クレジットカードの支払いってどうなってるの?決済の仕組みを徹底解説!

クレジットカードは買い物の際に、お店に現金を支払わずに買い物ができます。

買い物のたびに現金で支払ってお釣りをもらうというのは割と面倒ですし、カード決済は便利ですよね。

ですがそんなカード決済は、一体どんな仕組みで成り立っているのでしょうか?

今回はクレジットカードの支払いの仕組みをご紹介します!

クレジットカードの決済の仕組みを5つの段階で徹底解説!

段階
↓リンクをタッチで解説へ
解説
①クレカの支払いの基本クレジットカードによる支払いではどのようなことが行われているのか、その仕組みの基本をご紹介します。
②クレカの国際ブランドクレジットカードにはVISA・JCBなどのブランドがあります。このブランドとは何なのかをご紹介します。
③クレカの引き落としの仕組みクレジットカードには締め日・支払日というものがあるのでご紹介します。
④クレカの支払いの種類クレジットカードにはいくつかの支払い方法があるので、その種類についてご紹介します。
⑤クレカで支払いをする際の注意点クレジットカードで支払いをする場合、後で困らないために注意しておくことをご紹介します。
⑥クレカ支払いのメリット・デメリットクレジットカードで支払いをする際のメリット・デメリットは何かを消費者目線でご紹介します。

今回はクレジットカードの支払いの仕組みについて、上の6つの段階で解説します。

そもそもクレカ決済がどんな仕組みで成り立っているのか、利用する際に注意することはあるのか、などをご紹介するので順番に見ていきましょう!

主にカードを利用して買い物をする人(消費者)目線での解説となります。

また上の表のリンク部分をタッチすると各解説の部分にジャンプするので、そちらも必要に応じて活用してみてください。

①クレジットカードの「信用」による支払いの仕組みを解説!

クレジットカードの支払いの基本的な仕組みは、上のような感じです。

カード利用者・カード加盟店・カード会社の間でやり取りをすることで、

カード利用者カードで決済して、そのお金は後日カード会社に支払う
カード加盟店
(実店舗・ネットショップなど)
カードで買い物された金額をカード会社に請求する
カード会社
  • 後日使われた金額をカード利用者に請求
  • カード加盟店に手数料(3%~4%程度)を引いて支払いをする

とこんな風にカード利用者は実際に買い物をするお店ではなくカード会社にだけお金を支払う仕組み。

この仕組みが成立するのは、「信用」があるという前提があるからです。

信用は簡単にいうと「この人は使った分をちゃんと支払える」という意味で、そうでなければお店はクレジットカードで支払ってほしくないですからね。

なのでカード会社はクレジットカードを発行する上で、

  1. クレジットカード発行時の入会審査
  2. 毎月遅れることなく支払いができているか

などをチェックすることでカードを持つ人ごとに信用をチェックしています。

この2つについてはこのあともう少し詳しく解説しますね!

クレジットカード会社はカードを発行していい人なのかどうかを入会審査する

チェックされる情報審査の有利不利
職業
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 職種
  • 雇用形態
  • 大手企業・公務員などが有利
  • 正社員が有利
  • 勤続年数が長いほうが有利
年収
  • 昨年度の年収
  • 年収が高いほうが有利
資産
  • 貯金額
  • 持ち家かどうか
  • 貯金額が多いほうが有利
  • 賃貸より持ち家のほうが有利
借金
  • 他クレジットカードの支払い残債・キャッシング利用状況など
  • 住宅ローンの支払い
  • 残債が少ないほうが有利

カード会社はカードを使った分をちゃんと支払えるだけの収入などがあるかどうかを審査します。

職業・年収・資産・借金の状況で判断され、上のような感じで一般的に審査されることが多いです。

大企業の正社員・公務員など収入の安定感が抜群の人は特に審査に通りやすく、逆にパート・アルバイト・無職などの人は通りにくい傾向があります。

※審査については以下の記事でもう少し詳しく解説しています。

関連記事
【落ちる理由は?】審査が甘いおすすめクレジットカードランキング6選!クレジットカードに申し込む際、カード会社は必ず審査をします。 審査がないクレジットカードというのは存在しないので、審査を避けて通る...

カード会社に毎月利用した分を支払えないとカードが使えなくなることがある

カード会社の審査に通ればクレジットカードを持つことができますが、無条件で持ち続けられるわけではありません。

毎月カードを利用した分の支払いができなかった場合、カード会社に強制的にカードを止められる可能性があります!

キチンと支払いできることが信用の大前提なので、支払いができないと当然ですが信用が損なわれるということですね…。

②クレジットカードは国際ブランドごとに加盟店で支払いに利用できる!

← 横にスクロールできます →
国際ブランド世界シェア発行の形態日本で使えるか世界で使えるか特徴
VISA
約56%自社ではカード発行しない
  • 世界シェア第1位の国際ブランド
  • 自社発行カードはなく、提携カードのみ発行
  • 世界中で使いやすい
MasterCard
(マスターカード)
約26%自社ではカード発行しない
  • 世界2位のシェア
  • 加盟店数はVISAと同程度に多い
  • 自社発行カードはなく、提携カードのみ発行
JCB
約1%自社・提携カードどちらも発行
  • 日本発の国際ブランド
  • 日本国内では使いやすい
American Express
(アメリカン・エキスプレス)
約3%自社・提携カードどちらも発行
  • アメリカ発の国際ブランド
  • 富裕層向けのイメージが強い
  • 審査基準が独特
Diners Club
(ダイナースクラブ)
1%未満基本的に自社発行のみ
  • 世界で最初の国際ブランド
  • 富裕層向けのイメージが強い
銀聯(ぎんれん)
約13%自社・提携カードどちらも発行
(中国国内ではほぼ必須)
  • 中国中央銀行系のブランド
  • 中国でのシェアが圧倒的
  • 日本で発行可能なカードはごくわずか
DISCOVER
1%未満自社・提携カードどちらも発行
  • アメリカ発の比較的新しいブランド
  • 現在日本で発行はしていない

クレジットカードには、「ブランド」というものがあります。

上に世界で使われている国際ブランドを7つあげましたが、日本で発行・利用できるのは①~⑤が一般的です。

このブランドというのは簡単に言うと決済システムのことで、決済システムを導入した加盟店(店舗・ネットショップなど)なら世界中どこでも支払いができるんですね。

例えば楽天カードの場合だと、

とこのような感じでVISAならVISA加盟店、JCBならJCB加盟店で使えるということです。

どの国際ブランドの加盟店かどうかは、実店舗ならお店のレジなど、ネットショップなら支払い方法紹介のページなどで確認できます。

※国際ブランドについては以下の記事でもご紹介しています。

関連記事
クレジットカードの国際ブランド7つの違い・シェア比較!おすすめはどれ?クレジットカードには、国際ブランドというものがあります。 VISA・MasterCard・JCBなど名前を聞いたことはあると思いま...
kitamura
kitamura
ただしカードが発行された国、カード会社ごとの相性などで国内・海外で対応ブランドでも使えない場合もあります。

③クレジットカードの締め日・支払日(引き落とし日)の仕組みを解説!

締め日支払日
(引き落とし日)
どんな日?カードの利用額を集計する日締め日に集計した金額を支払う日
日時はズレることがある?ズレない支払日が土日祝日ならズレる

クレジットカードには、締め日・支払い日(引き落とし日)というものがあります。

それぞれの意味は上のような感じで、締め日は集計日、支払い日は実際に支払いをする日ということですね。

例えば楽天カードの場合だと、締め日は毎月月末・支払い日は毎月27日となっているので、

  • 1月31日の締め日で集計した請求額⇒2月27日に支払い
  • 2月28日の締め日で集計した請求額⇒3月27日に支払い
  • 3月31日の締め日で集計した請求額⇒4月27日に支払い

とこのような感じで、毎月締め日・支払い日で処理をまとめています。

そのためカード利用者は買い物ごとに現金で支払う手間を省けるというのが大きなメリットです。

※カード会社ごとに締め日・支払い日は違います。それについては以下の記事でご紹介しています。

関連記事
クレジットカードの締め日・支払日とは?カード会社別に一覧も紹介!クレジットカードを使う際に重要なのが、締め日・支払日です。 両方とも利用額の支払いに関することなので、自分が使っているクレジットカ...

④クレジットカードの利用額の支払い方法の種類を解説!

支払い方法解説手数料が掛かるか?
基本の支払い方
一括払い
利用額を1回で全て支払う掛からない
2回払い利用額を2ヶ月に分けて支払う掛からない
分割払い利用額を3回~30回などに分けて支払う掛かる
リボ払い利用額に関わらず毎月一定額を支払う掛かる
ボーナス一括払い利用額をボーナス時期に1回で支払う
(夏・冬)
掛からない
ボーナス2回払い利用額をボーナス時期2回で支払う
(夏・冬)
掛かる
カード会社・店舗によって利用可能な支払い方法は異なる

クレジットカードは使った分をカード会社に支払いますが、その支払い方法は数種類あります。

カード会社によって異なりますが、おおむね上の6種類の支払い方法を取り扱っている事が多いです。

基本となるのはカードで支払った分を1回で支払う一括払いで、この支払い方法であれば手数料は掛かりません

また2ヶ月で支払う2回払い・ボーナス月に一括で支払うボーナス一括払いも一般的に手数料不要です。

ただし3回以上の分割払い・リボ払い・ボーナス2回払いは手数料が掛かるので注意しましょう!

kitamura
kitamura
特に分割払いは回数によりますが年率15%程度、リボ払いも年率15%程度とかなりの手数料となっています。

⑤クレジットカードで支払いをする場合の3つの注意点!

ここまでクレジットカード決済の仕組み・ブランドの仕組み・支払い回数の仕組みなどをご紹介しました。

ここではそれらを踏まえて、クレジットカードで支払いをする場合に注意したい点を解説します。

上に3つあげたので、順番に見ていきましょう!

カード利用額の支払いは絶対に遅れないようにする

こちらでも少し触れましたが、クレジットカードの支払いは絶対に遅れてはいけません!

遅れてしまうと「この人はちゃんと使った分を支払えない人」とカード会社に不審に思われてしまい、最悪の場合はカード強制解約です。

また支払い遅れの影響はカードの解約だけでなく、実はカードの利用を含む広い意味での借金の取引は信用情報機関というところのに全て記録されています。

信用情報機関名加盟する金融機関・業界など
CIC
(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • クレジットカード発行会社
  • 信販会社
  • リース会社
JICC
  • 信販会社
  • 消費者金融系
JBA
(全国銀行協会)
  • 銀行・信用金庫
  • 銀行系発行のクレジットカード

上は日本の信用情報機関ですが、クレジットカード会社を含む借金に関わる業界の会社はほぼ全ていずれかの信用情報機関に加盟しています。

カードの支払いが遅れた事実は信用情報機関に加盟していれば他会社でも確認できるので、今後のカード申し込み・借金の申し込みに不利になるんですね。

※支払い遅れなどについては以下の記事でもご紹介しています。

関連記事
ブラックリスト状況を確認…!条件・期間・作れるクレカなど全まとめ!クレジットカードにはブラックリストがある、なんて聞いたことはないでしょうか? 例えば使ったお金をちゃんと返済しなかった・自己破産し...
kitamura
kitamura
万が一支払い日に銀行口座にお金が足りないなどの場合、当日入金でも間に合う可能性があります。

また不注意により遅れてしまった場合はすぐにカード会社に連絡して対処すれば印象を悪くしない可能性が高いです。

手数料が掛かる支払い方法は極力使わない

クレジットカードの分割払い・リボ払い・ボーナス2回払いは手数料が掛かってしまいます。

これらの支払い方法は場合によっては年率15%程度掛かるなどかなり高いので、

  • 10万円を年率15%で1年(12ヶ月)で返済
    ⇒8,300円の手数料
  • 100万円を年率15%で1年(12ヶ月)で返済
    ⇒83,000円の手数料

と仮に年率15%の手数料が掛かる場合は上のように、買い物した金額より多くの支払いが必要です!

できればこういった手数料が掛かる支払い方法を避けるようにしましょう。

※手数料については以下の記事でもご紹介しています。

関連記事
クレジットカードの手数料全まとめ!利用者側・加盟店側から徹底解説!まとまった金額のお買い物やキャッシュレス決済のひとつとしてもクレジットカードは便利ですよね。 でも、クレジットカードの利用には手数...

カードを不正利用されないように注意する

クレジットカードは常に不正利用の可能性があります。

カードそのものの盗難・紛失、カード情報の流出などがあると、あなたに変わって勝手に買い物されるなどの被害に遭うかもしれません…。

そのための対策として、

  • 他人に絶対にカード情報を教えない(パスワードなど)
  • カード・銀行口座などでパスワードを使い回ししない

といったところに注意を払うようにしましょう。

またクレジットカードはキチンと使っていれば、仮に不正利用されても補償を受けることができます。

不正利用の補償はおおむね60日以内に気付いてカード会社に申し出ればOKなので、とにかく早く気付くのが重要!

毎月カードの利用明細を確認すれば十分に間に合うので、毎月のチェックを欠かさないようにしましょう。

※不正利用の調べ方・対処法については以下の記事で詳しくご紹介しています。

関連記事
クレジットカードの不正利用
クレジットカードを不正利用された!という場合の調査方法・対処法を掲載!今月分のカード利用額がやけに多い。利用明細を確認すると、使った覚えのない請求が…。 もしかして、不正利用…!? とい...

⑥クレジットカードで支払いをするメリット・デメリットは?

クレジットカードで支払いするメリット
  • 買い物のたびに現金で支払いする必要がない
  • 国際ブランドの加盟店なら海外でも現金いらずで支払いできる
  • 大きな買い物でも分割払いで購入できる
  • カードによってポイントが貯まる
  • カードによって割引・優待などが受けられる
  • カードによって旅行保険などの付帯保険がある
クレジットカードで支払いするデメリット
  • 手持ちのお金以上の買い物ができてしまう
  • 分割払いは手持ちが掛かる
  • お金を使っている感覚が薄れる

クレジットカードで支払いをするメリット・デメリットについて上のようにまとめてみました。

メリットとしては現金いらずで国内・海外両方で買い物に使えたりするので、決済の手間がかなり省けます!

またポイント還元がある・割引や優待などの利点もあり、現金で買い物する以上にお得になるのも大きなメリットですね。

デメリットもあり、クレジットカードはカード会社に「一時的に借金」することで手持ちのお金以上の買い物ができてしまいます。

また分割払い・リボ払いなど手数料が掛かる支払い方法は損になるので、使い方は十分に注意したいところ。

総じてメリットがデメリットを大きく上回っていると言えます!

kitamura
kitamura
もしクレジットカードをまだ持っていない場合は、年会費が掛からない・ポイント還元率が高いカードがおすすめです!

以下に最初の1枚におすすめなクレジットカードをご紹介しているので、そちらを参考にしてみてくださいね。
関連記事
ポイントがお得に貯まるクレジットカード
ポイントがお得に貯まる!高還元率のおすすめクレジットカード7枚を比較!クレジットカードで支払いをすれば、ポイントが貯まる。 それはわかるけど、どのカードを選べば良いのかわからない…。 こういった...

クレジットカードの仕組みに関するまとめ!

この記事のまとめ
  • クレカの支払いはカード利用者・カード加盟店・カード会社の3つで成り立つ
  • クレジットカードでの支払いはカード利用者の「信用」が重要
  • VISA・JCBなどカードの国際ブランドごとに使えるお店が異なる
  • クレジットカードは締め日・支払い日(引き落とし日)で処理をまとめている
  • カードの支払いは一括払いが基本、分割払い・リボ払いなどは手数料が掛かる

今回はクレジットカードの決済の仕組みについてご紹介しました。

カードでの支払いはカード利用者・カード加盟店・カード会社の3つでやり取りをすることで、現金いらずの決済を導入しています。

カード利用者は毎回現金で支払う必要がないので、かなり支払いの手間を省けるのが大きなメリット!

ただカードで支払うというのはカード会社に対して「一時的に借金」しているのと同じことなので、支払い日に遅れないように注意しましょう。

キチンと使えば便利・お得なので、クレジットカードを賢く使いたいですね!


クレジットカードの仕組みの解説をもう一度見る