Tカード Primeを徹底解説!年会費・審査・発行期間・メリットまとめ

Tカード Prime
基本還元率1.0%
貯まるポイントTポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
還元率UP条件 日曜日にカード利用
ポイント有効期限12ヶ月
年会費1,375円
ポイント算出方法100円につき1ポイント
申込資格・条件18歳以上(高校生のぞく)
国際ブランドMasterCard
特典・サービス
  • 日曜日に利用するとポイント1.5倍
  • 旅行やレジャーの優待サービス
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード年会費無料
電子マネーなし
追加カードなし
カードランク一般
利用限度額個別に設定

Tカード Primeは株式会社ジャックスが発行しているTカード一体型のクレジットカードです。

一番の特徴は日曜日にカードを使うとポイント還元率が1.5%にアップする点です。

また海外旅行保険だけでなく国内旅行保険も付帯されているため、旅行の時に使うクレジットカードとしても利用しやすいです。

ただしショッピング保険は付帯されていないので、Tカード Primeで買ったものの扱いはより注意しないといけません。

年会費は1,375円かかりますが初年度無料ですし2年目以降も1回でもカードを使って支払いをすれば無料になります。

Tポイントがたまりやすいクレジットカードを探しているならぜひチェックしてみてくださいね。


Tカード Primeの公式HPを見る

Tカード Primeの7つの特徴・メリットを徹底解説!

それでは早速、Tカード Primeの7つの特徴やメリットを順番に解説していきます。

この7つさえ覚えておけば、Tカード Primeの特徴はバッチリ抑えられますよ!

まずはTカード Primeがどんなカードかを理解しておきましょう!

ポイント還元率が通常でも1%と高め&日曜日に使うと還元率アップ

Tカード Primeのポイント還元率
  • 通常1%
  • リボ払いで利用すると2%にアップ
  • 日曜日のカード利用すると還元率が1.5%にアップ

Tカード Primeは利用金額に応じて「Tポイント」が貯まります。

還元率は1.0%と他のクレジットカードに比べて高めですが、さらに日曜日のカード利用金額だけは1.5%にまで上がります。

Tポイントを効率よく貯めたいならなるべく日曜日にTカード Primeを使うように心がけてくださいね。

atsushi
atsushi
リボ払いにしても還元率は上がりますが金利手数料が発生するので注意してくださいね

年間1回でもカード利用すると年会費が無料になる

Tカード Primeの年会費について
  • 通常1,375円
  • 初年度無料
  • 年に1回でもカード利用すると翌年度の年会費無料

Tカード Primeは年会費が1,375円かかります。

しかし年に1回でもTカード Primeで支払いをすれば翌年の年会費は無料になるのです。

スマホ代や光熱費など毎月支払わないといけないものをTカード Primeから支払うように設定すれば実質年会費は「永年無料」になる…というわけです。

atsushi
atsushi
1円でも支払いをすれば年会費は無料になりますよ。

クレジットカードTSUTAYAのレンタルカードとしても利用できる

Tカード Primeの特徴
  • TSUTAYAでDVDなどをレンタルできる
  • 更新手数料が無料になる

Tカード Primeは「Tカード」と一体型のクレジットカードです。

そのためTカードと同じような機能もTカード Primeで利用できますから、Tカード PrimeでTSUTAYAでレンタルができます。

さらに更新手数料がTカード Primeになるとかからなくなるため、TSUTAYAでのレンタルしかTカードを使わない人にもおすすめです。

atsushi
atsushi
Tポイントも貯まりやすくなるのでTカードから移行するとより便利になりますよ。

一般ランクのカードながら「国内旅行保険」も付帯されている

Tカード Primeの旅行保険
  • 海外旅行保険:最高2,000万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円

Tカード Primeには海外旅行保険だけでなく国内旅行保険もついています。

一般ランクのクレジットカードだと付帯される旅行保険が海外だけで、国内旅行保険がついていないものも多いですがTカード Primeは国内旅行中に病気やケガをしても補償してくれます。

旅行中に万が一のトラブルがあっても旅行保険があると安全なのでTカード Primeは旅行用のカードとしても使えますよ。

atsushi
atsushi
旅行保険をつけるには旅行に使うお金をカードで支払う必要があります。

ジャックスが運営している「J’sコンシェルジュ」が利用できる

J’sコンシェルジュの特徴
  • グルメやレジャーなどをお得に利用できるサービス
  • 年会費無料
  • 利用するには登録が必要

Tカード Primeは株式会社ジャックスが発行しているクレジットカードのため、ジャックス系のカードであれば利用できる「J’sコンシェルジュ」が利用できます。

J’sコンシェルジュは、グルメやレジャーなどがお得になるサービスで、ツアーパッケージに優待価格で参加できたり、レンタカーをお得に借りることができます。

J’sコンシェルジュを利用するには登録が必要なので、Tカード Primeを作ったら登録しておきましょうね。

atsushi
atsushi
J’sコンシェルジュは年会費無料で利用できます。

ETCカードが発行手数料&年会費無料で作れる

Tカード Primeで作れるETCカードの特徴
  • 発行手数料:無料
  • 年会費:無料

Tカード Primeではカードの紐づけたETCカードが発行できます。

ETCカードを作るにあたって発行手数料もかかりませんし年会費も発生しないので、高速道路を使う機会が1回でもあるなら作っておいて損はありませんよ。

クレジットカードの中にはETCカードの年会費が発生するものもあるので、Tカード PrimeはETCカードが作りやすいクレジットカードと言えるでしょう。

電子マネー「Tマネー」が利用できる

Tマネーの特徴
  • 全国約23,000店舗で利用可能
  • Tカードで決済ができる電子マネー
  • Tマネーで支払うとTポイントが貯まる

Tカード Primeには電子マネー「Tマネー」の機能も付いています。

TマネーとはTカードで使える電子マネーのことで、全国23,000店舗で利用できます。

Tマネーが利用できる店舗
  • ファミリーマート
  • ウエルシア
  • ドラックユタカ
  • 吉野家

今までTカードでTマネーを利用していた人でもTカード Primeに移行してもそのままTマネーは利用できるので、もうTカードを持ち歩く必要はありません。

atsushi
atsushi
Tカード Primeにすれば財布に入れるカードが一枚減らせる…ってことです。


Tカード Primeの公式HPを見る

Tカード Primeの3つのデメリットも確認しておこう

どれだけTカード Primeにメリットが多いといっても、絶対にデメリットがないわけではありません。

きちんとデメリットも知ったうえでTカード Primeを正しく理解したいですね。

ですので、ここでTカード Primeを利用するときに知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

家族カードは発行できない

Tカード Primeでは家族カードは作れません。

そのため、家族に1枚ずつTカード Primeを持たせたり家族でポイントを共有したりできないのです。

独身の人であれば全く気にならないところですが、家族で同じカードを使いたい家庭だと使いづらさを感じるかもしれませんね。

国際ブランドが「MasterCard」しか選べない

Tカード Primeは選べる国際ブランドが「MasterCard」一択となっています。

そのためVISAやJCBなど国際ブランドにこだわりがある人だとTカード Primeを作ろうかどうか迷ってしまうかもしれませんね。

ただMasterCardは、世界的なシェアはVISAと同じくらいなので特に国際ブランドにこだわりがないなら大きな問題ではないでしょう。

ショッピング保険は付帯されていない

Tカード Primeにはショッピング保険は付帯されていません。

そのため、Tカード Primeで買ったものが壊れていてもカード会社は何も補償をしてくれないのです。

特に海外旅行先で買うお土産などが壊れていても補償されないので気を付けてくださいね。


Tカード Primeの公式HPを見る

Tカード Primeで貯まるT ポイントの交換先・移行先は?お得な使い方3選を解説!

Tカード Primeを利用すると、「T ポイント」が貯まるようになっています。

せっかく貯めたポイントは、少しでもお得に使いたいですよね?

そこで、ここではTカード Primeで貯めたT ポイントのおすすめの使い道3選についてまとめています。

どのように使うと賢いのか、1つずつ確認していきましょう!

Tポイントが使えるお店でポイント払いする

ポイントの価値1ポイント=1円
使いやすさ

TポイントはTポイント加盟店であれば現金やクレジットカードではなくポイントで買い物ができます。

Tポイントで支払いができる店舗は下にまとめました。

Tポイントで買い物ができるお店
  • TSUTAYA
  • カメラのキタムラ
  • ファミリーマート
  • ウエルシア

特にファミリーマートは品数も豊富でどこにでもあるお店なので、ちょっとしたものを買う時にポイントで支払うのはアリだと思います。

TポイントをANAのマイレージに交換する

交換レート1ポイント=0.5マイル
使いやすさ

TポイントはANAのマイレージに交換できます。Tポイント1ポイントにつきANAのマイルが0.5マイルもらえます。

ANAのマイルを貯めればANAの飛行機にマイルを使って乗れたり、ANA国際線の飛行機の座席をアップグレードできたりします。

普段ANAのマイルを貯めている「マイラー」であれば、Tポイントをマイルに交換すると貯まり具合が加速するのでおすすめです。

Tポイントを現金に換金する

換金レート100ポイント=85円
使いやすさ

Tポイントはそのまま現金に換金もできます。換金レートは100ポイントにつき85円です。

Tポイントで支払いができるお店を使わなかったり、ANAのマイルを貯めていないのなら現金に換えてしまった方が使い道の幅はひろがるでしょう。

ただし、Tポイントでの支払いに比べるとお得感はないのでTポイントで支払えるお店があればそこでポイントで買い物をした方がお得だと思います。

atsushi
atsushi
有効期限が切れそうなTポイントを消化したい時におすすめの使い道です。


Tカード Primeの公式HPを見る

Tカード Primeの評判まとめ!口コミを参考にしよう

ここまでで、メリットやデメリットを解説してきました。

Tカード Primeがどんなものか見えてきたら、次は実際に利用している人のイメージも気になりますよね。

ここでは、Tカード Primeを利用したことがある人の評判や口コミを紹介していきます。

悪いもの・良いものそれぞれ紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

Tカード Primeの悪い評判・口コミ一覧

  • 日頃電子マネーを使う身としてはnanacoとEdyにチャージしてもポイントが付かないのは使いづらさを感じます。他の電子マネーはポイントが付くのになぜ?
  • 還元率の高さは文句ありませんが会員専用サイトがいかんせん微妙…。見づらいのでほとんど開いていません。
  • カードの使い勝手的には満足しています。強いて挙げるなら明細があがってくるのが遅いため、カードの利用確認が取りづらいのが難点かな?

Tカード Primeの良い評判・口コミ一覧

  • 日曜日に使うと還元率が上がるのはお得で良いと思います。このカードを持ってから日曜日に集中して買い物するようになりました。
  • TSUTATAの更新タイミングでこちらのカードに切り替えました。よくTSUTAYAを使うので更新費がかからないのは良いですね。
  • 旅行保険が付帯されているので旅行用として使っています。MasterCardだから海外でも使えるお店が多いしポイントも貯まりますしね。

Tカード Primeの評判・口コミまとめ!

Tカード Primeの悪い評判・口コミ
  • 電子マネーにチャージしてもポイント対象外
  • 会員サイトが見にくい
  • カード利用明細の記載が遅い
Tカード Primeの良い評判・口コミ
  • 日曜利用で還元率が上がる
  • Tカードの更新費がかからなくなる
  • 旅行保険が付帯でついてくる

Tカード Primeの悪い口コミとして多かったのが「電子マネーのチャージがポイント対象外」という点でした。

Tカード Primeは電子マネーにチャージできるものの、チャージ分はポイントがつかないため、電子マネーとの「ポイントの二重取り」ができません。

効率よくポイントを貯めたい人からすると、チャージ分がポイント対象外なのに不満を感じてしまうのでしょう。

反対に良い意見として多かったのが「還元率が高い」という声でした。

特に日曜日に使うとポイント還元率が1.5%になることに満足している人が多く、日曜日にまとめてカードで買い物をしているようですね。

また「Tカードの更新費がかからない」と声も多かったです。

口コミを見る限り、Tカード Primeは日ごろからTポイントを貯めたり使ったりしているならおすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

現在TカードでTポイントを貯めたり使ったりしているなら、Tカード Primeに切り替えるとよりTポイントが使いやすくなりますよ。


Tカード Primeの公式HPを見る

Tカード Primeと他のTポイントが貯まるクレジットカードとの違いを徹底比較!

← 横にスクロールできます →
Tカード PrimeTカード プラス PREMIUMTカード プラスヤフーカードファミマTカード
基本還元率1.0%1.0%0.5%0.5%</td>

0.5%
年会費1,375円2,750円無料無料無料
申込資格18歳以上(高校生のぞく)20歳以上20歳以上18歳以上(高校生のぞく)18歳以上(高校生のぞく)
特典・サービス
  • TSUTAYAでレンタル可能
  • 日曜日に利用するとポイント1.5倍
  • 旅行やレジャーの優待サービス
  • 入会時に一定以上カード利用で5,000ポイント
  • 入会時4ヶ月間は還元率2.0%
  • 誕生月にカード利用でポイントプレゼント
  • アプラスモール利用で還元率0.5%上乗せ
  • TSUTAYAでレンタル可能
  • 加盟店に提示でポイント2倍
  • TSUTAYAでレンタル可能
  • 海外レンタカー代金が5%オフ
  • Yahooショッピングで使うと還元率アップ
  • Paypayにチャージ可能
  • ファミリーマートで利用するとポイント4倍
  • Famipayにチャージ可能
  • 旅行ツアー代金が最大8%オフ
  • TSUTAYAでレンタル可能
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • お買い物安心保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:なし
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:年間50万円
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:年間100万円
  • 海外旅行傷害保険:なし
  • 国内旅行傷害保険:なし
  • お買い物安心保険:年間50万円
ETCカード年会費無料発行不可年会費無料年会費無料年会費無料
家族カード発行不可発行不可年会費無料年会費無料発行不可
利用限度額個別に設定個別に設定100万円50万円個別に設定


Tカード Primeの公式HPを見る

Tカード Primeの審査に落ちる人とは?審査基準や申し込み対象者を解説

Tカード PrimeはTカードと一体型になっていることもあって、クレジットカードの中では比較的作りやすくなっています。

とはいえ、Tカード Primeを作るにはきちんと審査に通らなければいけません。

そこでTカード Primeの審査基準について詳しく解説していきます。

高校生でなければ18歳以上から申し込みができる

Tカード Primeの申込基準は「高校生を除く18歳以上」となっています。

そのため高校生でなくて18歳以上であれば大学生や専業主婦でもTカード Primeの申込ができるのです。

もちろん安定した収入があれば審査は通りやすいですが、学生や主婦の場合は家計を一緒にしている家族の収入が安定していれば問題ありません。

海外に住んでいる人は申込できない

Tカード Primeを作れるのは日本に住んでいる人が対象になっています。

現在海外に住んでいて今度日本に戻るから新しくクレジットカードを作りたい…という人は日本に帰ってきてからTカード Primeを申し込まないといけません。

また申し込みをすると本人確認のために連絡の取れる連絡先を聞かれるため、連絡先を持っていないと日本に住んでいても申込ができません。

atsushi
atsushi
連絡の取れる連絡先は携帯電話でも実家の固定電話でも大丈夫です。

短期間で複数のクレジットカードに申し込んでいると審査が通らない可能性がある

Tカード Primeを申し込む前に別のクレジットカードを申し込んで審査を受けていたり、短期間で何枚もクレジットカードを作っていると審査が通りにくくなります。

なぜなら短期間で何間もクレジットカードを作っているとカード会社が「貸し倒し」を疑ってわざと審査を通さなくするからです。

Tカード Primeを確実に作りたいなら新しく作ったクレジットカードから半年以上間隔をあけてから申し込んでくださいね。


Tカード Primeの公式HPを見る

【Tカード PrimeのQ&Aまとめ】気になる疑問を確認しよう

Tカード Primeについてメリット・デメリットや、評判や口コミを紹介してきました。

これで、Tカード Primeの魅力や気をつけるべき点などがわかったと思います。

ここでは、Tカード Primeのよくある気になる疑問に答えていきます。

Tカード Primeを検討する際の参考にしてみてくださいね!

Tカード Primeの締め日と支払日はいつですか?

Tカード Primeは月末が締め日となっています。

また支払い日は翌月の27日となっているので、それまでにカード利用分を引き落とし口座に入れておくようにしましょうね。

Tカード Primeを紛失したら再発行してもらえますか?

Tカード Primeを紛失したら下の電話番号に連絡をしましょう。

  • 0570-008-789(ナビダイヤル)
  • 03-5819-5870(IP電話の場合)
ただし受付時間が9:30~17:30までとなっているので電話をかける時間は気を付けてくださいね。

Tカード Primeを解約したい時はどうすればいいですか?

Tカード Primeを解約する場合はカードの裏面に書いてある電話番号に連絡をしましょう。

ただしTカード Primeを解約するとクレジットカードだけでなく「Tカード」も解約になるので注意してくださいね。


Tカード Primeの公式HPを見る

日曜にまとめて買い物する人におすすめ!Tカード Primeを活用しよう

この記事のまとめ
  1. 日曜日に使うとポイント還元率が1.5%にアップ
  2. 年に1回カード利用すれば年会費無料
  3. 国内・海外の旅行保険が付帯
  4. Tカードとしても利用可能
  5. ETCカードが無料で発行できる

これまでTカード Primeについてお話ししてきました。

Tカード Primeがどんな特徴を持つクレジットカードか理解できたのではないでしょうか?

Tカード PrimeはTポイントが貯まりやすいため、Tポイントを貯めたり使ったりしている人にはオススメのクレジットカードです。

通常還元率も1%ありますし日曜日にカードで買い物をすれば1.5%となるため、使い華がさえ工夫すればTポイントがガンガン貯まっていきます。

もちろんTカードと一体型になっているため、TSUTAYAでレンタルしたりTマネーが使えたりするうえ、Tカードの更新料がかからなくなります。

Tカード Primeの特徴については上の5つにまとめました。

Tカード Primeのメリット・デメリットを正しく理解して、賢く活用してくださいね。


Tカード Primeの公式HPを見る

Tカード Primeの基本情報まとめ

Tカード Prime
Tカード Prime
基本還元率1.0%
貯まるポイントTポイント
ポイント交換先1ポイント=1円
還元率UP条件 日曜日にカード利用
ポイント有効期限12ヶ月
年会費1,375円
ポイント算出方法100円につき1ポイント
申込資格・条件18歳以上(高校生のぞく)
国際ブランドMasterCard
特典・サービス
  • 日曜日に利用するとポイント1.5倍
  • 旅行やレジャーの優待サービス
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • お買い物安心保険:なし
ETCカード年会費無料
電子マネーTマネー
追加カードなし
カードランク一般
利用限度額個別に設定

Tカード Primeの公式HPを見る

カード概要

発行会社株式会社ジャックス
年会費1,375円
審査・発行1~2週間
入会条件18歳以上(高校生のぞく)
国際ブランドMasterCard
支払い方法1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い
支払い
  • 締め日:月末
  • 引き落とし日:翌月27日

基本機能(電子マネー・家族カード・ETCカード等)

電子マネーTマネー
家族カードなし
ETCカード発行可否可能
発行手数料無料
年会費無料

ポイント還元率

ポイントプログラムTポイント
通常還元率1.0%
還元率アップ条件日曜日に利用
ポイント有効期限12ヶ月
ポイント付与100円につき1ポイント
ポイントの価値(目安)1ポイント=1円
交換可能ポイントなし
交換可能マイルANAマイレージクラブ

付帯保険(国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険等)

国内旅行保険補償対象者本会員
傷害死亡最高1,000万円
傷害後遺障がい最高1,000万円
入院保険金日額5,000円
手術保険金最高20万円
通院保険金日額3,000円
海外旅行保険補償対象者本会員
傷害死亡最高2,000万円
傷害後遺障がい最高2,000万円
傷害・疾病治療費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円
救援者費用200万円
ショッピング保険国内なし
海外なし

付帯サービス(空港ラウンジ・優待サービス等)

空港ラウンジなし
紛失・盗難補償届け出日からさかのぼって60日以降に発生した損害を補償
年間利用特典なし
お問い合わせ0570-002277(東京)
0570-005599(大阪)


Tカード Primeの公式HPを見る