【評判は?】横浜銀行カードローンのメリット9つとデメリット5つを徹底解説!

「金利の低いカードローンで借り入れたい」「借り入れや返済でATMの手数料を負担したくない」と考えている方はいませんか?

そのような人には、横浜銀行から提供されている横浜銀行カードローンがおすすめ!

横浜銀行カードローンは金利が1.5%~14.6%と低く、更にいつでも何回でもATM利用手数料が無料ですよ。

この記事では、横浜銀行カードローンのメリットやデメリット、悪い口コミ良い評判を詳しくまとめました。

「横浜銀行カードローンは安全にお金を借りたい人におすすめの銀行カードローン」
  • 消費者金融よりも低い金利でお金を借りたい
  • 横浜銀行の口座を普段から使っている
  • 来店不要でWEB完結できるカードローンが良い
  • 他のローンやクレジットカードのリボ払いのおまとめを検討している

 

横浜銀行カードローンは、上記の4つに当てはまる方にピッタリの安全な銀行カードローンです。

横浜銀行の口座をお持ちの方であれば、正社員でもフリーターでも横浜銀行カードローンで借り入れることができます。

消費者金融と比べてみると、横浜銀行カードローンは1.5%~14.6%と遥かに低金利!

パソコンまたはスマホでWeb上から手続きできますので、キャッシングを検討している方は横浜銀行カードローンに申し込んでみてください。


横浜銀行カードローンの公式HPを見る

Contents

まずは銀行カードローン「横浜銀行カードローン」の基本情報を解説!

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの基本情報
サービス名 横浜銀行カードローン
会社名 株式会社横浜銀行(The Bank of Yokohama,Ltd.)
郵便番号 〒220-8611
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目1番1号
電話番号 0120-458-014(平日は9時~20時、土日祝日は9時~17時まで)
金利(実質年率) 1.5%~14.6%
融資限度額 最大1,000万円
担保・保証人 なし
審査難易度
審査時間 最短で数日程度
即日融資
無利息期間
在籍確認 勤務先への電話連絡・収入証明書の提出
返済方式 残高スライド方式
返済方法 「横浜銀行ATM」「セブン銀行ATM」「EnetATM」
返済期日 毎月10日の口座引き落とし
提携ATM 「横浜銀行ATM」「セブン銀行ATM」「ローソン銀行ATM」「E-net(イーネット)」
口コミや評判 良い口コミ:借り換えでリボ払いの金利がお得になる
悪い口コミ:横浜銀行カードローンの審査に落ちた
公式HP https://www.boy.co.jp/kojin/card-loan/yokohama/index.html
おすすめ度 4.0

横浜銀行カードローンは、来店不要で申し込んで融資を受けられる銀行カードローンです。

横浜銀行ATMやコンビニATMを使い、限度額の範囲内で借り入れや返済を繰り返し利用できます。

消費者金融よりも低金利で借り入れられるのは、横浜銀行カードローンの大きな強みですね。

yusuke
yusuke
横浜銀行は地方銀行の中でも大手ですので、横浜銀行カードローンなら安心して利用できるでしょう。

銀行カードローンで横浜銀行カードローンを選ぶ5つのデメリットを解説…

他の消費者金融や銀行カードローンと比べてみると、横浜銀行カードローンには上記の5つのデメリットあり…。

yusuke
yusuke
横浜銀行カードローンに申し込んで審査を受ける前に、良くない部分についてきちんと確認しておきましょう。

1:横浜銀行の口座を持っていないとカードローンを利用できない…

銀行カードローン 普通預金口座の開設の有無
三井住友銀行カードローン 口座は不要
オリックス銀行カードローン 口座は不要
三菱UFJ銀行カードローン 口座は不要
横浜銀行カードローン 横浜銀行の口座が必要

横浜銀行カードローンに申し込むには、横浜銀行の普通預金口座が必要です。

口座をお持ちでない方でも契約できますが、「最初に普通預金口座を開設する」⇒「その後にカードローンに申し込む」という流れになりますよ。

つまり、口座開設が不要な銀行カードローンと比較してみると、横浜銀行カードローンで借り入れるまでに時間がかかると心得ておかないといけません。

yusuke
yusuke
新たに横浜銀行の口座を開設するのが面倒な方は、横浜銀行カードローン以外のサービスを選んだ方が良いでしょう。

2:東京都や神奈川県、群馬県に住んでいる人しか申し込めない…

横浜銀行カードローンの申し込み条件
  • 契約時に満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者
  • 「神奈川県内全地域」「東京都内全地域」「群馬県前橋市、高崎市、桐生市」に居住またはお勤めの方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

参考資料横浜銀行カードローンの商品概要説明書

横浜銀行カードローンに申し込んで借り入れるに当たり、上記の5つの条件あり…。

「20歳以上の方」「安定した収入のある方」「保証会社の保証を受けられる方」といった条件は、他の銀行カードローンと変わりありません。

しかし、横浜銀行カードローンは利用対象地域が限定されているのが大きなデメリットですね。

住所や勤務地が「神奈川県」「東京都」「群馬県の一部」の人に限り、カードローンを利用することができます。

yusuke
yusuke
利用地域が限られているのは地方銀行のカードローンにありがちですので、横浜銀行カードローンの条件を満たしているのかどうか確認しておきましょう。

3:即日融資不可でローンカードが届くまでに1週間程度かかる…

ローンカードが届く

横浜銀行カードローンでは、即日融資を受けることができません。

横浜銀行カードローン以外のサービスにも当てはまりますが、2018年の1月から銀行カードローンは過剰な貸し付けを防ぐ目的で即日融資を撤廃しています。

銀行、個人向け即日融資停止へ カードローン縮小
国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。来年1月から警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。

銀行の営業は転機を迎え、融資残高の伸びが抑えられる可能性が出てきた。

しかも、横浜銀行カードローンのローンカードの受け取りは郵送のみで、契約してから1週間前後かかるのがデメリットです。

yusuke
yusuke
「急な出費ができたから早く借り入れたい」と考えている方は、横浜銀行カードローンではなく即日融資対応の消費者金融を利用してください。
関連記事
【20社比較!】即日融資OKのキャッシングサービスおすすめTOP10!「お金がなくてピンチだけど今日中にキャッシングできる?」「当日に融資を受けることなんてできるの?」と疑問を抱えている方はいませんか? ...

4:毎月の約定返済の日にちが10日のみと自由に選択できない…

銀行カードローン 約定返済の日にち
ジャパンネット銀行カードローン 「毎月1日~28日」「月末」
三井住友銀行カードローン 「5日」「15日」「25日」「末日」
三菱UFJ銀行カードローン 「毎月指定日」「35日ごと」
楽天銀行スーパーローン 「1日」「12日」「20日」「27日」
オリックス銀行カードローン 「毎月10日」「月末」
横浜銀行カードローン 毎月10日のみ

多くの銀行カードローンは、自分の給料日やライフスタイルに合わせて約定返済の期日を選ぶことができます。

しかし、横浜銀行カードローンの返済日は毎月10日のみ…。

横浜銀行カードローンは、「給料日が25日だから月末払いにしたい」と自由に決めることができません。

口座振替の日を複数の選択肢から選べる銀行カードローンと比較してみると、横浜銀行カードローンの返済は不便ですよ。

yusuke
yusuke
横浜銀行カードローンで借り入れる予定の方は、毎月10日までに返済額の残高を残しておきましょう。

5:無利息期間や利息0円サービスは用意されていない…

← 横にスクロールできます →
サービス名 カードローンの種類 無利息期間や利息0円サービス
レイクALSA 大手消費者金融 契約日の翌日から60日間or180日間無利息
静岡銀行カードローン 銀行カードローン 最大45日間分の利息キャッシュバック
プロミス 大手消費者金融 借入日の翌日から30日間無利息
アイフル 大手消費者金融 契約日の翌日から30日間無利息
ジャパンネット銀行カードローン 銀行カードローン 借入日の翌日から30日間利息0円
横浜銀行カードローン 銀行カードローン 無利息期間なし

無利息期間や利息0円サービスが用意されていないのは、横浜銀行カードローンのデメリットの一つ…。

消費者金融や銀行カードローンの中には、一定期間に渡って利息の負担なしで借り入れられるところがあります。

横浜銀行カードローンにそのサービスはありませんので、初回の利用から利息を負担しないといけません。

yusuke
yusuke
無利息期間ありのキャッシングサービスをお探しの方は、こちらのページをご覧になってください。
関連記事
【12社比較!】無利息期間のあるキャッシングサービスおすすめTOP5!「利息の負担を抑えて少しでも安くお金を借りたい!」と考えている方はいませんか? そのような人には、無利息期間のあるキャッシングサー...

銀行カードローンで横浜銀行カードローンを選ぶ9つのメリットを解説!

横浜銀行カードローンは、デメリットよりもメリットの多いキャッシングサービスです。

他の銀行カードローンや消費者金融と比較してみると、横浜銀行カードローンには上記の9つのメリットあり!

yusuke
yusuke
「横浜銀行カードローンの何が良いの?」と疑問を抱えている方は、こちらのページをご覧になってください。

1:消費者金融と比べて金利(実質年率)が圧倒的に低い!

サービス名 カードローンの種類 金利(実質年率)
横浜銀行カードローン 銀行カードローン 1.5%~14.6%
プロミス 大手消費者金融 4.5%~17.8%
アイフル 大手消費者金融 3.0%~18.0%
アコム 大手消費者金融 3.0%~18.0%
SMBCモビット 大手消費者金融 3.0%~18.0%
セントラル 中小消費者金融 4.8%~18.0%

消費者金融と比較してみると、横浜銀行カードローンは金利(実質年率)が圧倒的に低いことがわかります。

上限金利が18.0%前後の消費者金融が多い中、横浜銀行カードローンは14.6%と低金利ですね。

初回の契約でも横浜銀行カードローンは14.6%が適用されますので、利息の負担を抑えて借り入れることができます。

下限金利が1.5%と低いのも、他の銀行カードローンとは違う横浜銀行カードローンのメリットです。

yusuke
yusuke
横浜銀行の口座をお持ちで東京都や神奈川県にお住まいの方は、低金利の横浜銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

※低金利のカードローンのおすすめランキングはこちら!

関連記事
【25社比較!】金利が安い低金利カードローンのおすすめランキングTOP10!「お金を借りたいけど金利の安いカードローンが良い!」と考えるのは普通ですよね。 金利が低ければ低いほど、利息の負担を抑えて融資を受...

2:銀行カードローンの中でも融資限度額が高い!

銀行カードローン 融資限度額
横浜銀行カードローン 最大1,000万円
ジャパンネット銀行カードローン 最大1,000万円
三井住友銀行カードローン 最大800万円
みずほ銀行カードローン 最大800万円
オリックス銀行カードローン 最大800万円
楽天銀行スーパーローン 最大800万円
千葉銀行カードローン 最大500万円
三菱UFJ銀行カードローン 最大500万円

他の銀行カードローンと比べてみると、融資限度額が高いのは横浜銀行カードローンのメリット!

最大で800万円までしか貸し付けていないサービスが多いのに対して、横浜銀行カードローンは10万円~1,000万円までです。

したがって、横浜銀行カードローンは大きな金額の融資を検討している方にも向いていますよ。

よほど年収が高い人でない限り、利用限度額が最大の1,000万円に設定されることはありません。

yusuke
yusuke
それでも、横浜銀行カードローンは大口融資を検討している方にとっても納得の金融商品になっています。

3:契約が完了すればローンカードが届く前に融資OK!

融資

横浜銀行カードローンは、契約が完了すればローンカードが自宅に届くまでにインターネットバンキングで融資を受けられます。

即日融資は不可でも、契約と同時に素早く融資を受けられるのは横浜銀行カードローンの魅力的なポイントです。

横浜銀行カードローンの融資

銀行カードローンの中には、自宅にローンカードが郵送されてからしかキャッシングの手続きができないサービスがあります。

yusuke
yusuke
融資までのスピードが早い銀行カードローンをお探しの方は、横浜銀行カードローンを選びましょう。

4:配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも借り入れOK!

横浜銀行カードローンが専業主婦におすすめの理由3つ!
  • 配偶者に安定した収入があれば自分が無職でも借りられる
  • 本人確認書類の提出のみで審査を受けられる(配偶者の同意書は不要)
  • 金利が低いので利息の負担を抑えてキャッシングできる

横浜銀行カードローンは、上記の3つの理由で専業主婦にもおすすめ!

「東京都や神奈川県、群馬県の一部に住んでいる」「20歳以上」「配偶者に安定した収入がある」という条件をクリアしていれば、専業主婦でも横浜銀行カードローンを利用できます。

例えば、大手の消費者金融のアイフルは専業主婦の借り入れができません。

これは年収の3分の1までしか借り入れられない総量規制と呼ばれる制度が理由で、アイフルの公式サイトでも「専業主婦の方は申し込み不可能」と記載されていますね。

アイフルのよくある質問
yusuke
yusuke
専業主婦はNGという銀行カードローンもありますので、アルバイトやパートをしていない主婦には横浜銀行カードローンが向いています。

専業主婦がカードローンを利用する上で押さえておきたいポイントは、こちらのページをご覧になってください。

関連記事
【夫に内緒で大丈夫?】専業主婦におすすめのカードローンランキングTOP10!「夫に内緒でカードローンでお金を借りられるの?」と疑問を抱えている専業主婦はいませんか? 結論から言うと、専業主婦本人の名義で融資...

5:横浜銀行ATMやコンビニATMは手数料無料!

横浜銀行カードローンが使えるATM 借り入れや返済の手数料
横浜銀行ATM 無料
セブン銀行ATM 無料
ローソン銀行ATM 無料
E-net(イーネット) 無料

横浜銀行カードローンは、横浜銀行ATMやコンビニATMを使えます。

提携ATMで借り入れや返済の手続きを行うに当たり、いつでも何回でも利用手数料は無料です。

どれだけ低金利の銀行カードローンでも、毎回のATMの利用で手数料が発生すると大きな負担になります。

一方で手数料が無料の横浜銀行カードローンは、余計な負担がかかりません。

yusuke
yusuke
横浜銀行カードローンは、東京都や神奈川県にある約13,000台の横浜銀行ATMやコンビニATMが利用できますよ。

6:毎月の最低返済額は2,000円~でマイペースで返済OK!

横浜銀行カードローンの借り入れ残高 毎月の返済額
10万円以下 2,000円~
10万円超~20万円以下 4,000円~
20万円超~30万円以下 6,000円~
30万円超~40万円以下 8,000円~
40万円超~50万円以下 10,000円~
50万円超~100万円以下 15,000円~
100万円超~150万円以下 20,000円~
150万円超~200万円以下 25,000円~
200万円超~250万円以下 30,000円~
250万円超~300万円以下 35,000円~
300万円超~350万円以下 40,000円~
350万円超~400万円以下 45,000円~
400万円超~450万円以下 50,000円~
450万円超~500万円 55,000円~
500万円超~600万円 60,000円~
600万円超~700万円 65,000円~
700万円超~800万円 70,000円~
800万円超~900万円 75,000円~
900万円超~1,000万円 80,000円~

横浜銀行カードローンの毎月の最低返済額は、上記の表を見ればわかる通り借り入れの残高で決まります。

借り入れ残高が10万円以下であれば、毎月の返済額は2,000円~でOK!

毎月の返済額が少ない横浜銀行カードローンは、マイペースで返済を継続できます。

yusuke
yusuke
余裕のある月は、定例返済に加えて臨時返済をして早く元金を減らすのがポイントです。

7:専用のスマホアプリで利用状況をこまめに確認できる!

横浜銀行カードローンの残高照会アプリの機能
残高・明細 リアルタイムでカードローン口座の残高や明細を照会できる
振込などの取引 インターネットバンキングでスマホから振込の取引ができる
目的預金 旅行や車、住宅など目的ごとにお金を貯めて管理できる
一生通帳 by Moneytree 個人資産管理アプリの連携で残高や利用明細を照会できる
ワンタイムパスワード 60秒ごとに変更される使い捨てパスワードで安全に取引できる

横浜銀行カードローンでは、上記の機能を持つスマホ専用の残高照会アプリを使えます。

アプリの利用手数料はもちろん無料で、GooglePlayやApp StoreからダウンロードすればOK!

横浜銀行カードローンの残高照会アプリ

スマホでアプリにログインすれば、カードローンの利用状況をこまめに確認できますので便利です。

横浜銀行カードローンの残高や明細をチェックしていれば、「今月はちょっと使いすぎているな~」とセーブできます。

yusuke
yusuke
自分の収入に見合わない借り入れは危険ですので、横浜銀行カードローンの残高照会アプリは忘れずにダウンロードしておきましょう。

8:他社のローンやクレジットカードのリボ払いを一本化できるおまとめローンあり!

おまとめローンで借金を一本化する3つのメリット!
  • 消費者金融から銀行カードローンにまとめれば金利が低くなる
  • 毎月の返済額を減らすことで負担が軽くなる
  • 返済日を統一してカードローンの返済の手間を省ける

複数社のカードローンやキャッシングサービスを利用している方には、上記の3つのメリットがあるおまとめローンがおすすめです。

横浜銀行カードローンでは、おまとめローンの利用もできます。

他社のカードローンやクレジットカードのリボ払いを横浜銀行カードローンに一本化すれば、利息が少なくなったり月々の負担額を軽減できたりする仕組みですね。

横浜銀行カードローンのおまとめローン

横浜銀行カードローンは低金利ですので、消費者金融からの借り換えやおまとめに向いています。

yusuke
yusuke
おまとめローンの詳しいメリットやおすすめのサービスは、こちらのページをご覧になってください。
関連記事
【借金を1つにまとめたい!】おまとめのカードローンのおすすめランキングTOP10!カードローンの借り入れ先が複数社あり、「月々の返済が面倒…」「金利の負担が大きい…」と悩んでいる方はいませんか? そのような人には...

9:住宅ローン利用者専用のバンクカードローンあり!

横浜銀行のバンクカードローンの基本情報
対象者 横浜銀行の住宅ローンの利用者専用
金利(実質年率) 4.5%~11.5%
借り入れ限度額 50万円~500万円
使い道 事業用資金を除く個人消費資金一般
申し込み方法 「ホームページ」「横浜銀行本支店窓口」
借り入れ方法 「たてかえ型」「借り入れ型」
返済方法 「口座自動引き落とし」「横浜銀行ATM」
「コンビニATM」「インターネットバンキング」
担保・保証人 横浜信用保証株式会社が保証するので不要
問い合わせ ハローサービス(0120-188-824)

横浜銀行では通常のカードローンに加えて、住宅ローン利用者専用のバンクカードローンあり!

横浜銀行の住宅ローン利用者専用のバンクカードローンは、次の条件をクリアしている方が申し込めます。

  • 横浜銀行の住宅ローンを利用されている(フラット35は対象外)
  • 満20歳以上満65歳以下の横浜バンクカード個人本会員である
  • 安定した収入があり、横浜銀行で他の無担保カードローン契約がない

通常のカードローンと比較してみると、住宅ローン利用者専用のバンクカードローンは借り入れ限度額が低い代わりに4.5%~11.5%と低金利なのがメリットです。

インターネットから申し込みができますので、横浜銀行の窓口に来店する必要はありません。

yusuke
yusuke
横浜銀行の住宅ローンをご利用の方は、バンクカードローンへの申し込みを検討してみてください。

参考資料横浜銀行のバンクカードローン(住宅ローン利用者専用)

横浜銀行カードローンの審査からお金を借りるまでの流れを6ステップで解説!

横浜銀行カードローンは、上記の6ステップで審査から借り入れまでを済ませることができます。

横浜銀行カードローンの申し込みや手続きについて知りたい方は、下記のページを要チェックです。

1:パソコンやスマホで横浜銀行カードローンの公式サイトから申し込む!

横浜銀行カードローンは、来店不要でパソコンやスマホから申し込みができます。

まず最初に、次の手順で横浜銀行カードローンの申し込み手続きを済ませましょう。

①横浜銀行カードローンの公式サイトにアクセスし、「お申し込みはこちら」のボタンをクリックする

横浜銀行カードローンへの申し込み

②申し込みにあたっての確認事項にチェックを入れて次のページに進む

横浜銀行カードローンへの申し込み

③個人情報の取り扱いに関する同意事項に同意し、「申し込む」のボタンを押す

横浜銀行カードローンへの申し込み

④「名前」「生年月日」「性別」「Eメールアドレス」「住所」「電話番号」などのお客様情報を入力する

横浜銀行カードローンへの申し込み

⑤「勤務先」「所在地」「電話番号」「所属部課」「就業形態」「入社年月」「年収」「事業内容」などの勤務先情報を入力する

横浜銀行カードローンへの申し込み

⑥「お借入れについて」「当金融機関とのお取引について」などの情報をフォームに入力する

横浜銀行カードローンへの申し込み

⑦全ての情報に間違いがないか確認したら、「この内容で申し込む」をクリックして完了

横浜銀行カードローンへの申し込み

横浜銀行カードローンへの申し込みは、電話や郵送、FAXでも受け付けています。

yusuke
yusuke
しかし、パソコンやスマホを使ってインターネット上で手続きした方が遥かに簡単ですよ。

2:本人確認書類や収入証明書の画像データを提出する!

横浜銀行カードローンの申し込みで必要な書類
本人確認書類
  • 運転免許証(表面と裏面の両面)
  • 健康保険証(表面と裏面の両面)
  • パスポート(本人の顔写真および住所のページ)
  • マイナンバーカード(個人番号カード、表面のみ)
  • 在留カード(永住権の記載があるもの)
収入証明書類
  • 源泉徴収票(勤務先の会社名の記載があるもの)
  • 納税証明書(税務署の発行印があるもの)
  • 確定申告書(税務署の受付印があるもの)
  • 住民税決定通知書(市区町村長の発行印があるもの)

横浜銀行カードローンへの申し込みが終わると、書類提出に関するお知らせがSMS(ショートメッセージサービス)で届きます。

上記の本人確認書類や収入証明書類をスマホのカメラで撮影し、画像データをアップロードして提出しましょう。

運転免許証や健康保険証などの本人確認書類は、「氏名」「住所」「生年月日」が記載されている面を提出するのがポイント!

書類に不備があると審査に進むことができませんので、文字がきちんと見えるのかどうか確認してください。

yusuke
yusuke
横浜銀行カードローンの書類は郵送やFAXでも提出できますが、Webからのアップロードが最も手間がかかりません。

3:職場への電話や書類提出で在籍確認を済ませる!

横浜銀行カードローンの在籍確認の方法
電話 職場に個人名・非通知で電話がかかってくる
書類提出 本人確認書類に加えて収入証明書類を提出する

多くの銀行カードローンは、職場への電話連絡による在籍確認が必須です。

しかし、横浜銀行カードローンは職場への電話と書類提出の2つの在籍確認から選ぶことができます。

「職場の同僚や上司にバレるのが嫌だな~」と考えている方は、横浜銀行カードローンへの申し込み後にかかってくる電話で書類で在籍確認をしたい旨を伝えましょう。

そうするとオペレーターから書類での在籍確認の流れを案内される形になります。

yusuke
yusuke
もし電話連絡による在籍確認を選んでも、個人名・非通知でかかってきますので、横浜銀行カードローンの利用がバレる心配はありません。

4:横浜銀行カードローンの審査を受けて結果が通知される!

横浜銀行カードローンの審査に通るコツ!
  • 収入を増やしたり勤続年数を延ばしたりする
  • 自分の情報を正直に申告する(虚偽申告をしない)
  • 必要最低限の希望限度額で申し込む
  • 他社からの借り入れやローンを減らす

横浜銀行カードローンの在籍確認が終わると、契約できるのかどうかの審査が行われます。

銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しめですが、上記の4つのコツを押さえておけば横浜銀行カードローンの審査に通るのは決して難しくありません。

個人の信用情報に問題がなければ、横浜銀行カードローンと契約してお金を借りることができます。

また、横浜銀行カードローンの審査結果が通知されるのは最短で翌日!

yusuke
yusuke
審査結果の通知までに1週間以上かかる銀行カードローンはありますので、スピーディーに借り入れたい方は横浜銀行カードローンを選びましょう。

5:契約書類を提出してローンカードを受け取る!

横浜銀行カードローンに提出する契約書類
  • 横浜銀行カードローン申込書
  • 個人情報の取り扱いに関する同意書
  • 横浜銀行カードローン暗号届
  • 取引時確認シート

横浜銀行カードローンの審査に通過した後は、上記の契約書類を提出します。

横浜銀行カードローンの契約書類の提出方法は次の3つですね。

横浜銀行カードローンの契約書類の提出方法
郵便でお手続き 自宅宛てに送られてきた契約書類を郵送する
FAXでお手続き 契約書類をダウンロードしてFAXで提出する
WEBでお手続き 審査結果の通知時にお伝えする専用サイトから提出する

書類を提出してから1週間程度が経過すると、横浜銀行カードローンからATMで使えるローンカードが送られてきます。

ローンカードが手元に届くまで待たなくても、横浜銀行カードローンは契約と同時に希望の金額を返済口座に振り込んでもらうこともできますので安心です。

yusuke
yusuke
ただし、ローンカードは簡易書留で自宅に送られてきますので、家族にバレたくない方はこまめにポストの中身を確認しましょう。

6:インターネットバンキングやATMで借り入れる!

横浜銀行カードローンの借り入れ方法 メリット
横浜銀行ATM 手数料無料で土日も借り入れOK
コンビニATM 24時間手数料無料で借り入れOK
インターネット 1円単位で借り入れや返済ができる

自宅にローンカードが送られてきた後は、インターネットバンキングやATMで横浜銀行カードローンから借り入れることができます。

横浜銀行ATMやコンビニATMは手数料無料、インターネットは24時間365日リアルタイムで取引OK!

yusuke
yusuke
自分のお好きな方法を利用して横浜銀行カードローンでキャッシングしてみてください。

横浜銀行カードローンでお金を返済する3つの方法を解説!

← 横にスクロールできます →
横浜銀行カードローンの返済方法 定例返済 繰上返済 備考
口座引き落とし 毎月10日に決められた金額が自動的に引き落とされる
インターネットバンキング スマホアプリやWeb上で一部返済や全額返済ができる
横浜銀行ATMやコンビニATM お近くのATMで手数料無料で返済の手続きができる

横浜銀行カードローンでは、「口座引き落とし」「インターネットバンキング」「横浜銀行ATMやコンビニATM」と3種類の返済方法が用意されています。

ただし、毎月1回は必ず行う定例返済(約定返済)に関しては、横浜銀行の口座引き落としのみ!

yusuke
yusuke
横浜銀行カードローンの繰上返済(随時返済)は、インターネットバンキングやATMが使えますよ。

横浜銀行ATMやコンビニATMの手数料は無料ですので、余裕のある時に横浜銀行カードローンからの借り入れをこまめに返済するのが良いでしょう。

以下では、横浜銀行カードローンの借入額と返済期間別で、どのくらいの利息額になるのかシミュレーションしてみました。

借入額 返済期間 利息額
10万円 1年間 14,600円
2年間 29,200円
3年間 43,800円
20万円 1年間 29,200円
2年間 58,400円
3年間 87,600円
30万円 1年間 43,800円
2年間 87,600円
3年間 131,400円

返済期間が長くなるほど、トータルの返済金額が増えます。

横浜銀行カードローンの約定返済の金額は低いのでマイペースで返済できますが、利息額を減らしたいなら繰上返済(臨時返済)が欠かせません。

yusuke
yusuke
インターネットバンキングやATMでこまめに繰上返済をして、横浜銀行カードローンの元金を早く減らしてください。

横浜銀行カードローンを実際に利用した人の悪い口コミ良い評判を解説!

このページでは、横浜銀行カードローンの口コミや評判を紹介していきます。

「横浜銀行カードローンと他の銀行カードローンのどっちが良いの?」と悩んでいる方は、良い口コミや悪い口コミを参考にしてみてください。

1:横浜銀行カードローンは14.6%が金利ではなく利回りだったら最高だった…

上限金利が18.0%前後の消費者金融と比べてみると、横浜銀行カードローンは低金利です。

しかし、「14.6%の金利でも高すぎる」「これではお金が貯まらない」「金利じゃなくて利回りだったら最高だった」と口コミを残している方はいました。

yusuke
yusuke
横浜銀行カードローンに限らず、キャッシングサービスはお金を借りる期間が長くなるほど利息の負担が大きくなると心得ておくべきですね。

2:借入限度額300万円までは横浜銀行カードローンでも収入証明書が不要な時期があった…

口コミの評判を見てみると、横浜銀行カードローンは借入限度額300万円までは収入証明書の提出が不要だったようです。

現在では、50万円超の借り入れで源泉徴収票や納税証明書などの収入証明書を提出しないといけません。

yusuke
yusuke
以前と比べてみると、横浜銀行カードローンは申し込みで必要な書類が増えていますよ。

3:横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまった…

大手の消費者金融と比較してみると、銀行カードローンは審査に通りにくいのが現状…。

クレジットカードの審査には無事に通っても、横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまった方は多いようです。

yusuke
yusuke
横浜銀行カードローンの審査に100%通過する方法はありませんが、収入を安定させたり他社からの借り入れを減らしたりといった努力をしましょう。

4:横浜銀行カードローンにすればリボ払いの金利がお得になる!

クレジットカードのリボ払いを利用している方には、横浜銀行カードローンへの借り換えがお得です。

横浜銀行カードローンの方が金利が低いため、利息の負担を抑えることができます。

yusuke
yusuke
クレジットカードのリボ払いは、「高額な手数料が発生する」「利用残高が膨らみやすくなる」といったデメリットがありますので注意してください。

5:関東に住んでいるなら横浜銀行カードローンは審査が緩い!

他の銀行カードローンと比べて、横浜銀行カードローンは比較的審査が緩いとの意見もありました。

関東に住んでいないと契約できないデメリットはありますが、横浜銀行カードローンはフリーターでも専業主婦でも申し込めますね。

yusuke
yusuke
安定した収入があって申し込み情報や本人確認書類に不備がなければ、審査に通る確率を高められるでしょう。

6:横浜銀行カードローンは土日も入出金の手数料が無料なのが良い!

銀行カードローンによっては、ATMによる借り入れや返済で手数料が発生するところがあります。

しかし、横浜銀行カードローンは平日も土日もいつでも手数料が無料!

Twitterの口コミを見てみると、この点に満足しているユーザーがいました。

yusuke
yusuke
横浜銀行ATMやコンビニATMを使って横浜銀行カードローンの返済をすれば、手数料の負担は一切ありません。

横浜銀行カードローンと大手消費者金融「プロミス」「アイフル」を9つの項目で徹底比較!

← 横にスクロールできます →
サービス名 横浜銀行カードローン プロミス アイフル
カードローンの種類 銀行カードローン 大手消費者金融 大手消費者金融
金利(実質年率) 1.5%~14.6% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%
融資限度額 最大1,000万円 最大500万円 最大800万円
審査難易度
審査の時間 最短翌日 最短30分 最短30分
即日融資
無利息期間 なし 30日間 30日間
借り入れ方法 3種類 5種類 4種類
返済方法 3種類 5種類 6種類
おすすめ度 4.5 4.0 3.5

上記では、「横浜銀行カードローン」「プロミス」「アイフル」を徹底比較してみました。

yusuke
yusuke
大手の消費者金融と比べてみると、横浜銀行カードローンは低金利で借り入れられるのがメリットですね。

「横浜銀行カードローン」「プロミス」「アイフル」で同じ金額を借り入れた時に、どのくらいの利息額になるのかシミュレーションしてみましょう。

← 横にスクロールできます →
サービス名 借入額 金利 返済期間 毎月の利息額 トータルの利息額
横浜銀行カードローン 50万円 14.6% 24ヵ月 6,083円 79,552円
プロミス 50万円 17.8% 24ヵ月 7,417円 97,936円
アイフル 50万円 18.0% 24ヵ月 7,500円 99,088円

借入額が増えたり返済期間が長くなったりすると、利息額はもっと大きな差が出ます。

つまり、利息の負担を抑えてキャッシングしたいのであれば、プロミスやアイフルなどの消費者金融よりも横浜銀行カードローンがおすすめです。

しかし、横浜銀行カードローンは低金利で借りられる代わりに即日融資は不可…。

申し込んだ当日にお金を借り入れたい方は、即日融資に対応しているプロミスやアイフルを選んだ方が良いでしょう。

yusuke
yusuke
自分がお金を借りる目的に合わせて、銀行カードローンと消費者金融のどちらが良いのか比較するのがポイントです。

横浜銀行カードローンの金利はどうやって決まるの?金利を低くするポイントを解説!

横浜銀行カードローンの借り入れ限度額 適用される金利(実質年率)
100万円以下 14.6%
100万円超200万円以下 11.8%
200万円超300万円以下 8.8%
300万円超400万円以下 6.8%
400万円超500万円以下 4.8%
500万円超600万円以下 4.5%
600万円超700万円以下 4.0%
700万円超800万円以下 3.5%
800万円超900万円以下 3.0%
900万円超1,000万円未満 2.5%
1,000万円 1.5%

横浜銀行カードローンの金利は、1.5%~14.6%の範囲内で決まります。

上記の表を見ればわかる通り、借り入れの限度額で金利(実質年率)が適用される仕組みですね。

yusuke
yusuke
もし100万円超200万円以下の限度額であれば、50万円でも金利11.8%で借り入れることができます。

以下では、横浜銀行カードローンと大手消費者金融のアコムを借り入れ限度額別の金利で比較してみました。

借り入れ限度額 横浜銀行カードローン 消費者金融のアコム
50万円 14.6% 18.0%
150万円 11.8% 7.7%~15.0%
400万円 6.8% 4.7%~7.7%
800万円 3.5% 3.0%~4.7%

アコムよりも、横浜銀行カードローンの方が低い金利で借り入れられることがわかります。

そこで、どうすれば横浜銀行カードローンの金利を引き下げられるのか、いくつかのポイントを見ていきましょう。

  • 借り入れと返済を繰り返して利用実績を積み重ねる
  • 毎月の約定返済の遅延をしないように気をつける
  • 横浜銀行カードローンに増額の申請をする

横浜銀行カードローンに増額の申請をして審査に通過すれば、借り入れ可能額が上がるだけではなく適用金利が低くなります。

横浜銀行カードローンのお借入限度額増額
yusuke
yusuke
横浜銀行カードローンの限度額を増額したい方は、利用実績を積み重ねてから「電話」「郵送」「FAX」で申し込んでみてください。

横浜銀行カードローンの無人ATM・提携ATM一覧!

無人ATMや店舗 店舗数 代表的な設置場所
東京都 38店舗 東京都町田市原町田6-1-6
神奈川県 145店舗 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3-16-1
大阪府 1店舗 大阪府大阪市中央区備後町4-1-3
群馬県 3店舗 群馬県前橋市本町2-11-2
愛知県 1店舗 愛知県名古屋市中区錦1-20-12
← 横にスクロールできます →
横浜銀行カードローンの提携ATM サービス内容 手数料
セブン銀行ATM 引き出し・借り入れ・預け入れ・返済・残高照会 無料
ローソン銀行ATM 引き出し・借り入れ・カード振込・預け入れ・返済・残高照会 無料
E-net(イーネット) 引き出し・借り入れ・カード振込・預け入れ・返済・残高照会 無料
ゆうちょ銀行ATM 引き出し・借り入れ・預け入れ・残高照会 110円~220円

上記では、横浜銀行カードローンの無人ATMや店舗、提携ATMの情報についてまとめました。

横浜銀行カードローンは横浜銀行ATMだけではなく、「セブン銀行ATM」「ローソン銀行ATM」「E-net(イーネット)」で手数料無料で借り入れや返済ができます。

yusuke
yusuke
ただし、ゆうちょ銀行ATMで借り入れる際は110円~220円の手数料が発生しますので注意しましょう。

参考資料横浜銀行のATMや店舗検索

横浜銀行カードローンに関する8つのFAQ!

このページでは、横浜銀行カードローンの申し込み前に気になるポイントをQ&A形式で解説していきます。

横浜銀行カードローンは土日に審査を受けられますか?

横浜銀行カードローンは来店不要ですので、土日にパソコンやスマホから申し込むことができます。

ただし、土日の申し込みでは翌日に審査の回答を得ることができません。

横浜銀行カードローンの審査結果を翌営業日に得たい方は、平日の午前中までに申し込みの手続きをしましょう。

横浜銀行カードローンの問い合わせ先はどこですか?

横浜銀行カードローンに関する問い合わせは横浜銀行カードローンプラザ(045-225-1981)、横浜バンクカードに関する問い合わせはバンクカード照会センター(045-438-4616)になります。

カスタマーサポートに直接電話をかけるだけではなく、横浜銀行カードローンはチャットサポートの利用も可能です。

横浜銀行カードローンの返済が遅れるとどうなりますか?

横浜銀行カードローンの約定返済は、横浜銀行の口座から自動的に引き落とされる形になります。

もし返済が遅れて滞納すると、「遅延損害金が発生する」「個人の信用情報に傷がつく」といったリスクがありますので注意してください。

フリーターは横浜銀行カードローンに申し込めますか?

横浜銀行カードローンは、アルバイトやパートで生計を立てるフリーターでも申し込みOKです。

「地域の条件をクリアしている」「安定した収入がある」といったフリーターは、横浜銀行カードローンでキャッシングできます。

大学生は横浜銀行カードローンに申し込めますか?

パートやアルバイトで安定した収入があっても、大学生は横浜銀行カードローンに申し込むことができません。

公式サイトでも「学生の方は不可」と記載されていますので、大学生や専門学生はこちらのページで紹介している消費者金融を利用してみてください。

関連記事
【15社比較!】学生でも借りられる消費者金融のおすすめランキングTOP5!「遊ぶお金が足りない…」「今月は生活費がピンチ…」と悩んでいる学生さんはいませんか? そのような方には、消費者金融での借り入れがお...

横浜銀行カードローンとの契約で何か郵送物はありますか?

横浜銀行カードローンは店頭窓口で契約できますが、ATMで使えるローンカードは必ず自宅に郵送されます。

利用明細書が自宅に送られてくるのを避けたい方は、〈はまぎん〉マイダイレクト(インターネットバンキング)から申し込みましょう。

横浜銀行カードローンは最短でいつ融資を受けられますか?

横浜銀行カードローンの審査の回答を得られるのは、最短で翌日です。

契約と同時に融資を受けられますので、横浜銀行カードローンは最短翌日でお金を借りることができます。

横浜銀行カードローンはポイントサイト経由で申し込めますか?

2020年の8月現在で、横浜銀行カードローンが発行しているポイントサイトの案件はありません。

期間限定のキャンペーンも特にありませんので、横浜銀行カードローンの公式サイトにアクセスして申し込めばOKです。

まとめ

横浜銀行カードローンのメリット9つとデメリット5つに関するまとめ!
  • 横浜銀行カードローンは安全にお金を借りられる銀行カードローン!
  • 「金利が低い」「融資限度額が高い」「専業主婦でも借り入れOK」「手数料が無料」「最低返済額は2,000円~」などのメリットあり!
  • 「横浜銀行の口座が必要」「申し込める地域が決まっている」「毎月の返済日は10日のみ」などのデメリットあり…
  • 横浜銀行カードローンは口座引き落としやATM、インターネットバンキングで返済OK!
  • 借り換えやおまとめローンに向いているとの良い口コミや評判あり!

横浜銀行カードローンは、地方銀行のカードローンの中でも人気のサービスです。

お住まいや普通預金口座などの申し込み条件をクリアしていれば、横浜銀行カードローンと契約して低金利でキャッシングできますよ。

インターネットバンキングやコンビニATMで好きなタイミングで借り入れることができますので、「消費者金融よりも銀行カードローンが良い」という方は横浜銀行カードローンを選んでみてください。


横浜銀行カードローンの公式HPを見る