三井住友カードを徹底解説!ポイント還元率・メリット・年会費まとめ

三井住友カード
基本還元率 0.5%
貯まるポイント Vポイント
ポイント交換先 1ポイント=約1円
dポイント、Tポイント、ベルメゾン・ポイント、ビックポイント、
nanacoポイント、Pexポイント、Pontaポイント、WAONポイント、
楽天ポイント、auWALLETポイント、ジョーシンポイント、
ゴールドポイント、ショップdeポイント、カテエネポイント、
プレミアムポイント、自治体ポイント
還元率UP条件
  • 対象店舗でカード支払い:ポイント5倍
  • 対象店舗を最大3つまで登録:登録店での利用でポイント2倍
  • ポイントUPモール:ポイント2〜20倍
  • ココイコ!で事前エントリー後の利用:ポイント2倍以上
ポイント有効期限 2年
年会費 1,375円(条件付きで初年度無料)
ポイント算出方法 200円(税込)ごとに1ポイント付与
申込資格・条件 満18歳以上の人(高校生は除く)
国際ブランド VISA/MasterCard
特典・サービス
  • ネット申し込みで初年度年会費無料
  • コンビニ・マクドナルド利用でポイント5倍
  • 最高2,500万円の海外旅行保険が自動付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円の補償が利用付帯
  • 国内旅行傷害保険:「傷害死亡・後遺障害」のみ・一部自動付帯
  • ショッピング保険:年間100万円まで
ETCカード 550円(初年度無料・年1回以上の利用で翌年度無料)
電子マネー iD
追加カード 家族カード(440円・1人目初年度無料)
カードランク 一般
利用限度額 10〜80万円

三井住友カードは、クレジットカードとしての基本的な機能がひと通り揃っているクレジットカードです。

たくさん機能が必要なく基本的な機能が付いていれば良いという人や、クレジットカード初心者さんにおすすめですよ!

ただし、一般カードで年会費が1,375円(税込)かかるので、あなたに本当に必要なクレジットカードか検討する必要があります。

とはいえ信頼できる銀行系クレジットカードなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

三井住友カードの公式HPを見る

Contents

三井住友カードの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、三井住友カードの7つの特徴やメリットについて順番に解説していきます。

今回紹介する7つのポイントを理解すれば、三井住友カードの特徴をバッチリ抑えられますよ!

まずは三井住友カードの特徴・メリットについて確認していきましょう。

大手コンビニ、ファストフード店で5倍、ポイントUPモール利用で最大20倍のポイント還元

通常還元率 0.5%
ポイント5倍対象店舗 2.5%
ポイントUPモール 1~10%

三井住友カードの通常ポイント還元率は0.5%で200円毎に1ポイントもらえます。

これだけみると、他のクレジットカードと比較してポイント取得までのハードルが高く還元率も低く見えますよね。

しかし、大手コンビニやマクドナルドで利用すれば、ポイント還元率が5倍とかなりお得な還元率になります。

ポイント5倍対象店舗

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド(ポイント5倍店舗の詳細はこちら)

また三井住友カードが運営している「ポイントUPモール」を経由してネットショップを利用すればポイント還元率が2倍~20倍まで上昇します。

ポイントUPモールにはamazonやRakutenなど有名なオンラインショップが多数掲載されており、普段利用しているお店がきっと見つかります!

普段利用しているオンラインショッピングサイトを使うだけで、更にお得なポイントがもらえるのはお得ですね。

ポイントUPモール掲載ショップ

Amazon、Rakuten、Yahoo、DHC、紀伊国屋など(ポイントUPモールの掲載ショップ一覧はこちら)

とげみ
とげみ
コンビニで普段使いすれば2.5%のポイント還元はお得ですね

iD,WAON,PiTAPa 3種類の電子マネーに対応

三井住友カードは、以下3種類の電子マネーに対応しています。

  • iD:追加カード発行/既存カード一体型
  • WAON:追加カード発行
  • PiTAPa:追加カード発行

WAONとPiTAPAは三井住友カードとは別で、追加カードを申し込む形で発行します。

iDは追加カード以外にも、三井住友カードとひとつにまとめた一体型のカードで発行できるので、多くのカードを持ち歩きたく無いという方はiDがおすすめです。

スマートフォンで明細を簡単確認!今なら新規登録&スマホアプリログインで最大8,000円プレゼント

三井住友カードは5月1日以降に新規登録した方限定で、カード利用分の20%、最大8,000円をプレゼントするキャッシュレスプランのキャンペーンを開催しています。

せっかくクレジットカードを作成するなら、現金でのキャッシュバックは魅力的ですよね。

キャンペーンに参加するために特別なエントリーは必要ありません

ただし、新規入会者であることや三井住友カードのスマホアプリにログインするなどの条件があるため、しっかり確認しておきましょう。

20%還元キャンペーンを受け取る3つの条件
  • キャンペーン期間中に新規登録した方
  • 新たにカードを申請してから2ヶ月後末までに三井住友カードで買い物した方
  • 新たにカードを申請してから2ヶ月後末までにVpassスマホアプリにログインした方
とげみ
とげみ
現金で8,000円還元されるのは凄いですね

年間利用額に応じてボーナスポイントが付与

三井住友カードには、年間の累計利用額によってボーナスポイントを付与してくれる嬉しいサービスもあります。

年間利用ボーナスポイント
  • V1 前年度の累計利用額50~100万:実質10%ポイントアップ
  • V2 前年度の累計利用額100~300万:実質15%ポイントアップ
  • V3 前年度の累計利用額300~万:実質30%ポイントアップ

前年度(2月~翌年1月)の間に利用した金額が上記表を超えていた場合、それぞれのランクにアップグレードされます。

各ランクに達し50万円利用するとボーナスポイント、以降10万円毎に一定のポイントが付与され、上記表のように実質10~30%ポイント還元率がアップします。

Web申し込みで初年度年会費無料、条件をクリアすれば翌年度も無料が継続

三井住友カードの年会費は1,375円ですが、Webから申し込みをすれば初年度の年会費が無料になります。

年会費を減額するための方法
  • 「マイ・ペイすリボ」に登録後、一度リボ払いを利用すれば翌年年会費無料
  • 「Web明細」設定で年会費から550円割引

また、自動でショッピング利用分がリボ払いになる「マイ・ペイすリボ」に登録し、前年に一度以上の利用があれば翌年度の年会費も無料が継続します。

ただ、リボ払いの年間手数料は15%と高く、人によってはリボ払いの設定は絶対したくないという方もいるかと思います。

紙のご利用代金明細書をメールで送る「Web明細」の設定をすれば、年会費が550円割引されるので、特にリボ払いの必要が無い方は無理せずこちらの設定にしておきましょう。

三井住友銀行のATM手数料が無料になる

三井住友カードの申し込みを検討しているのであれば、三井住友銀行の口座も一緒に開設するとATM手数料をお得に利用できます。

各種ATM手数料を無料にするには、具体的に以下の条件が必要です。

ATM手数料無料の条件
  • 三井住友銀行の口座を開設し、SMBCポイントパックに加入
  • 三井住友カードの引き落とし口座を三井住友銀行に設定

「SMBC」ポイントパックは口座(残高別金利型普通預金)を契約されている方にポイント付与や手数料の割引をするサービスです。

無料になる回数 無料対象のATM 無料になる手数料
何度でも 三井住友銀行:本支店ATM
三菱UFJ銀行:店舗外ATM
ATM時間外手数料
110円(消費税込)/回
月3回まで イーネットATM
ローソン銀行ATM
セブン銀行ATM
ATM時間外手数料
110円(消費税込)/回
ATM利用手数料
110円(消費税込)/回

三井住友銀行の他に三菱UFJ銀行やセブン銀行など、複数銀行のATM手数料が無料になるため、かなりお得ですね!

銀行手数料も積み重なるとかなりの金額になるため、クレジットカードを作るついでに、三井住友銀行の口座開設も検討してみてはいかがでしょうか。

ショッピングでも安心!年間最大100万円の安心保険も付帯

三井住友カードでは、購入した商品が破損したり盗難にあった場合に商品を保証してくれる保険が付帯しています。

三井住友カードのショッピング保証内容
  • 年間最大100万円
  • 毎年6月1日~翌年5月31日までの期間で、三井住友カードのリボ・分割払い購入した商品が保証対象
  • 商品の購入日翌日から起算し、90日間が保証対象期間
  • 1事故について3,000円の自己負担が必要

ただし、ショッピング保証を受けるには対象商品をリボ・分割払いで購入する必要があるため、一括購入の場合は注意が必要です。

三井住友カードの公式HPを見る

三井住友カードの3つのデメリットも確認しておこう

三井住友カードのメリットが多いことは理解できたと思いますが、デメリットがないわけではありません。

カードの申し込み前に、きちんと三井住友カードのデメリットも理解しておきたいですよね。

そこで、ここでは三井住友カードを利用するときに知っておきたいデメリットを3つ解説していきます。

通常還元ポイントが0.5%と少ない

三井住友カードは200円利用して1ポイント(1円)が付与される設定になっています。

通常でのポイント還元率が0.5%と低く、千円以上利用しなければポイントが付与されないのはちょっと残念ですよね。

ポイント特約店や年間利用ボーナスなどでポイントがアップされるとはいえ、ポイントのために使う店を意識しなければいけないのは多少面倒です。

カード発行まで最短で1日営業日必要、即日発行はできない

三井住友カードは、即日発行に対応していません。

インターネットで新規申し込みし、カード発行まで最短1営業日で発行が完了しますが、手元にカードが届くまで1週間前後の時間がかかります。

クレジットカードの中では比較的短期間で取得できるカードですが、即日カードを発行したいという方にとっては向いてないかもしれません。

カード番号だけなら即日5分で発行

カードは即日発行できませんが、カード番号は最短5分で発行されます。

物理的なクレジットカードは必要なく、オンラインショップ等でカード番号さえ分かれば良いという方は、便利ですね。

国内旅行保険が付帯していない

三井住友カードには海外旅行やショッピングにおける付帯保険がありますが、国内旅行の保険は付帯していません

あまり海外旅行には行かず、国内旅行が中心の方にとっては付帯保険が無いと不安という方もいらっしゃると思います。

そう行った方は、国内旅行用に別のクレジットカードを作成したり、三井住友カードの高グレードカードを申請してみるのもよいでしょう。

三井住友カードの付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • ショッピング保証:年間100万円まで
とげみ
とげみ
自分の生活スタイルに合わせてカードを選びましょう!

三井住友カードの公式HPを見る

三井住友カード・プライムゴールドで貯まるVポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

三井住友カードを利用すると、200円利用するごとにVポイント(1pt = 1円)が貯まるようになっています。

三井住友カードを使って貯めたVポイントは、少しでもお得に使いたいですよね。

そこで、ここでは三井住友カードで貯めたVポイントのおすすめな使い道3選について紹介します。

iD・プリベイトカードにキャッシュバック

Vポイントの価値 1ポイント=1円
使いやすさ

三井住友カードで貯めたポイントを、そのまま現金のように使いたいという方は電子マネーのiDやプリベイトカードへのチャージがおすすめです。

公式サイトから交換したいiDやプリペイドカードを選ぶだけで簡単に交換できます。

特に決まったポイントの使い道がなく、買い物の足しにしたいという方はこの方法がよいでしょう。

他社のポイントやマイレージ・景品などに交換する

Vポイントの価値 1ポイント=1円
使いやすさ

三井住友カードで貯めたVポイントは、提携先のポイントやマイレージなどにも交換することができます。

またキッチン用品や生活家電、商品券などの景品との交換にも対応しており、中には日産のGT-Rなんかも景品にあるから驚きです。

ただし、他社ポイントやマイルによってはポイントの価値が変動する可能性もあります。交換先のポイントが損にならないか、事前に確認しておくことに越したことはないでしょう。

>>交換先一覧はこちら

クレジットカードの利用額に充当する

Vポイントの価値 5ポイント=3円
使いやすさ

三井住友カードで貯めたVポイントのシンプルな使い道として、クレジットカードの利用額に充当するという選択肢もあります。

特にポイントの使い道も決まっていなく、今後もその予定が無いという方はこちらを選んでも良いかもしれません。

ただし通常1ポイント1円の価値が、5ポイントで3円の価値に下がってしまうため、それでも良いという方のみこの手段を選択しましょう。

三井住友カードの公式HPを見る

三井住友カードの評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまで三井住友カードのメリット・デメリットを解説してきました。

三井住友カードの全体像が見えてきたら、次は実際に利用している人の声も気になりますよね。

ここでは、三井住友カードを利用した経験のある方の口コミを紹介していきます。

良い評判・悪い評判それぞれ紹介していきますの、参考にしてみてくださいね!

三井住友カードの悪い評判・口コミ一覧

三井住友カードの良い評判・口コミ一覧

三井住友カードの評判・口コミまとめ

三井住友カードの評判や口コミを調査してみると、基本となる通常ポイント還元率が低かったり、カードのデザインに不満の声があるようですね。

しかし、年会費の割に海外旅行保険が付帯していたり、電子マネー決済への対応や三井住友系列の信頼があるカードという印象ですね。

ここで、もう一度三井住友カードについて評判や口コミをみてみましょう。

悪い評判まとめ
  • 年会費無料を継続するためにリボ払いでの支払い実績が必要
  • ポイント還元率の優先度が高い人には向かない
  • 内容によっては夜間の電話対応をしていない
良い評判まとめ
  • カードのまま電子マネーが使える
  • 銀行系カードの安心感がある
  • 海外旅行やショッピングの保険が付帯している

悪い評価の中に、通常ポイント還元率が低いという意見や、年会費を無料にするためにリボ払いでの支払い実績がいるという不満がありました。

これらの不満に関しては、三井住友カードが提供しているサービス内容を確認すれば、ある程度対策できます。

例えばポイント還元率が低い不満は、ポイント還元率5倍になるコンビニでの利用やポイントUPモールを経由した最大20倍の還元を利用すればお得な利用ができるかもしれません。

年会費についても、Web明細に申し込めば年会費を550円減額できます。

確かにデメリットもありますが、利用目的を定めれば三井住友カードはお得に利用できるカードだとわかりますね!

三井住友カードの公式HPを見る

三井住友カードと他の三井住友カードの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →

三井住友カード

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードA

三井住友アミティエカード
基本還元率 0.5% 1.0% 0.5% 1.0%
年会費 1,375円(税込・インターネット入会で初年度無料) 1,375円(税込・初年度無料 1,650円(税込・インターネット入会で初年度無料) 1,375円(税込・インターネット入会で初年度無料)
申込資格 満18歳以上の人(高校生は除く) 満18歳〜25歳までの人(高校生は除く) 満18歳以上の人(高校生は除く) 満18歳以上の人(高校生は除く)
特典・サービス
  • ネット申し込みで初年度年会費無料
  • コンビニ・マクドナルド利用でポイント5倍
  • 対象店舗から最大3つまで登録して利用するとポイント2倍
  • ポイントUPモールを経由してショッピングでポイント2〜20倍
  • ココイコ!で事前エントリー後の利用するとポイント2倍以上
  • いつでもポイントが一般カードの2倍の還元率1%&入会後3ヶ月ポイント還元率5倍の2.5%
  • コンビニ・マクドナルド利用でポイント5倍
  • 対象店舗から最大3つまで登録して利用するとポイント2倍
  • ポイントUPモールを経由してショッピングでポイント2〜20倍
  • ココイコ!で事前エントリー後の利用するとポイント2倍以上
  • ネット申し込みで初年度年会費無料
  • コンビニ・マクドナルド利用でポイント5倍
  • 対象店舗から最大3つまで登録して利用するとポイント2倍
  • ポイントUPモールを経由してショッピングでポイント2〜20倍
  • ココイコ!で事前エントリー後の利用するとポイント2倍以上
  • ネット申し込みで初年度年会費無料
  • WEB明細にしたうえでケータイ料金を支払うとポイント2倍
  • コンビニ・マクドナルド利用でポイント5倍
  • 対象店舗から最大3つまで登録して利用するとポイント2倍
  • ポイントUPモールを経由してショッピングでポイント2〜20倍
  • ココイコ!で事前エントリー後の利用するとポイント2倍以上
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円補償(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • ショッピング保険:年間100万円まで
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • ショッピング保険:年会費が100万円まで
  • 海外旅行傷害保険:最高2,500万円補償(自動付帯・一部利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:傷害死亡・後遺障害のみ最高2,000万円補償(利用付帯・一部自動付帯)
  • ショッピング保険:年間100万円まで
  • 海外旅行傷害保険:最高2,500万円補償(自動付帯・一部利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:傷害死亡・後遺障害のみ最高2,000万円補償(利用付帯・一部自動付帯)
  • ショッピング保険:年間100万円まで
ETCカード 550円(初年度無料・年1回以上の利用で翌年度無料) 550円(初年度無料・年1回以上の利用で翌年度無料) 550円(初年度無料・年1回以上の利用で翌年度無料) 550円(初年度無料・年1回以上の利用で翌年度無料)
家族カード 通常 440円(税込)
1人目:初年度年会費無料・2年目以降3回以上利用で無料
2人目以降:440円(税込)
通常 440円(税込)
1人目:初年度年会費無料・2年目以降3回以上利用で無料
2人目以降:440円(税込)
通常605円(税込)
1人目:初年度年会費無料・2年目以降3回以上利用で無料
2人目以降:605円(税込)
通常 440円(税込)
1人目:初年度年会費無料・2年目以降3回以上利用で無料
2人目以降:440円(税込)
利用限度額 10〜80万円 10〜80万円 10〜80万円 10〜80万円


三井住友カードの申し込みはこちら

三井住友カードの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

三井住友カードは、銀行系クレジットカードですが一般カードなので審査は比較的通りやすいです。

ですが、条件を満たしていなければ、審査で落ちてしまう場合もあります。

ここでは、三井住友カードの審査基準や審査に落ちる原因を解説していきます。

審査資格はもちろんのこと、審査基準を満たしているか申し込み前にチェックしてみましょう!

審査資格は満18歳以上の人

三井住友カードは審査資格の基準が、満18歳以上という年齢のみとなっていおます。

高校生は作ることができませんが、学生や主婦であっても作れる可能性はありますね!

特に、配偶者の人が安定した収入があれば発行される可能性は高いです。

また、収入既定が特に明記されていないので、パートやアルバイトであっても一度チャレンジしてみる価値はありますね!

借入額が多い人は落ちる可能性が高い

もしあなたが現在、ローンやキャッシングで借入額が大きいと三井住友カードの審査に落ちてしまうかもしれません。

なぜなら、年収の3分の1を超える貸付けをしてはいけないという法律があるからです。

心当たりがあるなら、先に返済をして片付けてからクレジットカードの申込みをしましょう!

金融事故を過去に起こしていると通りにくい

三井住友カードに限った話ではありませんが、過去に金融事故を起こしていると審査に通りにくくなってしまいます。

金融事故とは、ローンやキャッシングなどの支払いの延滞や遅延や、自己破産などのことをさしますよ!

これらは延滞や遅延で5年、自己破産などは10年信用情報に残ってしまいます

身近なもので見落としがちなのは、携帯料金とともに本体料金を分割払いにしている場合です。

これもローンですので、支払いが3ヶ月滞ったら信用情報に残ってしまうので気を付けましょう!


三井住友カードの公式HPを見る

【三井住友カードのQ&Aまとめ】きになる疑問を確認しよう

三井住友カードのメリット・デメリット、評判や口コミについて紹介してきました。

ここまで読めば三井住友カードがどのようなカードが十分に理解できたのではと思います。

ここでは、三井住友カードのよくある気になる疑問について答えていきます。

三井住友カードを検討する際の参考にしてみてくださいね!

三井住友カードを作るには三井住友銀行の口座が必要?

三井住友カードの申し込みに対応している銀行口座を保有していれば、三井住友銀行の口座がなくてもカードを作れます

対応している銀行はこちら

ただし、三井住友銀行の口座と三井住友銀行カードの引き落とし口座を紐づければ、ATM手数料が無料になるなどの特典もあるため、余裕があれば検討してみても良いでしょう。

三井住友カードでキャッシングはできる?

三井住友カードでもキャッシング利用枠を申請することはできます。

ただし、通常のクレジットカード発行よりも審査が厳しめに設定されているため注意が必要です。

とにかくクレジットカード発行が一番の目的という方はまずカードを発行し、別途キャッシングの審査を受けると良いでしょう。

  • キャッシングの設定・増枠についての申し込みはこちら

三井住友カードの解約方法は?

個人カードの場合、オンラインサービス(Vpass)から解約の手続きを進められます。

  • 具体的なオンライン解約手続きはこちら

クレジットカードがキャッシュカードと紐づいている場合は三井住友銀行のページにて解約手続きが必要になります。

  • 三井住友銀行ページで解約手続きする場合はこちら

法人カードの場合は、カード裏面記載の電話番号に直接連絡しましょう。

三井住友カードと三井住友カード・ゴールドの違いは?

三井住友カードと三井住友カード・ゴールドは、年会費や入会資格が大きく違います。

三井住友カードの年会費が1375円(税込)に対して、三井住友カード・ゴールドは11,000円(税込)と約8倍の差があります!

また三井住友カードの入会資格は18歳以上でしたが、ゴールドは30歳以上となっています。

年会費や入会資格の敷居が高い分、空港ラウンジやホテル予約の割引などサービスも豪華になっています。

また、国内外の旅行で最大5,000万円の傷害保険が付帯しているなど、安心面の保証も手厚くなっていますね。

三井住友カードの締め日・引き落とし日はいつ?

三井住友カードの締め日・引き落とし日は以下です。

  • ①15日締め:翌月10日引き落とし
  • 月末締め:翌月26日引き落とし

三井住友カードの審査は厳しい?

三井住友系のクレジットカードは、銀行系カードの中では比較的審査難易度が高めに設定されているようです。

ただし三井住友カードは満18歳以上であれば誰でも申し込めるため、他の三井住友系カードと比較すると審査難易度は優しいと言えるでしょう。

三井住友カードのお問い合わせ先が知りたい

三井住友カードに関する疑問や問い合わせがある場合、まずは問い合わせページかチャットでの自動応答で確認してみましょう。

電話による各種問い合わせは、目的によって番号が分かれているため、以下のページから確認してください。

盗難や紛失の際は以下の電話番号に連絡し、対応してもらってください。24時間年中無休で受け付けています。

  • 三井住友カード紛失・盗難受付デスク:0120-919-456

引き落とし日に口座への入金が間に合わない場合は、以下の信用管理部へ問い合わせすると相談に乗ってくれるかもしれません。

  • 信用管理部(東京):03-6738-7117
  • 信用管理部(大阪):06-6445-3165

こちらは平日09:00~17:00まで対応しています。

三井住友カードの公式HPを見る

三井住友銀行の口座があれば更にお得!ポイント還元率UPとお得なサービスを活用しよう!

この記事のまとめ
  • 通常ポイント還元率は低いが、ポイントUPサービスを利用すればお得
  • 海外旅行保険やショッピング保険など付帯保険が充実
  • 三井住友銀行の口座と紐づければATM手数料が無料に
  • スマホを利用しなくても、カードでの電子決済に対応
  • ポイント還元率を第一に考えている方にはメリットが薄い

ここまで三井住友カードの良い点・悪い点について解説してきました。

三井住友カードは、ポイントUP特典や電子マネー決済、海外旅行やショッピング保険など、クレジットカードとして押さえておきたいポイントをカバーしている一枚です。

そのため、ベースとなるクレジットカードをまずは一枚欲しいという方にとっては非常に優秀なカードといえますね。

三井住友カードの良い点・悪い点をしっかり理解し、お得に活用しましょう。

三井住友カードの公式HPを見る

三井住友カードの基本情報まとめ

三井住友カード
基本還元率 0.5%
貯まるポイント Vポイント
ポイント交換先 1ポイント=約1円
dポイント、Tポイント、ベルメゾン・ポイント、ビックポイント、
nanacoポイント、Pexポイント、Pontaポイント、WAONポイント、
楽天ポイント、auWALLETポイント、ジョーシンポイント、
ゴールドポイント、ショップdeポイント、カテエネポイント、
プレミアムポイント、自治体ポイント
還元率UP条件
  • 対象店舗でカード支払い:ポイント5倍
  • 対象店舗を最大3つまで登録:登録店での利用でポイント2倍
  • ポイントUPモール:ポイント2〜20倍
  • ココイコ!で事前エントリー後の利用:ポイント2倍以上
ポイント有効期限 2年
年会費 1,375円(条件付きで初年度無料)
ポイント算出方法 200円(税込)ごとに1ポイント付与
申込資格・条件 満18歳以上の人(高校生は除く)
国際ブランド VISA/MasterCard
特典・サービス
  • ネット申し込みで初年度年会費無料
  • コンビニ・マクドナルド利用でポイント5倍
  • 最高2,500万円の海外旅行保険が自動付帯
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円の補償が利用付帯
  • 国内旅行傷害保険:「傷害死亡・後遺障害」のみ・一部自動付帯
  • ショッピング保険:年間100万円まで
ETCカード 550円(初年度無料・年1回以上の利用で翌年度無料)
電子マネー iD
追加カード 家族カード(440円・1人目初年度無料)
カードランク 一般
利用限度額 10〜80万円
  • 三井住友銀行の口座所有者はATM手数料無料に
  • 海外旅行に安心の保険付帯
  • ポイントUPモールで最大10%ポイントバック

三井住友カードの公式HPを見る

カード概要

発行会社 三井住友カード
 年会費 初年度 初年度無料(Web申し込みのみ)
2年目~ 1,375円(税込)
※「マイ・ペイすリボ」登録&前年度に1度以上リボ払い手数料を支払えば翌年も年会費無料
審査・発行 最短1営業日
入会条件 国内在住で、電話連絡のとれる満18歳以上(高校生は除く)
国際ブランド VISA/MasterCard
支払い方法 国内 1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払い
海外 1回払い
支払い 締め日 ①15日締め ②月末締め
引き落とし日 ①翌月10日払い ②翌月26日払い

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネー iD、WAON、PiTaPa
家族カード 発行可能枚数 なし
年会費 440円(税込)
※1枚目初年度無料
※年3回利用で翌年度無料
ETCカード 発行可否 発行可能
発行手数料 無料
年会費 550円(税込)
※年1回利用で翌年度無料
対応スマホ決済 Apple Pay、Google Pay

ポイント還元率

ポイントプログラム Vポイント
通常還元率 0.5%
還元率アップ条件 ポイント特約店利用:1.5~2.5%
ポイントUPモール利用:1~10%
ポイント有効期限 24ヶ月
ポイント付与 利用額1,000円(税込)につき1ポイント付与
ポイントの価値(目安) 1ポイント1円
交換可能ポイント Tポイント、楽天ポイント、Pontaポイント、dポイント、nanacoポイントなど
交換可能マイル ANAマイル

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

海外旅行
(自動付帯/利用付帯)
補償対象者 本会員
傷害死亡・後遺障害保険金 2,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
50万円
賠償責任
(一事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(年間限度額)
15万円
救援者費用
(年間限度額)
100万円
ショッピング補償 年間100万まで

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

紛失・盗難による悪用保証 特別なケースを除き、紛失・盗難の届出の60日前まで遡り、損失を保証。
年間利用特典 年間利用額(税込)によってボーナスポイント付与
前年度50~100万未満:50万利用で250ポイント、以降10万円毎50ポイント付与
前年度100~300万未満:50万利用で375ポイント、以降10万円毎75ポイント付与
前年度300万以上:50万利用で700ポイント、以降10万円毎150ポイント付与
お問い合わせ 三井住友カード紛失・盗難デスク:
06-6445-3530
支払い・入金デスク:
03-6738-7117(東京)/06-6445-3165(大阪)
各種変更手続き:
0570-004-980

三井住友カードの公式HPを見る