セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底解説

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
基本還元率0.5%
貯まるポイントセゾン永久不滅ポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
nanacoポイント、Pontaポイント、dポイント、ANAマイル、JALマイル
還元率UP条件 海外でカード利用
ポイント有効期限無期限
年会費22,000円
ポイント算出方法1,000円につき1ポイント
申込資格・条件個人事業主また経営者
国際ブランドAmericanExpress
特典・サービス
  • プライオリティパスが無料利用
  • 国内・ハワイ・韓国の空港ラウンジが無料利用
  • 高級ホテルグループで特別優待
  • 法人向け顧問弁護士サービスが利用可能
  • 会計ソフトが3ヶ月無料利用
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間300万円
ETCカード無料
電子マネーなし
追加カード年会費3,300円(最大4枚まで)
カードランクプラチナ
利用限度額最大500万円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンが発行しているビジネスカードです。

カードランクがプラチナなのに関わらず、年会費が22,000円とプロパーのプラチナカードに比べるとかなり安くなっています。

また、出張や旅行で飛行機を使う際に利用できる空港ラウンジやプライオリティパスも無料です。

ただし「ビジネスカード」というのもあってポイント還元率はあまり高くないですし還元率アップの条件もあまりないのでポイントの貯まり具合は決して良くはありません。

しかしポイントと一緒にJALのマイルが同時に貯められます。

ステータスの高いビジネスカードを探しているのなら、ぜひチェックしてみてくださいね。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

Contents

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがどんなカードかを理解しておきましょう!

年間200万円以上利用すると年間費が半額

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費
  • 通常22,000円
  • 年間200万円以上利用すると11,000円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が必ず発生します。

しかし年間のカード利用金額が200万円を超えると翌年の年会費が11,000円まで下がるため、カードの維持費の節約ができます。

年間利用金額200万円は一見高いと思うかもしれませんが、仕事で必要な支出や光熱費などを全てカードで支払えば決して高い金額ではありません。

atsushi
atsushi
仕事にかかる経費をカード払いにするようにすれば実質年会費は11,000円になりますよ。

国内の空港ラウンジとプライオリティパスが無料で利用できる

プライオリティパスとは?
  • 世界140の国や地域にある空港にある特別ラウンジ
  • ラウンジ内で軽食やドリンクが頼める
  • 無料Wi-Fiも利用できる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをもっていると世界中の空港にある「プライオリティパス」が無料で利用できるようになります。

プライオリティパスの特徴については上にまとめました。

またプライオリティパスだけでなく日本の空港にある空港ラウンジも無料で利用できます。

出張だけでなく旅行でも利用できるので、飛行機を使う際はぜひ利用して搭乗までゆっくりくつろいでくださいね。

ビジネスに役立つ特典が盛りだくさん

ビジネスに役立つ主な特典
  • 弁護士照会サービス
  • 会計ソフト「freee」が3ヶ月無料で利用
  • 経費精算サービス「Staple」が6ヶ月無料で利用
  • レンタルサーバーの特別価格

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはビジネスに役立つサポートがサービスとして付帯されています。

利用できるサービスについては上にまとめました。

特に「レンタルサーバーを特別価格で利用できる」は、自分のホームページを持つ際の維持費が安くなるのでおすすめです。

また弁護士探しをサポートしてくれるので、万が一訴訟になりそうなトラブルが起こっても安心ですよね。

ポイントと一緒にJALのマイルが貯まる

SAISON MILE CLUBの特徴
  • 無料で登録できる
  • カード利用金額1,000円につき10マイル付与
  • マイルの上限は15万マイル

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持つと「SAISON MILE CLUB」に参加できます。

SAISON MILE CLUB参加するとカード利用金額1,000円につきJALのマイルが10マイルずつもらえます。

15万マイルという上限があるもののカードを使えば使うほどJALのマイルが貯まっていくので陸マイラーにはおすすめです。

atsushi
atsushi
SAISON MILE CLUBは無料で参加できるのもいいですよね。

スポーツやイベントのチケットが特別価格で予約できる

会員限定チケットサービス「e+(イープラス)」の特徴
  • コンサート、演劇、スポーツ観戦などのチケットが取れる
  • 先行予約に参加できる
  • 優待割引が受けられる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはイベントやコンサートなどのチケットを優先的に予約できる「e+(イープラス)」が利用できます。

イープラスを利用すれば、行きたい部隊のチケットやスポーツ観戦などが先行で予約できます。

またチケット代も特別価格で手に入るため、好きな舞台や演劇も先行してチケットが予約できます。

atsushi
atsushi
仕事だけでなくプライベートでも利用できるのは大きなメリットですよね。

国内外の高級ホテルで特別優待が受けられる

特別優待が受けられるホテル
  • HOTEL THE MITSUI KYOTO
  • JWマリオット・ホテル奈良
  • ヒルトンホテル系列
  • 星野リゾート「界」

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていると国内外の有名ホテルで特別優待を受けられます。

具体的には宿泊費が割引になったり泊まる部屋をアップグレードされたりなどがあります。

出張で使うのはもちろん、家族旅行でも使えるので家族サービスで旅行に行く時にも活用してくださいね。

付帯されている旅行保険が手厚い

国内旅行保険傷害死亡最高5,000万円
傷害後遺障がい最高5,000万円
入院保険金日額5,000円
手術保険金最高20万円
通院保険金日額3,000円
海外旅行保険傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
傷害・疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円
救援者費用300万円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに付帯されている旅行保険は国内・海外ともにかなり手厚くなっています。

死亡・損害賠償は国内旅行保険で最高5,000万円、海外旅行保険で最高1億円です。

もちろん手術や入院保障もついていますし海外旅行保険では賠償責任補償や携行品損が補償もついているので、万が一海外で事故やトラブルを起こしても安心です。

atsushi
atsushi
海外で事故や病気になると治療費がかなり高くなるので旅行保険がついているのはありがたいですよね。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの3 つのデメリットも確認しておこう

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

どれだけセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえでセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを正しく理解したいですね。

ですので、ここでセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

コンシェルジュサービスがついていない

プラチナランクのクレジットカードにはたいてい付帯されている「コンシェルジュサービス」ですがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードではついていません。

そのため、ホテルやレストランの予約・手配や渡航先の国の情報などは全て自分で調べる必要があります。

元々コンシェルジュサービスはプラチナランク以上のカードを持たないと使えないサービスなので、普段からリサーチをしているなら大きな障害はありません。

ただ「コンシェルジュサービスを使いたい」目的でプラチナカードを作るのであればセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは候補から除外されます。

電子マネーへのチャージはポイント対象外

チャージできる電子マネー
  • nanano
  • 楽天Edy

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは「nanaco」と「楽天Edy」の2つの電子マネーにチャージができます。

しかしチャージ金額はポイントの対象外となるため、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでチャージするメリットはほとんどありません。

電子マネーのチャージ金額もポイントが欲しいなら別のクレジットカードを使ってチャージをしましょう。

ANAのマイルは自動で貯まらない

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードではJALのマイルは自動で貯まりますがANAのマイルは自動で貯まりません。

「セゾン永久不滅ポイント」の移行先にANAマイルもあるので、全く貯められないわけではありませんが、JALに比べると貯まりやすさは劣っています。

そのため、ANAのマイルを貯めているのならセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは不向きなクレジットカードといえるでしょう。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで貯まるセゾン永久不滅ポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを利用すると、「セゾン永久不滅ポイント」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたポイントトは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここではセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで貯めたセゾン永久不滅ポイントのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

カード利用代金をポイントで支払う

ポイントの価値1ポイント = 4.5円
使いやすさ

セゾン永久不滅ポイントはカード利用代金に充てることができます。

最低利用ポイントは200ポイントからで200ポイントでカード利用代金が900円分下がります。

実質ポイントを現金に換金しているのと同じ使い道なので、セゾン永久不滅ポイントの最もお勧めな使い道です。

atsushi
atsushi
ポイントでカード利用代金を支払う場合は「セゾンNetアンサー」で手続きが必要になります。

他社のポイントやマイルに移行する

ポイントの価値1ポイント = 4.5~5円
使いやすさ

セゾン永久不滅ポイントは他のポイントプログラムやマイルに交換できます。

交換できるポイントは次のものです。

セゾン永久不滅ポイントで交換できるポイント・マイル
  • nanacoポイント(200ポイント→920ポイント)
  • dポイント(200ポイント→1,000ポイント)
  • JALマイル(200ポイント→500マイル)
  • ANAマイル(200ポイント→600マイル)

特にJALマイルは「SAISON MILE CLUB」に参加すればカード利用金額に応じてもマイルがもらえるので、ポイントもJALマイルに移行するとより貯まりやすくなりますよ。

ポイントを使って資産運用をする

運用レート100ポイント~
使いやすさ

セゾン永久不滅ポイントはポイントを元本として資産運用ができます。

運用するのはセゾン永久不滅ポイントですから、万が一資産運用に失敗してもお金が減るわけではないため、安心して資産運用の練習ができます。

もちろん運用に成功すればセゾン永久不滅ポイントが増えるため、使い道の幅が広がります。

atsushi
atsushi
資産運用に興味があるのならセゾン永久不滅ポイントを使って始めるとノーリスクで始められるのでおすすめです。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの悪い評判・口コミ一覧

  • VISAやJCBに比べると使えるお店が少ないのでそこがネックかな。アメックスなのでステータスは高いが使い勝手はイマイチかも
  • 付帯されるサービスがすべてカード会員のみのため家族旅行には不向きです。追加カードを持っていてもつかないので完全ビジネス用として使っています。
  • プロパーカードと比べるとどうしてもステータスが低く感じます。コスパは良いがステータス重視で選ぶならおすすめしません。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの良い評判・口コミ一覧

  • JALマイルが貯まるのが本当にでかい!陸マイラーとしては持っておくべき1枚です
  • 年会費はかかりますが年間200万円以上使うと半額になるのでコスパが非常に良いです。200万円なんて仕事で使っていたらすぐに達成するのでありがたいですね。
  • ホテル優待やトラベルサービスなど個人で使っても十分なサービスが受けられるのがいいですね。プライベートでもよく利用しています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの評判・口コミまとめ!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの悪い評判・口コミ
  • 国際ブランド的に利用できないお店がちょくちょくある
  • 家族旅行で使うと家族が対象外になる
  • プロパーカードと比べるとステータスは低い
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの良い評判・口コミ
  • JALのマイルが貯まりやすい
  • 年会費半額のハードルが低い
  • 仕事以外でも利用できるサービスが豊富

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの悪い口コミで目立ったのは「付帯されるサービスが自分だけ」というものでした。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのサービスには仕事だけでなくプライベートでも利用できるものもあります。

しかし空港ラウンジ利用など一部のサービスは同伴者が利用できないサービスもあるため、家族旅行に持っていってもサービスを最大限活用できません。

反対に良い口コミで多かったのは「JALマイルの貯まりやすさ」「年会費の安さ」でした。

特に年会費はプラチナランクのクレジットカードにしては安いうえに、年間200万円以上使えば半額になるところに満足している人が多いです。

仕事の経費をカードで支払うようにすれば年間200万円なんてあっという間に到達しますからね。

JALマイルの貯まりやすさは主に陸マイラーに好評です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナランクのクレジットカードとしては維持費がかからず持ちやすいクレジットカードといえるでしょう。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと他のセゾン・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
基本還元率0.5%0.5%
年会費22,000円1,100円
申込資格個人事業主もしくは経営者個人事業主もしくは経営者
特典・サービス
  • プライオリティパスが無料利用
  • 国内・ハワイ・韓国の空港ラウンジが無料利用
  • 高級ホテルグループで特別優待
  • 法人向け顧問弁護士サービスが利用可能
  • 会計ソフトが3ヶ月無料利用
  • 世界28ヶ国にあるワーキングスペースが利用可能
  • 税金・光熱費・ふるさと納税の支払いでもポイントが貯まる
  • オンラインプロテクション
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:300万円
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード年会費無料年会費無料
追加カード3,300円無料
利用限度額最大500万円最大500万円


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはビジネスカードのため、審査基準が他のクレジットカードと少し違います。

ここではセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査基準や審査に通るためのポイントを解説していきます。

個人事業主もしくは経営者でないと作れない

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはビジネスカードのため、一般の人が申し込んでも審査が通りません。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを作るには「個人事業主」「会社経営者」である必要があります。

そのため、学生や専業主婦はもちろん会社員でもカードの申込はできません。

atsushi
atsushi
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを作りたいなら税務署に開業届を出して「個人事業主」になりましょう。

「個人」の信用情報が重要視される

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査は経営している会社の業績や事業規模はそこまで大きく影響しません。

あくまでも「個人」の信用情報が重視されるため、過去にカードの支払いを滞納したり踏み倒したりしていると審査が通らない可能性が高くなります。

もちろん一度もカードの支払いを遅れたり踏み倒した経験がないのなら、特に気にする必要はありません。

別のビジネスカードを同時に申し込んでいない

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード以外のクレジットカードに申し込んで審査を受けている最中の場合、審査が通りにくくなります。

これはカード会社かが短期間に複数のカードに申し込んでいるのを見て「貸し倒し」を防ぐために、あえて審査を通さない処置をとる場合があるからです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを確実に作りたいなら、一番新しく作ったクレジットカードから半年以上開けて申し込むようにしましょう。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

【セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのよくある気になる疑問に答えていきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを検討する際の参考にしてみてくださいね!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードの違いは?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは株式会社クレディセゾンがアメックスと提携して発行しているクレジットカードです。

対してアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードはアメックスが独自に発行しているビジネスカードで「プロパーカード」と呼ばれています。

どちらも「AmericanExpress」ですが付帯サービスや年会費が微妙に違います。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで「家族カード」は作れないの?

ビジネスカードなので家族カードは作れません。

その代わり支払いを1つにまとめられる「追加カード」は最大4枚まで発行できます。

ただし年会費が1枚につき3,300円かかるのと、付帯サービスが追加カードは対象外になっているのでその点だけ気を付けてくださいね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを解約する時はどこに電話したらいい?

カードの裏面に電話番号が書いてあるのでそこに連絡をしましょう。

電話をする自動音声が流れるので、それに従って解約の手続きを進めてくださいね。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

コスパが良いビジネスカードとしておすすめ!セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを活用しよう

この記事のまとめ
  1. 年間利用金額200万円以上で年会費が半額になる
  2. 国内外の空港ラウンジが無料で利用できる
  3. ビジネスに役立つサポートが充実
  4. ホテルの優待やトラベルサービスが利用できる
  5. 付帯されている旅行保険が手厚い

ここまでセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについてお話ししてきました。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがどんなクレジットカードか理解できたのではないでしょうか?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはハイステータスなのにも関わらず、非常に持ちやすいビジネスカードです。

年会費も年間200万円以上カード利用すれば11,000円になるため、維持費も大きく抑えられます。

もちろん空港ラウンジやプライオリティパスが無料で利用できたり、ホテルで優待を受けたりなどハイステータスなカードにふさわしいサービスもたくさんあります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴について上の5つにまとめました。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリットを正しく理解して賢く活用してくださいね。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報まとめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
基本還元率0.5%
貯まるポイントセゾン永久不滅ポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
nanacoポイント、Pontaポイント、dポイント、ANAマイル、JALマイル
還元率UP条件 海外でカード利用
ポイント有効期限無期限
年会費22,000円
ポイント算出方法1,000円につき1ポイント
申込資格・条件個人事業主また経営者
国際ブランドAmericanExpress
特典・サービス
  • プライオリティパスが無料利用
  • 国内・ハワイ・韓国の空港ラウンジが無料利用
  • 高級ホテルグループで特別優待
  • 法人向け顧問弁護士サービスが利用可能
  • 会計ソフトが3ヶ月無料利用
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • お買い物安心保険:年間300万円
ETCカード無料
電子マネーなし
追加カード年会費3,300円(最大4枚まで)
カードランクプラチナ
利用限度額最大500万円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

カード概要

発行会社株式会社クレディセゾン
年会費22,000円
審査・発行最短4営業日
入会条件個人事業主もしくは経営者
国際ブランドAmericanExpress
支払い方法1回払い、ボーナス1回払い
支払い
  • 締め日:毎月10日
  • 引き落とし日:翌月4日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネーなし
追加カード発行可能枚数4枚
年会費3,300円
ETCカード発行可否可能
発行手数料無料
年会費無料

ポイント還元率

ポイントプログラムセゾン永久不滅ポイント
通常還元率0.5%
還元率アップ条件海外でカード利用
ポイント有効期限無期限
ポイント付与1,000円につき1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=1円
交換可能ポイント nanacoポイント、Pontaポイント、dポイント
交換可能マイルANAマイル、JALマイル

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険補償対象者カード会員
傷害死亡最高5,000万円
傷害後遺障がい最高5,000万円
入院保険金日額5,000円
手術保険金最高20万円
通院保険金日額3,000円
海外旅行保険補償対象者カード会員
傷害死亡最高1億円
傷害後遺障がい最高1億円
傷害・疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円
救援者費用300万円
ショッピング保険国内300万円
海外300万円

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジ国内主要空港、ハワイ、韓国、プライオリティパスは無料
紛失・盗難補償連絡日を含めて61日以内に発生した損害を補償およびカードの無料再発行
年間利用特典なし
お問い合わせ0120-24-8376(24時間受付)
フリーダイヤルをご利用いただけない方
東京 03-5996-1112
大阪 06-7709-8040


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る