経費管理がラクになる!個人事業主向けクレジットカードおすすめ7選!

個人事業主向けおすすめクレジットカード

個人事業主向けのクレジットカードを作りたい!と思っても、種類がたくさんあってどれを選べば良いのかわからない…。

こういったことでお悩みの個人事業主さまに向けて、この記事では

  • 選ぶ際のポイント3つ
  • 厳選した7枚のカードを比較
  • おすすめのカードを7つの目的別に紹介

などについてお伝えしていきます。

個人事業主向けのカードを作成すれば、個人用と事業用の引き落とし口座を分けられるうえ、経費管理がグン!とラクになります。

さらに各カード毎に付帯する特典やサービスを利用することで、経費削減や時間効率の向上にもつながります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。


個人事業主向けおすすめカードを見る

Contents

個人事業主向けのクレジットカードを選ぶ際の3つのポイント

選ぶ際の3つのポイント!
    • 年会費に見合った付帯サービス・特典内容か?
    • ポイント還元率はどのくらいか?
    • 審査の通りやすさはどの程度か?

それでは、選ぶ際のポイントについて1つずつ解説していきます。

年会費に見合った付帯サービス・特典内容か?

複数の付帯サービスや特典が付いていても、使わなければ無駄です。

  • 本当に必要な付帯サービス・特典なのか?
  • 年会費に見合った付帯サービス・特典内容なのか?

今後の経営に有益かどうかを考えたうえで、カードを選ぶようにしましょう。

とりあえず経費管理をラクにする目的のみで作成するなら、年会費負担の低いカードでも十分です。

ポイント還元率はどのくらいか?

標準的な還元率は0.5%。条件によってポイント還元率がアップするカードもあるので、チェックしておきましょう。

個人事業主向けのカードでも、個人カードと同じようにカードの利用によってポイントが貯まります。

貯まったポイントは備品の購入等で使えるため、経費削減につながります。

できるだけポイント還元率の高いカード、または条件によって還元率がアップするカードを選ぶようにしましょう。

審査の通りやすさはどの程度か?

開業したばかりでも作成できる、審査難易度が低い個人事業主向けカードがあります。

開業したばかりなら、こうしたカードを選ぶようにしましょう。まずはカードを作成して、利用実績を積み上げることが大事です。

そうすれば、ワンランク上のカードの審査も通りやすくなります。

すでに開業から数年が経過し実績もあるなら、審査難易度が高いカードも選択肢に含めましょう。

takeshi
takeshi
それでは続いて、厳選した7枚の個人事業主向けクレジットカードを比較していきます!

個人事業主向けのクレジットカード全29枚の中から7枚を厳選して比較!

← 横にスクロールできます →
カード名年会費ポイント還元率付帯サービス審査難易度利用限度額国際ブランド申込条件
EX Gold for Biz S
EX Gold for Biz S
  • 初年度年会費:無料
  • 2年目以降:2,200円(税込)
0.6%
  • 国内主要空港と海外2ヵ所の空港ラウンジを無料利用
  • 会計ソフト「freee」の有料プランが通常より2ヵ月分お得
  • MastercardビジネスアシストまたはVisaビジネスオファーが付帯
★☆☆☆☆
本人確認資料のみで申し込み可
10万円~300万円VISA
MasterCard
個人事業主
セゾンコバルト・ビジネス
アメリカン・エキスプレス・カードセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • 初年度年会費:1,100円(税込)
  • 2年目以降:1,100円(税込)
0.5%
  • エックスサーバー初期設定費用無料
  • かんたんクラウド(MJS)月額利用料3ヶ月無料
  • クラウドワークス、awsなどの利用でポイント4倍
★☆☆☆☆
本人確認資料のみで申し込み可
審査によるAMEX満20歳以上の個人事業主
JCB CARD Biz
JCB CARD Biz
  • 初年度年会費:無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
0.5%
  • Amazon.co.jpでポイント3倍
  • 弥生・freeeの会計ソフトにカード利用明細データを取り込み可能
  • JCB de JAL ONLINEの無料利用
★☆☆☆☆
本人確認書類のみで作成可
10万~100万円JCB20歳以上の個人事業主
NTTファイナンスBizカード
NTTファイナンス Bizカード
  • 初年度年会費:無料
  • 2年目以降:無料
1.0%
  • Web明細編集機能を搭載
  • Amazon Businessへのアカウント登録無料
  • ポイントモール経由の買い物でポイント最大26倍に
★☆☆☆☆
本人確認書類のみで作成可
審査によるVISA
  • 個人事業主
  • カード使用者は満20歳以上の方
楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカード
  • 2,200円(税込)
  • ※楽天プレミアムカードの追加カードのため、別途年会費11,000(税込)が必要
1.0%
  • 楽天市場の利用でポイント最大5倍
  • 海外・国内の空港ラウンジ無料サービス
  • プライオリティ・パスに無料で入会可能
★★☆☆☆
楽天プレミアムカードの子カードとして作成できる
  • 〜300万
  • 楽天プレミアムカードとの合算
VISA20歳以上で安定した収入のある個人事業主
アメリカン・エキスプレス
ビジネス・ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • 初年度年会費:34,100円(税込)
  • 2年目以降:34,100円(税込)
1.0%
  • 空港ラウンジ無料サービス(国内28ヵ所・海外1ヵ所)
  • 手荷物無料宅配サービス(空港・東京駅)
  • 国内航空機遅延費用補償
★★☆☆☆
本人確認書類のみで作成可
審査によるAMEX20歳以上の個人事業主
セゾンプラチナ・ビジネス
アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • 22,000円(税込)
  • 年間200万円以上の利用で、次年度年会費が11,000円(税込)に
0.5%
  • SAISON MILE CLUB 優遇サービス
  • 海外・国内の空港ラウンジ無料サービス
  • 24時間365日利用可能なコンシェルジュサービス
★★☆☆☆
インビテーション不要で作成可
審査によるAMEX個人事業主

個人事業主向けのクレジットカード全29枚の中から、本当におすすめできるカードは上記7枚です。

それでは、上の表に掲載した7枚カードを目的別に分けて紹介していきます。

【目的別】個人事業主向けのクレジットカードおすすめ7選!

①EX Gold for Biz S(総合的におすすめ!コスパ抜群の個人事業主向けゴールドカード)

EX Gold for Biz S

項目内容
年会費
  • 初年度年会費:無料
  • 2年目以降:2,200円(税込)
基本還元率0.6%(ポイント加算分を含む)
貯まるポイント暮らスマイル
ポイントのカウント方法1,000円につき1スマイル付与
ポイントの価値1スマイル=5円
カードランクゴールド
特典・サービス
    • Mastercardビジネスアシスト(Mastercardブランドのみ)
    • Mastercard T&E Savings(Mastercardブランドのみ)
    • Visaビジネスオファー(Visaブランドのみ)
    • Visaゴールドカード優待特典(Visaブランドのみ)
    • 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」
    • ご融資金利優遇制度
    • 空港ラウンジサービス
審査難易度★☆☆☆☆
本人確認資料のみで申し込み可
ポイントの交換先
  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント
  • WALLETポイント
  • WAONポイント
  • ANAマイル
  • JALマイル など
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高2,000万(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最高1,000万(利用付帯)
追加カード
ETCカード年会費無料
限度額10万円~300万円
電子マネー機能
国際ブランドVISA MasterCard
申込資格個人事業主

EX Gold for Biz Sは年会費負担が少ないのに、ビジネス関連の付帯サービスが豊富なゴールドランクカードです。

「海外出張時に役立つ優待特典」「国内・海外で利用するレストランの割引」「会計処理がラクになる会計ソフト「freee(フリー)」の優待割引」など、ビジネス面をサポートする特典が満載です。

また、空港ラウンジを無料利用できる点も魅力!

国内32空港と韓国の仁川(インチョン)国際空港、ハワイ・ホノルル ダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料利用できます。

ポイント還元率は、年間利用累計額に応じてポイントの倍率がアップします。

年間利用累計額翌年のクラステージ還元率/加算倍率
50万円未満ノーマルステージ0.6%(1.2倍)
50万円以上ステージ500.75%(1.7倍)
100万円以上ボーナス1000.85%(1.9倍)
200万円以上ステージ2001.1%(2.2倍)

EX Gold for Biz Sはゴールドカードのため、年間利用累計額が50万円未満のノーマルステージでも、ポイント20%加算(+0.1%)があります。

なので、基本ポイント還元率は0.6%。

年間200万円以上の利用があれば、還元率が1.1%にまで跳ね上がります。

申し込みは本人確認資料のみ。審査難易度も高くありません。

たとえ空港ラウンジを利用しなかったとしても、年会費のもとが十分取れるコスパ抜群のカードです。

takeshi
takeshi
従業員用の追加カードを発行できないデメリットはありますが、年会費負担が少なく付帯サービスが豊富な点で個人事業主向けカードとして最もおすすめです。




詳細を見る


公式HPを見る



②セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(WEB系の仕事に関わる個人事業主ならコレ!

セゾンコバルト・ビジネス アメリカン・エキスプレス・カード

項目内容
年会費1,100円(税込)
基本還元率0.5%
貯まるポイント永久不滅ポイント
ポイントのカウント方法1,000円につき1pt付与(月間利用合計額)
ポイントの価値1pt=5円
カードランク一般
特典・サービス
  • オンライン・プロテクション(インターネット上での不正使用による損害を補償)
  • アメリカン・エキスプレス・コネクト(会員限定の優待特典や情報をまとめて紹介するWebサイト)
  • 西友・リヴィン・サニー 5%OFF
  • 24/7Workoutの優待
  • ビジネス・アドバンテージ(事務用品、レンタカー、宅配サービスなど優待価格で利用可能)
  • エックスサーバー初期設定費用無料
  • かんたんクラウド(MJS)月額利用料3ヶ月無料
  • クラウドワークス、awsなどの利用でポイント4倍
審査難易度★☆☆☆☆
本人確認資料のみで申し込み可
ポイントの交換先
  • Pontaポイント
  • dポイント
  • nanacoポイント
  • WALLETポイント
  • ANA SKYコイン など
付帯保険
  • 海外旅行保険:-
  • 国内旅行保険:-
追加カード4枚まで年会費 永年無料
ETCカード年会費無料
限度額審査による
電子マネー機能
国際ブランドAMEX
申込資格満20歳以上の個人事業主

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、WEB系の仕事に関わる個人事業主にメリットの多いクレジットカードです。

たとえば、Xサーバーの初期設定費用3,300円が無料。

ヤフービジネスサービス、クラウドワークス、aws(アマゾン ウェブ サービス)などでカード利用すると、ポイントが通常の4倍などの限定サービスがあります。

基本ポイント還元率が0.5%でも、上記のようなサービスを利用することでお得さが増します。

また、従業員用カードとして、追加カードを4枚まで年会費永年無料で作成できる点も魅力的。

takeshi
takeshi
申し込みに必要なのは、本人確認資料のみ。開業したばかりの事業主やフリーランスの方でも作成可能です。


セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの公式HPを見る

③JCB CARD Biz(Amazonの利用が多い個人事業主ならコレ!)

JCB CARD Biz

項目内容
年会費
  • 初年度年会費:無料
  • 2年目以降:1,375円(税込)
基本還元率0.5%
貯まるポイントOkiDokiポイント
ポイントのカウント方法1,000円につき1pt付与(月間利用合計額)
ポイントの価値1pt=5円
カードランク一般
特典・サービス
  • Amazon.co.jpでポイント3倍
  • 弥生・freeeの会計ソフトにカード利用明細データを取り込み可能
  • JCB de JAL ONLINE(インターネットで簡単に航空券の予約ができるサービス)
  • JCB.ANA@desk(法人向けインターネット出張手配システム)
  • JR東海「エクスプレス予約」サービス
  • じゃらんコーポレートサービス(法人限定の安価なシークレットプラン「JCS限定プラン」を提供)
  • アスクルサービス(事務用品、OA・PC用品などをWEBで注文可能)
  • JCBタクシーチケット
  • 福利厚生倶楽部(福利厚生サービスを格安料金で提供)
審査難易度★☆☆☆☆
本人確認資料のみで作成可
ポイントの交換先
  • nanacoポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント
  • 楽天ポイント
  • WAONポイント など
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高3,000万(利用付帯)
  • 国内旅行保険:最高3,000万(利用付帯)
  • ショッピング保険:最高100万
追加カード
ETCカード年会費無料
限度額10万~100万円
電子マネー機能QUICPay
国際ブランドJCB
申込資格20歳以上の個人事業主

JCB CARD Bizは、国際ブランドJCBが直接発行する個人事業主向けのクレジットカードです。

特徴的なのは、Amazonで利用するとポイントが3倍に跳ね上がるところ。

WEB明細サービス「MyJチェック」に登録後、JCBが運営するポイント優待サイト「Oki Dokiランド」経由でAmazonの買い物をするとOkiDokiポイントが3倍になります。

Amazonには事業に必要な備品や書籍などが豊富です。

カード決済でポイントがお得に貯まるので、Amazonを多く利用する個人事業主の方におすすめ!

また、カード利用で貯まったOkiDokiポイントは「1pt=3.5円」として、Amazonの買い物に直接使うことができます。

takeshi
takeshi
カードの申し込みは本人確認書類のみなので、実績のない個人事業主の方でも申し込みが可能です。


JCB CARD Bizの公式HPを見る

④NTTファイナンスBizカード(年会費無料の個人事業主向けカードならコレ!)

NTTファイナンスBizカード

項目内容
年会費
  • 初年度年会費:無料
  • 2年目以降:無料
基本還元率1.0%
貯まるポイントNTTポイント
ポイントのカウント方法1,000円につき10pt付与
ポイントの価値1pt=1円
カードランク一般
特典・サービス
  • Web明細編集機能を搭載(Web明細の分割やメモの入力などが可能)
  • Amazon Businessへのアカウント登録無料
  • ポイントモール経由の買い物でポイント最大26倍に
  • ツアー優待サービス(国内ツアー最大5%OFF、海外ツアー最大8%OFF)
  • 出光キャッシュバックシステム(出光SSでガソリン代・軽油代を割引)
  • ベネフィット・ステーション(福利厚生サービスを優待価格で利用できる)
審査難易度★☆☆☆☆
本人確認書類のみで作成可
ポイントの交換先
  • 景品への交換
  • dポイント
  • ANAマイル
  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • JRキューポ
  • スターバックスカード入金 など
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高2,000万(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最高2,000万(利用付帯)
  • ショッピング保険:最高100万
追加カード年会費無料
ETCカード年会費:1枚あたり550円(税込)
限度額審査による
電子マネー機能
国際ブランドVISA
申込資格
  • 個人事業主
  • カード使用者は満20歳以上の方

NTTファイナンスBizカードは、個人事業主向けカードとしては珍しい年会費無料のクレジットカードです。

しかも、ポイント還元率は1.0%の高還元。

ただし、1,000円につき10ptの付与なので、ポイントの取りこぼしが出てくるデメリットがあります。

ビジネス関連のサービスは、少ないながらも独自のサービスが魅力的。

事業費とそれ以外の費用を分けて編集・管理できる「WEB明細編集サービス」や、カード利用確定時にメールで通知してくれる「利用通知サービス」などBizカード独自のサービスがあります。

また、法人や個人事業主だけが利用できるAmazonのサービス「Amazon Business」へのアカウント登録が無料かつ簡単に行えます。

「Amazon Business」では、ビジネス向けの特別価格や数量割引が多数の商品に適用されています。

ITから清掃用品、オフィス用品から飲食店の消耗品まで、事業用アイテムをネットからスムーズに購入できます。

takeshi
takeshi
付帯サービスは多くありませんが、年会費無料であることを考えると十分満足できるカードです。カード維持費0円を希望なら、このカードがおすすめ!


NTTファイナンスBizカードの公式HPを見る

⑤楽天ビジネスカード(楽天ユーザー&海外の空港ラウンジを無料利用したいならコレ!)

楽天ビジネスカード

項目内容
年会費
  • 2,200円
  • ※楽天プレミアムカードの追加カードのため、別途年会費11,000(税込)が必要
基本還元率1.0%
貯まるポイント楽天ポイント
ポイントのカウント方法100円につき1pt付与
ポイントの価値1pt=1円
カードランクゴールド
特典・サービス
  • 楽天市場の利用でポイント最大5倍
  • 国内主要空港32ヶ所のラウンジ無料サービス
  • プライオリティ・パスに無料で入会可能
  • Visaビジネスオファー(ホテルの宿泊やオフィス用品購入、ハイヤーや通信サービスなどを優待特典で利用できる)
審査難易度★★☆☆☆
楽天プレミアムカードの子カードとして作成できる
ポイントの交換先
  • 楽天Edy
  • 楽天Pay
  • マツモトキヨシポイント
  • ANAマイル
  • 楽天証券 など
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高5,000万(自動付帯4,000万)
  • 国内旅行保険:最高5,000万(利用付帯)
  • 動産総合保険:年間300万
追加カード
ETCカード
  • 1枚目の年会費:無料
  • 2枚目より:1枚につき年会費550円(税込)
限度額
    〜300万(楽天プレミアムカードとの合算)
電子マネー機能楽天Edy
国際ブランドVISA
申込資格20歳以上で安定した収入のある個人事業主

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカード(個人用の上位ランクカード)の子カードとして申し込める追加カードです。

このカードを持つメリットは、主に5つあります。

  • 楽天プレミアムカードの特典をビジネスカードでも利用できる
  • ビジネスカードで得たポイントを個人用の楽天ポイント残高に入れられる
  • ビジネス関連のサービスが付帯する
  • 引き落とし口座を個人用と事業用で分けられる
  • 楽天市場で利用するとポイントが最大5倍に

楽天プレミアムカードの特典には、世界1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できる会員制サービス「プライオリティ・パス」の会員カードの無料発行

国内の主要空港32ヶ所のラウンジを無料利用

ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点にて、カード紛失・盗難時の案内、現地情報の紹介、レストランやオプショナルツアーの予約や手配などを承るトラベルデスク

などがあります。

ビジネス関連のサービスは、Visaビジネスオファーが付帯。

ホテルの宿泊やオフィス用品の購入、ハイヤーや通信サービスなど、ビジネスに欠かせない各種サービスを優待特典で利用できます。

takeshi
takeshi
このカードは、楽天ユーザーかつ海外の空港ラウンジを無料で利用したい人におすすめです。


楽天ビジネスカードの公式HPを見る

⑥アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード(ステータスの高さ・付帯サービスの充実を求めるならコレ!)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

項目内容
年会費34,100円(税込)
基本還元率
  • 0.3%(メンバーシップ・リワード・プラスに未登録時)
  • 1.0%(メンバーシップ・リワード・プラスに登録時)
貯まるポイントメンバーシップ・リワード
ポイントのカウント方法100円の利用ごと1pt付与
ポイントの価値
  • 1pt=0.3円(メンバーシップ・リワード・プラスに未登録時)
  • 1pt=0.5円〜1円(メンバーシップ・リワード・プラスに登録時)
カードランクゴールド
特典・サービス
  • 空港ラウンジ無料サービス(国内外29ヵ所・同伴者1名も無料利用可)
  • 手荷物無料宅配サービス(空港・東京駅)
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」(国内外20万ヶ所以上の施設を特別優待料金で利用)
  • ビジネス・ダイニング by ぐるなび(エリア・予算・人数などの希望に合わせて、会食や接待にふさわしいレストランを提案・予約)
  • アメリカン・エキスプレス・コネクト(会員限定の優待特典や情報をまとめて紹介するWebサイト)
  • ヘルスケア無料電話相談(食事・運動・健康維持などに関する質問に回答、医療機関の紹介を24時間365日承る)
  • アメリカン・エキスプレス JALオンライン(国内線の搭乗直前まで予約、変更、キャンセルできる法人専用運賃「eビジネス6」を利用できる)
  • オーバーシーズ・アシスト(海外出張先のレストラン選びやゴルフ場の予約など、日本語で24時間年中無休でサポート)
  • エアポート送迎サービス(海外出張の出発・帰国時に、提携タクシー会社の車をカード会員専用でチャーター、割安の定額料金にて提供)
  • 手荷物無料宅配サービス(海外出張の際、自宅〜空港間にてスーツケース1個を無料で配送)
審査難易度★★☆☆☆
本人確認書類のみで作成可
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高1億(一部利用付帯)
  • 国内旅行保険:最高5,000万(利用付帯)
追加カード年会費:1枚あたり13,200円(税込)
ETCカード年会費:550円(税込)
限度額審査による
電子マネー機能
国際ブランドAMEX
申込資格20歳以上の法人代表者

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、ステータスの高さと特典・付帯サービスの豊富さが魅力の個人事業主向けカードです。

接待の際に利用すれば、周囲から「おっ!」と一目置かれ、信用度も高まります。

付帯サービス・特典においては、国内・海外の空港利用時に役立つものが豊富にあります。

国内空港のラウンジにおいては、同伴者1名まで無料利用できるので、スタッフと一緒に空港を利用する方にメリットがあります。

しかし、年会費が34,100円…。ちょっと高額かな?と思われるでしょう。でも、年会費は経費として落とせます。

クレジットカードの年会費は必要経費なのです。

カードの利用で貯まるポイントは、メンバーシップ・リワード・プラス(年間参加費3300円)に登録することで1ptの価値がアップします。

  • 登録時のポイントの価値:1pt=0.5〜1円分
  • 未登録時のポイントの価値:1pt=0.3円分

メンバーシップ・リワード・プラスに登録した場合、ポイントの有効期限も無期限になります。

そして、ポイントの価値が一番高くなるのは航空会社でポイントを利用た場合(1pt=1円)です。

なので、空港を利用する方は、年間参加費3300円がかかってもメンバーシップ・リワード・プラスに登録したほうがお得です。

takeshi
takeshi
このカードは、海外や国内の空港利用で多くの特典・付帯サービスを受けられますが、ステータスの高さだけで選んでもOKです。それほど注目を浴びるカードですので。




詳細を見る


公式HPを見る



⑦セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(個人事業主向けプラチナランクカードを作りたいならコレ!)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

項目内容
年会費
  • 22,000円(税込)
  • 年間200万円以上の利用で、次年度11,000円(税込)
基本還元率0.5%
貯まるポイント永久不滅ポイント
ポイントのカウント方法1,000円ごと1pt付与(月間利用合計額)
ポイントの価値1pt=5円
カードランクプラチナ
特典・サービス
  • ビジネス・アドバンテージ(事務用品・レンタカー・宅配サービスなど、いつでも優待価格で利用可能)
  • コミュニティ型ワークスペース『WeWork』の割引・優待利用が可能
  • ビジネス書要約サイト「flier(フライヤー)」が30日間無料。月額利用料が15%OFF
  • セゾン弁護士紹介サービス(第一東京弁護士会を通じて弁護士を紹介)
  • 全自動クラウド型会計ソフト「freee(フリー)」が最大3ヵ月間無料
  • エックスサーバーの初期設定費用が無料
  • 利用明細データ ダウンロードサービス
  • SAISON MILE CLUBの年会費が無料(ショッピング利用金額に応じて、自動的にマイルが貯まるサービス)
  • セゾンプレミアムゴルフサービス(名門コース、コースレッスン会、プロを招いたイベントなど優待料金で利用可能)
  • オントレ entrée(一流ホテルをはじめ、ダイニング、スパ、ショッピングなどを特別優待利用可)
  • カードデスク・サービス(24時間365日利用可能なコンシェルジュサービス)
  • 海外・国内の空港ラウンジ無料サービス(プライオリティ・パス・国内主要空港のラウンジ利用)
  • ハイヤー送迎サービス(成田空港・羽田空港と東京23区間のハイヤー送迎サービスを会員限定の特別料金で利用可能)
  • 手荷物宅配サービス(国際線を利用時、スーツケースなどの手荷物を優待価格で配送)
  • コート預かりサービス(成田・中部国際空港、関西国際空港、羽田空港にてコート預かりサービスの料金を優待)
審査難易度★★☆☆☆
インビテーション不要で作成可
付帯保険
  • 海外旅行保険:最高1億円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最高5,000万円(自動付帯)
  • ショッピング安心保険:300万円まで
追加カード年会費:3,000円(4枚まで作成可)
ETCカード5枚まで無料発行
限度額審査による
電子マネー機能
国際ブランドAMEX
申込資格個人事業主

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、開業したばかりの個人事業主でも申し込める、プラチナランクのビジネスカードです。

プラチナカードなのに、年会費は22,000円(税込)と格安。さらに、年間200万円以上の利用で年会費が半額の11,000円になります。(激安!)

最大の魅力は、やっぱりプラチナランクの豪華特典・サービスが付帯するところ。

  • 国内主要空港32ヶ所のラウンジを無料利用
  • 世界1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の無料発行
  • JALマイルがザクザク貯まる「SAISON MILE CLUB」の年会費が無料
  • 24時間365日、秘書のように扱えるカードデスクサービス

などなど。プラチナランクの特典・サービスが付帯します。

takeshi
takeshi
ステータスはアメックス・ビジネス・ゴールドのほうが上ですが、コストパフォーマンスは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードが断然上です。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの公式HPを見る

個人事業主用と個人用のクレジットカードを分けるメリット・デメリット!

メリット
  • 経費の管理がラクになる
  • 事業支出と個人支出を分けられる
  • 支払いを先に伸ばせる
  • ビジネス関連の付帯サービスを利用できる
  • カードの利用でポイントが貯まる
デメリット
  • 個人カードより審査が厳しい
  • 年会費の負担が必要
  • 持ち歩くカードが増える

個人事業主向けのクレジットカードは、年会費負担のかかるカードがほとんど。

また、審査は個人カードよりも厳しくなっています。

こうしたデメリットがありますが、個人事業主用と個人用のクレジットカードを分けることで、経費管理がグン!とラクになります。

経費管理がラクになれば本業に集中できるので、業績アップにもつながります。

個人事業主向けのクレジットカードの審査を通りやすくする3つのポイント!

審査を通りやすくする3つのポイント!
  1. 開業届を出す
  2. 固定電話を引く
  3. 複数枚のカードを申込まない

個人事業主向けのクレジットカードは、個人の信用を重要視されます

そのため、まずは事業を行っている実態を証明できる開業届を出すこと。

そして、固定電話を引いておくこと。固定電話の有無も、審査に影響する可能性があるためです。

また、一度に複数枚のクレジットカードを申し込むと審査に落ちることがあります。

これは、一度に複数枚のカードを申し込む人は「金銭的に困っている状況」と思われてしまうからです。

以上のことに気をつけて、申し込みしてみましょう。

個人事業主向けクレジットカードに関するQ&A

それでは最後に、個人事業主向けクレジットカードに関する疑問にお答えしていきます。

個人事業主向けクレジットカードで支払った代金の仕訳方法は?

白色申告と青色申告で仕分け方法が異なります。

白色申告

収入支出
7月3日消耗品費
5,000円

青色申告(事業用の口座から引き落としの場合)

借方貸方
7月3日消耗品費
5,000円
未払金
5,000円
8月10日未払金
5,000円
普通預金
5,000円

購入時には「未払金」として処理。代金が口座から引き落されたときに、もう一度記帳します。

個人事業主向けのクレジットカードで得たポイントの仕訳方法は?

明確な決まりはありませんが、以下2つの方法が主流となっています。

  1. ポイントを収入と考え、ポイント使用時に雑収入として記帳する
  2. ポイントを値引きと考え、カード利用時にポイント分を差し引いた金額を記帳する

ポイント使用時に雑収入として記帳するほうがラクなので、こちらの方法をおすすめします。

ただし、最初に触れたようにポイントの処理について明確な決まりはありません。不明な点があれば、まずは税理士に相談しましょう。

個人事業主向けのクレジットカードの名義は、屋号にできるのでしょうか?

個人事業主向けクレジットカードの名義は、個人事業主の個人名になります。

カード券面に屋号プラス個人名を刻印するカードもありますが、あくまで名義は個人です。

そのため支払い時のサインも、個人名で行います。

個人事業主向けの楽天カードで、年会費無料のカードはありませんか?

楽天カードには、年会費無料の個人事業主向けカード(ビジネスカード)はありません。

楽天カードで個人事業主向けのカードを作るなら、楽天プレミアムカードとセットで申し込める「楽天ビジネスカード」(年会費2,200円)を作成しましょう。

フリーランスでも個人事業主向けカードを作成できますか?

フリーランスも個人事業主と同じように、個人事業主向けカードを作成できます。

申込資格にフリーランスと記載がなくても、個人事業主という記載があるカードなら問題ありません。

個人事業主向けクレジットカードまとめ

  • 年会費に見合った付帯サービス・特典内容のカードを選ぶ
  • ポイント還元率の高いカードを選ぶ
  • 審査の通りやすさを考慮してカードを選ぶ

個人事業主向けクレジットカードのおすすめを紹介してきました。

個人事業主向けのカードは、上記3つの点をおさえて選ぶことが大事です。

ただ、クレジットカードは1枚作成したら終わり。ということはありません。

実績を積めば2枚目のカードや上位ランクのカードも作成できます。

なので、まずは「これが良さそう!」と思ったカードから申し込んでみましょう。


もう一度、個人事業主向けおすすめカードを見る