.5%
  • JRE POINT加盟店:1.5%還元
  • Suicaオートチャージの利用や定期券の購入:1.5%
  • 紛失補償
VISA/JCB国内在住で、電話連絡のとれる満18歳以上(高校生は除く)
イオンカードセレクト 3.0
永年無料

0.5%
  • イオングループ対象店舗で利用
  • イオンカードグループでの利用でポイント2倍
  • 「イオンカード de 家賃」に申し込むと対象の物件の家賃でポイントが貯まる
  • 「イオンカード de 家賃」は家賃保証つき
VISA/MasterCard/JCB18歳以上で電話確認が可能な方(高校生除く)
エポスカード 2.5
永年無料

0.5%
  • 『エポトクプラザ』を利用
  • 「たまるマーケット」を経由
  • キャンペーン期間中の丸井グループの買い物が10%オフ
  • 「ROOM iD」に登録すると対象の物件の家賃でポイントが貯まる
  • 「ROOM iD」は家賃保証つき
VISA満18歳以上の方(高校生は除く)
セゾンカードインターナショナル 2.5
永年無料

0.5%
  • セゾンポイントモールを経由したネットショッピングでポイント最大30倍
  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • 「Rent Quick」を契約すると対象の物件の家賃でポイントが貯まる
  • 「Rent Quick」は家賃保証つき
VISA/MasterCard/JCB18歳以上でご連絡が可能な方。学生可。(高校生は除く)

家賃の支払いに使える年会費無料、条件次第で無料のクレジットカード10枚を比較しました。

ポイント還元率やカードの使い勝手のよさから、

  • 楽天カード
  • JCB CARD W
  • リクルートカード
  • ライフカード
  • ヤフーカード

これらのカードがおすすめです。

ライフカードは、通常の還元率が0.5%と低めですが、初年度は1.5倍です。さらに、年間利用額に応じてボーナスポイントや還元率UPの特典があるため、支払いが高額になる家賃の支払いに向いています。

また、おすすめ度は低めですが「イオンカードセレクト」、「エポスカード」、「セゾンカードインターナショナル」の3枚は家賃保証が付帯できるので、特定の物件で保証人不要で入居できます。必要に応じてカード発行を検討されるといいですね。

家賃の支払いにおすすめなクレジットカード5選を紹介!

ここまでで、家賃をクレジットカード決済するときの物件の探し方やメリット、注意点などについてわかったと思います。

ここでは、家賃の支払いにおすすめなクレジットカードをランキング形式で解説しているので、チェックしていきましょう!

家賃の支払いにおすすめなクレジットカード5選
  1. 楽天カード
  2. JCB CARD W
  3. リクルートカード
  4. ライフカード
  5. ヤフーカード

楽天カード

楽天カード
基本ポイント還元率1.0%
貯まるポイント楽天スーパーポイント
ポイント算出方法100円のカード利用で1ポイント
還元率UP条件
  • 提携店でカード利用
  • 楽天市場でのショッピング
年会費無料
特典・サービス
  • 入会で最大5,000ポイントもらえる
  • 「楽天Edy」としても利用可能
  • 楽天市場での支払いをカードで払うとポイントアップ
ポイント交換先交換不可
ポイント有効期限12ヶ月
申込資格・条件18歳以上の方(高校生の方は除く)
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB/AMEX
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード年会費550円
(楽天PointClubのランクがダイヤモンド以上で無料)
電子マネー楽天Edy
追加カード家族カード(年会費無料)
カードランク一般
利用限度額100万円
楽天カードの特徴
  • 1.0%の高還元率かつ100円で1ポイントなのでたくさんポイントが貯まる
  • 楽天市場でのショッピングでポイント還元率UP
  • 楽天銀行や証券などのサービスを利用するほどポイント還元率UP
  • 年会費永年無料
  • 国際ブランドが豊富で家賃の支払いだけでなく使い勝手がいい

ポイント還元率が1.0%で、家賃の支払い100円ごとに1ポイントが貯まります。

貯めたポイントは、1ポイント=1円として楽天市場などの楽天の様々なサービスで利用できるため、ポイントの使い道で困ることもありません。

また、楽天グループのサービスで楽天カードを使うと還元率がUPし、楽天市場でのショッピングの基礎ポイントを最大16倍まで上げられます。

年会費は永年無料で国際ブランドも豊富なので、家賃の支払いのためだけでなく、普段のメインカードとしてもおすすめです。


楽天カードの公式HPを見る

JCB CARD W

JCB CARD W
基本ポイント還元率1.0%
貯まるポイントOki Dokiポイント
ポイント算出方法1,000円で2ポイント
還元率UP条件
  • JCBオリジナルパートナーの店舗で利用
年会費無料
特典・サービス
  • いつでももらえるポイントが2倍
  • スタバやセブンイレブンなどで使うとポイントが10倍
ポイント交換先1ポイント=5円
Nanacoポイント、dポイント、楽天スーパーポイントなど
ポイント有効期限24ヶ月
申込資格・条件18歳以上39歳以下で安定継続収入がある
国際ブランドJCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:最高100万円(海外のみ)
ETCカード年会費無料
電子マネーなし
追加カード家族カード(年会費無料)
カードランク一般
利用限度額80万円
JCB CARD Wの特徴
  • 一般のJCBカードの2倍となる1.0%の高還元率でポイントが貯まりやすい
  • スターバックスやセブンイレブンなどでの利用でポイントが最大10倍になる
  • 「ApplePay」と「GooglePay」に対応しているのでスマホ決済ができる
  • 年会費永年無料
  • 18歳以上39歳以下の年齢制限があるため40歳以上の方は利用できない

ポイント還元率が1.0%で、家賃の支払い1,000円ごとに2ポイントが貯まります。

スターバックスやセブンイレブンなどの特定のお店での決済に利用すると、還元率が最大10倍になります。

貯めたポイントはnanacoや楽天のポイントへ交換が可能です。また、Amazonでのショッピングにも利用できるので使い道の幅が広いです。

年会費は永年無料で、スマホ決済にも対応しているので持っていると便利な1枚です。

ただし、18歳以上39歳以下の年齢制限があるため注意が必要です。


JCB CARD Wの公式HPを見る

リクルートカード

リクルートカード
基本ポイント還元率1.2%
貯まるポイントリクルートポイント
ポイント算出方法1,000円で12ポイント
還元率UP条件
  • 特約店でカード利用
年会費無料
特典・サービス
  • リクルートのポイント動画サービス利用でポイント付与
  • 電子マネーへのチャージでポイント付与
ポイント交換先1ポイント=1円
Pontaポイント
ポイント有効期限12ヶ月
申込資格・条件18歳以上で継続安定収入がある(高校生除く)
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円(JCBのみ)
  • お買い物安心保険:最高100万円
ETCカード年会費無料
電子マネーなし
追加カード家族カード(年会費無料)
カードランク一般
利用限度額100万円
リクルートカードの特徴
  • ポイント還元率1.2%と高還元率なのでポイントがたくさん貯まる
  • 特約店でのカード利用で還元率UP
  • 年会費永年無料
  • Pontaポイントへ交換できる

ポイント還元率が1.2%で、家賃の支払い1,000円ごとに12ポイントが貯まります。基本の還元率が1.2%と高いのは魅力的です。

リクルートポイントが貯まり、じゃらんやホットペッパービューティーなどのサービスで1ポイント=1円として利用できます。

また、Pontaポイントへ交換もできるので、普段からPontaポイントを貯めている方にはうれしいカードです。

特約店が少なめなのが残念ですが、年会費は永年無料なので家賃の支払い専用にするのもいいですね。


リクルートカードの公式HPを見る

ライフカード

ライフカード
基本ポイント還元率0.5%
貯まるポイントLIFEサンクスポイント
ポイント算出方法1,000円(税込)ごとに1ポイント付与
1,000円以下のポイントについても100円0.1ポイントで算出
還元率UP条件
  • 初年度:通常の1.5倍
  • 誕生日月:通常の3倍
年会費無料
特典・サービス
  • 年間利用額が50万円を達成すると300ポイントのボーナスポイントが付与
  • 年間利用金額に応じてポイント還元率1.5〜2倍
ポイント交換先1ポイント=4〜5円
ANASKYコイン、dポイント、ベルメゾン・ポイント、楽天ポイント、Pontaポイント、Gポイント
ポイント有効期限最大5年
申込資格・条件日本国内に住んでいる18歳以上(高校生除く)の電話連絡が可能な方
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード年会費無料
電子マネーiD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco
追加カード家族カード(年会費無料)
カードランク一般
利用限度額200万円
ライフカードの特徴
  • ポイント還元率0.5%だが年間利用額に応じて還元率UP
  • 初年度や誕生月にポイント還元率UP
  • 年間利用額が50万円を達成すると300ポイントのボーナスポイントがもらえる
  • 年会費永年無料

ポイント還元率が0.5%で、家賃の支払い1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

基本の還元率は低めですが、年間利用額に応じて最大1.0%まで還元率を引き上げることが可能です。

また、誕生月は還元率が1.5%まで上がるので、初期費用や引っ越し資金など大きなお金が動くときに当てられれば、より多くのポイントがもらえます。

さらに、年間利用額が50万円に到達すると、300ポイントがボーナスポイントとして付与されます。家賃の支払いを行えば比較的簡単に達成できますね。

年会費は永年無料ですが、基本の還元率が0.5%と低めなので、還元率が引き上げられるまとまった年間利用額の方におすすめのカードです。


ライフカードの公式HPを見る

ヤフーカード

ヤフーカード
基本ポイント還元率1.0%
貯まるポイントTポイント
ポイント算出方法100円につき1ポイント
還元率UP条件
  • Yahooショッピングで利用
  • LOHACOで利用
年会費無料
特典・サービス
  • Yahooショッピングで使うとポイント3%
  • Paypayにチャージ
  • ショッピング保険が付帯
ポイント交換先交換不可
ポイント有効期限12ヶ月
申込資格・条件18歳以上で本人もしくは配偶者に安定継続収入がある
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:最高100万円
ETCカード年会費無料
電子マネーなし
追加カード家族カード(年会費無料)
カードランク一般
利用限度額50万円
ヤフーカードの特徴
  • 1.0%の高還元率かつ100円で1ポイントなのでたくさんポイントが貯まる
  • YahooショッピングやLOHACOでの利用で還元率UP
  • 年会費永年無料
  • ひと月の利用限度額が50万円までと少なめ

ポイント還元率が1.0%で、家賃の支払い100円ごとに1ポイントが貯まります。

YahooショッピングやLOHACOでの利用で還元率が上がり、Yahooショッピングなら還元率3.0%でTポイントが貯まります。

年会費は永年無料ですが、ひと月の利用限度額が50万円までと少なめに設定されているので注意が必要です。

Tポイントとしてポイントが貯まっていくので、家賃の支払いとTポイントカードとしての利用もいいですね。


ヤフーカードの公式HPを見る

家賃のクレジットカード払いに関するQ&Aまとめ

最後に、家賃のクレジットカード払いに関するQ&Aについてまとめています。

領収書の発行やクレジットカードの変更についてなど、知っておきたいことを集めました。

いざというときに困らないように、ぜひ目を通しておいてくださいね!

領収書は発行してもらえる?

家賃を支払った際の領収書は、不動産会社に問い合わせると発行してもらえます。

クレジットカードを変更したい場合はどうする?

不動産会社に問い合わせることで、クレジットカードを変更できます。会社によって方法は異なりますが、Webから変更できる場合もあります。

クレジットカード限度額の都合で払えなかった場合はどうなる?

クレジットカードの限度額の都合で家賃が支払えなかった場合、口座引き落としや振り込みとなります。不動産会社によっては、以後カード決済ができなくなる場合があるので、限度額には注意しておきましょう。

家賃のクレジットカード決済まとめ

家賃のクレジットカード決済まとめ
  • 家賃をクレジットカード決済できる物件を扱う不動産会社は増えてきている
  • 家賃をクレジットカードで支払うとポイントが貯まり、振込や口座引き落としの手間や手数料が抑えられる
  • 家賃をクレジットカード決済にすると家計の管理がしやすくなり、支払いのタイミングもずらせる
  • 家賃の支払いに利用できるクレジットカードが限定されていることがある
  • 家賃の支払いには高還元率で年会費無料のカードがおすすめ

この記事では、家賃のクレジットカード決済について解説しました。

家賃をクレジットカード決済できる物件が増えていて、ポイントが貯まったり手数料が抑えられたりとメリットが多いことがわかりましたね。

クレジットカードで家賃を支払える物件は、多くの大手不動産会社のホームページなどで検索できます。

初期費用だけでもクレジットカード決済ができると、支払いの負担が軽くなりポイントも貯まるのでおすすめです。

不動産会社の中には支払えるクレジットカードが限定されていたり、カードによっては家賃がポイントの対象外の場合もあるので、契約する前にしっかり確認しておきましょう。

また、クレジットカードを新たに作ろうと検討されている方は、ぜひ「家賃の支払いにおすすめなクレジットカード5選を紹介!」を参考にしてみてくださいね。

家賃をクレジットカード決済してお得に支払いましょう!